比べて見ようカナダの観光ビザ、学生ビザ、ワーホリビザ、就労ビザ

来週からいよいよカナダに留学するぞ!ちょ、ちょっと待ってください。

それは本当に楽しみな事ですが、あなたの持っているビザで本当にあなたの目的を達成できますか?

それをよく調べないと現地の空港で入国拒否などの事も起こりかねませ

短期の旅行や留学などまたは就労目的などでも基本的には何かしらのビザを所持する必要があります

語学留学であれば観光ビザか学生ビザを所持する必要がありますし、就労目的で海外に渡航する場合はワーキングホリデービザか就労ビザが必要です。

今回は多数あるカナダビザの一部を比べてみたいと思います。

皆さんの用途に合わせたビザの取得を助けられるように解説していきますのでこの記事を最後まで読んでいただければ幸いです。

【カナダの関連記事はこちら】

↑カナダ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

【せかいじゅうイベント情報】

せかいじゅうNight 6/29(土)at Tokyoに参加しませんか?

オランダ移住者とのトークイベント&世界を目指す仲間を見つけよう♪お席は先着順!早割特典ありますイベントへの参加申し込みはこちら

観光ビザ

cvisa401
数あるビザの種類の中であなたが海外に旅行に行く場合に必要なビザです。

基本的には海外に行くためにはどんなビザでも必要な場合が多いですが観光に限っては国によってビザの取得を免除している国があります。

特に日本との関係が良い国だとその傾向があり、かつ滞在できる期間も長くなる特徴があります。

「ではカナダはどうでしょうか?」

そうです、ビザなしでパスポートだけで6か月間も滞在できるのです。

ただしビザを免除している国々に限定に課しているeTAという書類が必要になります。

オンラインで簡単にできますので必ず渡航の前にお忘れにならないようにしてください。(日本人の観光目的のすべての人に必要です)

スポンサーリンク

学生ビザ

cvisa404
一般の学生ビザはカナダの学校(政府公認の学校)に半年以上行くために必要なビザなのです。

ですので、今度の夏にカナダの語学学校に5か月間行く予定なんですという人は観光ビザで行けます。

観光ビザとは違い、学生ビザの場合には申請時には手数料を支払う必要もあります。しかも、カナダに来てから通学する学校が確定している必要があります(その学校からの入学証が必要)。つまりがその学校に半年間行くことが確定している必要があるんですね。

ですので、その学校に行ったのだけれど風土がいまいちだったなどの問題が起こる事がよくあるので長期の語学留学の場合は観光でカナダに入国して自分にあう学校が決まってから学生ビザを申請するのも手です。

スポンサーリンク

就労ビザ(3種類のカナダビザ)

ワーキングホリデービザ

いよいよみんなの人気者ビザのワーキングホリデービザの登場です。

もしあなたが18歳から30歳(申請時)までなら取得の権利があります。

実はこのワーキングホリデービザも就労ビザの一つなんですが、このビザだけは条件が合えば簡単に取得できます。

しかもこのワーキングホリデービザは利点が色々あるんです。こんな簡単なのに働けてしかも学校にも行けるビザなんです。

利点として

  • ビザが発行された日から最大で365日間の仕事ができる権利を得る事ができる
  • 学業が6か月間できる(語学学校や大学などにも通える)
  • 国外に旅などの目的で出ても帰国が簡単(日本国籍者ならアメリカにでも欧州にも気軽行けます)

など利点は多々あります。

また雇用主を何度でも変えられるのもこのビザの利点でです。

また上にありますが申請した日が30歳であればカナダに着いたときに31歳になっても問題はありません。

ただし!人生で一回だけです。

実際、このワーキングホリデービザが切れた後に二回目の申請しにトライする方もいるようですが、やはり拒否されたようです。

それとよく知られていない事ですが、取得の条件にカナダでの仕事が決まっていない事との条件があります。

こんな素晴らしい経験ができるのは30歳前に限られるのです。

ですので、もし迷っているのなら後悔する前にカナダに旅立つべきです!しかもこのワーキングホリデービザは就労ビザの一部にもかかわらず取得が簡単なんです。

【カナダのワーキングホリデー関連記事はこちら】

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。