バンクーバー治安情報。治安が良いと有名な町の実際は?

世界1住みやすい都市上位ランク常連都市で知られるバンクーバー。その理由のひとつとして「治安の良さ」があげられています。

が!とは言ってもここは日本ではなく海外です。

日本での大々的に取り上げられましたが、カナダ・バンクーバーに語学留学していた古川夏好さんが遺体となって発見された事件もありました。

北米では比較的に治安が良いと言われるバンクーバーであっても、犯罪の発生率は日本の約9,4倍です。(Consulate-General of Japan in Vancouver より) バンクーバーに潜む危険をしっかりと理解しておきましょう。

【カナダの関連記事はこちら】

↑カナダ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

バンクーバーの危険地域

では実際にどのような場所でどのような犯罪や危険があるのでしょうか。

①Chinatown(チャイナタウン)

多くの観光客や地元の買い物客で賑わうエリアで、昼間は問題ありませんが、夜の街歩きは絶対に避けるべき場所です。

特にEast Hasting通りは昼間でも危険で、出来る限り避けおきたい場所です。

ここはホームレスや薬物中毒者がひしめくエリアで、一度見ればすぐに危ないとわかるほど薬でおかしくなってしまった人が集まっています。

すりやひったくりの多い地域なので昼間でも身に着けているものには注意してください。また注射器なども落ちていますが、絶対に触らないようにしてましょう。格安のホテルやアパートがあったらこの地域の可能性が高いので安くても避けることをお勧めします。

vancsafe01

②Gastown(ガスタウン)

観光スポットとて人気のガスタウン。

観光で有名なSteam Clock(蒸気時計)や赤いレンガのビルがたくさん立ち並ぶレトロでおしゃれな通りで、お土産ショップも数多くあります。

おしゃれなバーやレストランなども多く、夜遅くまで人通りが多いのですが、ガスタウンはダウンタウンとチャイナタウンの中間に位置しており、特にチャイナタウンは夜の治安が悪いので、ガスタウンの東側、ギャッシーの銅像より先は暗くなってからは近づかないようにしましょう。

明らかに人通りが少なくなるので、すぐにわかります。

vancsafe05

③Stanley Park(スタンレーパーク)

湖や川、多くのハイキングスポットや水族館、サイクリングやランニングをする人でも賑わう、広大な公園で、昼間は観光客も多く訪れる、ローカルにも観光客にも人気のスポットです。

しかし夜は街灯がないため、日没後は真っ暗になり、ホームレスや薬物中毒者が寝場所として利用しているところも多いので、日没後は避けましょう。

以前に殺人やレイプも発生している場所で夜は大変危険が多いです。

スタンレーパークは広大な公園としてとても有名ですが、バンクーバーにはその他にも公園が多くあります。ですが、街灯がない所がほんどです。夜はどこの公園も危険ですので避けるようにしましょう。

④バンクーバー国際空港(YVR)

数多くの犯罪が発生しているなかで、その多くを占めるのが窃盗。

そしてその窃盗が多いのがこの国際空港。特に空港ではパスポートやお財布の入った荷物からは絶対に手を離さないようにしましょう。

また空港内に両替場があり、多額のお金を両替する人も多くいます。警備が厳重である空港内では大丈夫かもしれませんが、強盗はそれを見ていて尾行した後に、人気の少ない場所で襲ってくるというパターンも増えているそうです。

レートもよくありませんので、両替は日本またはバンクーバー市内で行うようにしましょう。

vancsafe04

⑤Surrey(サレー)

観光客は行くことはない場所ですが、地元の人が気をつけているのがEast Vancouver(イーストバンクーバー)と呼ばれるエリアです。

サレーは犯罪地区代表のような扱いで、ギャングの銃撃事件などの凶悪犯罪の多い場所でも有名です。

この地域はホテルや家賃も安くなりますが、避けることをお勧めします。ダウンタウンからとても遠いので行く機会のない人も多いかも知れませんが、カナダ人でも避けたいというような場所ですので、頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

その他の危険

このように特定の場所には多くの危険がありますが、それ以外にも知っておくべき危険がいくつかあります。

①可愛い見た目でも要注意!

バンクーバーにはいたるところに野生動物がたくさんいます。

リスやスカンク、アライグマなど。見た目はとても可愛いのですが、野生の動物ですので病原菌を持っている可能性がるので触らないようにしましょう。またハイキングなど自然の中でのアクティビティが人気なバンクーバー。

人がほとんど来ないような山の中で野生の熊が現れることもあります。夏はキャンプに行く人も多いのですが、行く場所などは事前にしっかりと調べておきましょう。

vancsafe02

②車の中身は空っぽに!

車上荒らしの多いバンクーバー。

自分のマンション内の駐車場であっても発生することも少なくありません。車の窓ガラスを割って、車内の荷物を盗んでいきます。車の中は空っぽにしてください。

上着1枚であってもシートの下に隠すか、車内に残さないようにしましょう。

取り外し可能なカーナビは外して必ず見えないように隠してください。とにかく車から離れる際は、車の中は空っぽに見えるようにして防ぎましょう。

③一人での行動は気を付けて!

部屋を探していて、部屋を見学に行く際に女の人が一人で行くのは危険です。

そこからレイプをされたということが過去に起こっています。

また男だから安心という考えの人も多いかもしれませんが、ゲイの多いバンクーバーですので、男の人のレイプもあります。女子の一人行動や、一人で素性の知らない人と会うのは避けましょう。

スポンサーリンク

注意点

  • 危険なエリアや危険な時間帯を避けて行動する。
  • くちの開いたバックを持たない。
  • 電車やバスで居眠りをしない。
  • 財布を裸で持たない。
  • カフェやレストランで財布をテーブルに出したままにしない。
  • 裏道はホームレスや薬物中毒者が多いので、メインの通りを使うようにする。
  • 車内に物を残さないようにする。
せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住日本人宅へホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

自分の身は自分で守りましょう

このように治安が良いと言われるバンクーバーでもいろいろな犯罪や危険があります。

でもこの情報を知って、自分のちょっとした意識の違いが自分を守ってくれるでしょう。

バンクーバーにはホームレスや薬物中毒者が数多くいます。街中でも大麻の臭いがいたるところでしています。またホームレスはお金をくれと話しかけてきます。現地で英語を話したい人も、海外の友達を作りたいと思う方もたくさんいると思います。

ただ話す相手や話し方には気を付けましょう。

いろいろなことを伝えてきましたが、バンクーバーはなんて危険なんだと治安に関して考えすぎてしまっては楽しむことも、訪れることさえも出来ません。もちろん危険はありますが、ちゃんと注意していれさえすればバンクーバーは安全です。

ただ日本とは違うということを忘れないでください。

であれば、とても美しい場所ですし、人もフレンドリーで優しいですし、楽しんで生活出来るはずです。

日本は本当に治安の良い国です。(もちろんそれでも犯罪はありますが。)だからこそ日本人は気を抜きやすいですし、狙われやすくもあります。

だからこそ自分の危険に関するセンサーをどこにいても意識してください。そうすれだ多くの危険を防げることは間違いありません。またバンクーバー素敵な場所ですので、ぜひちゃんと理解した上で訪れてください。

【カナダの関連記事はこちら】

↑カナダ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

海外移住・永住でご相談・お悩みはありませんか?

プロエージェント

せかいじゅうが厳選する移民エージェントを紹介します

当メディアは世界中の各国へのコネクション・ネットワークを強みとし、その規模は世界最大規模。海外渡航に関する悩みやトラブルを解決します。

海外への移住手続きやビザ取得まで完全サポート!せかいじゅうが選び抜いた信頼できる専門家を紹介致します

せかいじゅうプロからお気軽にご連絡ください。

海外エージェント(移住・ビザ・仕事)の方はこちらからご応募ください。

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。