住み心地が良すぎた街ウィスラーの魅力5選

バンクーバーから車で北へ約2時間走った所にある、世界有数の山岳リゾート地ウィスラー

2010年に開催された、バンクーバー冬季オリンピックの共同開催地でもあります。

当初は1年間だけのウィスラー滞在予定が、住み心地が良すぎて、気付けばウィスラー在住歴3年目に突入してしまった地元民からウィスラーの魅力をご紹介します!

【カナダの関連記事はこちら】

↑カナダ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

【イベント情報・海外移住の扉】

せかいじゅうNight オーストラリアに参加しませんか?

12月15日(日)・オーストラリア居住者とのトーク&移住方法を徹底解説♪→イベント詳細はこちら

魅力その① ウィンタースポーツ好きにはたまらない!北米最大のスキー場

ウィスラーは、北米最大の広さを誇るスキー場で、スキー・スノーボードをやる人なら一生のうちに1回は訪れたいと憧れる、世界有数のスキー場です。

その魅力は何と言っても規模の大きさ。

ウィスラーマウンテンブラッコムマウンテン、2つの山を合わせたコース数は200以上で、1週間あっても全てのコースを滑り切れない程です。

易しい初心者コースから、もはやコースというより崖の超上級者コースまでどんなレベルの人でも楽しめます。

また、ツリーランコースやキッカー等のパークも充実しています。

しかもビレッジの目の前がゴンドラ乗り場なのでアクセスも抜群。スキーや、スノーボード好きははまってしまう事間違いなしです。

スポンサーリンク

魅力その② ギネス記録を持つゴンドラPeak 2 Peak

ウィスラーと言えば、Peak 2 Peakと呼ばれる、ギネス記録を持つゴンドラが有名です。

ウィスラーマウンテンとブラッコムマウンテンを繋ぐゴンドラで、2008年に2年後のバンクーバーオリンピックに向けて作られました。

全長4.4kmを4本の柱のみで支えており、その柱のない距離(約3㎞)と谷底からケーブルまでの高さ(436m)がギネス記録に認定されています。

高所恐怖症の人にはとっては少し怖いかもしれませんが、Peak2Peakから見える景色は迫力満点です!

スポンサーリンク

魅力その③冬だけじゃない! ウィスラーの夏

ウィスラーというとどうしても冬のスキー場のイメージですが、近年、夏の避暑地としても人気が出始め、夏の観光客が冬の観光客を上回る勢いで増えてきています

whistler-at01

ウィスラーの夏の良さは、まず何と言ってもその過ごしやすい気候。

晴れの日が多く、湿気が少なくカラっとしており、クーラーなしで過ごす事ができます。

また、冬はスキー場だったコースが、夏は世界的に有数なダウンヒルのマウンテンバイクパークに早変わり。8月には世界中のバイカーが集まりダウンヒルバイクの腕を競うクランクワークスという大会も開催され、賑わいを見せています。

その他にもハイキング、マウンテンバイク、乗馬、カヌー・カヤック、ゴルフなど楽しめるアクティビティがたくさんあります。

whistler-at02

ウィスラーの夏は日照時間が長く、夜の10時頃まで明るいので、目いっぱい楽しめますよ。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住日本人宅へホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

魅力その④ お店が充実!便利で治安の良いウィスラービレッジ

ウィスラービレッジは、端から端まで歩けるくらいの大きさですが、こじんまりしたビレッジの中に、生活に必要な物が全て揃っています。

ホテル、スーパー、病院、カフェ、世界各国の料理を食べることができるレストランはもちろん、ジムや映画館、図書館までビレッジ内に設置されています。

お寿司屋さんや鉄板焼きなど、日本食レストランも多く、小さいですが日本食が手に入るスーパーもあるので、日本の味が恋しくなっても安心です。

また、ウィスラーの街は日本並みに治安が良く、安心して生活することができます。

ちなみに私は携帯とお財布を落としましたが両方とも無事手元に戻ってきました!

スポンサーリンク

魅力その⑤ 多種多様でフレンドリーな人達に出会える

ウィスラーは観光地のため世界中から人が集まりますが、観光客だけでなく、働いている人の人種も実に様々です。

ワーキングホリデービザを利用して働きに来たり、冬や夏だけ働きにくる季節労働者もたくさんいたり、世界中からアウトドアスポーツ好きが集まる場所なので、いろいろな国の人と出会う事ができます。

様々なバックグランドを持った人達と接する事で、様々な文化や考え方に触れる事ができ、自分の視野が広がった気がします。

海外で暮らすとなると、言葉の問題を心配するかもしれませんが、それも心配いりません。

カナダの人口は5人に1人が移民という構成で成り立っており、英語が母国語ではない人がたくさんいるため、例え拙い英語でも伝えようという気持ちがあれば、相手も一生懸命理解しようとしてくれます。

また、ウィスラーで暮らしている人達は親切でフレンドリーな人が多く、バスやリフトに乗っていたら知らない人でも話しかけてくるし、道に迷っていたりすると、向こうから声をかけてくれます。

そして何より、他人と自分を比較したり、世間体を気にしたりせずに、自分の好きなことをして、楽しそうに生きている人が多いので、その中で生活をしていると、自分の人生にとって大切な事は何なのかという事に気づき、私自身前よりも自分らしく生きる事ができている気がします。

さいごに

以上、住み心地が良い街、ウィスラーの魅力5選をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

ウィスラーの魅力伝わりましたか?

ウィスラーが気になった人は是非、一度遊びに来てみて下さい。

あなたもウィスラーの魅力に取りつかれ、私みたいに居ついてしまっているかもしれませんよ。

【カナダの関連記事はこちら】

↑カナダ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。