カナダ移住がオススメな5つの理由

canada-at00

カナダは日本人含め、世界中の人たちに人気の国です。

一度訪れたことがある人は「また戻って来たい、住み続けたい。」と思う事が多いでしょう。

今回は、カナダに魅了され、在住しているカナダの現地スタッフから、人を魅了して止まないカナダ移住の魅力と住みやすさの理由を5つご紹介していきます

【カナダ移住の関連記事はこちら】

↑カナダ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

まず、カナダってどんな国?

カナダの魅力に迫る前に、カナダってどんな国なのかを簡単に説明します。

ご存知の読者の方も多いかもしれませんが、カナダは世界で2番目の国土面積を誇る英語圏の国です。

全人口は約3500万人程。東京の全人口が2500万人らしいので…スゴイ人口比率ですよね。世界自然遺産にも指定されている大自然が広がり、緯度が高いので冬の期間は1年の約半分に及びます。

内陸部では、オーロラやシロクマが見られます!

移民が全人口の2〜3割を占める、若い国であることも有名です。

40代でカナダの国のトップに立ったジャスティン・トゥルードー首相は記憶にあたらしいですね。

筆者は、2015年11月までバンクーバーに住んでおり、現在はマニトバ州のウィニペグという街に住んでいます。どちらの州も住みやすく、他国からの人たちに優しい街です。

バンクーバーは太平洋に面し対岸にアジアを臨むことから、アジア系の移民者が集中しており、ウィニペグはアメリカやヨーロッパ、そして何よりカナダの先住民人口が多いです。

それでは、カナダの魅力を紹介します。

①人が優しい。

人に話しかけることに抵抗がないため、いつでもどこでも誰とでも他愛もない世間話をします。

困っている人がいるとすぐに声をかけてくれて親切にしてくれたり、助けてくれます。そういう輪が広がることで自分も誰かに優しくしようという気持ちになれますよね。

また移民者や多民族が住んでいる為か、英語が出来なくても、しっかり対応してくれたり耳を傾けてくれます

街では扉を開けてくれたり、バスではベビーカーや車椅子の人が乗車すると何も言わずに皆が席を譲ってあげることが自然にできるのが素晴らしいです。

カナダで初めてこの光景を見た時、「いい国だな」と感じました。

スポンサーリンク

②素晴らしい労働環境。

定時で帰れる

日本の労働環境とカナダの労働環境を比較すると全く違います。

カナダで働いていて、労働環境がいい事も永住したいと思った理由のひとつでもあります。

まず何を差し置いても残業がほとんどない。

大体いつも定時で帰ることが出来るので、仕事後の自分時間や家族との時間を大切にすることが出来ます。

チップ制度

サービス業は、チップ(お客は、合計金額の10%〜20%払う)という制度があるので、有名なお店やホテルで働くとチップだけで家賃や生活費を支払える程の額になるんだとか。

筆者もレストランでアルバイトした時、チップがお小遣いの様になっており、自分へのご褒美として好きな物を買っていました。

チップというのは、そのスタッフの人の対応に応じた”心付け”なので、自分の頑張りを認めてもらえたみたいで次のモチベーションに繋がります。

働きやすい

様々な人種・バックグラウンドの人達が入り乱れていると、それぞれ文化も違いますし、言葉もままならない事もあります。

カナダはそういった労働者にも寛容です。もちろん、時々クレーマーの様な人もいますが、多くの人は小さなミスや分からないことを「分からない」と伝えても「大丈夫だよ」などと言って笑って許してくれます。

中にはすごく丁寧にお礼を言ってくれたり、褒めてくれたりしてくれるお客さんもいますし、本当に働きやすいです。

せかいじゅうからの特別なご案内

“せかいじゅう2.0”で、世界で自由に働き、暮らせるワークスタイルを実現しませんか?

自由と自立を手に入れ世界へ。コミュニティは参加無料です→詳しくはこちら

③生活しやすい

医療費が無料

州や街によって変わりますが、医療費が無料の州もあります。

筆者の住むマニトバ州のウィニペグは無料です(薬代は自己負担)。

前提として、医療はみんな平等に受けられるようにという考えを国が持っており、その医療費の全額若しくは一部を州が担っているためです。これはとても嬉しい制度ですよね。ふと気になったことがあると気軽に病院に行くことができます。(カナダの人はあまり病院にかからないみたいですが)

虫が少ない。

1年を通して気温が低いため、虫が少ないです。

日本でよく見かけるゴキブリやムカデなどは、筆者自身はカナダで見たことが無いです。

これ、大の虫嫌いの筆者にとって、どんなにありがたいことか。特にここウィニペグでは、冬は気温がマイナス何十度になるほど寒いですが、虫が少ないのはカナダの大きな魅力の1つだと思います。

アメリカが近い

カナダのほとんどの主要都市から車で1、2時間程でアメリカに行くことができます

アメリカも日本人に人気の国の1つなので、アメリカに友達がいたり、旅行したいと思ったときにすぐ行けるのは便利です。

スポンサーリンク

④街と自然がすぐ近くにあること

カナダは世界的にも知られる、自然環境の保護に力を入れている国です。

名前を聞いたことがある都市でも、バスや車で少し離れると広大な自然が広がっていることに驚かされます。午前中は、ハイキングして、午後は街でお買い物といったような欲張りなことができてしまいます。

街中にもたくさん大きくて広い公園があるのも特徴的です。

大きな街の住宅街でも、野生のアライグマ、リス、ウサギ、スカンク、グース(カナダに生息する雁)などをよく見かけます。

少し郊外に出れば、ビーバーや鹿も見かけることがあります。この野生動物たちは、餌集めをするために人間の住むところに頻繁に姿を現すようです。

また地域によっては、オーロラを楽しむこともできます。

田舎だとお家の窓からヒラヒラとグリーンのカーテンが夜空を輝かせているのが見えるそうです。とても素敵ですよね。

canada-at02

⑤なければ作る!DIY精神の強さ。

カナダの人たちは、物を大切にします。少し壊れたくらいなら自分たちで直してまた使います。

例えば、車です。車のサイドミラーや窓ガラスが割れていたとしたら、テープでミラーを固定したり、窓ガラスは透明の袋を貼り付けたりしています。

修理代がかかる為、自分で直してる場合もあるのかもしれませんが、そういった車を街でよく見かけるので、見た目より動けばいいという考えがあるのかもしれませんね。

お家は、壁の色を塗り替えたり、子供がいる家では子供用の遊具を作ったり、お部屋の改造も自分たちで行う家庭が多いです。仕事後や休日のお父さんは、DIYに大忙しです。

バンクーバーダウンタウンにあるネルソンパークから

(バンクーバーダウンタウンにあるネルソンパークから)

カナダ、これってありなの?

カナダの魅力伝わりましたでしょうか?じゃあ、カナダの悪いところは無いの?と気になる方もいるかもしれませんので、少し書かせて頂きます。

時間が曖昧

バスは、1本前なのか後のが来たのか分からないくらい時間に曖昧です。

仕事の出勤でバスを使う時は1、2本前のバスに乗らないと間に合わないこともしばしばあります。遅れてくるだろなと思ったら、予定時間より2分早く来たりなど、バスの時間には振り回されることがよくあります。

人との待ち合わせやバスの時間がとても曖昧です。

人と「◯時に待ち合わせね!」と約束しても30分前後遅れることもしばしば。

最初はイライラすることもありましたが、慣れてくると自分自身も遅れていくことも…みんな結局遅れるので、もう誰もそれを咎めないみたいです。

冬の期間が長い

今、筆者が住んでいるウィニペグは、冬の期間が半年くらいあります。

10月には気温が一桁代になり、11月には既に雪が積もっていて、2月頃は気温がマイナス◯十度です。4月頃でも吹雪になったり、雪が積もっています。

外に出るときは寒さ対策をしっかりしないとバスを待つ間も寒くて凍えそうになります。

公共トイレが少ない

日本は、どこにでもトイレがあるイメージですが、カナダには公共トイレが少ないです。

カフェなどでトイレを借りようと思うと鍵を借り、合わせてコーヒーを買わないといけないこともあります。また、公共トイレは少ないのに、なぜかゴミ箱はいたるところにあります。(でも、ストリート上のゴミは少なくない…)

ファッションにこだわらない男性が多い

地域にもよりますが、ファッションにこだわりがない男性が多いです。

カナダの国技はアイスホッケー何ですが、自分の応援するチーム名やロゴの入ったジャージ・トレーナーを普段着として着ていたり、カナダ大好きな人はCANADAのロゴの服を着ています。

男性用のファッション雑誌は、日本に比べてかなり少ないです。

その代わり、ワークアウトやスポーツの特集をした雑誌が本屋の男性向けコーナーに並んでいます。

以前の職場裏手にあった公園の風景

(秋色に染まる、今住んでいるアパートの裏手のストリート)

頭を振り絞って考えてみたものの、これってありなの?と思えるカナダのマイナスポイントで思いついたのは、実はこのくらいです。

カナダ在住歴10年の友達に聞いても同じような解答でした。

彼いわく、いくら良いところがたくさんあっても「これは絶対嫌だ。無理だ。」と思う数が多いと住みにくいと感じてしまうそうです。

カナダの人の優しさは心の余裕から

人間、余裕があると人に優しくできますよね。都市部でも日本みたいに人で溢れているわけではないですし、自然もすぐ近くにあって、労働環境もいいので、人の心にも余裕があるのだろうなと感じます。

カナダのそういう所がほんとうに魅力的で日本人からも人気の高い理由だと思います。

筆者がどうしても伝えたかったカナダの魅力、読者のみなさまにも伝わったでしょうか?

この記事をキッカケに、少しでもカナダに興味をもってもらえるとと嬉しいです。

【カナダの関連記事はこちら】

↑カナダ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

海外在住の「英語がペラペラの人」と「話せない人」の決定的な違いとは

この「発見」によって、英語に対する常識がひっくり変えるかもしれません。

なぜ、1,000人以上の海外在住者がこの学習メソッドを選択し、思ったことを瞬時に英語化できるようになったのか?

ことばのメカニズムを知れば、あらゆる英語表現を自由に話すことが可能になる!

正しい方法で最短距離で英語をマスターする

世界中を仕事場にできる新職業を公開中!”
一国に縛られない自由なワークスタイルを手に入れませんか?

せかいじゅう2.0

せかいじゅうのコンセプトは
海外への無数の選択肢と可能性を提供すること

これは、海外へ移住し生活するだけでは完結せず、あなた自身の“軽やかさ”そして、“世界への高い移動力”が求められる。

それを可能にするITスキルを手に入れませんか?

世界で暮らすだけではなく、さらなる次のフェーズとなる
世界中へ移動でき、世界中を仕事場にできる自由なワークスタイル
を提供すること。

これを実現できる場が「せかいじゅう2.0

参加は無料。地球が仕事場となるコミュニティに参加しよう!詳しくは↓

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。