驚愕のカナダ恋愛事情!知らないと損する恋愛観の違い4選

せっかく海外に来たなら、日本では味わえない新たな出会いにだって期待したい…そんなシングル男女も多いのでは?

今回はカナダで恋愛するときに知っておきたい恋愛の常識をご紹介します。

【カナダの関連記事はこちら】

↑カナダ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

1.告白されるとは限らない

日本で恋愛をするとなると、まずはメールや電話、直接会ったりなどして「好きです、付き合ってください」と告白するのが一般的。

love02

ところがカナダ人など欧米文化圏出身の人たちには告白という文化がありません

メールのやりとりやデートを重ねてなんとなく関係を進めていくという人が大半です。

日本人からすると、付き合ってるのか付き合っていないのかはっきりしなくてもどかしい、と思われるかもしれませんが、欧米文化圏の人からするとデートもしていない、よく知らない相手からいきなり「好きだ!」と告白されたりするのは不自然なのだそうです。

「自分は真剣に付き合っているつもりだったのに、相手にそのつもりがなかった」という事態を避けるためにも気になる場合はコミュニケーションをおろそかにせず、自分はこういう認識で付き合っていると伝えてみることもアリ。

日本のデートのプロセスを相手に教えてみてもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

2.ボーイフレンド・ガールフレンドは真剣な証拠

日本人の感覚だと気軽に使えるボーイフレンド・ガールフレンドという単語…ですが、カナダでは真剣に付き合いをしている相手をボーイフレンド・ガールフレンドと呼びます。

カジュアルな付き合いをしている場合はデートをしている状態のためMy Dateなどと呼んだりして区別します。

告白の文化がないため、複数の人たちとデートをしてから真剣に交際をする人を決めるというステップを踏む場合もあります。

デート期間はいってみれば「お試し期間」…カジュアルにいろんな人と会うことも一般的に行われます。

とはいえ、日本人からするとなんだか不誠実な印象を受けてしまいますよね…。

受け入れられない場合は、相手に自分以外とデートをすることはしないように相談してみましょう。

スポンサーリンク

3.オープン・リレーションシップに注意!

オープン・リレーションシップ(Open Relationship)と聞いて日本の皆さんはどういう意味を想像しますか?

love03

関係をオープンにすることだから…友人や家族、会社の同僚に自分たちは交際している間柄だと恋人を紹介すること?いいえ、違うんです!

オープン・リレーションシップとは、パートナーを一人に限定せず複数人との関係を同時進行させるタイプの付き合い方

恋人に黙ってこっそりする浮気とは違い、パートナーにあらかじめ同意を求めたうえでするものです。

もし付き合っている相手からオープン・リレーションシップにしたいと持ちかけられて、「家族や友人などに紹介してくれるんだ!」と真剣な交際を期待して同意したら他の人とも付き合っていてショック…ということにもなりかねません。

ミスコミュニケーションを起こさないためにも、わからない言葉などがあったらきちんと説明するようお願いしてみましょう。

せかいじゅうからのご案内

海外在住の日本人宅のステイしませんか?

ホテルではできない現地生活を体験したい、海外にネットワークを作りたい方。せかいじゅうホームステイを利用しよう記憶に残る滞在をしてみる

4.結婚だけがすべてじゃない。コモンローという選択肢

カナダには国際結婚をするカップルもたくさんいます。

love01

日本では、結婚が決まったら式を挙げたり、市役所などに婚姻届を提出したりするのが一般的ですよね。

カナダでは結婚以外にもコモンローという制度があり、結婚している人たちとほぼ同等の権利を得ることができます。

同居し夫婦や同性パートナーのように家族としての機能していることが前提になります。ただしコモンローとして認められる条件は州や法律によって異なる場合があります。

カナダで出会った恋人と付き合っているうちに、やっぱり日本には戻らず、できればカナダで一緒に暮らしたいという希望が出てくる方もいらっしゃるかと思います。

カナダでは結婚やコモンローを通して移民をされる方も多くいます。

結婚される場合は結婚を証明する書類、コモンローを通して移民申請される場合は一年間の同居を示す書類などが必要になります。

永住者でない限り、外国人滞在者にはビザの期限が課せられており、滞在には期限があります。ビザの期限のせいでパートナーと離ればなれに…なんてことが起きないよう、計画的に永住権やビザの申請ができるようパートナーと相談してください。

Orange LLPでは滞在方法や家族移民のご相談も受け付けております。

英語でのコミュニケーションに自信のない方、滞在オプションのご相談やサービスの詳細をご希望の方は[email protected]までご相談ください。

スポンサーリンク

5.最後に

海外での生活は日本と違って刺激的ですが、文化も恋愛の常識も異なるため、まずはコミュニケーションを取ることが大事なポイント。

思い込みで先走ってしまうと、思いもよらぬ結果を招いてしまうことになりかねません。

いつまで一緒に入れるかも視野に入れ、お互いを尊重し合えるいいパートナーを見つけてください♡

【カナダの関連記事はこちら】

↑カナダ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

海外移住・永住でご相談・お悩みはありませんか?

プロエージェント

せかいじゅうが厳選する移民エージェントを紹介します

当メディアは世界中の各国へのコネクション・ネットワークを強みとし、その規模は世界最大規模。海外渡航に関する悩みやトラブルを解決します。

海外への移住手続きやビザ取得まで完全サポート!せかいじゅうが選び抜いた信頼できる専門家を紹介致します

せかいじゅうプロからお気軽にご連絡ください。

海外エージェント(移住・ビザ・仕事)の方はこちらからご応募ください。

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

ホテルではできない、せかいじゅうホームステイだけが持つメリットを使って長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

スポンサーリンク

世界中を仕事場にできる新職業を公開中!”
一国に縛られない自由なワークスタイルを手に入れませんか?

せかいじゅう2.0

せかいじゅうのコンセプトは
海外への無数の選択肢と可能性を提供すること

これは、海外へ移住し生活するだけでは完結せず、あなた自身の“軽やかさ”そして、“世界への高い移動力”が求められる。

それを可能にするITスキルを手に入れませんか?

世界で暮らすだけではなく、さらなる次のフェーズとなる
世界中へ移動でき、世界中を仕事場にできる自由なワークスタイル
を提供すること。

これを実現できる場が「せかいじゅう2.0

参加は無料。地球が仕事場となるコミュニティに参加しよう!詳しくは↓

ABOUTこの記事をかいた人

弁護士事務所Orange LLP

弁護士事務所Orange LLPについて Orange LLPはカナダ最大の都市トロントに本部を構える総合法律事務所です。 「日本語で相談ができる弁護士事務所」として、 10年以上に渡り日本人コミュニティの支援を行ってまいりました。 ビザや永住権の申請サポートをはじめ、離婚問題や不動産の売買、ビジネス、相続など、ライフステージの変化に伴って発生する様々なトラブルの解決に、お客様と一緒に取り組んでいます。 最新の法制度を熟知した経験豊富な弁護士と、複数の日本人アシスタントがチームとなり、お客様にとって最適なサービスとベストな解決策をご提案します。 初回のカウンセリングはどんなご相談でも無料で承っております。まずは[email protected]まで日本語でお問い合わせください。 カウンセリングから目標達成まで、日本語でご対応いたします。 WEB |http://orangellp.ca/jp/ メール|[email protected]   お電話|+1- 416-519-2944 Twitter・Facebookは「Orange LLP」で検索!