カナダデーとは?建国記念日と過ごし方

7月1日はカナダデーです。

1867年に、3つの州であるノバスコシア州、ニューブランズウィック州、カナダ州(現在はオンタリオ州とケベック州) がひとつの国として誕生した日です。

カナダの建国記念日なので、国民にとっての祝日でもあります。

実は、カナダデーはイギリスの植民地時代の名ごりで、“Dominion day (自治記念日)” と呼ばれていました。

しかしカナダ政府が、1960年代前半までに“自治”という呼び方を使用することを事実上辞め、1982年に正式に“カナダデー”と呼称が変更されました。

ヨーロッパ移住を叶える第一歩。オランダビザセミナー・録画版

EUの中心地・オランダは日本人が移住しやすいビザがあります。

せかいじゅうビザセミナーでヨーロッパ移住する方法を教えます→概要はこちら

カナダデーって何をする日?

この日は、カナダ国内がまるでお祭り騒ぎのようになって、カナダデーをお祝いします。

例えば家族や友人達を集め、おうちの庭で一緒にバーベキューをしたり、ビーチに上がる花火をみんなで見に行ったりして盛大に楽しみます。

カナダデーが近づくと、自宅の前にカナダの国旗を掲げるカナディアンも多いです。

そして、カナダデーが終わっても掲げ続けるカナディアンも実際のところ、多いです。

首都であるオタワでは、ダウンタウンを通行止めの歩行者天国にして、パレードやショーパフォーマンスが行われます。国旗がデザインされたTシャツを着る人や、この日のために!と言わんばかりの赤や白の服でコーディネイトする人など、とにかくカナダ愛を全面にアピールしたカナディアン達が一気に集まってみんなでお祝いします。

そして、カナダの国歌である、“O, Canada”を合唱したりもします。

コロナ以降のカナダデーは、どうやって過ごす?

2020年以降のカナダデーは、さまざまな新しい楽しみ方が提案されました。

例えば、ドライブインで車に乗ったまま楽しめるコンサートや花火イベントがあったり、オタワでは、カナダ国内からお手持ちのデバイスでアクセスするのであれば、どこでも無料で楽しめるバーチャル花火イベントが配信されていました。

トロントにあるCNタワーは夜10時から15分間、無料で空へのライトショーイベントをリアルタイムでストリーム配信されていました。

カナディアンのアーティストによってfeaturingされた、ミュージックプレイリストと共に配信することで、おうちにいながら光と音を一緒に楽しめるなんて素敵ですよね。

前年までには考えられなかったような新しいカナダデーの楽しみ方、今年はどんなバーチャルイベントが開催されるのか、楽しみです!

世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住コミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ

世界中の日本人同士が繋がり、情報提供したり、チャレンジしたり、互助できるコミュニティ「せかいじゅうサロン」

参加無料。気軽に繋がってください。(2021年2月時点:参加者1400名超えました)

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。