バンクーバーで働きたい! 仕事をする前に知るべき7つのこと

ワーキングホリデーでバンクーバーに来る方は多いと思います。

海外で働きながら生活できるなんてとても魅力的だし、日本ではできない経験を仕事を通してできるのは間違いなし!!

でも、文化も言葉も異なるカナダで本当に仕事をゲットできるのか?

特に現地に着いてから一番初めに仕事を探す際は、期待とともに不安な気持ちも出てくることもあるかも。

そこで今回は、バンクーバー在住者から現地での仕事をゲットする流れやアドバイスをご紹介したいと思います!

【バンクーバーの関連記事はこちら】

↑カナダ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

レジュメ作成後は必ずネイティブにチェックしてもらう!

まず、バンクーバーで仕事探しをする前に必ず必要なのがレジュメ(履歴書)

日本では今でも手書きで履歴書を書くことも多いですが、カナダではパソコンで作成し、プリントアウトして提出します

写真の貼り付けや年齢の記載などは不要。

自分の職歴、最終学歴、もしあれば、自分のスキルとボランティア経験を入れ、レジュメを作成します。

レジュメ作成で気をつけたいこと

そこで必ず気を付けたいことは、必ずレジュメができあがったら、ネイティブにチェックしてもらうことです。

履歴書は一番初めに自分を知ってもらえる大きな武器です。

そこでちょっとした単語の使いまわしや文法が違っていたら、それだけで印象は悪くなってしまいます。

カナダの語学学校などでもよくワーホリの方対象にレジュメの書き方や添削をしてもらえるセミナーがあります。

また、先生に放課後レジュメのチェックしてもらうこともできます。

必ずレジュメはネイティブの方にチェックして、きちんとしたものを作りましょう!

スポンサーリンク

インタビューまでにもっていくには?

バンクーバーでの仕事の探し方は、おもに3つ

  1. ネットでの求人サイトや地元の新聞などで出ているところから応募するやり方
  2. お店の入り口などでhiringと張り紙があるところ、
  3. 自分の働きたいお店へ直接出向いて履歴書を配るやり方、そして友達や知り合いの紹介で応募するやり方です。

カナダは誰かが抜けたとき、コネクションを通して知り合いが仕事に就くというのは多いとよく聞きます。

でも、だいたいは始めの二つのやり方が実際は多いはず。

日本語での求人サイトから気になる仕事をチェックして応募することも可能です

また、求人サイトに出ていなくても、お店の入り口にhiringと応募をしていたり、何も張り紙がなくても人を探していることもよくあります。

だいたいは求人募集しているところを見つけたら、履歴書を直接持っていきます。

ポイントはマネージャーがいるときに履歴書を渡すこと

その場でインタビューをしてくれることも多いです。

不在の場合はマネージャーの出勤日等を確認して再度訪れるのも一つの手。

不在で履歴書を他のスタッフに渡す場合はマネージャーまで渡らないこともあるので、直接渡すことをおすすめします!

スポンサーリンク

インタビューは大げさに言って丁度よい!

さて、履歴書もマネージャーに渡り、いざインタビューへ。

インタビューは職場やマネージャーによってやり方は本当に千差万別です。

たとえばスターバックスでは30分ぐらいみっちり面接があり、自分の長所、今までの仕事の中から大変だったこととそこから学んだこと、またスターバックスのことなど、しっかり聞かれました。

かたや地元のスムージーのお店では、レジュメを持って行った際にマネージャーがいて、その場でフランクな会話でインタビューが始まってしまったこともあります(笑)。

筆者の経験上、面接で聞かれる基本的なことは答えられるようにしておくこと。

そして、普段の受け答えの1.5倍くらいは自分の長所をおおげさに主張してちょうど良いと思いました。

日本人は、どうしても少し控えめだったり、謙遜してしまうことがあります。

でも、カナダでは、きちんとアピールをしないと、相手に伝わりません。

どのようなインタビューであっても、できるだけ大きな声で、自信を持って自分をアピールすることが仕事をゲットできる近道だと思います!

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住の日本人宅のホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

トライアルはお互いの相性を見極めるよいチャンス!

日本にはないカナダのトライアルというチャンス。

インタビューで印象が良かった場合、じゃあ、次はこの日に来てください!となります。

仕事、ゲットできたってこと?と、気持ちが高まります。

でもトライアルであることもあります。

海外ではよくありますが、このトライアル、試しに数時間程、無給で働いて、その仕事ぶりで採用してもらうか決まるというもの。

こちらとしてはドキドキです(笑)。

でも、自分自身もその職場の雰囲気がわかったり、仕事内容を垣間見れるので、お互いにとっていいと思います。

そこで自分も合わないな、と思ったら断ることもできますし、このトライアルの機会を自分とその仕事がマッチするかを見極められる一つの手段だと思ってトライしてみてくたさい!

スポンサーリンク

バンクーバーでの給与・時給とは?

カナダのB.C.州の給料は$10.85

給料は基本的には2週間ごとに小切手でもらい、それを銀行へ持っていき支払いが完了します。

レストランのウェイトレスなどの接客サービスをする職種では、それとは別にチップが出ます。

筆者はチップをもらう仕事ではなかったので、詳しくはわかりませんが、このチップは意外と大きいらしいです。

バンクーバーでは日本食レストランも上手に活用!

せっかくカナダに来たのだから、地元のお店で働きたい!という人は多いはず。

日本食レストランだと、職場環境は日本人でコミュニケーションも日本語、文化も日本、これではカナダに来た意味がない、ととてもストレスを感じたこともありました。

でも、日本食レストランをどのような捉え方で働くかも人それぞれ

たとえ職場環境は日本語でも、お客さんはローカルの人で英語も当然使います。

また、いままで当たり前だった日本食を海外で提供するとなると、意外と新しい発見があったりするのも事実です。

カナダでの仕事経験がない場合、初めは日本食レストランで働き、現地での職場経験を積んでから、再度ローカルの仕事に挑戦する人も多いです。

筆者もその一人でした。

バンクーバーのローカルの仕事でなかなか決まらないこともあります。

そんな時は、仕事がゲットしやすい日本食レストランがあるというのは、逆に心強いことでもあります。

スポンサーリンク

職場での語学力アップ

筆者は学校を通っているときよりも、現地の英語環境で仕事を始めたときのほうが、語学が上達したと思っています

語学学校では先生はゆっくりわかりやすい言葉で話してくれますし、周りも自分と同程度レベルの語学力の学生になります。

でも、職場では現地のお客さんと触れたり、一緒に働いている同僚とも英語でのコミュニケーションになるので、よりリアルに自然な英語に触れられたと思っています

指示など瞬時に英語で聞き取り、それを行動や返答で反応する。英語を英語のまま受け取りアウトプットするというよい訓練になりました。

また、仕事をしていく中で、自分も伝えたいことや意見なども英語になるので、そういう機会を持てたこともバンクーバーで働くことができてよかったと思える一つの要素です。

諦めない!そして楽しむことが大切!

言葉も文化も違うカナダで仕事を探してゲットするのは、日本とはやり方が違う分、少し戸惑いが生じたり、勇気が必要な時も出てくると思います。

はじめはなかなか仕事が見つからなかったりで、すこし落ち込んでしまうこともあるでしょう。

でも、諦めずにやっていたら、必ず自分に合った職場が見つかると思います。そして、どの過程でも、大変なことも含めて、楽しもう!と思う気持ちも大切です。

以上、7つに分けてカナダでの仕事探しの流れをポイントでまとめてみました。

ひとつひとつの挑戦も、きっと大切な経験になるはず。カナダで自分にしか経験できない素敵な時間を仕事探しや職場を通して過ごしてください。

【カナダの関連記事はこちら】

↑カナダ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。