マニトバ州ウィニペグでMPNPを利用してカナダ永住権を取得する方法

「ウィニペグでカナダ永住権を取るのは簡単だ」
「いや難しいからやめた方がいい」

いったいどちらが真実なのでしょうか?

主観を入れずにこの問題を解くには、永住権申請をいくつかのステップに分解して、どの部分が難しいのかを知る必要があります。

この記事では到着後10日で仕事をゲットし雇用主のサポートのおかげでMPNPに滑り込んだ筆者が、MPNPの注意点と常に最新の情報を得て永住権につなげる方法をお伝えします。

今回はワーホリからMPNPを目指す場合について書いていきます。

【カナダの関連記事はこちら】

↑カナダ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

海外移住のプロとのトークライブイベント

2020年2月2日(日)東京会場・マレーシアの長期滞在ビザMM2Hビザ最新情報と教育移住を徹底開設。単身、家族でマレーシアを目指す方は、ぜひご参加ください。オンラインからも参加可能。トークライブ詳細はこちら

MPNPとは

PNP(Provincial Nominee Program)とは、カナダの州がそれぞれの必要に応じて設定する基準を満たした人材を、「この人はカナダにとって有益な人材ですよー」ということをカナダ政府に保障し推薦してくれるプログラムです。

MPNPはそのマニトバ版です

関連記事

カナダ永住権の近道の街!ウィニペグが持つ12の魅力

そのためPNPを通過するとカナダ永住権の多くは問題なくおりるといわれます。

しかし、マニトバ政府も誰でも良いわけではないのでMPNP審査には厳しくなります。

  • マニトバ州に貢献してくれる人材であること
  • 他州とかかわりがなく今後もずっとマニトバ州に定住してくれる人

カナダ永住権をサポートした後に他州に行かれては何の意味もないため、審査には慎重になるというわけです

カナダ永住権申請のプロセス以前に、MPNPを通過するという部分が大きな壁となります。

なぜなら仕事探し編で詳しく書きますが、条件に合う職場を見つけ仕事をキープするのがそもそも難しいからです。

まずはMPNPの気になる条件を見ていきましょう。しかもこれがよく変わるので注意が必要です。

スポンサーリンク

突然変更されるMPNPの条件と手順

鍵は

  1. 「時間」
  2. 「期間」
  3. 「雇用主様からのサポート」

です。

2017年も大きな変更が2回ありました。

2017年12月時点で、

  1. どの職種でもいいので6か月間週30時間以上(フルタイムで)働く
  2. 雇用先から長期のオファーレターを出して頂く
  3. EOI作成
    (Celpip-GかIELTSジェネラルを事前に受けておく)
  4. その情報をもとに不定期にある選抜でポイントが高い人から選ばれる
  5. 雇用先にIRCCに登録してもらい、登録料$230を払って頂く(順番の前後可)
  6. マニトバ州政府からMPNPの招待状(LAA)が届く
  7. EOIで入力した情報を裏付ける書類をアップロードし費用$550を支払う
  8. MPNPのオフィサーから必要に応じ電話インタビューや追加書類がある
  9. 合格ならMPNPと就労ビザに切り替えるための書類がメールで届く

これが、2018年また変更されます

最初に適用されるのは外国人として学校に通う学生や海外から応募する人たちです。

次にワーホリ等に適用されます。

現段階ですでに憶測や聞きかじった情報が飛び交って混乱しています。正しい情報を得るための対策をお伝えします。

スポンサーリンク

日本語での正確な情報が手に入らない!?

単身ワーホリでMPNPを目指す日本人と情報交換の場が少ないので、必然的に自力で調べるかツイッターやブログに個人的に問い合わせるケースが多くなります。

また、苦労して得た情報は簡単にはシェアされないことも。

さらに、内容が頻繁に変更されるため、どうしてもすぐ情報が古くなります。

では、どうすれば最新で正確な情報についていくことができるのでしょうか?対策を考えます。

正確な情報を得る5つの対策

①英語のサイトを常にチェック

これに尽きます。重要な情報は大抵英語で書かれていますが、十分理解できる内容です。

http://www.immigratemanitoba.com/

ツイッターでも最新のニュースが配信されます。

人の話は参考程度にし、どんな時も自分で直接調べましょう。

②MPNPの説明会に参加する

定期的に開催される説明会は先まで埋まっていることもあるので、ご予約はお早めに。

③MPNPのオフィスに直接聞きに行く

オフィスはこちら

Manitoba Labour and Immigration
Manitoba Provincial Nominee Program
7th Floor, 213 Notre Dame Avenue
Winnipeg, Manitoba, Canada R3B 1N3

Phone: 204-945-2806
Email: [email protected]

注意点は、答えてくれるのはただの受付の人だったりするので、全員言うことが違うことはしょっちゅうです。

自分の状況と聞きたいことを正確に伝えましょう。その上で日を変えてでも何人かに聞き確かめる慎重さが必要です

④韓国人コミュニティーに助けてもらう

日本人と同じワーホリビザで同じような職種からノミニーを目指す韓国人は、一番日本人と状況が似ています。

必要な書類に差はありますが、日本人より人口が多いため、常に誰かがMPNP申請中の韓国人コミュニティー

常に活発に情報交換をしている親切な彼らからは、「今」の「より正確な」情報を分けてもらいやすいです。

⑤定期的にMPNPをサポートしている職場で働く

詳しくは仕事探し編で書きますが、そもそもMPNPに協力できないポリシーを持つ職場は無限に存在します。

その上できないことを誰も知らないケースも多く、分かった時には遅すぎることも。

ワーホリビザは12か月しかないので、最初からノミニーの実績と経験が豊富な職場で働くことはMPNPをより確実にしてくれます。

せかいじゅうラジオチャンネル開設

「人それぞれの海外移住の形がある」せかいじゅうのYoutubeラジオチャンネルが始まりました!海外移住・留学のヒントが満載です♪

【新着】ブルガリア移住しプロのバレーダンサーとして生きる(43分音声)

MPNP通過後

就労ビザに切り替える

ビザの期限に追われるワーホリ組は、MPNPに通過するのがビザ失効ぎりぎりになります。

合否前にビザが切れてしまう場合は、仕事を続けるために「インプライドステータス」にする必要があります。

またMPNPオフィスによるとビザの期限が近い人から優先的に考慮されます。

ビザの期限内に合格した場合はすぐに就労ビザに切り替える必要があります。

アメリカのボーダーに行く場合

持ち物は

  • MPNP合格時にメールに添付される2通の書類
    (ノミニーに通ったという内容と、就労ビザ申請のための書類)
  • パスポート
  • ジョブオファーレター
  • 今のワーホリビザ
  • IRCC登録支払い後雇用主に送られてくる番号
    (これがないと就労ビザがもらえません。似たような番号に注意)
  • 就労ビザ費用$155(変更可能性あり)

以下は念のため

  • IRCCに支払ったレシート
  • 最近の給料明細

職場によってはプリントアウトしてそのまま渡してくれたり、まとめて正式な書類にしてくれることもあります。

パスポートの有効期限により最大2年間のclosed work permitが発行されます。

もうワーホリのようなどこでも働けるopen work permitではなく、今の雇用先のみで働けるビザになります。

マニトバヘルスとSINナンバーの手続き

・マニトバヘルス

300 CartonSt,Winnipeg,MB R3B 2K6

SINナンバーは変わりませんが新しい書類を発行してもらいます。

Service Canada Centre
393 Portage Ave#122,Winnipeg.MB R3B0G9

永住権申請

自分が属するカテゴリーとクラスの申請用紙に記入し日付や署名を入れて送ります。

今は永住権が取れるまで受理後18か月ほどかかると言われています。

申請ガイドと申請書類はこちら:
Application for Permanent Residence – Provincial Nominee Class

イミグラントセンターはMPNPに関するサポートは禁止されていますが、このフェデラルに永住権を申請する段階になると、「Settlement service」を通して書類作成のサポートを受けることができます。

http://icmanitoba.com/services/settlement-services/

スポンサーリンク

MPNPを利用してカナダ永住権を取得する方法まとめ

ウィニペグでMPNPを利用して永住権を取得するのは簡単か?

振り返って初めて全ての条件と人、タイミングや運が重なってこそのMPNPであることが分かります。

「比較的」やさしいとされるMPNP、されど移民です。

移民をなめてはいけないという言葉を痛感しつつ、プレッシャーと不安で落ち着かない1年になります。

入念な計画が必要です。沢山の人に助けて頂くことになります。

でも一部の人が言うほど不可能ではないかもしれない。その上ウィニペグは意外と快適。

筆者の結論は「結果はどうであれ、どの人も一度本気で挑戦してみる価値はある」です。

【カナダの関連記事はこちら】

↑カナダ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

せかいじゅうトークライブイベントで移住のプロと繋がる、話す、解決しよう

海外移住エージェント

海外移住イベントに参加して、移住に必要な情報を収集しよう

最新イベントは2020年2月2日(日)はマレーシア移住イベント。マレーシアのビザ事情や現地生活、教育事情を徹底解説。

海外移住を目指す方がとの交流もあります♪参加は東京会場、オンライン視聴から選択できます

せかいじゅうトークライブに参加しよう!

海外エージェント(移住・ビザ・仕事)の方はこちらからご応募ください。

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。人気のホストはこちら↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。