アトランタの気温と気候を徹底解説(各シーズンのイベント情報付き)

  • 「アトランタに住む事になって渡米の準備をしようと思うけど、気候はどうなっているの?」
  • 「アメリカは場所によって全然気候が違うし、でもアトランタは南部だから1年中温かいのかな?」
  • 「服装はどうすればいいの?」

など、こういった疑問をガイドブックの情報だけではない、実際の生活、最近のアトランタの気候なども含めて、皆さんが思う疑問をひとつひとつ答えていきます。

【関連記事はこちら】

↑アメリカ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

ヨーロッパ移住を叶える第一歩。オランダビザセミナー・録画版

EUの中心地・オランダは日本人が移住しやすいビザがあります。

せかいじゅうビザセミナーでヨーロッパ移住する方法を教えます→概要はこちら

アメリカの人気都市と比較してみると

アトランタの気候のお話をする前に、皆さんも一度は訪れたいと思っているだろうアメリカで訪れたい都市、上位ベスト3に選ばれている3都市の気候も調べてみましたので、紹介します。

第1位 ニューヨーク(北東部 ニューヨーク州)

温暖湿潤気候です

ニューヨークの気候は、日本と同じく四季はあるものの、春と秋が短いのが特徴で、夏は平均気温が20℃後半の暑さが続く。

冬は1月、2月に本格的な冬がやってきて、最低気温もマイナス10℃前後になることも。

冬のニューヨークはとにかく寒いと言われますよね・・

第2位 マイアミ(南部 フロリダ州) ※アトランタのお隣です

熱帯モンスーン気候です

温暖なフロリダ州は、年間を通して水着で過ごせるほどの温かい気候。
リゾート地として人気のあるマイアミは、夏は非常に暑く雨が多く、
ハリケーンが頻繁に通ることでも知られている。

第3位 ロサンゼルス(西部 カリフォルニア州)

沿岸部は地中海性気候、内陸部は砂漠気候です

年間を通して天気が良く、特に夏場は雨が少ない。

日本に比べて過ごしやすく、夏にかけて日照時間が長くなるのも特徴

この3都市の気候違いから、アメリカがいかに広大な土地なのか改めて分かりますよね。

では、本題に・・フロリダ州のお隣であるアトランタの気候や気温について感じる疑問にに答えていきます。

世界中の日本人と繋がるコミュニティ

人生が世界へ広がるコミュニティ「せかいじゅうサロン(無料)」へ招待します

人脈ネットワークの構築、情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

まず・・アトランタは、アメリカのどこに位置しているの?

ジョージア州アトランタは、北緯33度45分18秒、西経84度23分24秒に位置しています。

日本でいうとちょうど九州の福岡市とほぼ同緯度であり、ちなみにアトランタと福岡は姉妹都市でもあります。

またアトランタの面積は、南関東の1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)と静岡県を合わせた面積と、ほぼ同等の広さと言われていますので、場所によって気候も違うのは納得します。

ジョージア州北西部に位置するアトランタは、南部特有の夏の蒸し暑さと冬の温暖な天候から「ホットランタ」という異名があるほどです。

アトランタには四季があるの?

アトランタは、春には桜が咲き、秋には紅葉を見る事ができます

気候は温暖湿潤気候に属し(ニューヨークと同じ)、南部の多くの地域と同様です。

夏は蒸し暑く、7月の平均最高気温は31℃にもなります

夏は外に出れば、上半身裸でランニングしている男性に出会いますよ。北緯が福岡市とほぼ同じなので、夏の暑さは日本とほぼ変わりませんね。

アトランタの気候の特徴は?

アトランタの気候の特徴として、1年を通して比較的雨が少ないことです。

1年間に大雨が降るというのは数える程しかなく、本当に稀なことです。

ただ午前中は天気がいい日でも、夕方頃になると急に曇り空になる事がありあっという間に雨が降りだし、時には滝のような雨が降ることもあります。

大抵はすぐに止み、止んだかと思うと晴れ間が見えてくるのですが、天気の移り変わりが激しいのは特徴と言えます。

一度筆者も外出中に大雨に出くわし、びしょ濡れになり大変な目に合いました。

その日、同じように雨に濡れていても普通に歩いている人を見かけたので、現地の人は慣れているんだろうな・・と感じました。

あと、こちらに来て現地の人で傘を持ち歩いている人をあまり見かけた事がありません。

1年を通しての服装はどうしたらいい?

まず驚くことに、現地の人の中には日中を1年中半袖で過ごす人もいます

驚くべき体験は、1月の比較的温かい日に、半袖、短パンの人が外を歩いていた事です。

その日は電車の中にクーラーが入っていました・。

また、これはアトランタの特徴なのか、様々な国の人が住んでいるからなのか、習慣の違いもあるかと思いますが、夏の猛暑、極寒の日以外で電車に乗っていると、人の服装に違いがあります。

例えば夏場は男性、女性ともにノースリーブ、Tシャツで、男性は必ずと言っていいほど短パンの人ばかりですが、中には男性でもパーカーなどの長袖を着ている人もいます。

私もこちらに来たすぐは、夏場はノースリーブで元気に出かけていましたが、電車、グロッセリーストア、レストランなどの室内が、とにかく寒い事に驚きました。

心地いいとか、涼しいではなく、”寒い”と感じる位の温度です。

大体の人はあまり寒いと感じていないようですが、日本人には寒い温度ですので、女性の方は夏場の外出時には必ず1枚羽織れるもの、カーディガンなどを持って行かれる事をお勧めします。

そして、電車の中は寒いのに、外に出たら蒸し暑いという状態で、温度差が半端なくありますので、体調管理にも注意して下さい。

atlanta-crimate01

このような生活環境、勿論個人差もありますので、一概には言えませんが、次にシーズン毎の服装や過ごし方についてまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

シーズン毎の過ごし方&ほんのちょっとだけイベントのご紹介!!

春 3月〜5月

アトランタは東部夏時間とされており、3月の第2日曜日午前2時からサマータイムに入ります(日本時間−13時間)。

そのため、日没の時間が遅くなっていきます。

そして、4月に入ると平均気温が12℃程になり、比較的過ごしやすくなってきます。

<服装>

日中、日向は温かいのでシャツ1枚、薄手のニットでもOK。夕方頃は少し冷えてくるので、長袖を1枚別に用意して下さいね

<イベント>

3月のイベント:Cherry Blossom Festival。3月下旬〜4月初旬まで

アトランタから南東に車で1時間半ほどの街、メーコン市で開催されます。日本と同じソメイヨシノが咲き、南部で一番の桜の名所とされています

5月のイベント:ATLANTA JAZZ FESTIVAL。5月下旬 ピードモント公園で開催

40年近くもの歴史あるイベントで、国内外のアーティストが出演します。3日間のステージとなっており、入場料は無料です。

夏 6月〜8月

6月には20℃を超えるアトランタですが、夏はとにかく暑いです。

7月、8月の平均気温は26℃、最高気温が30℃を有に超えてきます。日中は外を歩く時にペットボトルの水を持って歩く人も良くみかけますね。

また、アトランタは東部夏時間の中でも一番西側に位置していますので、8月に入ると日が沈むのがぐっと遅くなり、夜の9時頃まで比較的明るい日が続きます。

<服装>

ノースリーブ、半袖、短パンなどでいいのですが、女性は室内用に薄手のストールやカーディガン等を用意して下さい。

<イベント>

7月のイベント:Ice Cream Festival。7月下旬 ピードモント公園で開催

名前の通り、アイスクリームのお店が大集合!公園には他にも食べ物の屋台から、洋服、雑貨など沢山の屋台がでて、家族連れやカップルなどが多く詰めかける。蒸し暑いアトランタの夏にぴったりのイベントです。

秋 9月〜11月

日本でも9月初旬までは暑く、後半にかけてだんだんと秋の気配を感じるようになりますが、アトランタは10月で17℃、11月の平均気温が12℃ですので、比較的過ごしやすい日が続きます。

そして、11月第1日曜日午前2時を過ぎると、夏時間の終了です(時計の針を+1時間に設定、日本時間−14時間となります)

<服装>

日中は比較的温かいので半袖でも過ごせる日もありますが、シャツ1枚薄手の長袖などをお勧めします。

ただ11月になると、寒い時は最低気温が6℃にもなりますので、パーカーなどの少し厚めの長袖を持っておくと良いと思います。

9月のイベント:Dragon Con。毎年レイバーデイ(労働者の日)の週末、4日間開催。ダウンタウン周辺、ピーチツリーストリート

北アメリカのアニメ、ゲーム、ファンタジー、コミック等のファン、カルチャーの祭典です。アニメや映画の仮装パレードと言った感じですが、全米から1,000人ものファン、参加者が集い、コスプレは本物そっくりのクオリティーです。

パレードを見ている人もコスプレしていたり。Dragon Con前後の電車の中は、いろんなコスプレをしている人に出会う事ができるので楽しいですよ。

冬 12月〜2月

12月に入ると平均気温は7.4℃。平均最低気温は2.5℃。

気温は下がり始め、アトランタの冬は1月が一番寒い月と言われています。

1月は平均最低気温が1.3℃、寒い日は−2〜3℃の日もあります。

雪は降らないアトランタと言われていましたが、ここ数年は年に1、2回雪が降っています。そうなると、雪に慣れていないこちらの人は車を出す事も大変ですし、車社会のアメリカですので、普段から渋滞している道は大変な事になり、麻痺状態になってしまいます。

<服装>

日本の冬と変わりませんので、コートや、厚手のジャンバーを用意してマフラー、帽子などの防寒をしてください。

日中温かい日も、夜になるとぐっと冷え込むので必ず厚手のものを1枚持って行くようにして下さい。

12月のイベント:GARDEN LIGHTS。12月中旬頃 アトランタ植物園で開催

2000年に始まったイベントで、1万以上のLEDライトで植物園全体がライトアップされます。

植物園にあるユニークな建造物も昼の顔とは違う、幻想的な雰囲気に変わります。全体的にカラフルな色使いがされており、友達、家族連れ、カップルで大人気の冬のイベントです。

最後に

特に女性の方へ、アトランタは以外と乾燥していますので、お肌のケア、保湿をしっかりされることをおすすめします。

また、お家に加湿器を置いたりするのもいいですね。

以上ですが、日本と同じく四季を感じる事ができるアトランタですので、外に出て季節を感じて、またアメリカらしいフェスが沢山ありますので、ぜひアトランタライフを楽しんでください。

【アメリカの関連記事はこちら】

↑アメリカ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら


世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住コミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ

世界中の日本人同士が繋がり、情報提供したり、チャレンジしたり、互助できるコミュニティ「せかいじゅうサロン」

参加無料。気軽に繋がってください。(2021年2月時点:参加者1400名超えました)

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。