ニューメキシコ州アルバカーキへ移住した実際とは?

旦那さんがアメリカ人で日本勤務だった中、ニューメキシコ州アルバカーキの勤務になったため移住。

主婦と子育てがメインなので、たまに翻訳業などをしている在住歴3年半のsharonさんに移住ストーリーをインタビューしました。

【アメリカの関連記事はこちら】

↑アメリカ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

アルバカーキってどんなところ?

基本的には砂漠の世界です。

ネイティブアメリカンがすごく多い地域で、その居住地域でもあります。一般の人は、ほとんど入れない地域になります。

例えば、警察でも一般の警察ではなく、その居住地域専門のネイティブアメリカの警察官がいますので、かなり変わっています。

私はすごい好きですが、家も普通のアメリカンハウスではなくて、赤っぽい土で作った家です。

albuquerque01

あとは、ちょっとかわった動物が多いです。例えば、コヨーテ、けっこう大きいトカゲ、ロードランナーという飛べない鳥がいます。うさぎ、スカンク、変わった動物が多くて、びっくりしました。

私が住んでいるところは、そうでもないですが、とりあえず砂漠です(笑)

標高が高いので、ランニングしても、酸欠になりやすいので、アスリートはこちらでトレーニングしたりします。

州都はサンタフェになりますが、アルバカーキも田舎ではないので、ネイティブアメリカンに関してはいろんなストリートやお店、オブジェがあります。

ネイティブアメリカンの歴史についてもあります。

スポンサーリンク

アルバカーキの治安は?

正直にいっていいですか?

治安はかなりよくないですね、全米でワースト2位とか。(笑)

albuquerque06

実際住んでみて、しょっちゅう事件、殺人とか、まず、ニューメキシコって他の州に比べて、貧富の差が大きいんです。

私の主人も、家のなかのバイクを盗まれたりだとか、窃盗なども多いです。

あとは、ホームレスの人も道端にけっこう立っています。

治安は、すごいよくないです(笑)

アドバイスするとしたら、ウォールマートとかいくときに、あまり高価なものは身につけていかないほうがよく、私はそうしています。

スポンサーリンク

ニューメキシコという地域でびっくりしたことは?

車検がない!

西側のアルバカーキという地域は、家もお金のある人が住むエリアなんですが、北西のアルバカーキ、空港の近く・ニューメキシコという地域は車の車検がないので、車がひどいです。

窓がなかったり、バンパーがない車が平気で走っているんです。最初来た時は、かなりショックで、びっくりしました。

主人はワシントン出身なので、ワシントンは車検があるので、びっくりしていました。

いきなりヒョウが降る天気!

あとは、天候の面です。

砂漠地なので、天気がすごい変わりやすいんです。

夏、天気なのに、いきなりヒョウが降ってきたり、あとは砂嵐のように風が吹いたりと、そういうのもびっくりしました

ちょっところころと天気が変わりますね。

怖い山火事

ニューメキシコで一番危険なのは、山火事なんですね

乾燥しているので、山火事は危険なので、避難が必要なときもあります。

燃えると一瞬で移っていくので。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住の日本人宅のホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

観光地としてのホワイトサンズ

砂漠なんですが、砂が真っ白です。

albuquerque04

これは世界遺産的なものなので、日本でもテレビで放映されたり、すごく有名です。

また、アルバカーキで年に1度あるバルーンフィエスタという熱気球のイベントが10月に1週間くらいあります。

いろんな形の熱気球、出店、ライブミュージックがあって、とても有名です。

albuquerque05

スポンサーリンク

アルバカーキでの出産について

出産は私は無痛分娩を選んだんですが、日本だとあまり一般的ではないと思いますが、こちらでは、ほとんどの人が無痛分娩でやっています。

日本との大きな違いは、陣痛からお産まで、すべて同じ部屋で行われます。

その後、赤ちゃんも親と同じ部屋にいます。これは日本とは違うかな、と思います。

日本とは違って、エコーはあまり撮ってもらえないんです

何か問題があったときは、とってくれるんですが、普段は撮ってもらえないので、寂しいです。(1〜2回だけ)

ちょっと日本人にとっては物足りなく感じるかもしれません。

補助について

一般の方はわからないですが、主人の場合は、国の関係の仕事をやっていますので、その保険にはっているので、私は保険ですべてまかなえました。

病院での予約は大変

これは皆同じかもしれませんが、アメリカの病院での予約をとるのは大変です

例えば、どんな病気でも、日本だったらすぐにいけますが、こちらだとERしかないのです。

病院に行く場合は、1週間〜2週間後になる予約をとってからいくしかありません。

しかも、緊急でERにいっても、専門ではないので、痛み止めとかを処方されるだけのことが多い。

待ち時間も2〜3時間待たされるので、アメリカの医療システムは大変です。

また、出産しても、最低2〜3日で退院になるし、二人目だと、24時間で帰されたりとか、その点は欠点かな、と思います。

医療体制はかなり違うので、覚悟したほうがよいと思います

albuquerque02

予想を超えた困難!グリーンカードの取得について

これは伝えたいです、大変だったので(笑)

私たちは、グリーンカード取得を自分たちでやったのですが、ビザの管理局が自分達の書類をなくしたりとか、他の同姓同名の人間に、メールアドレスは違うのに、情報を漏らしたりとか。

また、私の誕生日を変えられたのかわからないですが、管理局に問い合わせしたら、誕生日が違うということで18ヶ月間繋いでもらえなかったりしました。

お金も言われた通りに、支払ったのに、800ドルくらい全部パーになりました。

結局、25万円を使って、弁護士を雇いました。ビザの問題で不法滞在になってしまうから。。

普通に結婚して、ビザをとるだけでこれだけ大変でしたから、私は弁護士を雇うことをお勧めします。

ちょっとお金はかかりますが、弁護士を雇ってから、たったの4ヶ月で取得できました

入国管理局のグリーンカードの面接にいったときも、面接した内容も、結婚2年目半だし、子供も二人いるし、じゃあ10年ね。

と、えっ?ていうくらいスムーズにいったんです

普通であれば、結婚した経歴とか全部見せないといけないのに、私の場合は、どこ出身なの?とか、子供かねいいね、とかたわいもない話をして終わって、
すごい頭にきました。笑

ただ、これがメキシコ人とかだとまた違うと思いますが。

入国管理局は、本当にあいまいなので、ビザはきちっと弁護士に頼んでやったほうが一番ベストです。

弁護士は?

私の場合は、私が探して、たまたまニューメキシコの免許をもっていたので、その方に頼みました。

日系の人に頼んだほうがよいと思います

取得まで、4ヶ月でぴったり終わりました。

だから、私の友達でも、グリーンカードを取得している方はみんな苦労しているので、みんなで話をしたときは、やはり絶対弁護士だよねって話をしています

(結婚して2年未満だと、テンポラリーで2年間のグリーンカードしかもらえません。)

アメリカの永住ビザ取得関連の記事一覧

スポンサーリンク

他国にいるから分かる日本の良さ

日本から離れれば離れるほど、日本の良さに気がつきます。

そういう点で、日本はどこに出かけても、安全だし、サービスもよいし、日本て素晴らしい国だな、と思います。

困難を乗り越えるために

文化の違い、ビザの問題、治安の問題、
精神的に苦しいときはたくさんありましたが、
日本の実家、友達とLine電話で愚痴ったりと、思い切り話しました。

あとは、旦那にも支えられたりとか。

一人で抱え込まないほうがよいです。

今まで一番驚かれたこと

悪い意味では、やはりホームレスです。

街角やハイウェイなどで、看板持って、ドアのノックしてきます。

普通にウォールマートで買い物をしていたら「犬を餌を買いたいのでお金をください」と聞かれるんです。

最初は、すごいびっくりしました。そういう人がたくさんいます。

そういう方は、誰かの行為が嬉しいんですね。若い人でも、仕事しないで、ホームレスをしている人は多いです。

日本と違って、こちらのホームレスは格好が綺麗です。

ただ、仕事をしたくない、だらしない人々です。仕事したら?といつも思います。

albuquerque08

スポンサーリンク

これからニューメキシコへ渡航される方へ

安全なところに住むこと、夜道は絶対に歩かないこと、が大事です。

あと、サンタフェとホワイトサンズには、絶対に行って欲しいです。エキゾチックな砂漠とか、ネイティブアメリカンの住居とか、すごい綺麗です。

食べ物は、メキシカン料理にニューメキシコ風に、グリーンチリ(青唐辛子)が有名で、なんでもグリーンチリとレッドチリが入っています。

こういった料理はすごくおいしいです。

きたときは、ニューメキシコの料理を堪能してほしいと思います。

【アメリカの関連記事はこちら】

↑アメリカ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。