グアム移住がオススメな7つの理由

海外移住を考えた時に、「暖かい南の島もいいな。」と思ったら、是非この記事を読んでみ下さい。

もちろんグアム移住のおすすめ理由はいろいろありますし、人それぞれです。

ここでは、グアム在住経験者が直接在住者から聞いた話のうち、かなりの確率で共通するグアム移住の理由の7つをご紹介します。

【アメリカの関連記事はこちら】

↑アメリカ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

世界中の日本人と繋がる海外移住コミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ「せかいじゅうサロン」へ招待します

海外ネットワークの構築と情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

グアム移住者はどんな人が多いの?

ところで…今のグアムの移住者はどんな人が多いでしょうか?

今の日本人のグアム移住者は、20~30代で会社員の方とその家族が一番多いと思います。

幼稚園生や小学生がお子さんを連れての移住も少なくありません。

グアムは、小さな島ながら中学生まで通える日本人学校があります。

お子さんたちは、グアムにある日本人学校の全日制に通うか、ローカルの学校に通いながら日本人学校に塾のように通うかしています。

会社員の移住は、おおむね3~5年くらいにはグアムを去るのが一般的なので、お子さんに日本と同じような教育を継続できるのはメリットでしょう。

次に多い移住層が、グアムで自身の事業をしている方です。

この方たちは、グアム移住のために投資家ビザを取得や、USグリーンカード抽選にあたって日本から一番近いアメリカだからという理由など様々です。

海外移住にはリタイア後のイメージがありますが、グアム移住にはUSビザが必要で取得しにくい面があり、リタイア後悠々自適に…という方はほとんどいません。

それでは、グアム移住7つの魅力を紹介します。

スポンサーリンク

1.グアムは日本から近い!

日本からのフライト時間は3時間30分~4時間ほどで、日本の地方主要都市にもフライトがあるのは大きなポイントです。

グアム移住しても、やはり日本が恋しくなることはあるし、急な用事ができたときにも、他の海外在住者よりも早く日本に帰れます。

島が狭いせいもありますが、空港へも近いのも便利です。

在住してみないと、日本への近さはあまり気がつかない点ではないでしょうか。

スポンサーリンク

2. 人が優しいグアム

グアムには、周辺の小さな南の島からの移住者も多い特徴があります。

そのせいか、ゆったり、おっとりしていて、おおらかな人が多いです。

また、英語が母国ではない人が多いので、多少英語が苦手でも、日常生活においては相手がちゃんと聞いて理解してくれようとします。

いつもニコニコしてゆったりしていて優しいのは、まさにアイランダーというところです。

世界各地の人々と繋がるコミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ「せかいじゅうサロン」へ招待します

海外ネットワークの構築と情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

3. グアムでいつでもリゾート気分!

日本、韓国、中国では、近場の南の島リゾート地としての地位を確立しているグアム。

グアムに移住すれば、どこに住んでもドライブ数十分くらいで一番近いビーチにいけるでしょう。

ビーチの海は遠浅なところが多いので、ファミリーで楽しむのにもぴったりです。

また、観光のメインエリア:タモンエリアのだいたいのホテルでは、プールのみの利用や在住者向けの割引プログアムを用意しています。

こういうものを賢く使って、休日はリゾート気分を満喫できます。

guam-iju01

スポンサーリンク

4. 日本人でもなじみやすいグアムのローカルフード

グアムでは、料理に醤油をさまざまなものに使います。

たとえば、名物ローカルフードに添えられる“フィナデニソース”は、醤油をベースにたまねぎのみじん切り、酢や唐辛子を加えたものです。

 

また、グアムの人はバーベキューが大好きです。

バーベキューに使う肉は、前日から醤油にフルーツなどを加えてマリネするレシピを、それぞれの家庭で持っています。ちなみに、バーベキューはお父さんの仕事なんですよ。

加えて、米の質は違いますが、ご飯をよく主食にするのもなじみやすいでしょう。

5. グアムは花粉症の人の避難場所!

嘘のような本当の話です。深刻な花粉症の人が、花粉の最もひどい時期にグアムで過ごしている観光客が、だんだん増えているのです。

花粉症だからという理由だけでは、移住までは踏み切らないでしょうが、花粉症の人には是非覚えておいてほしいポイントです。

現地の人の中には、ファイヤーツリーという木の花粉に反応する人がいるそうですが、日本人で同じ反応をします人は聞いたことがありません。

ですから、深刻な花粉症の人には、花粉症がないグアムは移住のおすすめのポイントになります。

スポンサーリンク

6. 台風が減ってきているグアム!

グアム移住を考えた時に、台風が心配という人が多いのではないでしょうか?

でも、10年ほどグアムに在住している人が口をあわせていうのが、

  • 「台風が減った」
  • 「台風の勢力が前ほど大きくない」
  • 「台風のときの停電や断水が減った」

ということです。

以前が、日本に住んでいる人には考えられない環境だったといえばそれまでですが、今はだいぶ環境が良くなっています。

最近、日本に台風が直撃するのが多くなりましたよね?

それとほぼ同時期から、台風の発生場所とか直撃する場所と言われていたグアムでしたが、進路から外れたり、発生場所がずれたりすることが多くなりました。

7. 海外のわりに、比較的治安がいいグアム

日本と比べるのではなく、他の海外と比べれば、比較的治安がいいと言えます。

在住者の中では、日本人が住むには、どうだろうといわれる地区は確かにありますが、そこも近づくだけで危険というレベルではありません。

もちろん、夜中に暗い場所を歩くなどいくつか気をつけないといけないことはありますが、常識の範囲内で行動すれば大丈夫です。

ちなみに、グアムに移住した当初、地元のおじさんに「グアムで昼間外を歩いている人は、熱さで頭がおかしくなってるから近づかないこと。夜は野犬がいるから歩かないこと。」とアドバイスされました。

熱さと犬についてアドバイスされるのは、治安が比較的いい証拠ではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

在住者に聞くと、グアムに移住した理由は本当にさまざまで、そこからその人の人物像を感じられます。

在住者の中でも、移住のきっかけや理由はよく話題になりました。

私の場合は、数回のグアム旅行で、温暖な気候や田舎具合、人の優しさを感じて、移住してみたいなと考えていました。

その時に、いとこがグアムでウェディングをして、この仕事でだったら移住できるかもと考えたことから始まりました。

海外移住を考えているなら、是非この7つの切り口で他の場所と比較して、グアム移住を考えてみてください。

【アメリカの関連記事はこちら】

↑アメリカ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら


世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住エージェント

世界中のネットワークと助け合いのコミュニティ

コロナ問題を機に、多くの方が明日がどうなるかわからない不安なとき、誰かが困ったときにコミュニティを通じて、元気や勇気を与えたり、支援したりという『助け合いの場』を作りたいという想いから、せかいじゅうでは、世界中の日本人同士が繋がり、互助できるコミュニティ・せかいじゅうサロンを用意しています。

参加費用、条件は募集ページをご覧ください

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。