30歳からのアメリカ語学留学!夢を叶える女性と強制送還になる女性

30us00

アメリカに、語学留学をする30歳以上の日本人女性はたくさんいます。普通に流暢な英語が話せるのになぜが、語学学校に留学する女性や、ほとんど話せないのにいきなり留学する女性がいます。

今回は、アメリカの語学学校に留学する30歳以上の女性についてお話します。

30us04

30歳以上の女性のアメリカ留学は語学勉強以外の目的がある

留学先としてアメリカを選ぶ場合、語学学校、大学、大学院の選択肢があります。

30歳以上の日本人女性が語学学校に通って勉強した後に、大学に進むケースは少なく何年も語学学校だけに通い続ける女性が、じつは多いのです。その理由は、アメリカに合法的に滞在したいからで、アメリカの人気の都市や観光地に留学する女性に多いのです。

なぜかというと、

趣味を極めたい

アメリカの文化を学びたい女性や、日本にいたときからの趣味を極めたい女性もいます。

たとえば、音楽が好きでロサンゼルスに留学の女性、フラダンスを本場で習うことが目的でハワイに滞在する女性などです。

長期滞在にはビザが必要で、趣味を学ぶためだけのビザはありません。そこで一番簡単に取れて、長期滞在できる学生ビザを選ぶのです。仕事でアメリカに渡ることに比べるとスキルも不要。投資ビザは、高すぎて買えないのがその理由です。

大学ではなく語学学校の入学を選択。

語学学校は、大学と比べ英語ができなくても入学が可能で、授業も大学よりも楽だから夜遅くまで宿題をする必要もない。語学取得以外の目的で、留学する彼女らには好都合なのです。

アメリカ在住者との結婚の夢

30歳以上の独身女性が、語学学校に通うのはアメリカに住んでいる男性との結婚が目的なことも多いです。

良くある話が、アメリカ旅行で知り合った現地在住の男性と日本に帰っても交際が続いたケース。アメリカに頻繁に会いに行くと、イミグレーションで質問攻めにあいます。

日本とアメリカの往復はお金もかかるし、仕事もそんなに休めない。彼とはもっと一緒にいたいし、そこでアメリカに住むことを考えます。独身女性なら学生ビザが5年間下りることが普通なので、長期滞在が目的の女性には魅力的なビザです。

晴れて、アメリカ留学の切符を手に入れアメリカで生活をします。

30us05

30歳以上の女性が語学留学するのは婚活目的?

アメリカ在住の恋人がいない30歳以上の独身女性も、日本はつまらない、とかアメリカは年齢を気にしないで済むから楽しそう、などの理由で留学することがあります。これと言った大きな目標はないので、1年間で帰国するつもりで語学学校に留学するケースと、アメリカで結婚するつもりの婚活目的で、留学するケースがあります。

語学学校は都市や観光地の場合は、クラスには日本人が多いのです。

語学学校で、初対面の女性に「婚活目的で留学したから誰かいい男の人がいたら紹介して」と頼む女性もいます。語学学校に通う留学生は、英語をあまり話せない人も多く、日本人同士でかたまるり英語がまったく上達しません。もちろん、彼女達はきちんと語学学校に通っていますが、アメリカの語学学校に通っているだけでは、それほど英語は覚えないのです。

クラスの人数も多く、マンツーマンの国ではないのでやはり自宅でもしっかり勉強したり、英語を話す環境を作らないと住んでいるだけでは、英語をあまり使わないからです。

もちろん、現地の友達をたくさん作り、アメリカ留学生活を満喫している語学学校留学生もいますが少ないです。

30us01

アメリカ留学で結婚

恋する女性たち

アメリカ留学で目的を叶えたり、自分の密かな夢を叶えた女性はたくさんいます。憧れの海でサーフィンを満足するまでしたり、英語を学んで大学までスキルアップした女性や、アメリカ在住の彼氏と留学時の計画どおりに、結婚した女性は多いです。

中には、アメリカ在住者と結婚するために、結婚相談所からお見合いパーティー、クラブなどに、せっせと通い詰める女性も。一年間で10人以上とお付き合いして、結婚までこぎつけたつわものもいます。

アメリカ在住者であって、アメリカ人との結婚を望んでいない女性も多いのです。アメリカに住むことが目的なので、アメリカ国籍を持っている日本人や、グリーンカード保持者を探すのです。

日本語を話せる人のほうが、コミュニケーションが取りやすいからです。

アメリカ人の彼氏がいて、もっとコミュニケーションを取りたいと、しっかり英語を勉強した女性たちもいます。その彼氏と別れたあとに、新しいアメリカ人の彼氏ができ結婚。国際結婚は、文化の違いもありお互いを受け入れて主張し譲り合えれば、結婚生活がうまくいきます。彼女たちは、今の夫とうまくいかなくても、次の出会いでうまくいくことも多いです。彼女達は、夢を叶えるために努力を重ねているからです。

恋は臨機応変に

日本の感覚を、そのまま持ち込み妥協できない女性は、失敗しやすいです。

国が違えば、考え方も違うのが当たり前。失業率の高いアメリカで、玉の輿を夢見ても難しい。アメリカで、夫婦が平等なのはお互いに仕事を持って、家事も育児も協力し合うから。

はじめから、専業主婦が希望だと受け入れてもらえないかも。もちろん、アメリカで裕福層と結婚して、専業主婦になった日本人留学生もいますが、まずは意識改革からはじめないと、結婚相手にだけ期待し依存して失敗するのは、日本でもアメリカでも同じです。日本にいても、結婚予定もないし仕事も単調でつまらない、何かいいことでもあるかも、とアメリカに留学を考えている女性は注意が必要です。

30us03

アメリカ留学の現実

強制送還

アメリカに、住むことだけが目標だったので、とくに英語も覚えず常に日本人とだけ遊びに行く、目的も持たず、毎日過ごしてしまっている女性は多いです。

アメリカに長期滞在するには、お金がかかります。もちろん、ある程度の貯金がないと、ビザ自体が下りないので貯金は持って来ますが、働かないで物価の高い先進国アメリカで、生活するのは並大抵のことではありません。

そこで、アメリカで働き出す女性は多いのです。はじめから語学学校に通いながら、お金がなくなったら働こうと、考えてくる女性もいます。

しかし、アメリカは留学生が仕事をすることを、禁止しています。

例外があって、大学や語学学校内で週に20時間までは、仕事が認められていますが、成績が優秀などの条件があります。違法だと知っていながら、アルバイトをしている留学生がとても多いです。

日本人観光客向けのレストランからヌードダンサーまで、幅広く銀行などで証拠が残らないように、現金でバイト代を受け取ることがほとんどです。仕事が入れば、学校を休んででもバイトに行く生活を送ってしまいます。「仕事じゃなくて、知り合いのお店のお手伝いだっていうし大丈夫、ばれることなんてないはず」と彼女たちは言います。

ほとんどは、彼女達の言うとおり大丈夫なのですが、中にはイミグレーションにバレてしまう留学生もいます。そして、証拠を押さえられて言い訳ができなかった留学生は、強制送還。強制送還になるともう二度と、アメリカに旅行に来るのも難しいと思ったほうがいいです。

転校を繰り返す留学生

転校を繰り返しながら1年の予定で留学したのに、結局5年間いた女性も多いです。

長期に語学学校にだけ通う留学生は、あまり勉強はしたくないけれど、アメリカに住んでいたい人に多いです。そこで、いかに学校に行かないでアメリカに、長く滞在できるかを考えます。その結果、数ヶ月語学学校に通って辞めて、違う語学学校に通って辞めて…を繰り返すのです。なぜかというと、ひとつの学校を辞めると60日間は、次の学校が決まっていなくても、不法滞在にはならず、学校に通わないでアメリカに居られるからです。

この制度を利用して、転校を繰り返すのですが、あまりやりすぎると最近は、イミグレーションのチェックが入るとの噂もあり、留学生は神経を尖らせています。

60日間は1ヶ月が30日の月と31日の月があり、まるまる2ヶ月という意味ではないので、ちょうど2ヶ月後に新しい学校の手続きに行くと1日不法滞在になってしまっていることを、新しい学校に告げられる学生も中にはいます。

30us02

楽しかっただけでも留学は成功

仕事を辞めて留学するのだから、夢を持ってスキルアップして留学経験を生かし、日本に戻ったら働こうと思っても、語学学校だけでは難しいです。

大学に通うなどある程度、専門的なスキルを身につけないと、日本に戻っても新しい仕事には結びつきません。でも、本人が楽しかったのなら人から遊学といわれても、留学としては大成功なのです。得たものは、きっとたくさんあったのだろうから。

アメリカで過ごす時間は、あまりにもはやく感じるので、時間はとても大切です。

基本的な英語ができないと、トラブルのもとになることもあります。これからアメリカに留学を考えている方は、目的をしっかり持ち、英語の勉強をしてから、行かれることをおすすめします。


follow us in feedly
せかいじゅうメンバー登録

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。