夢を叶える!ハワイに住むために必要なこと5選

hawaid00

日本人にダントツ人気のハワイ。

一度訪れるとまたハワイに行きたくなる方も多いが、それにとどまらず、いつかはゆったりハワイへ移り住み・・、と夢見ている読者も多いでしょう。こんな方のために、今回はハワイ在住者が「ハワイに住むために必要なこと」を伝授してくれましたので、ご紹介いたします。

ALOHA!初めまして。
筆者は縁があり、現在ハワイ在住です。

この記事を読んでいただいている方の中にはハワイが大好きで、真剣にハワイ移住を考えている方も多いと思います。しかし、それと同時にハワイへ移住するためには一体何をしたら良いのか、何を準備しておいたら良いのかが分からずに悩んでいる方も多いはずです。

そこで今回はハワイに住むために準備しておくべきことを5つ紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

ハワイに住む準備その1 仕事の経験・スキル

hawaid01

アメリカ(ハワイ)で長期に渡って生活をしていくには「ビザ」が必要になります。

2016年現在、90日以内のアメリカ滞在であれば、特別なビザを取得しなくても滞在することができますが、移住となる場合はこのビザが非常に重要です。

現在アメリカで働く場合、就労ビザのスポンサーになってくれる会社を見つけることが非常に難しく、ビザ取得時間もかなり長いです。

ハワイの場合も同じなのですが、美容師・ネイリスト・寿司職人・シェフ・プログラマーやエンジニアなど何か特別なスキルを持っている場合、以前よりもビザのスポンサーになってくれるという会社を見つけやすくなってきました。

また、これらの職種でマネジャーやプロジェクトリーダーなど何か役職に就いて働いていた場合、スポンサーになってくれる会社がビザを申請する際にその人の必要性を証明できるので、さらに有利になります。

しかし、中には上記の職種に当てはまらない方もいることでしょう。

自分には特別なスキルがないからといって諦めることはありません。

同じ職種で5年~10年ほど経験を積んでおくと、ビザの種類によっては立派なスキルとして認められ、ビザを取得する際に有利になる場合があります。

「早くハワイへ引っ越したい!」と気持ちは焦ると思います。

しかし、移住を真剣に考えている場合、転職を繰り返すのではなく、なるべく計画的に仕事を続けておくと良いでしょう。また、日々向上心を持ってスキルアップに励んでいれば、必ずハワイ移住のチャンスは訪れます。

ハワイに住む準備その2 学歴

hawaid02

  非常に現実的でガッカリしてしまうことですが、「学歴」に関しても移住の際に重要になってきます。この学歴についても、結局はビザの取得に付随することなのです。

アメリカのビザにはいろいろな種類があるのですが、ビザの取得の際に「4年生大学卒以上、また、その大学の専攻と関連した職種で何年以上の経験があること」という条件を求められる場合があります。

このように審査はとても厳しいのですが、ビザを取得できた後はハワイで合法的に働くことができ、長期で滞在することができます。

ハワイ移住の全ては「ビザ」にかかっています。
どのビザを取得できるかによって、ライフスタイルが変わってくることでしょう。

「学歴も無いし、仕事のスキルも無いし・・・もうよく分からない!」という方の場合、将来のスキルアップのことも考えてハワイに留学してしまうという手段もあります

ハワイの大学は日本の大学とは違い、いろいろな年代の人たちが一生懸命勉強しています。日本のように年齢を気にして「今更大学で勉強するなんて!」などとネガティブに考える必要は全くありません。年齢や国籍は関係無く、全ての人を受け入れてくれるところがハワイの大学の大きな魅力だと思います。

ハワイの大学で、日本人に人気のある大学を紹介しておくと

「KCC(Kapiolani Community College)」:https://www.kapiolani.hawaii.edu/

「UH(University of Hawaii)」:https://www.hawaii.edu/

「HPU(Hawaii Pacific University)」:https://www.hpu.edu/

になります。

そして、実は大学卒業後、1年間働くことのできるOTP(Optional Practical Training)というビザが取得できますこの1年のOPTが終わった後に働き方を認められ、同じ会社で違うビザのスポンサーになってもらい、そのまま残って働いている方も多くいます。

このように、留学することを考えるのも手段の一つです。

何かに遮られた時は考え方を柔軟にし、違う方向からでも進められる方法を考えてみると良いと思います。

ハワイに住む準備その3 お金

hawaid03

ハワイは物価が高いということで有名です。島国なので、多くのものを輸入に頼っているということが理由の一つに挙げられます。

筆者のハワイ生活の中で、一番高いと感じるものは「家賃」「食費」「医療費」です。

医療費に関しては、特に歯の治療費に驚きを隠せません。

日本では千円程度で治療できるものが、ハワイでは1本2万円程度かかる場合があります。日々どんなに一生懸命歯を磨いていたとしても虫歯になる場合があるので、覚悟しておいたほうが良いでしょう。

家賃に関しては、住む場所や住む形態(ルームシェアなど)によって値段が変わってきますが、一般的に高いといえます。特に一人で暮らす場合は、かなり高いと感じるはずです。

ハワイに長期滞在している日本人の多くはワイキキ内のコンドミニアムを利用しているようですが、家賃だけで月に$1500以上はかかります。混雑する時期には、値段の高い部屋しか空いていない場合もあります。高い家賃の上に他の出費もあるので、生活するだけでイッパイイッパイという方が多いのが現実なのです。

また、日本人の多くはやはり日本食をベースに自炊することになると思います。ハワイにある日系のスーパーマーケットでは、日本で使っていた食材や調味料が簡単に手に入りますが、全て輸入品なので値段が倍以上するものもあります。

このように夢のハワイ生活の現実は相当お金がかかってしまい、嫌になってしまうことがありますが、

  • ルームシェアをする
  • ファーマーズマーケットを利用してローカルの食材を買う
  • 外食を控えて自炊する
  • 余計なものは買わない

などと徹底すれば、十分節約することが可能です。

また、日本では当たり前のように行っていた会社の飲み会・付き合いなどはほとんど無いので、交際費も抑えることができます。

ちなみに、運良くビザのスポンサーになってくれる会社を見つけてビザを申請することになった場合、そのビザの申請料は会社ではなく、自ら支払うことが前提になっています。

この他にも何か急な出費や医療費などがかかることを考え、計画的に貯金していくと良いでしょう。

ハワイに住む準備その4 情報収集

ハワイ移住に関する事前の情報収集も、忘れてはいけないやるべきことの一つです。

既に何度も出てきていますが、「ビザ」に関する情報を得ておくことが移住の一番の近道になります。

ビザにはどんな種類があるのか、自分にはどのビザが取りやすいのかなどの情報を得ておけば、今後やるべきことが明確になり、移住をより現実的に考えられるようになります。

詳しい情報を得る方法としては、

  • アメリカ大使館のウェブサイトをよく読んでみたり、
  • 経験者の話を聞いてみたり、
  • または思い切ってハワイの移民弁護士にメールや電話などで相談してみたりする

のも良いと思います。

筆者が一番お勧めしたい方法は、直接ハワイ現地へ出向き、自らの足で情報収集することです。

現地へ行くことによって「なぜハワイに住みたいのか」「この土地は自分と合っているのか」「仕事をし、生活していけそうか」などと、考えをまとめることができます。高いといわれている生活費についても、大体どのくらいかかるのかを予測することもできるでしょう。

また、就職情報も得やすく、会社によってはどんなビザをサポートしてもらえるかなどを教えてもらえる場合があります。あらかじめ英文と日本文で書いた履歴書を用意しておけば、いざという時にチャンスを掴むことができます。

ハワイに住む「移住」を現実的にするコツは、いかに自らが動き、疑問があればその答えや情報を徹底的に収集していけるかです。

インターネットが普及したおかげで、以前よりもいろいろな情報が手に入りやすくなっています。それを忙しいからなどと言って調べないでいると、結果、なかなか移住までたどり着くことができません。

ハワイに住む準備その5 勇気

hawaid05

「勇気?ナゼ??」と思う方も多いと思いますが、実は最終的に一番大切なことは「勇気を持つこと」といえます。

海外へ移住した多くの方々はフットワークがとても軽く、自らのインスピレーションで動いています。一度チャンスがやってきたら失敗することは考えず、すぐに行動できる勇気を持っているのです。

しかし、運よく移住のチャンスがやってきたとしても、目前で
「慣れた日本の土地を離れてしまって本当に良いのだろうか」
「現地で友達はできるのだろうか」
「老後はどうなるのだろうか」
などと急に不安に襲われ、ネガティブになってしまうことがあります。

確かに、日本を離れることは簡単なことではありません。人によっては考えなくてはいけないことが山のようにあるでしょう。結局、先の先まで考えすぎて、せっかくの移住のチャンスを諦めてしまう人もたくさんいるのです。

ここで筆者がお伝えしたいことは、移住に関する調査や情報収集をある程度行い、ビザに関する問題もクリアできそうな場合には、あまり難しいことを考えずにそのチャンスの波に乗るべき!ということです。

ハワイ移住のチャンスはなかなか簡単にはやってきません。一度逃してしまうと、いつまで経っても日本から出られないということになってしまいます。

人生はたった一度だけです。自分を信じて一歩を踏み出す勇気を持ってみてください。その結果、ハワイでは今まで見たこともないような素晴らしい景色の中で、自分とは違う文化を持つたくさんの人々に出会うことができるでしょう。

また、自分の中に新しい価値観が芽生え、自分自身に誇りを持つことができると思います。

そして、ぜひ「自分らしく生きられる場所」を見つけてください。

スポンサーリンク

世界中を仕事場にできる新職業を公開中”
一国に縛られない自由なワークスタイルを手に入れませんか?

せかいじゅう2.0

せかいじゅうのコンセプトは
海外への無数の選択肢と可能性を提供すること

これは、海外へ移住し生活するだけでは完結せず、あなた自身の“軽やかさ”そして、“世界への高い移動力”が求められる。

それを可能にするITスキルを手に入れませんか?

世界で暮らすだけではなく、さらなる次のフェーズとなる
世界中へ移動でき、世界中を仕事場にできる自由なワークスタイル
を提供すること。

これを実現できる場が「せかいじゅう2.0

参加は無料。地球が仕事場となるコミュニティに参加しよう!詳しくは↓

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。