ここが違う!アメリカ留学で英語が上達する人、しない人

deenglish0

deenglish2アメリカに留学して英語がペラペラになる、これはアメリカに留学する人にとっての夢だと思います。

しかし、アメリカに留学すれば自然に英語が上手くなるというものではありません。実はせっかくアメリカに長期留学しているのに、アメリカに来た当初から英語が全く成長していない人もたくさんいるのです。これは日本にいる方は驚く方も多いかもしれませんが、本当に多く、1年たっても全然英語が話せない人はたくさんいます。

英語が話せるようになるには、本人の英語を上達させたいというやる気と、そのための努力が必要です。

英語が上達する人、しない人にはどのような違いがあるのでしょうか、これからアメリカ留学を考えている方には必見です。もちろん、その他の国でも同じことがいえることがほとんどなので、お役立てください。

スポンサーリンク

英語を上達させたいという意志があるか

 これは最低条件です。どんなに語学のセンスがあっても上達させたいと思っていなければそれ以上の言語の成長はありません。ですから留学中、英語を上達させなくても、とりあえず卒業できればいいやと考えている人はあまり英語が上達しません。英語を話すためには自分から外に出ていく必要があるのです。そして、英語を話すときにきちんと自分の頭で英語の文章を考えて、それを口で発さない限り英語に限らず外国語のスピーキングは上達しません。

上記でも書きましたが、留学に来たら自然と英語が話せるようになるというのことはまずありません。

英語を上達させたいのであれば、自分からアメリカ人や留学生の友達と英語を話すという行動を実際に起こさなければなりません。

一番多い英語が上達しない人のパターン

これは、日本人同士でコミュニティを作ってしまい、日本語ばかり話している人です。どの語学学校へ行っても、このパターンが多く見られます。こうなってしまっては、語学留学とは言えなくなりますし、英語はまったく上達しません。

渡米直後の「英語が話せない!」の時期を上手く利用できているか

 アメリカ留学当初は英語が上手く話せないことは当然なことです。それと同時に自分の下手な英語はバカにされないかなという気持ちもあるかもしれません。しかしそこで恥ずかしがっていつまでたっても英語を話さなければ、本当にいつまでたっても英語は上達しません。そして、その先ずっと英語を話すタイミングをなくしていくのです。

なぜかというと、英語が下手なまま話せるのはアメリカに着いてすぐのときだけだからです。

最初英語が下手なのは当然のことで、それを自分の英語が下手な言い訳として使えるのです。しかし、渡米してから時間がたてばたつほど、「英語が話せない。恥ずかしい。」という気持ちに加え、「こんな長い間アメリカにいるのにこの程度の英語?って思われるかもしれない。恥ずかしい。」という気持ちが芽生えてくるのです。

二重の恥ずかしさが募ってきます。アメリカに3年も4年もいて、英語が話せない人は実は意外に多いです。

英語を話すときに完全なる日本語のアクセントで、しどろもどろになりながら話しています。しかし、渡米から数年が経ってそれは悲しいです。

英語が上手く話せないことは、アメリカに来た直後だけの特権です。その期間に全く英語を話そうとしない人は、その後の英語の成長もほとんど見られないことが多いです。

では、どうすればいいの?特権を利用しよう!

とにかく、外へ出て、多くの人と出会い、接することです。日本人は、国柄、控えめな人が多いですが、ここはアメリカ。人格を思いっきり変えて、自分からどんどん話かけましょう。渡米してすぐの「英語が話せない特権」はこの時期だけです。

大事なは、多くの人と出会い、友達になることです。

会話のなかで、いつアメリカへ来たの?と聞かれても、来たばかりだとわかれば、相手もそのように接してくれるでしょう。

deenglish1

(Photo by Greg Walters

上手くテンションを上げられるかどうか

 なるべく多くの時間英語を話すことが、英語上達への鍵です。英語が話せないときにこれを実践することは少し難しいかもしれません。しかし、英語が話せないけれども英語をなるべく長く話すためにはコツさえ掴めば、簡単にできるようになります。

それはノリとテンションを利用することです。

これから英語を話すというときはなるべくテンションが上げておきましょう。これができていれば、例え相手がこちらの英語をよく理解できていなくても、楽しく会話を続けることも可能です。

逆に言うと、こちらの英語が話せない状態で会話を続けるというのは、アメリカ人にとっても少し辛い部分があるのです。何を言っているのか分からない、沈黙が多いとなればアメリカ人も話すことがめんどくさくなってしまうこともあります。

そのような思いを解消するためにも、雰囲気だけでも楽しい空気を作り出すことが大切です。日本語で会話をしていても、会話が続かない人と話すことは精神的に気を遣ったりするものです。ですからとにかく笑顔で、自分がおもしろいと思った話などをおもしろおかしく話してみると良いです。例えば、芸人になったつもりで、アメリカで出会ったこんなちょっと変わった人なんて話をするとアメリカ人も食いついてくれますよ。

英語が話せないからといって卑屈になる必要はありません。常にノリをよくしてテンションを上げておくことは疲れてしまうかもしれませんが、英語に慣れてくればこのような労力なく英語も話せるようになりますよ。

重要:メンタルブロックを外す!

日本人は、「自分の英語は間違っているんじゃないか。」「文法はあっているかな。」「相手が理解してくれなかったらどうしよう。」と不安に思って、話しかけることができない人は多いです。

でも、そんなことは関係ありません。ミスなんて気にする必要はないのです。

大事なのは、自らの意思で英語を発することです。

そのために、不安や恐怖は捨ててしまい、臆すことなく英語をどんどん口から出すことです。

精神的なブロックがある状態だと、いつまでたっても、英語は上達しないので、メンタルブロックを壊して、挑みましょう。簡単なことではないかもしれません。でも、この考え一つで、相手との接し方も変わってくるでしょう。

deenglish2

周りにころがっているチャンスを上手く自分のものにしよう

英語を話す機会はそこらじゅうにあります。しかし、その機会を摘み取れているかはまた別です。

英語を一緒に話せる人は学校の隣の学生や教授ルームメートだけではありません。ボランティアやイベントやアクティビティーに参加したり、学校が提供するラングイッジパートナーに募集したり、買い物のとき店員さんと話したりなど色々あります。

そのような機会を利用して友達をどんどん増やしていくことが大切です。

放課後や週末は家にひきこもっている人がいますが、それはもったいないです。お金を使わなくても、できることはたっくさんあります!

色んな交流を通して友達を増やしていくことは、英語を鍛えることにつながります。英語が話せれば話せる人ほど、アメリカ人の友人が多いことが多いです。周りを見てみると、学校の授業以外で英語を話せる場は意外に多くあります。自分の学校や住んでいる場所のイベントをチェックしてみましょう。きっと楽しいイベントがあるはずですよ!

まとめ

英語がペラペラに話せるようになるには多くの苦労が必要です。現地にいれば自然と身につくというものではありません。

最も重要な期間は渡米直後です。

このときが英語を身に着けるために色んなことになりふりかまわず挑戦できるときで、これを逃せば逃すほどどんどん英語に触れる機会を失っていきます。

例え自分の英語が下手でも、私の英語は間違っていないと強気の態度でいると良いです。どちらかというとその方がアメリカ人と話すときにアメリカ人も困らないはずです。そしてあとは、実践です。色んなイベント等に参加して外の世界にふみいれているかどうかです。言語習得は長期戦です。最初は苦労しますが、これらを続けていれば最後はきちんと成果は出ます。

諦めずに続けてみてください。

海外在住の「英語がペラペラの人」と「話せない人」の決定的な違いとは

あなたの脳に“英語がペラペラになれる脳”をインストールします

なぜ、1000人以上の海外在住者がこのメソッドを選択し、思ったことを瞬時に英語化できるようになったのか?

ことばのメカニズムを知れば、あらゆる英語表現を自由に話すことが可能になる!

正しい方法で最短距離で英語をマスターする

スポンサーリンク

世界中を仕事場にできる新職業を公開中!”
一国に縛られない自由なワークスタイルを手に入れませんか?

せかいじゅう2.0

せかいじゅうのコンセプトは
海外への無数の選択肢と可能性を提供すること

これは、海外へ移住し生活するだけでは完結せず、あなた自身の“軽やかさ”そして、“世界への高い移動力”が求められる。

それを可能にするITスキルを手に入れませんか?

世界で暮らすだけではなく、さらなる次のフェーズとなる
世界中へ移動でき、世界中を仕事場にできる自由なワークスタイル
を提供すること。

これを実現できる場が「せかいじゅう2.0

参加は無料。地球が仕事場となるコミュニティに参加しよう!詳しくは↓

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。