アメリカのSIMカード各社のデータ通信や料金を比較!留学のオススメは?

私たちの生活に欠かせないスマートフォン。

LINEで連絡をとったり、SNSをチェックしたり、調べものをしたり、音楽を聴いたりと24時間毎日フルで活用していますよね。

しかし!日本国外に出たとき状況は変わってきます。

アメリカで日本のスマートフォンを使うとなるとWi-Fiレンタルや、高い海外利用料金プランを利用しなければなりません。

ちょっとした旅行ならそれでいいものの、アメリカの長期滞在や留学となるとそんなに高いお金をスマートフォン利用だけには費やせませんよね。

そこで今回はアメリカ留学でスマートフォン(携帯電話)利用にあたって欠かせないSIMカードについて徹底解説していきます

【アメリカの関連記事はこちら】

↑アメリカ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

SIMカードとは??

まず最初に「そもそもSIMカードって一体何?」そんな方もいるかもしれませんので、解説します。

SIMカードはスマートフォンやタブレットなどの端末でインターネット通信を利用するために必要な小さなICチップのことです。

今使っているスマートフォンを購入するときに店員さんが小さな部品を端末に挿入してくれましたよね。それがキャリア通信を利用するために必要なSIMカードです。

スポンサーリンク

アメリカ留学ではプリペイドのSIMカードを使うのが主流

アメリカについてまず最初にすべきことはこのプリペイドSIMカードの購入です。

最初に言ったように、スマホの利用無しで生きていくことは私たちにとってかなり難しいですから(笑)

プリペイドSIMカードを使うメリット

長期留学においてプリペイドSIMカードを使うメリットは

  1. キャリア会社との長期利用契約が不要
  2. 必要に応じてプランカスタムができる

・プリペイドSIMカードの利用にキャリア会社との長期利用契約は不要

日本だとスマートフォン購入には2年以上の利用が必須だったり、ある程度の期間そのキャリアを利用しなければならないという規約が多いですよね。

これはアメリカも同じです。

2年契約でスマートフォン端末が安く購入できたり、キャッシュバックキャンペーンがあったりします。

しかし、留学生にとってそういった契約は簡単に結べません。

2年以内に帰国することが多いですし、どれくらい滞在するかなんてはっきりとは分かりません。

プリペイドSIMカードなら利用したい期間、利用したい分だけのプランを前持って購入するだけで契約無しで使えます

自分の必要に応じて使い、必要なければそれで終わり。

言わばアメリカでの使い捨て携帯電話のような役割を果たしてくれます。

・自分のニーズに応じた安いプランを自分でカスタムできる

プリペイドSIMカードは料金プランが豊富です。

通話を多くする方向けのプラン、データ通信量の多いプラン、海外利用プランなどなど。

また、その時の利用に応じて追加でプランを購入することも可能です。

例えば、普段はデータ通信量は足りているのに今月は使いすぎて来月まで持たない!なんてことありますよね。そんな時は追加でデータ通信量を買えば解決です。

スポンサーリンク

アメリカでプリペイドSIMカードを提供している会社の種類

プリペイドSIMカードの概要を説明したところで、具体的にプリペイドSIMカードサービスを提供しているアメリカのメインの通信キャリア会社は

  1. Verizon
  2. AT&T
  3. T-Mobile

この3つです。

またこの3つの大手通信キャリアの他に、

  1. h2o

などMVNOと呼ばれる上記3つの大手通信キャリアの回線を利用した格安サービスを提供しているプロバイダーが数え切れないほどあります。

各通信キャリアのプラン価格やサービス内容

先にあげた3つのメインの通信キャリアとMVNOのプラン価格やサービス内容について紹介していきます。

・Verizon

Verizonはアメリカの携帯キャリアにおいて1位のシェアを占めている会社です。

インターネット通信回線の良さにおいて定評があります。

郊外や電波が届きにくい場所でもインターネット通信が1番繋がるのがVerizonと言われています。

料金プラン
$40/月

データ通信量
3GB(3GB以上利用した場合翌月まで低速通信)
3GB以下の利用の場合は余った分を翌月に持ち越しできる

アメリカ国内での電話通信、テキストし放題から利用できます。

・AT&T

Verizonと携帯キャリアトップシェアを争っているのがこのAT&T。

カバーしている通信エリアや品質においてはVerizonに負けていません

料金プラン
$35/月

データ通信量
1GB(1GB以上利用した場合翌月まで低速通信)
1GB以下の利用の場合は余った分を翌月に持ち越しできる

アメリカ国内での電話通信、テキストし放題から利用できます。

おすすめのプランは

$45/月

データ通信量 6GB(6GB以上利用した場合翌月まで低速通信)
6GB以下の利用の場合は余った分を翌月に持ち越しできる

アメリカ国内での電話通信、テキストし放題です。

Verizonの$40プランに比べ、こちらは6GBまで利用することができます。データ通信量が多く必要な方におすすめです。

・T-Mobile

近年アメリカでのシェアを伸ばし、急成長しているのがT-Mobile。

ネットワーク通信に関しては上記2つに多少劣る点があるものの、プランの豊富さや価格の点から人気を集めています。

料金プラン
$45/月

データ通信量
4GB(4GB以上利用した場合翌月まで低速通信)

アメリカ国内での電話通信、テキストし放題から利用できます。

・h20(MVMO)

h2oはAT&Tの回線を利用したサービスを格安の価格で販売しており、近年注目されているMVMOの1つです

料金プラン
$30/月

データ通信量
3GB(3GB以上利用した場合残り2GBまで低速通信)

アメリカ国内での電話通信、テキストし放題から利用できます。

AT&Tの1番安いプランは$35/データ通信量1GBなのでコストを抑えつつ、AT&Tと同じインターネット回線を利用したサービスを受けることができます。

america-sim01

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住日本人宅へホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

アメリカ留学にオススメの通信キャリアとプラン

各通信キャリアのサービス内容やプランを比べたところで、皆さんのニーズにあった通信キャリアとそのプランを紹介していきます。

データ通信量重視の人はAT&T

料金とデータ通信量を比較した時に1番お得なのがAT&T。

必要なデータ通信量が多ければ多いほどこちらをおすすめします。

データ通信無制限プラン(22GB以上利用した場合翌月まで低速通信)は$65で他のキャリアに比べて1番安いです。

とにかくコストを抑えたい人はh2o

AT&Tの品質のいいインターネット回線が利用できて、その上AT&Tのプランよりも安いコストで済むh2o。

h2oはデータ通信量が多いプランになればなるほど他のキャリアに比べてお得感はなくなっていきますが、アメリカはカフェやレストランどこに行っても基本Wi-Fiがありますし、移動中でも四六時中スマートフォンを触っているという方でなければ$30/3GBのプランで十分です。

複数で使うと一緒に使うとお得になるのがT-Mobile

携帯キャリアのシェア争いが激戦となっているアメリカで現在急成長を遂げているT-Mobileの理由が複数で利用すると価格が安くなるプランです。

例えばデータ通信量無制限プランを1人で利用する場合は$75と安くはありません。

しかし複数人で利用するプランを利用すれば、
$110/2人=$55/1人
$155/3人=$52/1人
$180/4人=$45/1人
と、どのキャリアよりも安くデータ通信無制限プランを利用することができます。

とにかく1円でも安く携帯を利用したい!電話とテキストさえできればいい!

また、とにかく安く!という方にオススメなのがT-MobileのPay As You Goプランです。

こちらは月$3で30分間の電話、30通までテキストを行うことができます。

量が足りなくなれば、また追加で必要な分だけ買い足せばかなり安く済みます。

データ通信は含まれていないので、必要に応じて$10/週 1GBのプランを追加するなどしましょう。

このプランを上手く利用できれば、$13/週〜から利用できます。

スポンサーリンク

アメリカでのSIMカードの購入方法

日本でスマートフォン購入となると店に行って、長時間待つのが普通ですが、アメリカでこのSIMカードは簡単に購入できて、その場ですぐ使うことができます。

SIMカードの購入方法

SIMカードの購入方法は

  1. 通信キャリアの店頭に行って買う
  2. 通信キャリアのインターネットサイト上でオーダーする
  3. Targetやスーパーマーケットで買う

・通信キャリアの店頭で購入

SIMカードのみを買いたい場合は店の混み具合にもよりますが、受付をしてくれる店員さんに伝えれば基本的にすぐお会計を終わらせることができます

「I’d like to buy a SIM card.」
「Could I get a SIM card?」

と伝えればOKです。

また、店員さんがSIMカードと端末のセットアップをすると言ってきた場合にはそのサービスが有料かどうか確認しましょう

セットアップ自体はインストラクションに従って自分で簡単にできるので、わざわざお金を支払ってまでしてもらう必要はありません。

・通信キャリアのインターネットサイト上で購入

近所に利用したい通信キャリアの店舗がない場合、インターネットでオーダーすることもできます

ただしこの場合オーダーしてから手元に届くまで大体1週間程度かかります。

・Targetやスーパーマーケットで購入

日本では想像もつきませんが、アメリカではスーパーマーケットにてSIMカードを気軽に購入できます

ただし、スーパーマーケットで買えるSIMカードは基本的にMVMOのものです。

メインの3つの通信キャリアに比べて、安く気軽に購入できますが、そのサービス内容はピンキリです。

購入の際にはサービス内容などをよく確認した上で買いましょう。

SIMカードの使い方

SIMカードを購入したらあとは手元にある端末に挿入して説明に従ってセットアップを進めていくだけです。

セットアップの時には、店頭でやってもらう際には何もする必要はありません。
自分で行う場合は主にインターネット上でのインストラクションに従って進めていきます。

セットアップが終われば次は料金の支払いです。

インターネットサイト上でプランを選び、カードで支払いを済ませます。

セットアップ、料金の支払いが無事終わればその場ですぐにスマートフォンを快適に使うことができます。

スポンサーリンク

SIMカードの利用において注意したい2つのポイント

SIMカードを利用するにあたって注意したいのが

  1. SIMフリーの端末を使うこと
  2. 支払いを忘れることがある

SIMフリーの端末を準備する

SIMカードをアメリカで買って、日本で使っていたスマートフォンの端末を使おうと思っている方もいるかと思います。

その場合は要注意です。

なぜなら日本で購入した端末はSIMロックといって、購入したキャリアのSIMカードしか使えないように基本的になっているからです。

アメリカに行く前にロック解除を忘れずにしましょう。

また、アメリカで知人から安くスマートフォンを購入する場合もSIMフリーのものかきちんと確認しましょう。

料金の支払いを毎月忘れずに行う

自分に必要な分だけを前払いして利用することができるのがSIMカードのメリットですが、逆に言えば支払わないと利用できません。

私の周りにも料金の支払いを忘れていて、次の日スマートフォンが使えず焦った友人がたくさんいます。

どの通信キャリアも利用期間の終了が近づいてきたらテキストなどで知らせてくれます。

そのお知らせがきた場合は忘れる前にその場ですぐに払いましょう。

また、カード情報を登録しておけば毎月自動引き落としを選ぶこともできます。

アメリカのSIMカード利用についてのまとめ

アメリカ留学や長期滞在に欠かせないSIMカードについて徹底解説させていただきましたが、いかがでしょうか?

契約無しで月払いで利用できるプリペイドSIMカードのサービスは留学生にとってとても魅力的ですよね。

アメリカでの通信キャリア争いは本当に激戦で、各社常に新しいサービスプランや料金改正を行っているので、購入の前にはサイトの方でもう1度よくプランやサービスの内容をよく確認してからSIMカードを購入しましょう。

アメリカ生活が便利になるSIMカードをぜひ使ってみましょう。

【アメリカの関連記事はこちら】

↑アメリカ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら


スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。