独断と偏見!ロサンゼルスのファストフード店ランキング(バーガーから中華まで)

独断と偏見によるロサンゼルスのファストフード店ランキング付け

どこに住んでいても安く食事を済ませようと思うならファストフード店に頼ってしまうものです。

筆者自身カリフォルニアで学生として過ごしているのでけっこう食べる頻度は多いです。

その中でも今回は私の好みで判断した、ロサンゼルスのファストフードTOP5をご紹介したいと思います。

【アメリカの関連記事はこちら】

↑アメリカ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のアメリカの記事一覧はこちら

2020年7月11日開催:シンガポール在住者と繋がるイベント

世界中の日本人と話せる、聞ける、繋がる「せかいじゅうカフェ」。2020年7月11日土曜はシンガポール移住生活のリアルを聞くトークイベントです。限定10名。

第5位 Carl’s Jr (カールスジュニア)

カールスジュニアはかわいい星のキャラクターがトレードマークのハンバーガーメインのお店です。

どの店舗も割と大きいので中は広めに感じます。

Carl’s Jr Carl’s Jr

私がよく注文するのは Famous Star といういわゆるチーズバーガーです。

更にSuper Starというハンバーガーはダブルチーズバーガーでこの二つが定番なんじゃないかなと思います。

カールスジュニアの魅力の一つは何と言ってもハンバーガーの種類の多さ。全部で20種類ほどの中から選ぶことができます。

日本人にはおなじみのテリヤキバーガーもメニューにあるのでトライしてみるのもいいかもしれません。

そして、カールスジュニアのハンバーガーは​他と比べるとサイズが大きい​です。

特別厚みがあるわけではないのですが、他のファストフード店のハンバーガーと比べて2〜3cmほど横の幅があるので、バンズやパテが大きくなかなか食べ応えがあります。

そして、​野菜が美味しい​!特に玉ねぎとレタスがシャキシャキしていて新鮮な感じがします。

ファストフード店のハンバーガーの野菜が美味しいとなんだか嬉しく感じませんか?

これで5ドルほど、悪くないです。

スポンサーリンク

第4位 IN-N-OUT (インアンドアウト)

現地に住む人なら4位に私がインアンドアウトを持って来るのは意外かもしれません。

なぜなら、みんな美味しいハンバーガーといえば口を揃えてここのハンバーガーというからです。

他の人がランク付けをしたらもっと上位に入っているかもしれないですね。

IN-N-OUT アメリカ ハンバーガー

写真はラスベガスのインアンドアウト(しかも夜)なのでネオンがすごいです。(笑)普通のインアンドアウトはこんな外観ではないので悪しからず。

インアンドアウトは赤と白を基調とした店内で少しレトロな雰囲気が漂っています。

メニュー自体もすごくシンプルで

  • ダブルダブルバーガー
  • チーズバーガー
  • ハンバーガー
  • フライドポテト

のみです。

ここではいつも普通のハンバーガーを頼みます。ポテトの量が多いので割と満足できます。

インアンドアウトの魅力は何と言ってもその​安さとバンズの美味しさ​です。

セットを頼むと当然7ドルぐらいになりますが、バーガーのみで見ると一つ3ドルなので、この安さは良心的です。

かつ、他のファストフード店のハンバーガーに比べるとオーガニックなのでよりお得に感じます。

そして、これは多くの人が知ってることですが、​アニマルスタイル​なるものが存在します。

ハンバーガーやフライドポテトをこのスタイルにすることによってソースがかかって出てきます。

このソースは見た目はサウザンドレッシングのような感じで主にグリルされた玉ねぎとチーズ、ケチャップ、マヨネーズが混ざったものです。

ファストフード嫌いでもインアンドアウトのハンバーガーは食べれるという人が多くいます。

それほど人気なわけはやはりオーガニックな材料​。

とりわけそのバンズは柔らかく少し甘さがあり本当に美味しいです。

良い加減にトーストされているのも美味しい理由の一つじゃないかと思います。

とにかく現地の人も旅行や留学でアメリカを訪れる日本人も必ず行っておきたいファストフード店だと思います。

どの店舗もランチタイムや仕事終わりの時間になるとドライブスルーは行列ができているのでその辺りはタイミングを見ていけたら良いですね。

スポンサーリンク

第3位 Panda Express (パンダエクスプレス​)

5位、4位とハンバーガーのお店を紹介しましたが、今度は​中華料理​です。

トレードマークはかわいいパンダ。外観はとてもシンプルです。

パンダエクスプレスのポイントは​量の多さ​。おなかいっぱい食べたい時やスタミナをつけたい時に最適です。

Panda Express

ここは3種類のプレートの中から自分でサイズを選んで13種類のおかずの中からプレートのサイズに合せて店員が盛ってくれるシステムです。

基本的にみんな一番大きいプレートを選びます。

そのプレートはチョウメン(中国の焼きそば)か焼き飯をまず選んで、残り二つおかずを選ぶことができます。

おかずには、北京ビーフ、ハニー・ウォールナッツ・シュリンプ、ナス豆腐などがありますが、お客さんを見ていると照り焼きチキンとオレンジチキンが人気のようです。

私もいつも照り焼きチキンは必ず入れるのですが、その量が本当にすごいんです。

店員がこれでもかというほど入れてくるので、女性は特に食べきるのが難しいと思います。

計量ではなく既にプレートの種類ごとに値段が決まっているのでお得です。たくさん食べたい人向けですね。

そして先ほど書いたチョウメンと焼き飯、両方入れてもらうことも可能です。

中国らしくおまけでフォーチュンクッキーが付いてくるのもかわいらしいです。

私の選んだこのプレートは8ドルほどの値段です。ロサンゼルスで食事すると安くて7ドルほどですが、このボリュームで8ドルならお得な方だと言えます。

世界各地の人々と繋がるコミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ「せかいじゅうサロン」へ招待します

海外ネットワークの構築と情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

第2位 SUBWAY(サブウェイ)

言わずと知れたサブウェイ。日本にもたくさんの店舗を構えていますね。

ここロサンゼルスでも他のファストフード店と比べて数が多いです。

サブウェイはライトなのでたくさんのジャンキーなアメリカの食べ物から休憩するのにはもってこいです。

SUBWAY

基本的に日本と同じような形式でサンドの種類やトッピングなどを選んでいきますが、これがいちいち種類が多いので初めて注文する時、特に英語に自信がない時は、少し焦ります。

ということで、注文の仕方を簡単に説明しましょう!

注文の仕方

  1. 最初に、15種類の中からサンドを選び6インチサイズかフットロングサイズかを選びます。
  2. そして5種類の中からサンドのパンを選びます。人気のパンはイタリアンハーブ&チーズです。たまに好みのパンが売り切れている時があるので要注意。また、パンはトーストするかしないか聞かれます。
  3. そして、チーズを1種類選びます。基本的に5〜6種類のチーズが置いてありますので、名前が分からなければ指差しで構わないでしょう。
  4. 次に、野菜を選びます。野菜は10種類の中から好きなだけ載せてくれます。そのうちいくつかはプラス料金がつくのでそこも注文の際に確認しておきたいポイントですね。
  5. 最後にドレッシングを選びます。こちらも15種類ほどあるので迷ってしまいます。
  6. 最後にレジでセット(ソフトドリンクと小さいポテトチップス)にするかどうか聞かれてお会計です。6インチサンド1つでだいたい5ドル、セットにすると7ドルぐらいです。

日本とは違ってポテトフライはありません。その代わりにポテトチップスが付くということでしょうね。

店の中の席自体はあまり多くなく、みんな持ち帰りで注文します。私がよく行くサブウェイは大学のすぐ隣にあるので多くの学生が授業の合間や放課後に訪れます。

さらに美味しい シグナチャーラップとスープ

さらに最近になってシグナチャーラップという新商品をだしてきたのですがこれがオススメです!

とても分厚いトルティーヤでチキンやビーフなど種類によって包まれてるものは違うのですが、ボリュームがあって本当にお腹いっぱいになります。個人的にはサンドよりこっちの方が好きです。

ここアメリカで、ヘビーじゃない食べ物で、更にサンドイッチ以外にも美味しいサブウェイは貴重だと言えます。

スポンサーリンク

第1位 Del Taco(デルタコ)

映えある第1位は​メキシコ系​ファストフードのデルタコです!

カリフォルニアのすぐ下はメキシコなので、ロサンゼルスにはメキシコ人がすごく多いです。

なので、メキシコ系のファストフード店も需要があります。

その中でもデルタコはボリュームがあり美味しいです。

主なメニューは

  • ブリトー
  • タコ
  • タキトス
  • ナチョ

などですが、ハンバーガーやサラダなども売っています。

イチオシのEpic Burrito

ここのイチオシはEpic Burritoです。Epicとは”巨大な”という意味で、その名の通り大きくて太いのでこれ一個だけで満足の量です。なんと長さ約15cm。

このブリトーの中にはワカモリソースという、メキシコでは大定番のアボカドのペースト状のものが入っています。

お腹が空いているときにこれをかぶりつくのは至福の瞬間です。値段も5ドルぐらいなので安上がりです。

個人的オススメ アイスコーヒー

そして、デルタコの​アイスコーヒーもマスト​です!

ファストフード店のコーヒーと言われてもピンとこないかもしれませんが、ここのアイスコーヒーは既にミルクと砂糖が入っているので甘くて美味しいです。

そしてその値段が​たったの1ドル​なんです。

これを飲むためだけにデルタコにかようこともしばしば…。特に夏は何倍でも飲みたくなるほどです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

このランキングは私個人の好みによる判定なのでだいぶ偏りがあるとは思いますが、少しでも興味があれば実際に食べに行ってみて、自分だけのお気に入りを見つけてみても楽しいと思います。

ロサンゼルスは他にも美味しいファストフードがたくさんあります。

惜しくもランキングからは漏れてしまいましたが

  • Habit Burgar(ハビットバーガー)
  • 定番のマクドナルド

も美味しいですよ。

みなさんのお気に入りのファストフード店が見つかるといいですね。

【アメリカの関連記事はこちら】

↑アメリカ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のアメリカの記事一覧はこちら


スポンサーリンク

世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住エージェント

世界中のネットワークと助け合いのコミュニティ

コロナ問題を機に、多くの方が明日がどうなるかわからない不安なとき、誰かが困ったときにコミュニティを通じて、元気や勇気を与えたり、支援したりという『助け合いの場』を作りたいという想いから、せかいじゅうでは、世界中の日本人同士が繋がり、互助できるコミュニティ・せかいじゅうサロンを用意しています。

参加費用、条件は募集ページをご覧ください

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。