ロサンゼルスの地下鉄事情!乗り方や気をつけるべきポイントを紹介

車で移動するのが当たり前なロサンゼルス。

でも異国の地で車を運転するのって結構怖いですよね。

ましてアメリカでは車は左ハンドルに右車線通行!日本と真逆です。

だれでも、海外での車の運転には、慣れるまで少し時間がかかるでしょう。

今回は車のない方でもロサンゼルスを楽しむのに役立つ、ロサンゼルスの地下鉄について現地在住者から説明していきます。

【ロサンゼルスの関連記事はこちら】

↑アメリカ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

Metro Rail(メトロ電車)

ロサンゼルスの電車はMetro(メトロ)と呼ばれています。

ダウンタウンロサンゼルスを中心に、北はハリウッド、南はロングビーチと広範囲のエリアにアクセスが可能です。

メトロ電車の乗り方

メトロ電車の乗り方については基本的に日本で電車に乗るのと大して変わりありません。

各駅に運賃を払うための自動販売機が設置されているので、その指示に従って運賃を支払います。

こちらでは紙の切符はありません

初めて購入する時は販売機で運賃に加えて一緒にタップカードと呼ばれるICカード(1ドル)も購入する必要があります

無事タップカードを購入し、運賃を支払えば駅の入り口で機械にカードをかざしてメトロ電車に乗り込むだけです。

メトロ電車を降りる時には出口で再びタップカードをかざす必要はありません。

メトロ電車利用料金

1回片道 : 1.75ドル
1日:7ドル
1週間:25ドル

ロサンゼルスはどれだけの距離を乗っても料金一律で片道1.75ドルです。

メトロ電車路線図

スポンサーリンク

メトロ電車は6つのライン(路線)から構成されています。

レッドライン

レッドラインはダウンタウンロサンゼルスからハリウッド、北方面を繋ぐ路線です

チャイニーズシアターやウオークオブフェイムなど、ハリウッドの中心地へ行くにはHollywood & Highland(ハリウッド&ハイランド)で降ります。

ユニバーサルスタジオに行く場合はその1つ後のUniversal City / Studio City(ユニバーサルシティ/スタジオシティ)で降ります。

ゴールドライン

ゴールドラインはダウンタウンロサンゼルスからパサディナや東ロサンゼルス地域を繋ぐ路線です

また、日本人旅行客が利用することの多い日系ホテルがたくさんあるリトル東京の最寄り駅(Little Tokyo / Art District)もこのラインにあります。

エキスポライン

エキスポラインはダウンタウンロサンゼルスからサンタモニカへと、西ロサンゼルス地域を繋ぐ路線です

Downtown Santa Monicaが終点駅なのでサンタモニカに行く場合、乗り過ごす心配は必要ありません。

ブルーライン

ルーラインはダウンタウンロサンゼルスから南へと向かい、ロングビーチまで繋ぐ路線です

ダウンタウンの中心地を通っていて、人気のNBAチームロサンゼルスレイカーズの本拠地でもあるステープルズセンターの最寄り駅もあります。

グリーンライン

グリーンラインはレドンドビーチや南ロサンゼルス地域を走行する路線です

ロサンゼルス空港の最寄り駅(Aviation/LAX)もこのラインにあります。
ダウンタウンロサンゼルスから空港までブルーラインとこのグリーンラインを乗り継いで行けます。(Willowbrook/Rosa Parksで乗り換え)

パープルライン

パープルラインはダウンタウンロサンゼルス中心街、コリアンタウンを走る短い路線です

レッドラインと途中まで同じ路線を共有しているので、混乱しないようにしましょう。

スポンサーリンク

メトロ電車を利用する時に気をつけるべきこと

メトロ電車の概要について説明しましたが、ここまでは日本で電車に乗るのとそこまで変わらないですよね?

でもここはアメリカ、日本とは違う国です。

日本と同じ感覚でメトロ電車を利用するとトラブルを招く原因になります。

ロサンゼルスでメトロ電車を利用するのに気をつけてほしいのが

  1. 治安
  2. 運賃を支払う時は20ドルなどの大きな現金は使わない

メトロ電車は日本の電車ほど安全ではない

ロサンゼルスや一般的にアメリカは治安が悪いというイメージを持っている方も少なくないかと思います。

実際私は住んでいて特に治安が悪いと思ったことはありませんが、日本に比べるとやはり治安は決してよくないです。

交通機関の整備が進んで利用する人も増えてはいますが、まだまだメトロ電車やその他の交通機関は車が買えない人が利用するもの、というイメージは払拭できていません。

ホームレスのような人が乗ってくることも少なくないです。

乗るラインによっても異なりますが、基本的に夜遅くに1人で乗るのは男女ともに危険を伴うのでおすすめしません

それ以外日中、普通の時間帯であれば治安面で心配する必要は特にありません。

運賃を支払う時はカードかできるだけ小さな現金で

アメリカではカードの支払いが基本なので現金を使うことがあまりありません。

それに対し、日本は現金社会ですよね。

そこで気をつけてほしいのが、現金で運賃を支払う場合のお釣りです

現金で運賃を支払うとお釣りは全てコインで出てきます。

例えば、片道1.75ドルを払おうとして20ドル札を入れてしまうとお釣りの18.25が全てコインで戻ってきます。

現金で支払う時はコイン、1ドル札のみで払うようにしましょう。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住日本人宅へホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

ロサンゼルスの地下鉄の乗り方まとめ

ロサンゼルスを車なしでも楽しむのに役立つ交通機関、メトロ電車について説明しましたがいかがでしょうか?

日本で電車に乗る場合、距離によって料金は変わってきますが、ロサンゼルスはどれだけ乗っても片道1.75ドルで同じです。遠くに行きたい場合とてもお得ですよね。

1日パスも7ドルで1000円以下とお得なので、移動にはこのメトロ電車を利用してお得にロサンゼルスの街を楽しみましょう☆

【ロサンゼルスの関連記事はこちら】

↑アメリカ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら


スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。