マオリとは?ニュージーランドの先住民

マオリとは

マオリとはニュージーランドの先住民マオリ族のことです。

今から約700年前にポリネシアのハワイキ島からやってきたといわれています。

まだニュージーランドが無人島だった時代、マオリの人たちはこの自然が豊富な島が気に入り、住み始めたそうです。

体格はしっかりしていて褐色、肌には自分の部族を示すタトゥーが入っているのが特徴です。

現在もマオリ族は多く暮らしていてニュージーランド人口全体の約15%を占めています。

ニュージーランド国内にはたくさんのマオリの観光地があり、その中でも北島ロトルアにはマオリの文化が色濃く残っており、ニュージーランドを代表する観光地となっています。

マオリの文化

言葉

ニュージーランドの公用語の1つでもあるマオリ語はどことなく日本語に似ていてローマ字に近い発音です。

日本語と同じ意味を表すマオリ語があり、日本人にはとても親しみやすい言語です。

挨拶

マオリの挨拶はお互いの鼻とおでこをくっつけてする「ホンギ」です。

顔を近づけて息吹を共有する、相手を受け入れることでその地に迎えられるという歓迎の儀式で、マオリの伝統的な挨拶です。

ホンギをするときは他人と顔が近くなるので日本人には少し照れくさいですが、西洋の挨拶でキスをする習慣と似ています。

タトゥー

マオリは家系・血筋や社会的地位をタトゥーで表します。

マオリにとってタトゥーは神聖なものであり、タトゥーを入れている最中は人との会話が禁止されています。

男性は顔全体に、女性は顎や鼻、体に入れている方が多くマオリの3人に1人はタトゥーを入れているといわれています。

世界中の日本人と繋がるコミュニティ

人生が世界へ広がるコミュニティ「せかいじゅうサロン(無料)」へ招待します

人脈ネットワークの構築、情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

マオリのハカ

マオリの「ハカ」はラグビーワールドカップでニュージーランドチームのオールブラックスが披露していたのを目にしたこともある方が多いのではないでしょうか。

ハカはもともと戦場で戦いをする前の儀式として踊られていました。

ハカを踊ることで自分たちの士気を高め相手を威嚇しコンディションを整えます。

目を大きく見開いたり、舌を突き出し、手や太ももをたたきながら踊るハカは迫力満点です。

現在は歓迎の儀式や結婚式、お葬式でも踊られることがあります。


世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住コミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ

世界中の日本人同士が繋がり、情報提供したり、チャレンジしたり、互助できるコミュニティ「せかいじゅうサロン」

参加無料。気軽に繋がってください。(2021年2月時点:参加者1400名超えました)

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。

世界中を仕事場にできるスキルアップ講座がスタートします!”

せかいじゅうの学校

せかいじゅうのコンセプトは
海外への無数の選択肢と可能性を提供すること

それを可能にするスキルと職業を手に入れませんか?

参加は無料。地球が仕事場となるコミュニティに参加しよう!詳しくは↓