ニュージーランドで就職しよう!日本人の雇用がある求人とは

海外移住先として人気のあるニュージーランド、みなさんはどんなイメージをお持ちでしょうか?

人より羊が多い国?牧場がいっぱい?その通りです。

人より羊が多くて、牧場がたくさんあり、とても綺麗な国です。

もちろん、大きなビルがたくさん建っている都会もあります。

ニュージーランドは季節は日本と真逆で、12月~2月が夏、6月~8月が冬になります。最近では移民が多くなり、日本人もたくさん住んでいます。

それだけ住みやすい国ということですね。

今回はそんな自然が多く、綺麗な国・ニュージーランドでの就職について現地在住者からお伝え致します。

【ニュージーランドの関連記事はこちら】

↑現地滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のニュージーランドの記事一覧はこちら

ニュージーランドで就職するために必要なビザの種類は?

まずニュージーランドで働くにはビザが必要です。

  • ワーキングホリデービザ
  • 就労ビザ
  • パートナーシップビザ
  • 永住ビザ

など、働くためのビザの取得が必要になります。

ニュージーランドで働けるビザの特徴は?

・ワーキングホリデービザ

18歳以上31歳未満の日本国籍を持つ方が対象になります。

他のビザと違い、ニュージーランド観光や就労や就学など自由にできるとても便利で人気のあるビザです。

有効期限はその国に入国した日から1年間有効です。

有効期限内であれば一度日本に帰国することや、別の国に旅行することも可能です。

・就労ビザ

申請した雇用主の元のみで働けるビザです。

雇用主からのジョブオファーが必要になります

発給されるビザの有効期限については移民局の判断になりますが、1年~3年になります。

・パートナーシップビザ

パートナーシップビザとは、ニュージーランドビザを既に持っているパートナーにビザをサポートしてもらう制度です。

2人が純粋かつ継続的なパートナーシップな関係にあることを移民局に証明する必要があります。

就労ビザとは違い自由に働けるのが特徴です。

・永住ビザ

永住権を持っていれば気軽にその国に入出国できます。

社会保障や労働条件といった面でも現地人と同じ待遇を得られます。

ビザの取得方法

ニュージーランドのビザ申請はオンライン申請になります。

ビザの種類によって提出する書類は違いますが、メディカルチェックや胸部レントゲン、無犯罪証明書などが必要になるビザもあります。

・関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。