サイパンの不動産事情!コンドミニアム購入と賃貸に関する正しい知識

サイパンの不動産事情!コンドミニアム購入と賃貸に関する正しい知識

サイパンはグアムの北の小さなリゾートアイランドです。

アメリカ領土のサイパンは日本から一番近い移住や留学に最高の地です。

そんなサイパンで不動産を購入するにはどうすればいいでしょうか?

【アメリカの関連記事はこちら】

↑アメリカ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のアメリカの記事一覧はこちら

2020年7月11日開催:シンガポール在住者と繋がるイベント

世界中の日本人と話せる、聞ける、繋がる「せかいじゅうカフェ」。2020年7月11日土曜はシンガポール移住生活のリアルを聞くトークイベントです。限定10名。

基礎知識!サイパンの不動産は外国人は購入できない

まず、サイパンでは外国人は土地の購入ができません。

購入=長期リース(最長55年)
賃貸=レント

という解釈をします。

サイパンには日本のような街の不動産屋さんといえば、中国人経営の中国人投資家用の不動産屋さんです。

これら中国系の会社が取り扱う物件は相場よりも高額に設定されていますので、購入するのはあまりおススメできません。

また、サイパンの地元の不動産屋さんは、主にホームページ上で運営しています。

各社ホームページでは主に高級物件のリーズや賃貸を取り扱っていて、日本のように格安物件やお手事な物件情報は一切掲載されていません。

サイパンで不動産は主に個人取引で行われます。

そのため、日本のように誰もが簡単に物件を見つけるということは不可能なのです。

サイパンで不動産を探すにはどうしたらよい?

ではどうやって私たちは物件を探したらよいのでしょうか?

サイパンではエージェントに依頼して物件を探してもらいましょう。

豊富なコネクションを持つエージェントに、希望を伝えます。

>>安心できるエージェントをお探しなら、せかいじゅうPROへご相談ください。

エージェントが物件を探してくれますので、気に入れば契約にすすみます。

エージェントは物件探しから契約まで全てサポートしてくれますので、安心でしょう。

スポンサーリンク

サイパンのコンドミニアムで知るべきこと

コンドミニアムはアメリカでは集合分譲住宅を意味します。

日本のマンションですね。(アメリカではマンションは大きい一軒家のことでを意味します。)

日本と同じく、集合住宅の1部屋を長期リースしてまた貸しする人も多くいます。

サイパンのコンドミニアムは、プールがあったり、受付が24時間いたりと高級な物件が主となっています。

長期リースの場合(55年)300,000ドル~
賃貸の場合月1,500ドル程度

 

スポンサーリンク

賃貸アパートの借り方

サイパンでアパートを借りる場合は大きくわけて2種類あります。

1. 普通の集合住宅

普通の集合住宅は、オーナーと直接契約を結んで借ります。

ほとんどの場合が家具付物件です。

また、3LDK以上は一軒家となりますが、賃料はアパートも一軒家も大差ありません。

サイパンのコンドミニアム

賃料の目安:

タイプ家賃
1K300ドル程度
1LDK500ドル程度
2LDK600ドル程度
3LDK800ドル程度
4LDK1000ドル程度
5LDK1300ドル程度

2. 就労者用住宅

就労者住宅は、その名の通り会社に雇用され、サイパンで就労していなくてはなりません。

アメリカの住宅内装設備を使用し、家賃の半額をアメリカの住宅基金が補填します。

そのためコストパーフォーマンスが良いので人気があり、入居待ちの状態が続いています。

申し込みは

  • サイパンで就労していることを証明する就労ビザ
  • 就労所得証明
  • 居住する家族の身分証明書等

を用意して申込をします。

タイプは1LDK~4LDKまであります。

現在サイパンには4ヶ所の就労住宅があり、今後も建設される予定です。

申し込みはエージェントを通して行うのが最良でしょう。

世界各地の人々と繋がるコミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ「せかいじゅうサロン」へ招待します

海外ネットワークの構築と情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

サイパンで賃貸物件を借りるときの抑えるべきこと

サイパンでは日本のような宅建などは一切関係ありません。

言ってみれば、個人同士で好きに内容を決め、契約書を交わすということです。

トラブルも多く発生するため、契約内容と契約書はしっかりと確認する必要があります。

以下の要点は必ずチェックしましょう。

  • 建物、設置済みの家具の火災保険は誰が加入するのか?
  • 入居者の火災保険は、入居者が加入すること
  • 台風保険には必ず加入すること
  • 保証金は退去時に戻ってくると思わないこと
  • 契約期間満了前に退去した場合の違約金の有無
  • 契約期間満了前に退去を求められた場合の違約金の有無
  • 退去までの通告期間
  • 契約更新の通告期間
  • ゴミ箱の設置と回収は誰が負担するのか?
  • 共用部分(庭)のメンテナンスと管理は誰がするのか?
  • 共用部分(庭)のメンテナンス費用の負担は誰がするのか?
  • 水道・光熱費は誰が負担するのか?
  • 水道・光熱費は誰が契約するのか?
  • 家賃の支払い方法

など

契約内容に同意をしたら、公証を受けにいきます。

公証を受け、契約完了です。

スポンサーリンク

サイパンのコンドミニアムに不動産投資としての魅力はあるのか?

コンドミニアムのリースは、建物一棟で取引が行われることが一般的です。

サイパンには固定資産税が無いので、投資効率は年間8%~15%になり、7~12年間で初期投資金が回収可能で、その後は補修費用もかかりますが年間10%前後で収益を確保することができます。

コンドミニアムのみならず、一軒家やアパートを一棟リースするのも良いでしょう。

サイパンの不動産、ベットルーム

コンドミニアムを買う(長期リース)ための条件等

外国人でも長期リースすることが可能です。

特に条件はありません。

その際に、土地のリース期間は特に重要です。

契約に関しては、エージェントを雇われることをおススメします。

土地の保有者を確認するため、登記簿謄本などを入手し、現地の弁護士と契約を締結してくれ安心です。

現地の不動産屋では、物件紹介のみなので、登記簿入手などは行ってくれません。

契約内容の確認も自分で手配する必要があります。

>>安心できるエージェントをお探しなら、せかいじゅうPROへご相談ください。

コンドミニアムの探し方、購入方法、注意点

何度も記述しましたが、サイパンではエージェントに依頼して物件を探してもらいましょう。

日本人の経営する不動産屋さんもありますが、物件を取り扱わないエージェントはあなたの希望を100%優先して、良い物件を探してくれます。

日本人の経営する不動産屋でも取り扱う物件を売る為、あまり良くない物件をつかまされてしまうトラブルも発生しています。
まずは信頼のできるエージェントを探すことが第一歩です。

【アメリカの関連記事はこちら】

↑アメリカ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のアメリカの記事一覧はこちら


スポンサーリンク

世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住エージェント

世界中のネットワークと助け合いのコミュニティ

コロナ問題を機に、多くの方が明日がどうなるかわからない不安なとき、誰かが困ったときにコミュニティを通じて、元気や勇気を与えたり、支援したりという『助け合いの場』を作りたいという想いから、せかいじゅうでは、世界中の日本人同士が繋がり、互助できるコミュニティ・せかいじゅうサロンを用意しています。

参加費用、条件は募集ページをご覧ください

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。