フランスの生活費を大公開!家族4人で一ヶ月いくら必要?

フランスで生活費いくらかかる

夢に見たフランス生活。オシャレなおうちに住んで、おいしいワインにおいしいお料理。

休日はカフェでお茶したりと夢が膨らみます。

でも、夢ばかりではありません!どこに住んでもやっぱり毎日お金はかかるんですよね。

「日本で毎月の生活費にだいたいこれぐらいかかってるけど、フランスで生活するにはいったいどれぐらいかかるんだろう?高いの?安いの?」

というあなたの疑問にズバリお答えします!

フランスで思わぬ出費で驚かないためにも、前もって知っておきましょう。

ここではフランスで家族4人で暮らすには毎月いくらかかるのかをご紹介します。(フランス第三の都市・リヨンの例)

【フランスの関連記事はこちら】

↑フランス滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のフランスの記事一覧はこちら

フランスの家賃から紹介

なんといっても、フランス生活で一番大きい出費は「家賃」です。

毎月節約しようと思ってもできるものではありません。

家族みんなで楽しく安定した生活をするためにも、住む場所は大切ですよね。

フランスの家賃の相場を見てみましょう。

地域家賃相場
パリ2,200ユーロ
リヨン中心部1,700ユーロ
リヨン郊外1,000ユーロ

※リヨンはフランス第三の都市。

家賃は都市や地域によって最も変動する費用です。

フランス家賃

例えば、家族4人で住むために、90平米のマンションを賃貸すると・・

リヨンを例にすると、街のど真ん中で約1700ユーロ/月です。(1ユーロ:120円で、204,000円)

そこそこのお値段ですよね。

リヨンから10km離れたやや郊外になると約1000ユーロ/月ぐらいまで下がります。

パリではおおよそ3割増と考えるイメージですので、

2,200ユーロ/月

をみておく必要があるでしょう。

スポンサーリンク

光熱費と通信費

家賃の次に気になるのが、「光熱費」です。

これもまた節約するといってもなかなか難しいもの。毎月いくらかかるのかはしっかり把握しておきたいところです。

では通信費も合わせていくらかかるのか見てみましょう。

光熱費はおおよそですが、ざっくりと以下のようになります。

項目料金
水道代+ガス代約210ユーロ
電気代約120ユーロ
インターネット約50ユーロ(固定電話代はインターネットに込み)
携帯電話代約20ユーロ/1台(基本的に電話、SMSの制限なし)× 大人2人=約40ユーロ
合計420ユーロ

 

以上より、光熱費と通信費で合計約420ユーロとなります。

フランスでお得なのはなんと言っても、携帯代が安いうえに使い放題!

スポンサーリンク

フランスでの食費と外食費

フランスでは文化として毎日家族そろって家で食べることが多いです。

お父さんが毎日飲み会で帰りが遅くて…、今日はお父さんご飯いるのかしら…?なんてことめったにありません。

家族そろって毎日食卓を囲む習慣はフランス文化そのものです。

スーパーでの価格は、日本と比べて一概に安い、高いとは言えません。

安いもののあるし、高いものもあるという感じです。

では、毎月どれぐらい食費がかかるのか見てみよう

家族4人で毎日家で食べるとして、おおよそ約200~350ユーロ/人ぐらいが妥当なあたりです(200ユーロだとお酒ゼロ、350ユーロだと毎日しっかり飲みたい人)。

毎日贅沢な食事というわけにはいきませんが、これぐらいあれば毎日おいしいものを食べ、おいしいワインを飲み、充実した毎日になるでしょう。

家族4人だと約800~1400ユーロ必要ということになります。

毎日お家で温かいご飯を食べるのもいいですが、たまには外食もしたいですよね。

もちろんお値段ピンキリです。

お手頃な価格ですと、日本だと定食1,000円なんてのもたくさん見ます。

お値段お手頃なのに、味もとってもおいしい。

しかし、フランスでは1品10ユーロ以下のレストランはまず見つかりません。

10ユーロ以下だとマクドナルドやケバブなど、ファーストフードで済ませてしまうことになります。

フランス外食

では、レストランに行くための予算はいくら?

例えば、一人一品ずつ、夫婦でワインを1本、子どもたちはジュースを注文するとしましょう。

一品は約15〜20ユーロ×4人、ワイン1本は約25〜40ユーロ、ジュースは1つ約4ユーロ×2人。

合計約100~120ユーロというところです。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住日本人宅へホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

交通費

日本ではメトロとJRを使用する場合、2回料金を支払う必要があります。

フランスでは、1枚の切符でバス、電車など公共交通機関を1時間半乗り放題です。

1枚の切符は約1.60~1.80ユーロです。

1か月定期券はリヨンでは大人約62ユーロ、学生約32ユーロ、パリでは大人約70ユーロ、学生約30ユーロ。

フランス交通

ここで1つびっくりなこと

日本では、交通費は会社が全額負担というのが多くみられます。

しかし、フランスでは雇用主は半分しか払ってくれないんです!

会社に行くための交通費なのに!?とも思いますが文化の差ですね。

関連記事:フランスで働く前に知っておきたい現地のルールと知識7選

両親2人の半分は雇用主から補助があるとして、家族4人で毎月約130ユーロかかることになります。

スポンサーリンク

レジャー費

バカンスです!ヨーロッパ旅行は日本からより安いの断然の特権。

日本からだと1人分航空券10万円するところも、格安航空券で約100〜150ユーロもあれば、イタリア、スペイン、ポルトガル、ドイツ、イギリスなどヨーロッパ各都市の往復ができてしまいます。

早めの予約や最安の時はなんと往復50ユーロなんてこともあります。

フランス国内やお隣の国であれば、家族4人そろって車で行くことも簡単です。車で行くと飛行機よりもさらに安くなります。

ズバリ予算は、飛行機を早めに予約して、年に4回家族でヨーロッパ旅行するとしても交通費平均150ユーロ✕4人✕4回=2800ユーロ程度で済むんです!(別途宿代)

また、新幹線も日本より安いです。

新幹線で東京〜京都(約460㎞)往復は約27,000円ですが、パリ〜リヨン(約465㎞)往復は前もって予約すれば約100ユーロです。

日本の新幹線と比較すると約半額なんです。

早め予約でお得に旅行をしましょう。

フランスでの医療保険料と医療費

フランスの医療保険は日本とかなり違います

日本では保険料が年収によって変動し、また保険適用の場合の治療費は総額のうち30%が個人負担と決まっています。

しかし、フランスでは全く違います。

フランスでは、保険料も医療負担割合も自分で選ぶんです(初めて知った時は衝撃でした…。)

なぜなら、個人がどの民間保険会社と契約するかを選べるからです。

日本とシステムがかなり違うため、正直なところ理解するのが非常(ひじょーーーーに)難しいです。

参考記事:フランス暮らしには必須!医療制度の基本と健康保険証の申請方法

ここでは、できる限り簡単に説明します。

保険料は大人一人約50〜80ユーロが相場です。

扶養家族の保険料も無料ではありません。

子どもの保険料も大人の保険料よりは割安ですが支払う必要があります。

ざっくりと家族4人分で約200ユーロぐらいかかるとしましょう。

医療費は?

医療費は、たとえば、風邪をひき医者に処方箋を出してもらいます。

このような簡単なコンサルテーションのみなら実質無料です。

約25ユーロ支払う必要がありますが、保険会社から後日返金されます。

しかし、その後さらに治療が必要な場合、費用が100ユーロであれば、保険契約によって、あなたの負担が20ユーロだったり、50ユーロだったり、100ユーロ全額だったりと変わります。

子どもは大人よりも返金される割合が高くなっています。

月に一度、風邪を引いて医者に行く。

半年に一度歯科定期検診に行くなど、大きな治療をしないのであれば、治療費は全額返金されるため実質ゼロといえるでしょう。

スポンサーリンク

フランスの生活費(家族四人)をまとめると

以上の費用を合計してみましょう。

項目費用
家賃(リヨン)約1000~1700ユーロ
光熱費・通信費約420ユーロ
食費・外食費約900~1500ユーロ
交通費約130ユーロ
医療保険料・医療費約200ユーロ
合計約2650~4000ユーロ

 

レジャー費:約2800ユーロ/年 → 毎月積み立てるとして、約235ユーロ/月

ズバリ!フランスでの生活費は、約2890~4240ユーロ/月です!(高い?安い?妥当?)

ぜひフランス移住を検討されている方は、参考にしてください。

【フランスの関連記事はこちら】

↑フランス滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のフランスの記事一覧はこちら

スポンサーリンク

海外移住・永住でご相談・お悩みはありませんか?

プロエージェント

せかいじゅうが厳選する移民エージェントを紹介します

当メディアは世界中の各国へのコネクション・ネットワークを強みとし、その規模は世界最大規模。海外渡航に関する悩みやトラブルを解決します。

海外への移住手続きやビザ取得まで完全サポート!せかいじゅうが選び抜いた信頼できる専門家を紹介致します

せかいじゅうプロからお気軽にご連絡ください。

海外エージェント(移住・ビザ・仕事)の方はこちらからご応募ください。

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。