フランス永住権の取得ステップ(国際結婚編)

夢にまで見た幸せいっぱいのフランスでの結婚生活

そんな幸せな毎日に必須なのが、面倒な書類手続きの数々・・・。

日本人である私たちは、フランスで3か月以上生活するためには、ビザ&滞在許可証の発行が必要です。

フランス永住権の取得まで、最初の数年は手続きが多く、やることも多いです。

長くのんびりとしたフランス生活が送れるように、一つ一つこなしていきましょう。今回は、永住権取得までの流れを段階を追って、紹介していきます。

渡仏前には、配偶者ビザを

まずは、日本で配偶者ビザを発行してもらい、フランスへ入国します。

大使館でのビザ発行は、出発日ギリギリである場合がほとんど。

ギリギリまでハラハラしながらなんとかビザの発行が無事完了し、ホッと一息・・・な場合ではありません。ここからがスタートです。

【フランスの関連記事はこちら】

↑フランス滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

世界の日本人同士で作る・繋がるコミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ「せかいじゅうサロン」がスタートしました

フランス入国後の第一のステップ

フランスに入国したら、すぐに住んでいる県の移民局(OFII)へビザを書留郵便で送付します

移民局から、「受け取りました。3か月以内に移民局へ来てもらう日程をお知らせします。」という手紙が届く。(実際には3か月以上かかる場合もあるので、滞在のための証明としてこの紙は大事に持っておきましょう)

日程が送られて来たら、その日時に必ず行く。(日程変更を申し出ようにも、電話が通じない場合も多いです。また、何か月先になるかと不安なところ・・・)

スポンサーリンク

ビザの有効化!1年間の滞在許可が可能に

移民局に召喚された当日。時間きっちりか少し過ぎてからしか扉は開かないので、皆さん前で待機しています。

この移民局へ召喚されて、パスポートについているビザにスタンプを押してもらい、ここでやっと滞在許可証として一年間の滞在が可能となります

そしてこの日から、2年目の滞在許可証更新のための必要書類集めが始まります

検査にテスト・移民局ですること

まずはこの最初の召喚にて、健康診断と面談があります。この面談は、「フランス語力テスト」でもあります。

フランス語力が十分でないと判断された場合、無料で語学学校に通うこととなります。

必要時間数は、この面談で決定されます。

ここで指定された通りに語学学校へ通うことは義務です

滞在許可証の更新の際には、語学学校を必要時間数通ったという終了証明書が必要となります。

スポンサーリンク

もう一つの義務!移民講座の受講。意外と楽しい?

そしてここで、もう一つの義務があります。

指定の移民講座を受講することです

france-eijuken02

その日程も、この面談時に知らされます。

移民講座では、フランスの憲法、暮らし方、働き方、国籍の取り方などの話を聞きます

この講座は、同じ県に住み、同じ時期にフランスにやってきた外国人たちが一緒に受講します。

つまり、フランスに来たばかりの同じ不安を抱えた者同士。

渡仏時期が同じ友人が出来るチャンスです。日本人がいる場合もありますよ。

受講後に、受講修了書がもらえ、これも滞在許可証更新のための必要書類の一つです。

・フランス語上達に関する記事はこちら

↑フランス滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

公共料金の契約名義は、夫婦で

滞在許可証更新はもちろんですが、あらゆる契約などの場面において、「この住所に実際に暮らしています」という証明をする必要がある場合があります。

そこで必要なのが、公共料金支払いの郵便物3か月分です。

ここで注意したいのが、ガス、水道、電気料金の名義がフランス人配偶者のみになっている場合。

滞在許可証を更新したい人本人の名前が入っていなければ、証明として使えません

ガス・水道・電気会社には予め、夫婦両方の名義を入れてもらえるように手続きしておきましょう。

世界各地の人々と繋がるコミュニティ

5月24日のイベントはオーストラリア、ドイツ、アメリカ、カナダ、ブラジル、ホンジュラス等のメンバーが参加予定

海外ネットワークと情報収集、新しいことへのチャレンジができる「せかいじゅうサロン」

書類を揃えて、2年目

滞在許可証は一年有効。

更新の申請は2か月前から可能です

france-eijuken05

滞在許可証更新の手続きは、移民局ではなく、住んでいる県のプリフェクチュールにて行います。

更新手続きは申請してからも発行までとても時間がかかるので、なるべく早く予約を入れましょう

予約方法は住んでいる地方によってそれぞれ。

電話予約、ネット予約、もしくは徹夜で並んで更新手続き・・・なんてところもあります。事前にプリフェクチュールに確認しましょう。

スポンサーリンク

滞在許可証更新のための必要書類

滞在許可証更新のための必要書類、実はこれにはちゃんとしたリストはありません。

公式サイトでも、電話番号が出てくるのみ。

なぜなら、更新の際の必要書類は、担当する人と申請者によって必要書類が変わってくるからです。

更新を担当するプリフェクチュールの職員が、その人を見て、その人にはどんな書類が必要かを判断します。

筆者が実際に必要だった書類はこちらです。

  • パスポート(コピーは、基本情報のページとVISAのページ両方を)
  • 戸籍謄本(法廷翻訳したもの)
  • 配偶者の身分証明書
  • 家族手帳
  • セキュリティソシアルのカード
  • 証明写真3枚

OFII関係の書類

  • OFIIでの健康診断結果
  • 移民講座終了証
  • 語学学校の終了証明書または、語学学校免除の証明書
  • 住所証明のための書類(賃貸契約書、家賃の領収証、電気・ガス・水道料金・の領収証、住民税納付証など、他にも、夫婦で同じ住所で暮らしていることを証明できる書類があれば持っていく)

2年目以降の必要書類は、OFII関係の書類はなくなり現在の滞在許可証が加わります。

これらは全て、原本と、コピーした物の両方を持っていきます。

また、必要だと言われた書類全てを揃えて持って行っても、「これはないの?」と突然言われてもいない書類の名前が出てくることがよくあります。

「それが必要だと言われてなかったから」と言っても「じゃあ、更新は出来ません、また次回ね」と言われて終わってしまいます。

更新手続きのための書類集めの際には、「この書類でも、同じことを証明できるな」という書類をいくつも揃えて、持っていきましょう。

これは、多ければ多いほど良いです。

1年滞在許可証更新のためにもテストはある?

滞在許可証更新は、たとえ1年のものでも、小さなテストが行われます。

隣に座っている旦那さんとは喋っちゃダメよと言われると同時に一枚の紙とペンが渡されます。

そこには、自分と配偶者の名前と住所や誕生日を書く欄があります。

そして必ず、配偶者の出生地を書く欄があります。滞在許可証更新の際、これが滞在許可証のためだけの書類上の結婚でなく、ちゃんと相手のことを知っているかというチェックの一つとして、配偶者の出生地を聞かれます。

これは、配偶者が生まれた病院(家ではない)がある街の名前です。いつでもスムーズに答えられ、そして書けるように覚えておきましょう。

結婚後三年が経過したら、10年滞在許可証・フランス永住権!

結婚して3年が経過すると、10年間有効の滞在許可証を申し込む権利が得られます。

国籍取得以外ではこれが一番長い滞在許可となり、実質、フランスの永住権となります

しかしこれは、申請して必要書類を提出するだけでは、発行してもらえません。

10年滞在許可証を得るためには、目をギラリと光らせたプリフェクチュール職員による、フランス語力テストがあります。

10年滞在許可証申請のための必要書類

10年滞在許可証を申請する際の必要書類。

これもまた1年滞在許可証の時と同じように、住んでいる県のプリフェクチュールに問い合わせる必要があります。

また、10年滞在許可証の場合は、プリフェクチュールによっては「10年滞在許可証の申請の場合はいつもより早く予約して」と言われるところもあります。

何か月前から電話をして、RDVを取るべきなのかの確認もしましょう

10年滞在許可証申請のための必要書類は、1年滞在許可証更新の際の必要書類に加えて、

  • 結婚証明書

が必要となります。

これは、フランスで結婚をした人なら、近くのMairieで発行してもらうことが出来ます。

しかし、フランス国外で結婚をし、結婚の事実を国同士で転送をしてフランスでの結婚手続きが終了している結婚の場合は、住んでいる街のMairieではなく、Ministere des Affaires etrangeresに問い合わせて発行してもらう必要があります。

試験対策、何をすればいいの?

france-eijuken06

この10年滞在許可証のための試験、試験内容は少々謎に包まれています。どのプリフェクチュールか、どの職員かによっても、内容は変わってくるようです。

フランスの国歌マルセイエーズを歌えるように練習しておこうか。

国旗の色は、青・白・赤で、自由・平等・友愛はスラスラ言えるようにしなくちゃ。

それから、好きなフランス人の有名人について少し語れるようにして・・・というように、あれやこれやと調べたり練習したりする人は多いと思います。

ですが、実際に10年滞在許可証を無事取得した筆者は、これらは必要ないかなと感じました。

10年滞在許可証取得試験のため、実際に必要なことは?

試験は、面接です。

実際にこの試験を経験して、私が最も重要だと感じたことは、面接を会話として楽しむことです。

フランス人は普段から、仕事先の同僚も、店員とお客さんも、医師と患者も、誰もが友達のように会話します。

面接でも、その姿勢を良いように生かしましょう。

フランスは移民が多い国です。

プリフェクチュールの職員はこれらの移民に対して、「フランスが好きで暮らしているのか。フランス人のことが好きで仲良くしながら暮らしているのか」ということを一番重視しています。

それを、態度で示しましょう。

質問は、日常生活に関する一般的な質問がほとんどです。

それをはいかいいえで答えるのでなく、友達と話すように一言二言加えながら答えていきましょう。

一つの質問を、会話として楽しむ姿勢で挑むのです。

正しい文法でなくてもいいです。簡単な単語のみで、表現するのに時間がかかってしまってもいいです。

少しでも、話したいなという姿勢を見せることです。その態度を、面接官の職員はとても喜んでくれます。フランスで、フランス人と仲良くしたいという姿勢を見せることが、この試験に受かる上で一番重要なことだからです。

もし、失敗した場合は?

10年滞在許可証のフランス語力テストに受からなかった場合はどうなるのでしょうか?

france-eijuken04

そんなに心配する必要はありません。その場合は、また1年間の滞在許可証が発行されます

そしてまた次の更新の時に、挑戦することが出来ます。結婚して3年が経過していたとしても、10年滞在許可証を申請するか、1年の滞在許可証を申請するかは、本人の自由です。

しかし、滞在許可証の更新には、お金がかかります。

10年滞在許可証は、1年の滞在許可証よりも高いですが、1年の滞在許可証を何度も申請するよりは、お金も毎年の手間も格段に減ります。

スポンサーリンク

国籍取得方法は?

10年滞在許可証以上に更新なしで長く滞在するには、国籍取得となります。

ですが、日本は二重国籍は認めていません

ですので、フランス国籍を取得することとなると、必然的に日本国籍を失うこととなります。

国籍取得のための必要条件

  • フランス人配偶者と結婚して4年が経過していること(その間ずっと、夫婦が一緒に暮らしていたということを証明する必要があります)
  • そのうち、3年間はフランスで生活をしていること(それがない場合は婚姻後5年経過してからの申請となります)
  • DELF B1を合格、または中学卒業以上のフランスでの何らかのディプロムを持っていること(フランス語能力の証明のため)
  • また、国籍が無事取得できても、その後最低1年間は離婚や別居をせず夫婦が一緒にいることが必要です。

最後に

フランスで長く暮らそうと思うと、自分自身の成長が必要です。

なぜなら、時期に従って、クリアしないといけない課題や試験があるからです。

しかしそれは、無理なペースではありません。

フランスにて、フランスの街並みを楽しみ、フランス人との触れ合いを楽しみながら暮らしていれば、自然と身についていくことばかりです。

そして、それに伴って更新されレベルアップしていく滞在許可証は、フランスで培った自分の力の証であり、とても誇らしいものとなります。

ただなんとなく暮らしていては、滞在許可が下りないフランス。

自然と自分磨きが出来、新しい暮らしがより充実したものとなるでしょう。

【フランスの関連記事はこちら】

↑フランス滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のフランスの記事一覧はこちら

スポンサーリンク

世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住エージェント

世界中のネットワークと助け合いのコミュニティ

コロナ問題を機に、多くの方が明日がどうなるかわからない不安なとき、誰かが困ったときにコミュニティを通じて、元気や勇気を与えたり、支援したりという『助け合いの場』を作りたいという想いから、せかいじゅうでは、世界中の日本人同士が繋がり、互助できるコミュニティ・せかいじゅうサロンを用意しています。

参加費用、条件は募集ページをご覧ください

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。人気のホストはこちら↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。