オーストラリアで働かなきゃ損!?日本の2倍3倍の時給で稼ごう

これからオーストラリアに行こうと考えている人に、オーストラリアでぜひ体験してもらいたいことは「お仕事」です。

もちろん観光ではなく学生ビザやワーキングホリデーで来る人限定ですが、こちらに来てある程度生活が落ち着いたらまずは仕事探しをしてみましょう。

【オーストラリアの関連記事はこちら】

↑オーストラリア滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

英語ができなくても仕事は見つかる!

「英語もまだ話せないのに仕事なんて出来るわけがない」と、心配されている人もたくさんいると思いますが、はっきり言って英語が話せなくても仕事は見つかります。

特にケアンズやシドニー、メルボルンなどと言った大都市では仕事はいくらでもあります。

しかし、そこはやはり英語圏オーストラリア。

仕事はあるとはいえやはり英語が話せないとなると、できる仕事といえばどうしても日本食レストランに限られてしまいます。

「スタッフは全て日本人」または「日本語が話せるスタッフがいる」という環境で、お客さんとの簡単な注文のやりとり以外英語は全く必要ありません。

しかも、大抵どこのレストランも従業員用に「まかない」がついているので食費を浮かすことも出来ますし、

何より海外に行って右も左も分からない状況の中での日本人コミュニティというものはとても心強いので、まずは国や生活に慣れるためにもここから始めても良いのではないでしょうか。
awn02

スポンサーリンク

日本食レストランの給料は安い??

ただし、残念ながら日本食レストランでの給料はとても安いです。

シドニーですと時給は10~12ドル位でしょうか。日本円に直すと800~950円程です。給料は大抵1~2週間に1度現金で受け取ります。

オーストラリアの法律で定められている現在の最低賃金は17.29ドルで日本円だと約1370円になります

なので日本食レストランの時給がいかに安いかよく分かると思います。

そのような安い賃金で働かせるのは違法ですが、日本食レストランに限らずこのような給料形態の場所はあまりに多すぎて、政府も一軒一軒チェックしきれずそのために見逃している所が多々あるというのも事実です。

しかし英語が話せず働く場所が限られている者にとっては、英語力が問われず、賄いも食べられて、しかも現金で給料をもらえるという環境は大変ありがたくもあるので、初めて仕事探しをする時は、そういう背景も参考にしながら選ぶといいでしょう。

awn01

スポンサーリンク

時給が2倍!大切なオーストラリアの賃金について

さて、先にも書きましたがここでオーストラリアの賃金について少し触れておきたいと思います。

国で定められたオーストラリアの最低賃金は現在17.29ドルです。

少し英語が話せるようになったり生活に慣れてきたら日本食レストランを飛び出して他の仕事に挑戦してみましょう。この賃金をもらえるようになったら日本にいる時とは比較にならない程稼ぐことができますよ。

この17.29ドルというのは平日の昼間の賃金で、夜間や週末はプラスで手当てがつきます。

この手当てがびっくりするほどの値段なんです。

もちろん場所によって差があるので全部が必ずそうというわけではありませんが、ローカルの職場は土曜日の午後は普段の時給の1.5倍、そして日曜日は2倍というところがあります。

実際の例をあげると、入ったばかりの新米の時給は15ドルだったので平日はその値段、そして土曜日の午後からは同じ仕事でも時給がなんと22.5ドルに上がるのです。日曜日は朝から2倍の時給30ドル!

これはお店の支出もかなりかかるので新米はほとんど呼ばれることはありませんが。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住の日本人宅のホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

祝日の給料が3倍になる場合も

そしてもっとおどろくのが祝日の時給です。これがなんと普段の時給の3倍!!

最低賃金が17.29ドルということで計算すると何と51.87ドル、日本円で約4108円!日給じゃありませんよ、時給です!

これにはびっくりです。

オーストラリアに来ると、週末や祝日に閉まっているお店をよく見かけます。

「観光客や買い物客が多いのに何でだろう?もったいないな~」と初めの頃は思っていましたが、やがてそれは「人件費の方がずっと高いから」と言うことが分かります。

小さなお店だと特に、その日の売り上げよりはるかに従業員の給料の方が高くなってしまうので、これでは赤字と、みんなお休みにしてしまうのです。

スポンサーリンク

最後に

オーストラリアではいかにお金が稼げるということがお分かり頂けたでしょうか?

給料が高い分それに伴って物価もとても高い国です。

それなりの給料をもらわないと生活していくのは大変なので理にかなっているとは思いますが、祝日の日本でスーパーのレジの仕事をしても時給4000円なんてとてももらえませんよね?

また、この国には「お客様は神様」と言った考えは一切なく「いかに自分が楽しんで快適に仕事出来るか」という考えが大事なのか、オーストラリア人を見ていればよく分かります。

お客さんに対しても出来ないものははっきり出来ないと言うし、スタッフ同士おしゃべりばかりしているし、日本では絶対に見られない光景なのでオーストラリア人と一緒に働くのも新しい世界が見えてなかなか面白いです。

真面目な日本人から見たらちょっとイラッとすることもあるかもしれませんが(自分が客の立場だと特に!)それなりの給料をもらってストレスなく楽しく働くという環境が、のんびりとしたオーストラリア人の性格を作っているのかもしれませんね。

「楽しみながらガンガン稼げるオーストラリア」一度ここで働いてしまうともう日本でのお仕事には戻れないかも?!

【オーストラリアの関連記事はこちら】

↑オーストラリア滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。