海外在住者の新しい副業?オーストラリアでUberを1ヶ月した収入を公開

日本人が海外で働き、収入を得ることは一筋縄ではいかないことも多いでしょう。

言語の壁、スキル(手に職)の壁だけでなく、失業率の高い国々では、そう簡単に職を探すことはできない場合があります。

できれば、自分でも気軽に始められて、収入を得ることができる副業などあると嬉しいですよね。

今回、お話を伺ったオーストラリアへワーキングホリデー中の山本貴さんは現地ツアーガイドとして働きながら、空いた時間で、Uberのデリバリーの仕事をスタート

副収入を得ています。

1ヶ月間、Uberに取り組んでみた結果、どんな仕事だったのか、そして、どのくらいの収入に繋がったのか、を紹介したいと思います

【オーストラリアの関連記事はこちら】

↑オーストラリア滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

世界中の日本人と繋がる海外移住コミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ「せかいじゅうサロン」へ招待します

海外ネットワークの構築と情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

Uberを知ったきっかけ

ツアーガイドの仕事はくるときはきますが、こないときはオファーが全然きません。

日本の旅行会社さんを相手にしていますので、もし、ツアーがない場合は何も無い状態なんですね。

そんなときに副業で、自由に稼げる仕事はないかな、と思い探していたときにオーストラリアでUberに出会いました。

スポンサーリンク

Uberの仕組みとは?

Uberは一言でいうと、一般の方がタクシーまたはデリバリー(食事の配達)の役目をする、という仕事になります。

タクシーは車があればできデリバリーは自転車があれば取り組むことができます。

Uberに参加できる条件

タクシーについては条件があります

1つ目は、所有する車のモデルが2007年以降のもの

2つ目は、自動車保険に入っていること。(強制加入させられる自賠責保険ではありません。)

ぼくが所有する車は、2007年以前のものでしたので、タクシーではなく、デリバリーの仕事に取り組むことにしました。

Uberの申し込み方法

今回はオーストラリアの申し込み方法になります。

  1. 携帯のアプリからUberをインストールし、まずは登録します。
  2. Uberのオフィスに行き、免許等の確認をします。
  3. Uberドライバーというアプリケーションをインストールし、登録する
  4. 日時指定を受け、再度オフィスにいきます。
    (ぼくはデリバリーに申し込みしたので、リュックをもらいました)
  5. あとは、アプリケーションを立ち上げ、掲載された案件に申し込む

リュックさえ持って、仕事があれば、デリバリーの仕事を引き受けるという形です。

例えば、空いた時間にアプリを立ち上げて、マクドナルドの仕事など、一覧で仕事が表示されています。そこに申し込みをする形です。

uber-work01

スポンサーリンク

Uberに1ヶ月間、取り組んだ収入は?

時間というのはとくに決めていなくて、週4日程度、平均して約2時間働きました。

ピークで1日4時間(昼2時間、夜2時間)という日もあります。

そして、収入はオーストラリアドルで約600ドル(日本円で、50,000円)という結果でした

1回の仕事の内容は?

例えば、お客さんがマクドナルドで2,000円分の買い物をしたとします。

それから、マクドナルドへ品物を集荷にいきます。

お客さんの住所を教えてもらえるので、それをデリバリーします。

そのときに頂く対価は、30〜40%程度なので、800円くらいです。

すべて支払いはクレジットなので、キャッシュはまったく使いません。キャッシュはトラブルのもとになりますのでUberではありません。

お仕事を終えると、支払いが終えましたとアプリケーション上に表示されます。

お金に関して、ドライバーは何もする必要はありませんので楽です。

世界各地の人々と繋がるコミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ「せかいじゅうサロン」へ招待します

海外ネットワークの構築と情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

1ヶ月取り組んだ感想

自転車を使いますので、運動不足が解消します(笑)

個人的には、お金に関してはある程度貰えればいいかなと思っていて、それ以上に、自由に働けるということに重きを置いていました

ツアーガイドの仕事自体がいつオファーがくるかわからないので、自由に好きな時間に働けるのは素晴らしいな、と思います。

Uberに取り組んだ感想は、雇用ではなくて、ヘルパーという形なので、気軽に取り組めるのが良いポイントで、どなたでもできるとおもいます。(ビザなど、いろいろ聞かれることもない)

また、オーストラリアにおいては、学生ビザでも週20時間まで働いてもOKなので、学生さんも良いと思います。

Uberの仕事はどのくらいある?

マクドナルドなどの大きなところはコンスタントにあります。

自分のイタリア人の友人も、夜な夜なUberで外にでてくるよと言って、デリバリーしていました。

日本ではまだまだ知名度の低いUber

日本でも、Uberをやっている人はほんの一部だと思いますし、ぼくのまわりでも一人もやっていないです。

タクシーだけじゃなく、デリバリーもあることを知らない人も多いと思います。

例えば、日本のビザハットでも、ドライバーを雇っていますが、オーストラリアのビザハットは全部Uberに任せていますね。

スポンサーリンク

Uberのデリバリーを本気で取り組めばどのくらいの収入になる?

都会のほうにいけば、1ヶ月で40〜60万円くらい、30日間しっかりやれば稼げるのではないかと思います

ぼくのように、ツアーガイドの合間合間だと、週4日くらいになりますが、全部の時間をつぎ込めば、かなりの額は稼げると思いますよ。

まとめ

海外で滞在される方の仕事の選択肢として、このUberを検討してみるのもありでしょう。

気軽に、誰でも参加できるというのは魅力の一つです。

留学やワーホリ、はたまた移住している方で、時間を持て余している方は、一度気軽にやってみると副収入もあって、良いと思いますよ。

【オーストラリアの関連記事はこちら】

↑オーストラリア滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住エージェント

世界中のネットワークと助け合いのコミュニティ

コロナ問題を機に、多くの方が明日がどうなるかわからない不安なとき、誰かが困ったときにコミュニティを通じて、元気や勇気を与えたり、支援したりという『助け合いの場』を作りたいという想いから、せかいじゅうでは、世界中の日本人同士が繋がり、互助できるコミュニティ・せかいじゅうサロンを用意しています。

参加費用、条件は募集ページをご覧ください

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。