オーストラリアのシェアハウス探しで注意したいポイントとは?

オーストラリアへワーキングホリデーや留学を考えている方、住む家はどうしよう?と思いますよね。

慣れるまではホームステイという方もいるか思いますが、その後は自分で部屋を探したいと思っている方。シェアハウスやシェアルームを探す際に注意したいポイントをお伝えしていきます。

シェアハウスでトラブルにならないためにも、確認しておこう。

【オーストラリアの関連記事はこちら】

↑オーストラリア滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

【NEW】せかいじゅうイベント情報

せかいじゅうNight マレーシア 9/16(祝日)at Tokyoに参加しませんか?

マレーシア居住者とのトークイベント&世界を目指す仲間を見つけよう♪お席は先着順!イベント詳細はこちら

どうやって探せばいいの?友人からの情報も大切

オーストラリアで定職がないのに不動産屋さんで家を借りるのは不可能です。これは日本と同じですね。

「ではどうやって探せば良いのか?」

サイトや掲示板を利用しよう

一番一般的な方法はGumtreeというサイトの利用です。

gumtree: https://www.gumtree.com.au/

仕事やシェアルームなど多くの情報が載っている無料掲示板です。

家賃は、日本は月に何円の表記ですが、オーストラリアは週に何ドルかの表記がしてあります。

立地が良かったり、値段がお手頃な部屋はすぐに決まってしまい、躊躇している間になくなってしまうので、興味がある部屋は連絡して、一度内見(inspection)に行きましょう。

友人・知人からの紹介

別の方法は友人や知人からの紹介です。これが一番信頼できる方法かとは思います。

ネットに出ていない良い部屋が見つかるかもしれません。

「ルームメイトが違う都市に移動するから空きが出るよ」など聞いたら自分が希望する部屋なのか詳細を聞き、条件が合えばぜひ直接見せてもらいましょう。

SNSも活用可能

ほかには、Facebookのコミュニティなどで、住人を募集している場合や語学学校など留学生が多く集まる場所の掲示板に住人募集の案内が出ている場合もあります。

オーストラリアの部屋探しはとにかく情報が大事になりますので、常にアンテナをはって多くの情報をゲットし、その中からシェアハウス選びをしましょう。

ちょっと違うオーストラリアのシェアハウスの定義

また、シェアハウス、シェアルームの定義が日本とは少し異なります。

日本は管理人がいる、いないで使い分けられているようですが、オーストラリアでは、シェアハウスは文字通り家をシェアすること、フラットシェアと言われることが多いです。

2ベッドルームや3ベッドルームのうちの1部屋を自分用に使います。

シェアルームは1部屋に数人住むこと。こちらも文字通り、ルームをシェアすることになります。シェアルームになると安いかわりにプライベートが少々犠牲になります。

そんなの気にしない、むしろ交流したいという方にはシェアルームはおススメです。

aus-sharehouse01

スポンサーリンク

シェアハウスのセキュリティは重要視すべき

オーストラリアではセキュリティは重要視すべきです

例えば、

  • グランドフロア(日本で言う1階)なのか1階以上なのか
  • オートロックはついているのかどうか
  • 自分の部屋がある場合は自分の部屋に鍵がかかるのか、

などです。

グランドフロアに住んでいる時に窓ガラスが割られた経験のある方もいます。

また、シェアメイトが友人を招いたり、一緒にオーナーが住んでいる場合はオーナーの友達が遊びに来たり、自分の知らない人が出入りする機会も多いです。

自分が外出している際も誰が出入りしているかわからないので、鍵がついた部屋にすることが望まれます

しかし、普通のアパートをシェアする場合が多いので、それぞれの部屋に鍵がついていることはそんなに多くありません。

そこにこだわる人は探す際にまずオーナーに確認しましょう。

また、シェアルームの際は、貴重品は常に肌身離さず持ち歩くなど、自己管理が重要です

スポンサーリンク

内見(inspection)は必ず行って、オーナーに話を聞くこと

立地もいいし、写真も良さそうだし、条件に合うからと内見に行かずに決めてしまうのは控えたほうが良いです。

写真は大抵良く撮れているものを使っています。

実際に行ってみて、他の住人の人と話してみたりオーナーが信頼できそうか自分の目で確かめることは大事です

シェアハウスの物件が載っているサイトにない情報で、自分が知りたいことは直接オーナーに聞きましょう!

メールや電話などで内見のアポイントを取る際に尋ねてもいいですし、その時に質問できなかったことは内見の際に聞くのをお忘れなく。

  • インターネットの使用料金は家賃に含まれるのか
  • 通信量に制限はあるのか
  • 冷蔵庫やキッチン、バスルームなど共有スペースの使い方
  • 掃除の当番はあるのか
  • 何週間単位で借りられて
  • 出ていく際はどれくらい前に知らせれば良いのか

なども聞いておくと良いでしょう。

出ていく直前にオーナーに知らせてしまうと、部屋の空きが長くなり、オーナーにとっては不都合が生じてしまします。

トラブルの原因にもなりますので、最初に確認しておくことが肝心です

また、他の国の人と暮らすということは全く生活スタイルが違った人と暮らすということです。

日本人は当たり前に靴を脱いで部屋に上がりますが、タイなどアジアの一部の地域を除けば土足のスタイルがほとんどです。

掃除の基準やキレイの基準は日本人同士の中でも違うと思いますが、文化が違えばさらに違いは大きいと思ってください。

几帳面だと言われる日本人には耐えがたい家もあるようです。

そこら辺は実際に行ってみないとわからないポイントなので、ぜひ自分で足を運びましょう。

自分に合った好条件の部屋を見つけるのは難しいですが、例えば、

  • 家賃は週150ドル以下じゃないと無理
  • または、絶対自分ひとりの部屋がいい、

など自分が譲れないポイントは決めておき、少しバス停までは歩くけどしょうがない、など妥協できるポイントも自分の中で決めておくと良いでしょう。

また、断れない性格の方も多いと思いますが、内見してもここには住みたくないと思った場合や、他の部屋にすると決めた場合はオーナーにその旨をハッキリと伝えましょう。曖昧な伝え方はよくありません。

部屋探しは最初の試練になるかと思いますが、ポイントを押さえて充実した新しいオーストラリア生活がスタートできるようにしましょう。

  • いくらあれば生活可能?オーストラリアの物価は本当に高いのか徹底検証!
  • オーストラリアで働こう!実体験から学ぶ賢い仕事の探し方
  • オーストラリア留学の家探し!自分にピッタリの住まいを見つけよう
  • 忘れないで!オーストラリア生活の前にやっておきたい手続き
  • 【オーストラリアの関連記事はこちら】

    ↑オーストラリア滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

    スポンサーリンク

    これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

    せかいじゅうホームステイ

    旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

    単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

    北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

    海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

    世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

    ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

    せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

    主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

    ABOUTこの記事をかいた人

    せかいじゅう編集部

    せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。