職業別オーストラリアの平均年収を公開。年収1,184万円は資源国ならではのあの職業

オーストラリアは日本と比べて物価も高いと言われますが、その分お給料も高いです。

オーストラリアの平均年収が日本とどれくらい違うのか、どんな職業の年収が高いのかについてお伝えしていきます。

オーストラリアへの移住を考え中で、どんな仕事に就こうか迷っている方の少し参考になれば幸いです。

【オーストラリアの関連記事はこちら】

↑オーストラリア滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

オーストラリアの平均年収はどれくらい?

2016年のデータによると、フルタイムの仕事でのオーストラリアの平均年収はAUD78,832

AUD1=85円で計算すると日本円で年収約670万円ほどということになります。

日本の平均年収が442万円であるのと比べると、高いと言えますね。

もちろん日本のように地域差もありますが、

  • 一番低いタスマニア州でもAUD69,477なので、日本円で約590万円
  • 一番高い州では、首都のキャンベラがある首都特別地域で、AUD89,846日本円では約763万円

になります。

平均でこの年収となると、東南アジアなど他の国から移住する人が多いのにも納得ですね。

スポンサーリンク

オーストラリアではどんな職業の平均年収が高いの?

オーストラリアではどんな業界が平均年収が高いのでしょうか?日本で高収入の職業と言うと、医師や弁護士、金融関係などが思い浮かびます。

オーストラリアで高収入なのはダントツで採鉱業です。資源が豊富な国ならではですね。

平均年収がAUD139,303。日本円では約1184万円。オーストラリアの平均年収と比べてもとびぬけていますね。

鉱山などでの作業は危険を伴うため、現場で働く労働者も給料が良い傾向にあります。

オーストラリアの平均年収別に見た業種は以下の通りです。

収入が高い職業ランキング

  1. 採鉱業:AUD139,303
  2. 金融・保険サービス:AUD97,235
  3. 情報メディア・通信:AUD96,652
  4. 電気・ガス・水道・ゴミ処理サービス:94,396
  5. 専門・科学技術サービス:AUD92,482
  6. 教育・養成:AUD89,950
  7. 公共行政・安全:AUD85,202
  8. ヘルスケア・社会援助:AUD84,183
  9. 運輸・郵政・倉庫業務:AUD82,805
  10. 建設:AUD78,957

平均年収が上位の業界はこのような順位になっています。

逆にオーストラリアの平均年収を下回っているのはカフェ・レストランや小売業など。

  • カフェ、レストラン:AUD56,113
  • 小売業:AUD58,640

それでも日本の平均年収と変わらないくらいの年収になっています。

aus-income01

世界的な人材不足。IT業界は鉄板の有望株!

世界的な有望職種は『IT業界』

日本においても2020年には、30万人超のIT人材が不足すると言われ、この傾向はグローバルでも同様に起こっています。

ITのスキルを身に着けることは、海外で就職するための非常に大きな武器となることは間違いないと言えます。

実際に、世界各国の平均年収ランキングでもIT業界が上位にランクインしており、その需要の高さがうかがえます。

これから、海外在住日本人がどんな職種に就いているかを紹介しますが、やはり需要の高さ、収入の高さなどを考えた場合、ITスキルの取得は強くオススメしたいところ。

・まずはスキルと経験を積むことから

すでにITエンジニアの方であれば、すぐに海外へ転職活動をはじめると良いでしょう。

一方で、まだスキルや経験がないという方は、集中して短期で取得し、実務経験を積むことがオススメです。

例えば、TECH::EXPERTでは「誰もがエンジニアになれる場所」を掲げ、未経験からプログラミングスキルが身につく学習とキャリア支援をしています。

未経験から最短でエンジニア転職を目指す【TECH::EXPERT】

また、DMMが運営するDMM WEBCAMPは、90%が未経験者から始め、3ヶ月カリキュラムを経て、転職先・就職先でも即戦力の技術を身に付けサービスがあります。

海外就職の強い武器に!プログラミングスクール!【WebCampPRO】

残念ながら、今後「誰でもできる仕事」では海外就職を成功させることはより困難になります。

今、自己投資としてITスキルと実務を積み、日本でも、海外でも、グローバルに求められるIT人材を目指す道も、検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

日本とオーストラリアで働く環境での違いは?

いくら年収が良くても、仕事の内容や働く環境が良くなければ長続きしませんよね。

オーストラリアの労働環境は日本と比べるとハッキリ言って良いと思います。有給など、労働者に与えられた権利は誰もが当たり前のように使います

オーストラリア人の労働に対する姿勢は「勤務時間内にできる限りのことをしっかりやる」という感じです。

ですので、残業なんて信じられない!という雰囲気。

筆者の夫もオーストラリアで働き始めた頃、終業後に勉強会の資料作りのために少し残業していたら、同僚達は「クレイジーだな!早く帰れよ。」と言い残して去っていったと言っていました。

それでも自宅に帰ってきたのは19時半くらい。普段は18時には帰ってきます。

日本では残業が当たり前という風潮がある中でびっくりしたのを覚えています。

また、オーストラリア人は家族との時間、プライベートの時間をとっても大事にします。

平日も早く帰って、家族と一緒に夕食を食べるのが当たり前。休日も家族で出かけたりBBQをしたり、趣味の時間を大切にしたりと、仕事でプライベートが犠牲になるなんてことはありません。

オーストラリアもアメリカと同じように契約社会なので、時間や自分の仕事の範囲はきっちりしています。

労働者は自分の待遇などに不満を感じればそれをしっかり会社に伝え、対応してもらうよう行動します。働く人にとってはとても良い環境と言えると思います。

せかいじゅうからのご案内

日本と世界を繋ぐ仕事にたずさわる法人・個人の方へ

国内・海外でビジネスをしている方、これから海外で起業したい方必見!ここからスタートアップを図ろう→せかいじゅうSTARTUP

利用者の立場になる場合は注意!業者選びの体験談

ただ、業者などを利用する立場の時は少し注意が必要です。

以前、アパートの配管工事に来てくれたのですが、天井に穴があいた状態でも、時間が来たら業者の人は帰ってしまいます。「え?これで終わり?」と聞いたら、「また今度続きはやるから大丈夫!心配しないで!」と爽やかに言って去って行きました。

上に部屋があったので、雨漏りなどはしませんでしたがこんな中途半端でも時間がきたら帰るのね~と少し驚きでした。

週末に何かが壊れても対応してくれないので、週明けまで待つのが当たり前。最初は不便に感じることもありましたが、慣れればそうでもありません。

週末に業者が対応してくれるということは、その時間に働いている人がいるということ。

日本では24時間営業のコンビニやファミレス、漫画喫茶などいろんなところがありますが、便利な反面、労働者を苦しめている原因にもなっているんだなぁとオーストラリアに来て改めて感じました。

スポンサーリンク

最後に

平均年収が高くて、プライベートも充実できる働き方ができるなんて働く側にとってとても良い環境だと思います。

また、オーストラリアでは転職する人が多いのも特徴。

日本では転職の回数が多いと嫌な顔をされることが多いですが、オーストラリアは逆。

多くの経験があることを評価してくれます。経験とそれ相応の技術があれば、契約社員などでもそれ相応の給料がもらえます。

一つのことに縛られるのではなく、やりたいことや目標がある場合はどんどんチャレンジできると良いですね!

【オーストラリアの関連記事はこちら】

↑オーストラリア滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

海外移住・永住でご相談・お悩みはありませんか?

プロエージェント

せかいじゅうが厳選する移民エージェントを紹介します

当メディアは世界中の各国へのコネクション・ネットワークを強みとし、その規模は世界最大規模。海外渡航に関する悩みやトラブルを解決します。

海外への移住手続きやビザ取得まで完全サポート!せかいじゅうが選び抜いた信頼できる専門家を紹介致します

せかいじゅうプロからお気軽にご連絡ください。

海外エージェント(移住・ビザ・仕事)の方はこちらからご応募ください。

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

ホテルではできない、せかいじゅうホームステイだけが持つメリットを使って長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。