オランダで使える2つのクレジットカードとは。利用可能店舗と現地カードの作り方

オランダのクレジットカード事情

オランダに来る目的は、観光、ビジネス、留学、永住など人それぞれあると思いますが、どの目的であっても必ず買い物をしなければなりません。

「クレジットカードがあるから大丈夫。」と思いがちですが、オランダでは少々勝手が違います。

オランダに来てから慌てないためにも、現地のクレジットカード事情について、オランダ在住者からお話ししたいと思います。

【オランダの関連記事はこちら】

↑オランダ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のオランダの記事一覧はこちら

オランダでのクレジットカードの使用頻度

どんな時にクレジットカードを使うの?

観光やビジネスでオランダに来る方は、滞在期間が比較的短く、滞在中はクレジットカードか現金で買い物をすることが多くなるはずです。

大きな額を現金で持ち歩くことはお勧めできないので、やはりクレジットカードの出番が増えることでしょう。

観光などの場合、海外に行くためにクレジットカードを作る方もいらっしゃるはずです。

せっかく作ったクレジットカードが使えないことも、ここオランダでは普通にあることなんです。

私はオランダのインターネットサイトでの買い物の際に、クレジットカードが使えず困った経験があります。

そのサイトでは利用可能なクレジットカード会社だったにもかかわらず、クレジットカードを使ったことによりカード会社から
「海外でクレジットカードが不正利用されました。」
というメッセージが送られてきてしまい、カードの使用ができなくなりました。

そして国際電話で問い合わせをすることになってしまいました。

これからオランダで生活を始めるために来たという人も、最初の数ヶ月は現金と日本で作ったクレジットカードに頼ることとなります。

滞在許可書のを申請をしても、IDが自分の手元に来るまでは銀行口座も作ることができません。

世界中の日本人と繋がるコミュニティ

人生が世界へ広がるコミュニティ「せかいじゅうサロン(無料)」へ招待します

人脈ネットワークの構築、情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

オランダでクレジットカードが使える場所は?

観光地の都市などではレストランやお土産屋はもちろん、ミュージアムやテーマパークなどでもクレジットカードが使える場所や割合が大きいです。

しかし、郊外や田舎などに行くとクレジットカードは利用できない場所が増えてきます。

また、オランダに全国展開するスーパーマーケットのアルバートハインでさえも、クレジットカードの利用はできません。

オランダでもインターネット通信販売は頻繁に見かけます。

そういったサイト内での買い物にはクレジットカードが利用できることが多いのですが、中にはカード会社は合っていても、国外で作られたクレジットカードは受け付けないという場合があるようです。

目的地まで向かう際に利用するタクシーや公共交通機関などでは、クレジットカードの利用ができます。

最近では、バスやトラムでは現金は一切使用できなくなりました。

ですから、クレジットカードで乗車券を購入するしか手はありません。

まとめると

  • 観光地のレストラン、お土産屋:OK
  • ミュージアム、テーマパーク:OK
  • タクシー、公共交通機関(バス、トラム):OK(現金がNG)
  • ネットショッピング:NGの場合あり
  • スーパー・アルバートハイン:NG
  • 田舎:NG多い

です。

オランダで使えるクレジットカードブランド

オランダで生活していて、圧倒的に目にするクレジットカードブランドは、「マスターカード」です。

オランダのマスターカード

その次に、「VISAカード」です。

オランダのビザカード

どちらか一つを持っていれば、生活には困らないはずです。

オランダではマスターカードと、マスターカードのデビッドカードである、「マエストロ」という表示もよく目にします。

オランダのマエストロ

オランダで普及しているPINカード(デビットカード)にも表示されています。

日本で利用している方が多い、JCBカードはほとんど見かけたことがないので、このカードだけを持ってオランダで過ごそうと思うと、少し厳しいかもしれません。

また、身分証明にも匹敵すると言われるアメリカンエクスプレスカードも利用できる場所は少ないです。

オランダ滞在のオススメのカードは

  • VISAブランドのエポスカード
  • マスターカードブランドのUSCカード

です。

エポスカードは、海外旅行保険が自動付帯でしかもコストが掛からず(無料)、これだけ手厚い補償を受けることのできるので長期海外滞在者に人気の高いクレジットカードです。

creditcard-insurance01

また、USCカードはゴールドカード(年会費3,240円。初年度年会費無料!)になりますが、充実した補償がつき、その補償が家族全員に補償(生計を共にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上))がつくところが嬉しいところ。

ちなみに、USCの通常カードは海外旅行保険が付いていませんが、「UCS旅とくプラス」(年会費:1,080円)に登録すると家族補償がつきます。

1点注意点があるのは、USCカードは、キャッシュレス診療に対応していないことなので、エポスカードと2枚数持ちしておくなど、キャッシュレス診療に対応したカードとあわせて利用する形がよいでしょう。

また、下記ページで、海外旅行保険が付属するオススメのクレジットカードを紹介しています。

関連記事:絶対知るべき!クレジットカードの海外旅行保険。オススメ3つ+アルファを紹介

参考にしてください。

オランダ人はクレジットカードを使わないの?

クレジットカードが使えない場所が多いと言うことは、「オランダ人はクレジットカードを利用しないのか?」という疑問が頭に浮かんでくる方も多いと思いますが、ズバリ、クレジットカードも利用しています。

銀行でも「クレジットカードを作りませんか?」と勧誘されます。

ただし、オランダではPINカードというデビットカードが普及しているため、オランダ国内で生活している分にはクレジットカードの必要性を全く感じません。

では、どんな時にオランダ人がクレジットカードを利用するのかというと、高額商品を購入する場合や、バカンスでヨーロッパ圏外へ出た場合が多いようです。

もちろん、クレジットカードの利点として、口座に残高がない場合でも買い物ができてしまうので、その点を活かして買い物をしている人も少なからず居るでしょう。

オランダで最も普及しているPINカードとは

先にもお話ししたように、オランダではPINカードというデビットカードが普及しています。

こちらはオランダの銀行に口座を持つと同時にもらえるカードです。

長期滞在者向けのカードですね。旅行の方は飛ばしてくださってOKです。

デビットカードですので、利用したらすぐに銀行口座から現金が引き落とされる仕組みです。

オランダでは病院、薬局、スーパーマーケット、花屋、市場、レストラン、公共交通機関でもPINカードが利用できます。

利用できる場所を探すよりも、利用できない場所を探す方が難しいかもしれません。

オランダのPINカード

オランダのPINカード(デビットカード)

このPINカードの凄いところは、オランダ国内でのみ使用できるのかと思いきや、ヨーロッパ圏内であれば利用ができるそうです。

先日私もロンドンに訪れ、実際に使ってみたのですが、ちゃんと利用ができました。

使い方はオランダにいる時と全く同じで、PINカードを機械にかざすか、差し込んで、4桁のPINコードを入力するだけです。

※日本ではゆうちょ銀行で、PINカードを利用して現金を引き出すことが可能だそうです。

こういった事情から、オランダ国内やヨーロッパ圏内ではあまりクレジットカードの出番がないので、年会費がかかるクレジットカードをわざわざ作る必要もないのです。

ちなみにこのPINカードも年会費がかかります。その代わり現金の引き出し、振り込み手数料や他行間(オランダ国内)での現金の振り込みなども無料でできます。

オランダでクレジットカードを作るには(ING銀行)

敷居が高すぎると思った海外でのクレジットカード作成

オランダに滞在許可を得て長いこと生活していると、クレジットカードが必要になる時が出てきます。大きな家電を買ったり、飛行機のチケットを買ったり。

クレジットカードでは、買った商品の保証などがカードの付帯としてあるため、高額商品などはなおさらクレジットカードで購入した方が良いのです。

オランダに二年ほど滞在している私ですが、クレジットカードは少々敷居が高く、ずっとPINカードオンリーの生活をしていました。

しかし先日、ついにクレジットカードを作りました。

日本にはもう口座もないので、日本のクレジットカードは作れませんから。

それを基に、お話させていただきます。

今回はオランダの銀行のINGでクレジットカードを作る手順になります。

収入などもっと厳しいのかと思っていたら…

ING銀行で、クレジットカードを作る場合はマスターカードになります。

  • 通常のINGマスターカード(年会費€17.40)
  • 18歳以上の学生対象のINGマスターカード・学生カード(年会費€12.50)
  • INGマスターカード・プラチナカード(年会費€49.80)

の3種類があります。

私が作った通常のINGマスターカードの場合、INGの銀行ホームページ内で申請ができます。

申請書を出す場合に、所得証明書の提示を求められることがあるので、資料を揃えてINGの窓口に行って申請を行う方が、手短に済む場合もあります。(私は提出を求められて、少し時間がかかったので)

クレジットカードの申請条件

  1. ING銀行に4ヶ月以上開設している銀行口座を持っている
  2. 毎月銀行口座に、650ユーロ以上の収入が3ヶ月以上継続してあること
  3. 18歳以上であること

これらの条件を満たしていれば、クレジットカードの申請は可能です。

あとは「BKR」(Bureau Krediet Registratie)という、クレジット登録局が支払い口座などの詳細を審査して、クレジットカードを作ることができるか判断してくれます。

審査に合格すれば、あとは申込書に記入した自宅へカードが届けられます。

オランダでは日本の様に本人でないと受け渡しができないなどの煩わしさがなく、クレジットカードでさえもポストに投函されます。

セキュリティ対策はしっかりとされているので、ご安心を。

カードが届いてから別の日に、今度はアクティベーションコードが記載された封書が届きます。このコードに基づいて、クレジットカードを有効にしなければ使用することができないようになっているのです。

PINカードをもらう時も同じ方法でした。

こんな感じで、私も晴れて、オランダクレジットカードデビューを果たしました。

ING銀行のホームページは英語版も用意されているので、検討したい方は見てみると良いと思います。

通常のクレジットカード以外の種類のカードを検討したい方も、付帯内容や条件などが異なるため、見ておくと良いでしょう。

ちなみに、銀行の口座がビジネスアカウントでクレジットカードの申請を行なう場合は、月の収入額は条件に入らないようです。年会費が少し高くなります。

オランダならマスターカードを持っておこう!

もし、これからオランダに行くからクレジットカードを作ろうとお考えなら、迷わずマスターカードです。

これを持っていれば、観光、生活、ネット購入など困らずに利用できると思います。

また、下記ページで海外旅行保険が付属するオススメのクレジットカードを紹介しています。

関連記事:絶対知るべき!クレジットカードの海外旅行保険。オススメ3つ+アルファを紹介

それから、海外でクレジットカードを利用する際には、カードの暗証番号の入力を求められることが多いので、そちらの方も忘れないようにして下さいね。

【オランダの関連記事はこちら】

↑オランダ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のオランダの記事一覧はこちら


世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住コミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ

世界中の日本人同士が繋がり、情報提供したり、チャレンジしたり、互助できるコミュニティ「せかいじゅうサロン」

参加無料。気軽に繋がってください。(2021年2月時点:参加者1400名超えました)

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。

世界中を仕事場にできるスキルアップ講座がスタートします!”

せかいじゅうの学校

せかいじゅうのコンセプトは
海外への無数の選択肢と可能性を提供すること

それを可能にするスキルと職業を手に入れませんか?

参加は無料。地球が仕事場となるコミュニティに参加しよう!詳しくは↓