イギリス留学におすすめの5つの都市と語学学校。穴場スポットを探せ!

語学留学の留学先としてはアメリカやオーストラリアに比べると人気が低いイギリスですが、

  • 日本人の少ない留学先を探している方
  • ヨーロッパの文化に興味がある方

にはイギリスはピッタリです。

ここでは、魅力たっぷりのイギリス留学のオススメのエリアや学校を紹介していきます。

【イギリスの関連記事はこちら】

↑イギリス滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のイギリスの記事一覧はこちら

1. ボーンマス

  • 環境    ★★★★
  • 物価の安さ ★★★
  • 治安    ★★★★

留学先として断トツおすすめなのが、ボーンマスです。

「ポーツマスは聞いたことがあるけど、ボーンマスってどこ?」という人も少なくないはず。

ボーンマスは、イングランドの南西部に位置している、ドーセット州の街です。

語学学校が多く集まっていて、国際色豊かな街です。

夏はイギリスのリゾート地と言われていて、国内外からホリデーで訪れる人が多く、大変賑わいます。

治安もよく、タクシーもバスも24時間走っていて、ナイトアウト後も安心です。

ボーンマスの物価

物価は、食料品やパブでの食事は安く済ませることができます。

特に野菜や果物は安く、日本円でほとんどの野菜が100円以下で、大袋で手に入ります。

家賃に関しては、ホストファミリーではなく、家を借りることを考えているのであれば、ロンドンほど高くはありませんが、安いとは言えない地域ではありますす。

運よく1週間£80ほどの場所が見つかる場合もありますが、シェアでも少なくとも£100は週にかかると思っておいたほうがいいでしょう。

日本の都心のフラットと同じくらいの家賃がかかります。

ボーンマスの語学学校

―日本人スタッフがいて安心―

  • アングロコンチネンタル
  • キングスカレッジ
  • Beet

―コストを抑えた語学学校―

  • ETCインターナショナルカレッジ
  • ユナイテッドワールド

―大手語学学校―

  • EFボーンマス校
  • キングスカレッジ
  • カプランボーンマス校

ボーンマスは、イギリス国内でもかなりの語学学校が集まるエリアです。

あなたの希望にぴったりとあった語学学校が見つかるはずです。

スポンサーリンク

2. ブライトン

  • 環境    ★★★
  • 物価の安さ ★★
  • 治安    ★★

芸術や音楽に興味があるなら、ブライトンでの語学留学が楽しめるのではないでしょうか。

関連記事:「アートでハッピーな街イギリス・ブライトン生活の魅力と名所7選

アートに溢れた街で、原宿のような小さなお店が多く点在しています。観光で訪れる人も多く、季節問わず、賑わっています。

また、ブライトンはロンドンまで直通の電車が出ていて、1時間弱で行くことができるので、ロンドンには住みたくないけど、すぐに行ける範囲にいたいという方にもぴったり。

都会ではないけれど、田舎でもないブライトン、特に20代前半の大学生の留学に人気があります。

大手語学学校も多く集まっているので、名の知れた学校のほうが安心する・・・という方にもブライトンはおすすめです。

ブライトンの物価

物価に関しては、それほど安くはありません。

スーパーでの買い物は他のエリアと同様に野菜や果物は日本より安く、量も多く感じると思いますが、アーティスティックでおしゃれ、こだわりを持ったお店が多い分、お店でお酒を飲んだりする場合は、高くつきます。

チェーンのパブで飲めばもちろん安く、ビールが1パイントで£3くらいのお店もありますが、それ以外のお店では1パイント£5ほど、ないしはそれ以上のお店もあります。

レストラン以外は、飲み物のメニューや金額が外に掲示されていないので、初めて行く場所は、£5ほど一杯してもいいように構えておいたほうがいいかもしれませんね。

ブライトンの語学学校

―大手語学学校―

EFブライトン校
キングスカレッジ
ユーロセンター
St Giles

―小規模学校―

LSI
Study and Live in your teacher’s home

―コストを抑えた語学学校―

Sprach caffe Plus
ISE

スポンサーリンク

3. ウェールズ

  • 環境    ★★★★
  • 物価の安さ ★★★★
  • 治安    ★★★★

イギリス留学ならやっぱりイングランド国内で留学したいという人が多いと思いますが、ウェールズの留学は最近ひそかに人気なってきています。

カーディフはロンドンと変わらないほど都会にも関わらず、ロンドンよりずっと安いんです。

また、ロンドンまで電車で乗り換えなく2時間程で行くこともできるので、特にロンドンに住みたいというこだわりがなければ、都会に住みながら、留学費用を抑えることができます。

語学学校

歴史的な魅力もあるウェールズ、おすすめですが、語学学校はケルティック語学学校の1校のみ。

少人数制の学校で一クラス10人前後、日本人のスタッフが常駐しています。

ウェールズの物価

ウェールズ自体の物価は非常に安く、それはフラットを借りるのも同じ。

ロンドンに負けないくらい、開けたエリアですが、食料品は、イングランド北部や南部の地方部と同じくらい手ごろで、フラットなどの家賃はロンドンの半分以下の場所も。

生活費はかなり抑えられますよ。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住の日本人宅のホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

4. バース

  • 環境    ★★★
  • 物価の安さ ★★
  • 治安    ★★★★

世界遺産の街、バースでの留学は、落ち着いて静かな環境で勉強したい人におすすめです。

語学学校の数は他の地域に比べると少なめで、年齢層もバラバラ。

留学中にいっぱい遊びたい!という方はちょっとつまらなく感じてしまうかもしれませんが、ゆっくりと自分のペースで英語を学習していきたい人にはピッタリです。

旅行で訪れる人は多いですが、留学に来る日本人はとても少ないバース。

英語漬けの生活が待っています。

交通の面では、ロンドンにも行きやすく、またイギリス北部南部やウェールズへのアクセスも良いので、週末は別のエリアまで足を運ぶこともできます。

学校の環境自体はいい場所が多く、落ち着いて勉強ができますが、世界中から人が集まる観光地ですから街自体の忙しさはロンドンにも劣らぬくらい。

どこへ行くにも人がいる状態であることは覚悟しておきましょう。また、大きな大学もある街ですから、若い学生も街には多いのが特徴。

バースの物価

物価は、やはり観光地ですから、観光スポットの周りの個人経営のカフェなどは値段が張るのは当たり前。

安さを求めるならチェーンのパブやカフェに行きましょう。どこの地域も値段は大体統一されていてます。

治安は比較的よく、夜遅くに歩く女性もみかけますが、留学中に何か被害にあわないためにも、帰りが遅くなったらタクシーに乗るなど、自身で気を付ける必要はあるのではないでしょうか。

バースの語学学校

―30代、40代の留学生も多いー

バースアカデミー

―小規模学校―

ベストインバース
ランゲージユナイテッド

スポンサーリンク

5. オクスフォード・ケンブリッジ

  • 環境    ★★★★
  • 物価の安さ ★★★
  • 治安    ★★★

大学名でオクスフォードやケンブリッジと聞くことが多いですが、同じように質の高い語学学校が集まっているのがこのエリアです。

オクスフォード

ただ、日本人にも人気の高いエリアなので、留学中に日本人と同じクラスになったり、見かけることは多くなります。

そういったことがあまり気にならないのであれば問題ありません。

日本人に限らず、他国からもとにかく人気の高いエリアで、留学生の平均年齢は低めです。

勉強をする環境としては、とっても良く、有名大学のおひざ元なので、勤勉な学生が街にはあふれていて、いい意味で影響を与えてくれるでしょう。

ただ、合わせて観光地でもあるので、町は常に観光客で賑わっています。その分軽犯罪も多いので、日本でないことは忘れずに。

オクスフォード・ケンブリッジの物価

物価は観光客の集まるエリアは高め。

チェーンのスーパーも観光客が立ち寄りやすい場所のスーパーは値段の設定を高めにしている場所もあります。

ただ、学生が多い地域なので、カフェやレストランは学生割引がある場所も多く、学生証の提示で20%オフという店も。

オクスフォード・ケンブリッジの語学学校

―高い評価を受けている学校―

ケンブリッジ カデミーオブイングリッシュ
ベル ケンブリッジ校

―発音クリニックが人気―

EC オクスフォード
OHC オクスフォード

―講師の経験が豊富―

BSC オクスフォード
スタッフォードハウス ケンブリッジ

イギリス留学にオススメのエリアと語学学校まとめ

イギリス留学はなんだか敷居が高いと思っている人も多いのですが、実際はそんなことは全くありません。

日本人は少なく、夏は暑すぎず、とっても良い環境が整っているんです。

そして、なんといっても幅広いコースの展開や特徴のある学校が多いので、あなたの希望の学校が必ず見つかるはずです。

語学留学なら、イギリス!どうせなら、ヨーロッパもぐるりと一周、旅行して日本に帰っちゃいましょう。

※British Council, English ukなどの語学学校の同盟に加盟している語学学校がおすすめです。

【イギリスの関連記事はこちら】

↑イギリス滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のイギリスの記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。