アートでハッピーな街イギリス・ブライトン生活の魅力と名所7選

パワースポットが多いイギリスのなかでもイギリスいちハッピーな街と言われるブライトン。

その魅力やおすすめスポットなどをブライトン在住者から紹介します♪

ちなみに、ブライトンにとってかもめたちはブライトンを象徴するマークです。

【イギリスの関連記事はこちら】

↑イギリス滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のイギリスの記事一覧はこちら

世界の日本人同士で作る・繋がるコミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ「せかいじゅうサロン」がスタートしました

イギリスいちハッピー?

文頭でもふれましたが、イギリスいちハッピーな場所と言われています。

それらの理由に

  • 海があること
  • 天気が良いこと(立地的に雨の確率が他の地区より低い)

という理由でブライトンの住民全体の80%がハッピーな街と認識しているようです。

Brightonはイギリスのどこ?

ブライトンはイギリス南海岸に位置する街でロンドンから電車は約1時間30分ほどでアクセスできます。

イギリスのブラントンの位置の地図

また近くに国内+ヨーロッパ線のBrighton city airport(ブライトンシティー空港) 国際線のGatwick airport (ガトウィック空港) からが近いので、イギリス人、ヨーロッパの方にも観光客にとっても人気のあるリゾートエリアになっています。

正式にはBrighton&Hove (ブライトン&ホーブ)というくくりになっていますが、もともとは一つの街ではなく2つの街でした。

なのでローカルの人はそれぞれプライドがあるようでBrighton(ブライトン)とHove(ホーブ)を一緒にしてほしくないようです。

東京でいう原宿と渋谷で両方共渋谷区だけど原宿は原宿、渋谷は渋谷といった感じですね。

スポンサーリンク

Brightonはどんな街?

Brightonはとてもカラフルでアーティスティックな街です。

どうアーティスティックなのかというと

イギリス、ブライトンのアート

イギリス、ブライトンのアート

とこんな感じで2017年に流行語大賞でおなじみの“インスタ映え”な投稿ができそうな、おしゃれインスタ映えウォールアートがいろんなところにあります!

2〜3ヶ月に一回のペースで絵が変わったりする場所もあります。

ブライトンの人たちはのんびり優しい

住んでいるひとの印象としてはみなさんとてものんびりしていて優しいです。

人種差別なども一切全然なく平和な街です。

よく海外にいくとスリがいると言いますが、ブライトンでスリはあまりないですなので観光客の方も安心して観光ができます。(だからといって全く用心しないということはありません)

ロンドンと比べると街並はあまりイギリスっぽくはないです。

実際に私がロンドンに行った時、ブライトンは、あんまりイギリス感、ヨーロッパ感がないなあと、それに、ロンドンにいる友人が遊びにきてくれた時も、アメリカっぽいねと言っていました。

ですので、どちらかというとアメリカのカリフォルニアの様な感じがあります。

ですが家など建物は昔からのデザインを使っているものが多く残っているので不思議な街並です。

写真は虹がでた時のものです。

ブライトンの虹

ブライトンの虹

こちらを見て分かるかもしれませんが、ブライトンは坂道が多いです

なので、お家の上階からお外を見ると家の上に家があるという不思議な光景も日本とは違う雰囲気です。

またロンドンと比べて違うところは家の塗装が茶色で統一されていないことです。

ハリーポッターをご覧になられると分かる通りロンドンでは塗装が茶色ですがここブライトンではカラフルでピンク、ブルー、イエロー、パープルととても賑やかです。

スポンサーリンク

ブライトンの観光名所

ここからはおすすめの場所を紹介していきます。

1. Brighton Pier (ブライトンピア)

こちらの写真にありますBrighton Pier (ブライトンピア)はブライトンでとても有名な海岸にある観光名所にあります。

ブライトンピア

ブライトンピア

ここにはお土産屋さん、ゲームセンター、ミニ遊園地があり、さらに軽食(フィッシュアンドチップスなど)が販売しており、夏はこの海岸に飲み物や食べ物を持ってきて海岸でのんびりする人が多いです。

中には泳いでいる人も見かけます。

ちなみにこの場所は映画やドラマシリーズの撮影現場でも人気のあるスポットになっていて、有名な映画だと女優ダコタ・ファニングさんが出演する“Now is good ”17歳のエンディングノートの撮影現場で使用されており、ほかにもブライトンと隣町(Eastbournイーストボーン)の中間ににあるThe Seven Sisters (セブンズシスターズ)という白い崖が主人公と彼のデートスポットで使用されています。

ブライトンピア2

ちなみに、海にある茶色の建物がありますが、これはもとはブライトンピアをつくっていたものですが場所を変えることになり建築途中のままです。

そして奥に見えるスカイツリーのような建物これはBritish airways によって建てられました展望台British airwaysi360です展望の下にはおしゃれなレストランがあります。

更にこの辺はクラブやパブがたくさん海沿いにあるのでナイトライフも楽しめます(本当に海からすぐのところにあるので泥酔に注意してくださいね。)

2. ショッピングモール

ブライトンのショッピングモールChurchill Square (チャーチルスクウェア)

ブライトンのショッピングモールChurchill Square (チャーチルスクウェア)

Churchill Square (チャーチルスクウェア) というモールがBrighton pier から歩いて5分ほどのところにショッピングモールがあります、そこには

  • Urban outfitters
  • Zara
  • Bershka
  • Topshop
  • Pull and bear
  • H&M
  • PINK
  • Victoria Secret

などのファッションストアや

  • Apple store
  • Debenhamsという百貨店(日本でいう東急百貨店)
  • 雑貨のFlying tigers フライングタイガース
  • フードコートにはマクドナルドからイタリアン、アジアンと幅広いジャンルのごはん屋さん

が入っています。

3. Royal Pavilion (ロイヤルパヴィリオン)

歴史ある建築に興味がある方におすすめ!

Royal-Pavilion-(ロイヤルパヴィリオン)

Royal-Pavilion-(ロイヤルパヴィリオン)

インドのタージマハル風の外装でエキゾチックな建物になっていますジョージ4世の医師が痛風には海水が良いとのアドバイスを受けブライトンに治療用に作られた建物だと言われています。

ちなみにロイヤルパヴィリオンで結婚式をあげる事も可能です。

夜に訪れるとライトアップがされていてまた違ったテイストで楽しめます。

↓入り口付近にはジョージ4世の像が建てられています。

ジョージ4世の像

ジョージ4世の像

4. The lane street(レーン横丁)

レーンという通りです。

The lane street(レーン横丁)

The lane street(レーン横丁)

こちらはリトル原宿といった印象です。

洋服、シルバーアクセサリーなどを販売していたり、家具、雑貨屋さん、本屋さんなどいろんあお店があって賑わっています。

タピオカや美味しいスイーツ、おしゃれなカフェや古着屋さんも多く個人的に好んでよく来ます。

人混みが苦手な方は平日の午前中に行くことをおすすめします。

初めて来た時にびっくりしたのはこのお店、盆栽が売っています。

イギリスに盆栽が・・

イギリスに盆栽が・・

まさかイギリスで盆栽に出会うとは予期もしていませんでした。

ブライトンのレトロな映画館

こちらはレトロな雰囲気の映画館です

5. Open market  (オープンマーケット)

ブライトンのOpen market (オープンマーケット)

Open market (オープンマーケット)

こちらは市場で野菜、お肉屋さん、魚屋さん、お花屋さん、はちみつとお茶の専門店、本屋さん、アメコミショップ、カフェ、アフリカン雑貨、インディアンレストラン、日韓料理屋などのお店に加え、週ごとにパワーストーン、インテリア、古本、写真の販売などがあったりします。

さらに月一のイベントで古着を格安で売っていたりします。

そのイベントは結構人気で長蛇の列ができるほどです!

公式のインスタグラムでイベントや出店のチェックが可能です

6. Jubilee Library (ジュビリー図書館)

こちらは図書館です。

Jubilee-Library(ジュビリー図書館)

Jubilee-Library(ジュビリー図書館)

が、ただの図書館ではなく雑貨屋さん、カフェ更に施設内に会議室など、ビジネス観光客にも優しい環境の図書館になっています。

見た目が図書館に見えないほどおしゃれです。

7. The level (レーベル公園)

こちらの公園はスケートボードパークもついていてスケートボードができちゃいます。

The level レーベル公園

The level レーベル公園

他にはコーヒーショップなども園内についていて子供の遊具も充実しているので、こどもからおとなの方老若男女に人気な公園です。

さらにイベントで使用される事が多く、Bonfire(花火)のイベントやFunfair rides というイベントで出店と遊園地の器具が設置されるお祭りなどがあります。

世界各地の人々と繋がるコミュニティ

5月24日のイベントはオーストラリア、ドイツ、アメリカ、カナダ、ブラジル、ホンジュラス等のメンバーが参加予定

海外ネットワークと情報収集、新しいことへのチャレンジができる「せかいじゅうサロン」

ブライトンで日本食に恋しくなったら、、、?

ブライトンでは中華料理屋さんや他のアジアンフードよりは日本食屋さんがすくないのですが何軒か日本食屋さんがあります。

その中でおすすめ

  • ぽんぽこ食堂
  • GOEMON(ゴエモン)

です。

この2店舗は値段が留学生にも優しいお値段なのでお手頃ででとっても美味しいです。

ぽんぽこ食堂さんでは丼物が4〜5£(750¥)で頼めます。GOEMON さんでも5£〜(750¥〜)で頼めます。

ぽんぽこ食堂

ぽんぽこ食堂

GoemonのSoy milk ramen(豆乳ラーメン)

GoemonのSoy milk ramen(豆乳ラーメン)

Kokoroはお家にもデリバリー(uber eat,deliverooなどを通して)できますが、デリバリーを頼むと発送代が発生します。

KOKORO

KOKORO

Kokoroのsweetchilichicken(韓国風チキン丼)

sweet-chili-chicken(韓国風チキン丼)

ですが、お店で頼むよりお得です。

なぜかというとサイズがデリバリーは大盛りなど選択できないのでもともと一番大きいサイズのラージサイズになります。

お店で頼む場合レギュラーかラージを選びます、なのでそう考えたら発送料がかかっても、量的にはお得です!

ちなみに本当に多すぎて(多分2人前くらい)食べきれないので私は半分タッパーにいれて次の日も食べています!

レストランやデリバリーのご飯ではなく、日本食の自炊がしたい方、ブライトンにはけっこうアジア人の方(おもに中国や韓国のかた)が多いので、アジアンスーパーマーケットもいくつかあって、そこに行くと日本の調味料も少しですが、おいてあるのでレストランでなく自分で自炊したいという場合でも簡単に調味料が手に入ります。

スポンサーリンク

ブライトンの魅力まとめ

以上がブライトンの魅力とおすすめスポットでした。

まとめるとブライトンは

  • とにかく自由で陽気なアーティスティック
  • 入ギリス人、ヨーロッパ人を含めた観光客に大人気
  • 海があり天気も良いのでリラックスできる
  • ヨーロッパなのにカラフルな建物が多く不思議な風景
  • 笑顔でハッピーな人がたくさん
  • おしゃれなカフェ、雑貨、古着屋さんが多い
  • 日本食も探せばあるので恋しくなっても安心
  • ロンドンと違ってお店が一箇所に集まってるのでバスを使わなくても十分に回れる

ぜひ、一度ブライトンに足を運んでみてください。

【イギリスの関連記事はこちら】

↑イギリス滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のイギリスの記事一覧はこちら


スポンサーリンク

世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住エージェント

世界中のネットワークと助け合いのコミュニティ

コロナ問題を機に、多くの方が明日がどうなるかわからない不安なとき、誰かが困ったときにコミュニティを通じて、元気や勇気を与えたり、支援したりという『助け合いの場』を作りたいという想いから、せかいじゅうでは、世界中の日本人同士が繋がり、互助できるコミュニティ・せかいじゅうサロンを用意しています。

参加費用、条件は募集ページをご覧ください

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。人気のホストはこちら↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。