職業別一覧!タイの平均年収を大公開

職業別一覧タイの年収を大公開

我々日本人の多くは、タイの物価は「安い」、という印象を持っているのではないでしょうか。

実際にタイで生活してみると、タイの物価は日本の3分の1程度にも5分の1程度にも感じられます(現地の一般レベルの人々と同等の生活をするかぎりで)。

それではタイの人々の実際の平均年収は一体どの程度のものなのでしょうか。

また、職種等によってどの程度の差があるのでしょうか。職業別の平均年収などを見ていきます。

【タイの関連記事はこちら】

↑タイ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

【NEW】せかいじゅうイベント情報

せかいじゅうNight マレーシア 9/16(祝日)at Tokyoに参加しませんか?

マレーシア居住者とのトークイベント&世界を目指す仲間を見つけよう♪お席は先着順!イベント詳細はこちら

タイ人の平均年収

タイは完全なる格差社会です学歴、職種などによって大きな収入格差が生じています。

また、地域による賃金格差も非常に大きいといわれています。

首都バンコクと、貧困地方といわれるタイ東北部のイサーン地方とでは賃金について大きな差があります。

参考として地域別の平均世帯月収についてのデータを挙げます。

バンコク首都圏:44.129バーツ/月
南部     :27.742バーツ/月
中部     :25.816バーツ/月
北部     :19.793バーツ/月
東北部    :19.102バーツ/月

この様な地域格差に加えて、資産相続の問題もあります。

相続税というものが無いに等しいタイでは一度築かれた富や階級は半固定化されます

裕福な家庭に生まれた子は高い教育を受け、そのまま高給の職に就きます。

この様にして生まれる格差の問題が近年起こっているデモや政変の原因にもなっているのです。

この様に富裕層と貧困層の格差が激しすぎる社会における“平均”というものはあまり意味を持たないとも考えられます。

タイ国家統計局の調査による平均月収と年収

その様なタイ社会の特質を踏まえた上で、タイ国家統計局による調査(2015年)を参考にします。

調査によれば、タイ国内の一人あたりの平均月収は9,330バーツだったそうです。

単純計算すると平均年収は11万1960バーツということになります。

仮に1バーツ=3円として計算すると個人の平均年収は33万6000円程度ということになります。

同じ2015年に日本の国税庁が公表した民間給与実態統計調査によると日本人の平均年収は約414万円でした。

これらを比較するとタイ人の平均年収は日本人の12分の1以下という事になってしまいます。

経済発展にともない、タイでは労働者の法定最低賃金が上昇しつづけています(2017年、バンコクでは日額310バーツ)。

それでもなお、タイ人全体としての平均収入はかなり低いということになります。

スポンサーリンク

職業別の平均年収

人材派遣会社ネオキャリアグループのタイ法人REERACOENはタイの日系企業における大卒タイ人の初任給に関するデータ(2016年)を発表しています。

これによると首都バンコクで勤務する場合、

  • オフィス系職種(営業、経理、事務等):15,000~20,000バーツ(45,000〜60,000円)
  • エンジニア系職種(IT以外):15,000~25,000バーツ(45,000〜65,000円)
  • IT系職種:20,000~30,000バーツ(60,000〜90,000円)
  • 日本語通訳(日本語検定3級レベル):20,000~25,000バーツ(60,000〜65,000円)
  • 日系居酒屋マネージャー(片言の日本語レベル):20,000~30,000バーツ(60,000〜90,000円)

以上が日系企業における大卒者の平均月収ということです。

大卒タイ人の年収はボーナス抜き考えると18万〜36万バーツ程度という計算になります。

なお、通常ボーナスは月給1ヶ月分が支給されることが多いようですが、会社によっては3ヶ月分出るところもあるようです。

また、タイ国家統計局の発表によれば、同じくタイ人大学新卒者の職業別平均月収水準のトップ4として、

  1. 医師  (月給51,285バーツ)
  2. 歯科医師(月給48,359バーツ)
  3. 薬剤師 (月給17,389バーツ)
  4. 建築士 (月給15,756バーツ)

を挙げています。

一方で、このランキングにおけるワーストの職種は、

  1. 一般事務(月給9,311バーツ)
  2. 広報担当(月給9,719バーツ)
  3. 人事担当(月給10,115バーツ)
  4. 経理担当(月給10,174バーツ)
  5. 栄養士 (月給11,361バーツ)

となっています。

タイの若者の大学進学率はタイの経済発展にともないここ数年で一気に上昇しています。

現在では50%に近い若者が学士教育を受けているとも言われています。

以上のデータからは、同じ大卒資格者であっても職業によって大きな収入格差があることが分かります。

3つのオススメ海外転職サイト

海外転職サイトへの登録は済ませておきましょう。

海外の転職サービスは各国異なるため、ここでは国内の転職市場においてトップに入る転職サイト、およびハイクラス向け海外転職サイトをご紹介します。

登録無料で利用でき、海外求人数は豊富です。また、職務経歴書・面接対策といったサポートがしてもらえます。

  1. リクルートエージェントに登録する
  2. パソナキャリアに登録する
  3. ハイクラス向けビズリーチに登録する
スポンサーリンク

タイのその他の職業の年収

タイ人の平均年収などに関する情報は、日本のそれの様に所得税からみた調査によって示されるものではありません。

また農業国のタイでは農業従事者が全労働者の半数近くの割合を占めています。

このような状況で非農業従事のみの平均年収を調査したり、正確なデータを求めたりすることは実際には困難なことのようです。

そこで、現地(バンコク)で見られる求人情報などを基にして、上に見た以外の職業のおおまかな年収を想定してみたいと思います。

  • 通信会社DTAC(お客様問い合わせセンター)勤務:月給10,000~12,000バーツ
  • 運送会社DHL(配送倉庫勤務)管理作業:月給9,000~12,000バーツ
  • 大手スーパーマーケットBig-C 勤務: 月給7,000~8,000バーツ

上記の情報を基にしてボーナス除外で考えると、だいたい84,000バーツから144,000バーツの年収となるようです。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住の日本人宅のホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

アルバイト、その他

タイ人は頻繁に転職をします。

一つの会社で働く事について、それ程のこだわりを持たないタイ人の中には、特に定職に就かずアルバイトを掛け持つなどして“その日暮らし”的な生活を送っている人も多いようです。

最後にアルバイトの時給を紹介したいと思います。

  • スターバックスコーヒー ショップ店員アルバイト:時給50バーツ程度
  • セブンイレブン コンビニ店員アルバイト:時給40バーツ程度

その他、友人のバイクタクシー・ドライバーによれば一日の平均売り上げは約500~600バーツ程度、本気で頑張れば月に20.000バーツ以上は稼げるようです。

年収にすると200.000バーツ程度は得ていることになります。

【タイの関連記事はこちら】

↑タイ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。