バンコクの幼稚園とナーサリーを6つを紹介

タイは子育てがしやすい国です。

特にバンコクは住んでいる日本人の数が多く、幼稚園や習い事が充実しています。

この記事では、子どもを育てやすいタイのバンコクの幼稚園(保育園)やナーサリーについて、筆者の友人の子どもが通ったり利用していた幼稚園とナーサリーについて紹介します。

せかいじゅうのイベント情報

8月28日(日):海外移住を目指す仲間が見つかる「せかいじゅう東京オフ会」
8月29日(月):海外フリーランスを目指そう「せかいじゅうビジネスセミナー」
イベント詳細はこちらから「せかいじゅうイベント情報

日系の幼稚園

バンコクはタイの中でも多くの日本人が住んでいます。

バンコクには日系の幼稚園の数も多いことをご存じでしょうか。親の駐在に同行している日本人の子どもが多いからです。

数多い幼稚園から、1つの幼稚園を選ぶのは難しいでしょう。

バンコクで人気のある日系の幼稚園の情報をまとめてみましたので、幼稚園選びの参考にしてください。

オイスカ幼稚園

オイスカ幼稚園はタイ以外に、香港、上海、広州、マニラ、バンコク、シラチャ、ジャカルタと東南アジアを中心に7つの姉妹園があります。

2019年にプラカノンに新園舎を移転し、園庭には芝生が敷かれ小川が流れています。園庭には他にも畑があり、野菜を育てています。園内で食育を学べるのは魅力的です。

先生が日本からの派遣なので、日本式の保育を希望する方は見学に行ってみてはいかがでしょう。

タイでは珍しいお泊り保育(年長児)があり、保育時間が長い幼稚園です。

・保育料(毎月)

※金額は全てバーツです。1バーツ=3.68円(4月時点)

入園料(入園時のみ)

20,000

 

年少・年中・年長

2歳児

週5

週5

週3

週2

保育料

18,000

17,000

10,200

6,800

バス代

4,300

4,300

2,580

1,720

合計

22,300

21,300

12,780

8,520

※その他、用品代、教材費などの諸経費がかかります。

・保育時間

一日保育

8:30~15:00

半日保育

8:30~11:30

課外保育(希望者のみ)

15:00~16:00

参照:http://www.oisca-youchien.com/bangkok/index.aspx

SP幼稚園

バンコクで20年以上歴史のある幼稚園です。

一般的に、SPに通っている子どもたちは礼儀正しいと言われています。

「グローバルな人間性と、礼節を持った美しい日本人を育む」という、SP幼稚園の教育理念が生きているからなのではないでしょうか。

日本の礼節や礼儀に重きをおいている家庭にはおすすめの幼稚園と言えるでしょう。

・保育料

入園料

28,500

 

最々年少・最年少

年少・年中・年長

年間保育料・給食費(教材費含む)

216,000

238,200

バス代

48,000

48,000

合計

264,000

286,200

 

・保育時間

保育時間

9:00~14:20

課外保育(希望者のみ)

14:30~15:30

参照:http://www.spn.ac.th/japanese.html

こばと幼稚園

バンコクで唯一モンテッソーリ教育を実践する日系幼稚園です。

タイ生活に対応しやすいような園づくりになっています。日本で生活していれば考えられないことが、タイでの生活にはあります。

  • 平らでない道路(整備されていない道路が多い)
  • 道路に溝がある

これらに適応できるような園庭になっています。

・保育料(毎月)

入園料

最々年少・最年少

15,000

年少

12,500

年中

10,000

年長

7,500

 

週5日

週4日

週3日

保育料

12,000

10,700

8,000

バス代

3,800

3,060

2,420

給食費

2,200

2,200

1,660

合計

18,000

15,960

12,080

 

・保育時間

月・火・木・金 8:30~14:00
水曜日 8:30~11:50

参照:https://www.facebook.com/kobatointernationalkindergarten/

 

世界中の日本人と繋がるコミュニティ

人生が世界へ広がるコミュニティ「せかいじゅうサロン(無料)」へ招待します

人脈ネットワークの構築、情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

バンコクのナーサリー

バンコクには年少前から預かってくれるナーサリーも数多くあります。

保育士資格のあるスタッフは少数ですが、特にトラブル等を聞いたことはありません。タイ人は子供好きでおおらかな国民なので子どもと接するのが上手だからでしょう。

不安な方は、見学や体験入学等を活用してナーサリー選びをすることをおすすめします。

ゆめてらすプレスクール

日本人保育士が常駐しており、タイ人スタッフも保育士資格を持っているプレスクールです。

ゆめてらすプレスクールは日本のカリキュラムを導入しているので、日本の文化を子どもにおしえたいという方にはおすすめのプレスクールでしょう。また、長期休暇がないので自分の時間を大切にしたい方にもおすすめです。

2021年10月1日より幼稚園部も開設しています。

・保育料

入園金

10,000

 

週5

週3

週2

月10日


保育料

3ヶ月一括払い

57,000

39,900

28,500

38,490

1年一括払い

204,000

142,800

102,000

137,640

給食費(1ヶ月)

2,000

1,200

800

1,000

・保育時間

通常保育時間

9:00~15:00

早朝保育

8:00~9:00

延長保育

15:00~17:00

※早朝保育・延長保育は別途保育料が発生します。

参照:https://yume-terasu.net/

 

Little Treehouse Nursery

2020年にオープンしたインターナショナルの保育園です。

園内にキッチンがあり、専属のシェフが調理します。また、園のバルコニーでハーブや野菜を育て、スーパーフードも料理に取り入れています。

ヴィーガン食や環境に配慮した保育園なので、子どもに食育や環境問題を小さいうちから学ばせたい方にはおすすめです。

保育料金が高めですが、K2まで保育しているナーサリーなのでカリキュラムがしっかりしているからでしょう。

・保育料

入園金

50,000

 

Nursery

Pre-K

K1

K2

3日

5日

3日

5日

5日

5日

Term1

79,800

106,000

88,600

115,400

124,400

142,200

Term2

54,800

73,400

61,800

79,600

85,500

97,800

Term3

45,600

59,800

49,800

64,800

69,800

79,800

給食費

12,000

20,000

12,000

20,000

20,000

20,000

合計

192,200

259,800

212,200

279,800

299,700

339,800

 

・保育時間

Nursery

8:00~12:00

Pre-K

8:00~12:30

K1

8:00~13:00

K2

8:00~14:00

参照:https://www.littletreehousenursery.com/

 

KIDS HOME ASOKE

1時間単位で預けることができるので、利用しやすいでしょう。

専用アプリをダウンロードすると、保育の様子をスマホで確認できます。子供が何をしているか確認できるのは安心ですよね。

タイ保育士資格のあるスタッフですので、タイ語か英語の保育になります。

・保育料

内容

金額

登録料

8,800

メンバー料

3,900

 

※登録料は月預かりを利用する方のみかかります。

【月預かり】

4ヶ月~1歳

1歳~4歳

週5・1日保育

18,200

16,800

ランチ

1,000

1,000

合計

19,200

17,800

 

【一時預かり】

4ヶ月~1歳

1歳~4歳

1日保育

1,200

1,100

半日保育

900

830

時間預かり

160/時

150/時

※1日だけランチを頼む場合は60バーツかかります。

・保育時間


1日保育

平日

8:00~18:00

土曜日

8:00~17:00

半日保育

上記の時間内で6時間

※1時間単位で預けることもできます。

参照:https://www.kidshomeasoke.com/

 

【海外移住の最短の道】海外企業で働き、移住したい方のサポートを開始しました

一度きりの人生をワクワク、ドキドキしながら海外に住むことは可能です。あなたのライフプラン、キャリアプランにそって最適な居住国、仕事探しをプロが伴走サポートします。詳細はこちら

まとめ

バンコクにはまだまだ多くの幼稚園があります。

今回紹介した幼稚園は、筆者の友人の子どもが通ったり利用していた幼稚園とナーサリーです。

  • 子どもにやさしい
  • 子どもの日は無料でお菓子やおもちゃがもらえる
  • 外食先では子ども椅子や子ども用の食器セットがある
  • 公園が多い
  • 室内遊園が多い
  • ナニーさんを雇っている方もいる

これだけでもタイは子育てしやすい国と言えるのではないでしょうか。

また、タイは【微笑みの国】と言われています。

タイの人は穏やかでおおらかな方が多く、大抵のことは「マイペンライ(大丈夫だよ)」ですんでしまうからでしょう。

しかし、日本もタイも完璧に安全な国とは言えません。公園やスーパーなどでは子どもから目を離さないよう心掛けてください。

自分の子供に合った幼稚園やナーサリーを選び、タイの生活を楽しめることを心から応援しています!


世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住コミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ

世界中の日本人同士が繋がり、情報提供したり、チャレンジしたり、互助できるコミュニティ「せかいじゅうサロン」

参加無料。気軽に繋がってください。(2022年6月時点:参加者3600名超えました)

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外居住最短の道「海外就職」。始めての方でも世界できっかけが持てるキャリアコーチングがスタート!”

せかいじゅうキャリアコーチング

せかいじゅうのコンセプトは
海外居住への無数の選択肢と可能性を提供すること

それを可能にする「海外企業への就職」

人生一度きり。毎日ワクワク、ドキドキする日常に変えてみよう!世界で働くという扉を開いてみたい方は↓