誰でも長期滞在できる!タイの観光ビザを延長してお試しロングステイ

誰でも長期滞在できる!タイの観光ビザを延長してお試しロングステイ

海外に移住する時にもっとも不安なことのひとつが、その国に長期滞在できるかどうか。

簡単に滞在許可がおりない国はたくさんあります。

ここではタイの長期滞在についてまとめました。

タイにおいては、比較的簡単に長期滞在ができます。観光ビザを駆使して長期滞在する方法もあります。その具体的な方法をご紹介します。

※観光ビザでの長期滞在を推奨しているわけではありません。滞在目的にあわせた最適なビザ取得をされるように心がけてください

※ビザ要件は頻繁に更新されますので、常に最新の情報を取得するよう心がけましょう。

2020年7月11日開催:シンガポール在住者と繋がるイベント

世界中の日本人と話せる、聞ける、繋がる「せかいじゅうカフェ」。2020年7月11日土曜はシンガポール移住生活のリアルを聞くトークイベントです。限定10名。

留学ビザか就労ビザを取得する

タイに入国して30日以内に留学先または就職先を決め、留学ビザもしくは就労ビザを取得します。

長期的にタイに住みたい方は、まずはこの方法を検討しましょう。

留学ビザ

留学ビザは留学期間(本人の希望期間)、タイに滞在可能です。

留学ビザ発給不可能な学校もあるので、その学校がビザ発給可能かどうか、確認してから入学して下さい。

バンコクにはタイ語と英語の学校がたくさんあり、日本語フリーペーパーに生徒募集の広告が載っています。大手語学学校は日本人スタッフ常駐ですので、外国語ができなくても入学手続きは簡単です。

就労ビザ

また、就労ビザは同じ会社に勤務している間は更新可能ですので、退職しない限りタイに滞在できます。

タイの就労ビザ

こちらが就労ビザ

更新の際には、会社の人事課スタッフと一緒に入国管理局に行き、手続きをするのが一般的です。

中央に”B”と書いてあるのはBusiness(就労)の意味です。

スポンサーリンク

観光ビザを最大限に利用する方法

就労ビザや学生ビザを取得するにしても、まずはタイでゆっくり時間を過ごしてから決めていきたいという方もいるかもしれません。

次に、観光ビザを使って、もっと気軽に長期滞在ができる理由をお伝えします。

  1. まずタイに入国して30日滞在します。
  2. 30日の滞在期限が切れる直前にビザラン(※後述)に行き、観光ビザを取得することで60日の滞在許可が得られます。
  3. 60日の期限が切れる当日に入国管理局に行き、30日延長の手続きを取ります。
    (この部分は省くことも可能ですが、ほとんどの人が行っています。)
  4. 30日の期限が切れる当日にタイを出国します。
    せっかくタイにいるので、カンボジアにアンコールワットを見に行ったり、ベトナムにランタン祭りを見に行ったりするのもいいですね。欧米人に人気のラオスのバンビエンには、バンコクから直行バスが出ています。時間も予算もない人は、バンコクからバスでカンボジアまで日帰り旅行に行くと良いでしょう。その際、帰りは必ず飛行機でタイに入国して下さい。そしてタイに再度入国すると30日滞在できます。
  5. 30日の期限が切れる当日に入国管理局に行き、30日延長の手続きを取ります。
    (この部分は省く人が多いようです。)

1から5までのすべてを行うと、30日+60日+30日+30日+30日=180日。これで合法的に180日滞在できる計算になります。

スポンサーリンク

ビザランとは?

ビザランとは文字通り、ビザを取得するためにrun(動く、往復する)することですが、タイでは一般的に、留学ビザや就労ビザを持っていない人が近隣国に行って観光ビザを取得することを指します。

個人で行く人もいますが、現在タイのビザを取得するのは少々厳しくなっているので、ビザ取得代行業者が主催するビザランツアーに参加する方が安心です。

日本語フリーペーパーを見ると、日系ビザ取得代行業者のビザランツアーの広告がたくさん載っています。

すべてのビザランツアーは日本語で受付をしていますが、なかでも、最大手と思われるオールジャパンビザツアーの主催するツアーはサポート体制がしっかりしており、ツアー参加者はほとんど日本人なので楽しくツアーに参加できます。

タイ自由ランド:タイ滞在のためのビザツアー、日帰りツアー

もちろん外国語ができなくても、まったく不安はありません。ツアーバスの中に忘れ物をした時でも、バンコクのオフィスに電話すると、日本人スタッフが対応してくれます。

陸路入国に注意!

さて、「観光ビザを取得する」の4で「帰りは必ず飛行機で」と書きましたが、その理由はタイへの陸路入国は1年間で2回しか認められていないからです。

※1年間とは1月1日から12月31日までの間を指します。最初に陸路入国した日からカウントするわけではありません。

「観光ビザを取得する」の2でビザランに行って、すでに一度陸路でタイに入国しているので、残りはあと1回。この1回は万一の時のために残しておきましょう。同じ年にもう一度ビザランに行くと、残りの1回はこの時に使うことになります。

世界各地の人々と繋がるコミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ「せかいじゅうサロン」へ招待します

海外ネットワークの構築と情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

古い情報に注意「ダブルビザ」の現状

タイの観光ビザに関して、古い記事を読むと「シングルビザ」「ダブルビザ」という言葉が出てくると思います。10年以上前の記事だと「トリプルビザ」なんて言葉も出てきます。

以前はタイに60日滞在+延長して30日滞在→一度タイから出国してタイに再入国→タイに60日滞在+延長して30日滞在、というビザがあり、これを「ダブルビザ」と呼んでいました。

タイに60日滞在を2回(ダブル)できるので「ダブルビザ」というわけです。

しかし現在、日本人にはダブルビザは発給されていません。中国国籍のパスポートを持っていればダブルビザを取得できますが、現在日本人が取得できる観光ビザは、1度タイに入国すると「USED」と記載される「シングルビザ」のみです。

タイの観光ビザ。このビザを使って一度タイに入国したのでUSEDと書かれています。

タイの観光ビザ。このビザを使って一度タイに入国したのでUSEDと書かれています。

つまり、現在日本人に関係があるビザはシングルビザのみなので、「シングル」「ダブル」という観念は忘れてしまって下さい。

その方が、この後説明する「シングルエントリー」について分かりやすくなります。

スポンサーリンク

ビザを無効にしないための「リエントリーパーミット」

少々話が難しくなってきましたか?でも、タイにずっと滞在する予定なら、あまり難しく考えなくても大丈夫です。

しかし、タイに滞在しながら、入出国を繰り返し、日本とタイを往復したり、近隣国を旅行する人には大事な情報ですので、ぜひ覚えておいて下さいね。

留学ビザ、就労ビザ、観光ビザ、すべてのビザは、一度タイから出国すると無効になります。

その場合は再度ビザを取得しなおすことになりますが、就労ビザの再取得は非常に手間がかかるので、勤務先の人事課スタッフに怒られること間違いなし。

そこで、出国してもビザが無効にならないようにしておかなければなりません。その方法がリエントリーパーミット(再入国許可証)の取得です。

リエントリーパーミットとは

リエントリーパーミットとは、再入国許可証。

つまり、同じビザでタイに再入国できるという証明書です。

リエントリーパーミットを取得していれば、タイを出国する時にビザが無効になることはありません。

そしてリエントリーパーミットは、

  • シングルエントリー
  • マルチエントリー

の2種類があります。

シングルエントリーは一度だけタイに再入国可能、マルチエントリーはビザの有効期限内は何度でもタイに再入国可能な許可証です。

何度も日本に帰ったり、海外旅行に行く人はマルチエントリーのリエントリーパーミットを取得した方が割安ですし、何度もリエントリーパーミットを取得しに行く手間が省けます。

リエントリーパーミットは入国管理局で取得できますが、待ち時間が長いので、前述した日系ビザ取得代行業者に依頼することもできます。なお、2019年2月現在、スワンナプーム空港とドンムアン空港にリエントリーパーミット取得窓口があり、出国直前にリエントリーパーミットを取得することも可能です。(選挙前後は窓口が閉鎖される可能性があるので、事前に空港に問い合わせてからおでかけください。)

リエントリーパーミット

リエントリーパーミット

就労ビザと似ているような気がしますが、「Multiple」と記載されていることにご注目ください。ここに「Single」と記載されているものは、1度だけタイに再入国が可能です。

長期滞在にビザは必須であることの認識を!

そろそろ読み疲れて「ビザなんて面倒くさい。ビザなしでタイに30日滞在できるから、30日に一度外国に行けばいいんでしょう?そして飛行機でタイに戻ればいいんじゃない?」と思うかもしれません。

しかし、それは非常に危険です。

ビザなしでタイに入出国を繰り返すと「この人はなぜ何度もタイに来るのか?不法就労か運び屋か?」と疑われます。そして出国の際に、タイへのINとOUTが多すぎる、という意味のI/Oというスタンプを押されてしまいます。(略してアイオーと呼びます)

このスタンプを押されたら、タイに入国できません。

実際に、タイからベトナムに行こうとして、出国時にI/Oスタンプを押されてしまった日本人がいて、その人はベトナムから急きょ日本に帰り、パスポートを作り直してタイに再入国したそうです。

スポンサーリンク

タイで有益な時間を過ごすために

タイに移住したからと言って、経済的に余裕があれば、すぐに就職する必要はありませんし、もちろん日本で就職を決めてから来る義務もありません。

むしろタイに移住した後は、観光ビザでタイ国内を旅行し、タイ語学校でタイ語を勉強してから就職するという道もあります。

就職したあと、同僚との会話も日本語や英語よりタイ語を使った方が喜ばれます。何よりタイを知っている、タイ語が話せるということは、今後のタイでの生活を楽しくて有意義なものにしてくれます。

最終的に就労ビザを取得してタイで働くにしても、まずはタイに住むことを楽しんではいかがでしょうか。

※今回は留学、就労、観光ビザのみ取り上げましたが、他に家族ビザやリタイヤメントビザ、特殊ビザ(タイランドエリート)などがあります。

※情報は2019年2月時点のものです。2019年3月のタイ総選挙の後は変更が予想されますので、滞在情報に関しては大使館などで常に最新のものを入手して下さい。

URL:在東京タイ王国大使館 領事部HP

【用語一覧】

  • 留学ビザ:
    留学目的の滞在が可能なビザ。就労はできません。
  • 就労ビザ:
    就労目的の滞在が可能なビザ。就労できるわけではありません。就労ビザを取得後、労働許可証を取って初めて就労が可能になります。
  • 観光ビザ:
    観光目的の滞在が可能なビザ。就労はできません。
  • ダブルビザ:
    現在は日本人には発給されていないので、死語と化しています。
  • リエントリーパーミット:
    略してリエントリーと呼びます。ビザを無効にせずにタイを出国し、再入国できる許可証です。
  • シングルエントリー:
    略してシングルと呼びます。リエントリーの種類で、1度だけタイに再入国できる許可書です。就労ビザ取得の際に、人事課の人に「リエントリーは、シングルにしますか?マルチにしますか?」と聞かれることがありますが、ほとんどの人はマルチにします。
  • マルチエントリー:
    略してマルチ、またはマルチプルと呼びます。リエントリーの種類で、何度でもタイに再入国できる許可書です。

スポンサーリンク

世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住エージェント

世界中のネットワークと助け合いのコミュニティ

コロナ問題を機に、多くの方が明日がどうなるかわからない不安なとき、誰かが困ったときにコミュニティを通じて、元気や勇気を与えたり、支援したりという『助け合いの場』を作りたいという想いから、せかいじゅうでは、世界中の日本人同士が繋がり、互助できるコミュニティ・せかいじゅうサロンを用意しています。

参加費用、条件は募集ページをご覧ください

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。