旅行者も長期滞在者も覚えよう!シドニーの電車をお得に乗りこなす方法

オーストラリア一番の大都市シドニーですが、CBDと呼ばれる街の中心地は縦横約3kmの中にすっぽり収まるほどの広さ。

案外どこでも歩いて行けちゃうのですが、とは言っても長く滞在するとなると交通手段が気になりますよね?

シドニーの主な公共交通機関は

  • 電車
  • バス
  • 路面電車
  • フェリー

中でも一番乗る機会が多いのは電車ではないでしょうか?

今回はシドニーの電車の乗り方について詳しくお話していきたいと思います。

【オーストラリアの関連記事はこちら】

↑オーストラリア滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

まずはオパールカードを手に入れよう!

電車に乗る際に必要なのが『オパールカード』。

これは日本でいうICカードで、チャージして使用するカードです。

オパールカード photo:flickr by Beau Giles

オパールカード photo:flickr by Beau Giles

紙の乗車券が廃止となった今、電車に乗るには必要不可欠なカードで、この1枚で電車・路面電車・バス・フェリーすべての乗り物に乗れちゃいます

購入できる場所は

  • 空港や駅
  • 街中のコンビニエンスストア
  • オンライン
  • 電話

で、と様々な場所で購入が可能です。

購入方法もとっても簡単で初期費用・面倒な個人情報記入などの手間は一切ありません

AUS$10単位でチャージができるので(※トップアップといいます)、使うであろう金額を伝えれば簡単に購入することができます。

駅によっては無人だったり、機械が壊れていたり、クレジットカードでないとチャージできない場合もあるので、コンビニエンスストアで購入・チャージするのが便利です。

ただ払い戻しの最低金額が決まっていたり、手続きが面倒だったりするので確実に使いそうな金額をチャージしていくことをオススメします。

スポンサーリンク

実際にシドニーで電車に乗ってみよう!

オパールカードを無事に購入できたら、次は実際に電車に乗ってみましょう。

シドニーの電車はとっても簡単。

まず駅ですが、市内中心地は地下を走っているのでどこが駅なのか分かりにくいことも。

でもとても簡単な見分け方は、赤色の丸の中にTと書かれた看板を見つけること

これは電車=TRAINのTで、駅を表しています

駅が見つかったら次は電光掲示板を探しましょう。

電光掲示板は基本的には改札の近くにあり、その駅に止まる路線がいつ来るのか、ホームは何番なのか、運転状況はどうなっているのかを確かめることが出来ます。

シドニーの電車は突然の工事により路線がストップしてしまうこともしばしば。

特に土日は工事が頻繁な為、注意が必要です。乗る前に自分が乗りたい路線が正常運転かどうかを確認後、改札を通ります。

改札がない場合にはオパールカードをピッと機械に当てることをお忘れなく(※タップオンといいます)

抜き打ちで車内を見回る職員が、オパールカードをちゃんとタップしているのか調べることがあり、忘れていることが見つかると罰金の対象に。

無人駅だったとしても、必ずタップオンをしましょう

そしてホームに降り立ったら、まずは電光掲示板を探します。

天井から吊り下げられていることが多いのですが、これは次にそのホームに到着する電車が何分後に来るのか、そしてどの駅を通過するのかを示してくれています。

自分の目的地の駅名が見つけられたら後はもう安心。

目の前に来た電車に乗るだけです。

路線によっては、複数の路線が同じホームを使用することもよくありますし、急な工事で路線が変更になることも起こり得る為、正しいホームで待っているだけでは目的地にたどり着けないことも。

必ず掲示板を確認することをオススメします

きちんと正しい電車に乗れたなら、あとはシドニーの景色を車窓から楽しみましょう。

シドニーの電車はダブルデッカーという二階建てが基本。

進行方向に合わせて好きに背もたれを動かすこともできちゃいます。

無事に目的地に着いたあとは、無人駅の場合には必ずまたオパールカードをタップすることを忘れずに(※タップオフといいます。)もちろん車内への忘れ物にもご注意を。

スポンサーリンク

オパールカードを使いこなそう!得する活用術

電車の乗り方に慣れてきたら、次はかしこくオパールカードを利用しましょう。

簡単に手に入るオパールカードですが、実はとってもお得な利用方法が

シドニーの電車賃はAUS$3.46から移動距離によって金額が高くなっていきます。

一日の最大料金はAUS$15.40、一週間の最大料金はAUS$61.60と決まっており、それ以上は請求されない仕組みです。

毎日あちこち移動する方には結構高くついてきますよね?

そこで気にして欲しいのが、乗る時間帯です

平日の7~9時と16時~18時30分の時間帯を避けるだけで、なんと運賃が30%安くなっちゃうんです。(郊外線は6~8時と16時~18時30分となります。)

更に日曜日となればどこまで行っても何回乗り降りしても、どんな交通機関を使っても一日最大AUS$2.60しかかかりません

あの有名な世界遺産、『ブルーマウンテンズ』にもAUS$2.60で行けちゃいます。

また学校や通勤などで毎日電車を利用する方は、一週間のうちに8回以上一日に電車に乗ると、残りの日にちの電車賃は半額になるという特典も

以上のコツを頭に入れてオパールカードをかしこく利用してみてくださいね。

日曜日はなるべく遠~くにお出かけするのがオススメですよ。

ただ空港から市内に向かう時、もしくは市内から空港に向かう場合には、国内線も国際線も共にディスカウントの対象にならないのでご注意を!

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住の日本人宅のホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

日本とは違う、シドニーで電車に乗る時の注意点!

よく日本人は平和ボケしていると外国人から評価されますが、それもそのはず。

日本では電車の中で居眠りをしているのはごく普通の光景ですが、外国ではまずありえません

治安が比較的良いとされているオーストラリアでも同様です。

たとえ疲れていても日本のように安心して寝てしまうのはNG

オーストラリアは何でも自己責任の国なので、危機管理ももちろん自分自身で注意しましょう。

参考記事もオススメ:シドニー治安情報。実は海も危険?注意したい地域と安全対策

また、車内ではアナウンスが流れるので、今どの駅に着いたのかは分かり易いシドニーの電車ですが、日本のように次は何駅に止まります、という事を教えてくれないことも。

ですから電車に乗ってからもしっかりと自分の降りる駅がどの駅の隣なのかを把握しておく必要があります。

しかももちろん英語のアナウンスのみ。リスニングが苦手、という方は必ず駅名が見える席を確保しましょう。

出入口付近に電光掲示板が付いた車両に乗った際にはその近くに座るのもオススメです。

次どの駅に着くのかが表示されているため、車内アナウンスが聞き取れなくても安心して電車に乗ることができます。ただすべての車両に電光掲示板がついているわけではないので、悪しからず。

また日本と同様に優先席が設けられています。

ドア付近のシートはお年寄りの方や体の不自由な方の優先席なので、譲ることを忘れずに。

また電車内では飲食が可能です。ただお酒は禁止されていますのでご注意を

スポンサーリンク

シドニーの電車を乗りこなす方法まとめ

さて、みなさんシドニーの電車の乗り方はお分かりになったでしょうか?

まずはオパールカードさえ手に入れればあとは電車に乗るだけ!

駅では無料の路線図も置かれていますし、陽気な性格の人が多いオーストラリアなので、困ったら駅員さんや周りの人が助けてくれるでしょう。

他にもバスは市民の足としては便利な乗り物ですが、そのルートはかなり複雑。地元の人でも自分の乗る路線以外の知識は乏しいため、まだシドニーに来たばかりの人にはなんと言っても電車が便利です。

積み重なっていくと交通費もかさんでくるので、是非お得にかしこくシドニーの電車を活用してくださいね。

【オーストラリアの関連記事はこちら】

↑オーストラリア滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。