【在住御用達】オアフ島の日本食材・商品が手に入る日系スーパー5選。

ハワイ・オアフ島には、日本食材を豊富に揃えている日系スーパーマーケットがいくつかあります。

ハワイに住んでいても、日本に居るときと同じ食生活ができてしまうほど。

簡単に日本食材が手に入るとあって、どこの日系スーパーもオアフ島在住日本人に大人気。

今回は、日系人・日本人が特に多く住んでいるオアフ島にある日系スーパー 5社をご紹介します。

筆者もよく利用するスーパーばかり。筆者の個人的見解も含まれますので、あらかじめご理解ください。

開催間近!2022年1月22日:ドイツ移住イベントのご案内

フリーランスビザを筆頭にドイツには移住しやすい環境が整っています。

ドイツ在住歴20年の専門家をお招きし、ドイツ移住完全ガイドのセミナーイベントを開催します。セミナー参加はこちらから

オアフ島 日系スーパーの基本情報

オアフ島にある日系スーパーに入って棚を見ると、まるで日本のスーパーで買い物をしている感覚になるほど、日本の食品・食材が並んでいます。

「すきやき肉」「しゃぶしゃぶ肉」「こま切れ肉」も買えるのが、日本人にとっては嬉しいですよね。

日系スーパーで買える日本のものと言えば

  • お菓子
  • ドリンク類(お茶、ジュースなど)
  • 粉類(片栗粉、お好み焼き粉、ホットケーキミックスなど)
  • 調味料(醤油、味噌、マヨネーズ、ソースなど)
  • お米

などなど。

ハワイの日系スーパー

そして、日本のブランドの

  • シャンプー・リンス
  • ボディーソープ
  • 化粧品
  • 歯ブラシ

なども手に入ります。

ハワイのスーパーの日本商品

スーパーによっては、野菜、鮮魚、肉などの生鮮品を日本から直接仕入れていることもあるくらい、日本の食材を買うことができるのです。

日本の商品や食材がハワイでも手に入るなんてとっても有難いことなのですが…

一つ難点は、どの商品・食品も値段がかなり高いです…。

ものによっては、日本で販売されている価格の2~3倍ほどの値段がついていることがあります。

筆者は、いつも各スーパーのセール情報をチェックして、セールのときにまとめ買いをしています。

世界中の日本人と繋がるコミュニティ

人生が世界へ広がるコミュニティ「せかいじゅうサロン(無料)」へ招待します

人脈ネットワークの構築、情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

1.Don Quijote / ドン・キホーテ

日本でもおなじみのドン・キホーテ。

筆者が在住日本人の知り合いに遭遇する確率No.1のスーパーです(笑)

オアフ島のドンキホーテ

オアフ島のドン・キホーテは

  • 電化製品
  • 日用品
  • 携帯電話用品
  • 食品

など、なんでも買えちゃうスーパーマーケットです。

基本的にはローカルスーパーという位置付けのようなので、日本食材に限らず、アジア食材、ハワイ食材を初め世界各国のさまざまな品物が並ぶ大型スーパーです。

また、店員さんもローカルの人たちなので、雰囲気は完全にローカルスーパーです。

在住日本人に人気な理由は、やはり日本の商品の取り扱い数でしょう。

日本のマヨネーズ、ソース、醤油‥‥など、一つのアイテムに対してさまざまなブランド・種類が揃っています。

日本で作られているドン・キホーテのプライベートブランド商品も販売されていて、他の商品に比べて安く買えます。

オアフ島には

  • カヘカ店(ホノルル)
  • ワイパフ店
  • パールシティ店

の3店舗があります。

<店舗情報>

カヘカ店
801 Kaheka St. Honolulu, HI 96814
Phone : 808-973-4800
Open : 24 hours

ワイパフ店
94-144 Farrington Hwy. Waipahu, HI 96797
Phone : 808-678-6800
Open : 24 hours

パールシティ店
850 Kamehameha Hwy. Pearl City, HI 96782
Phone : 808-453-5500
Open : 6am – 11pm

2.ニジヤマーケット

アメリカ本土ではカリフォルニア中心に店舗があるニジヤマーケット。

オアフ島には2店舗あります。

  • アラモアナ店
  • ユニバーシティー店

オアフ島のニジヤマーケット

2店舗ともに店舗はあまり広くありませんが、とにかく日本の商品の品揃えがすごい!

入り口には「JAPANESE GROCERY」という看板があり、全くその通りです。

まるで日本のスーパーに居るような感覚にもなるくらい。

日本のチーズやマーガリンなども買えます。

ニジヤマーケットの特徴は

  • 高品質
  • ヘルシー
  • オーガニック

を基本としていること。

他の日系スーパーとの大きな違いは

  • 自社農場を経営してオーガニック野菜や米を栽培している
  • プライベートブランドのオーガニック商品を提供している

ということで、日本の商品に加えて、品質にこだわった食材が店頭に並んでいます。

こだわりの素材と有機こしひかりが使われているお弁当や総菜、お寿司などは、ユニバーシティー店にあるキッチンで作られています。(アラモアナ店で売られているお弁当などもユニバーシティー店で作られています。)

店内にイートインスペースが設けられていて、ランチタイムには買ったお弁当やお寿司を食べている人を多く見かけます。

品質がよく新鮮なお肉は、ちょっと値段が高いと感じるのですが、「すきやき肉」も「しゃぶしゃぶ肉」もお得に買えちゃう日がニジヤにはあるんです!

毎月29日の「肉の日(Meat Day)」です。

精肉が全品20%OFFになるんです!(セール品と加工品は除く)

それと、マグロ解体ショーが定期的に開催され、超特価で美味しい鮮魚が買える機会もありますので、お見逃しなく。

<店舗情報>

アラモアナ店
451 Piikoi St. Honolulu, HI 96814
Phone : 808-589-1121
Open : 10am – 9pm

ユニバーシティー店
1009 University Ave. Honolulu, HI 96826
Phone : 808-979-8977
Open : 9am – 9pm

3.マルカイ・ホールセール・マート

以前はホノルルのワードに店舗があり、非常に便利でしたが、2017年に閉店になってからは、カリヒ地区のディリンハムにある1店舗のみとなりました。

ワイキキ・アラモアナ近辺に住んでいる人には、ちょっと行きづらい場所…。

ぱっと見た目、ローカル感漂うスーパーマーケットですが、中には日本の食品・食材がいっぱい揃っていて、ローカル日系人にも大人気のスーパーです。

中は、倉庫?と思うくらいに商品の上の棚には段ボールが並んでいたりしますが…

マルカイは、とにかく広くて日本の商品がいっぱい!

お刺身や干物の種類も多く、お惣菜、お弁当も数多く並んでいます。

そして驚くことに、だるまやこけし、小さい神棚などの日本雑貨まで置いてあるんです。

マルカイはもともと会員制で会員にならないとお買い物できませんでしたが、現在は会員にならなくても買うことができます。

でも、会員になると会員価格でお安く買えちゃいますよ。

また、「〇〇フェア」と題して、日本から農産物や加工食品を販売する物産催事が行われるので、そのイベント時に自分の地元の商品を探しに行くのも面白いです。

<店舗情報>

マルカイ・ホールセール・マート
2310 Kamehameha Hwy. Honolulu, HI 96819
Phone : 808-845-5051
Open : 8am – 8pm

4.ミツワ・マーケットプレイス

2017年に、ワイキキに日系スーパーがオープン。

ワイキキで働いている日本人は、仕事後に日本のものをワイキキで買って帰れるようになり、便利になりました。

場所は、ワイキキの中心、インターナショナルマーケットプレイス 2階。

ハワイの日系スーパー、ミツワ・マーケットプレイス

このスーパーもアメリカ本土に何店舗もあるチェーン店ですが、ワイキキの店舗はハワイ第一号店です。

お店に入った瞬間は、大きな日本のコンビニという感覚を受けますが、奥行きがあるお店で、中へ入っていくと以外と広いことに気づきます。

店内にはラーメン店やドーナツ店、おにぎり屋もあり、イートインスペースで食べることもできます。

ワイキキのため観光客のお客さんも多く、お弁当やお寿司、お好み焼きなど、パッと買って食べられるものが多く売っています。

棚を見てみると、ニジヤマーケット同様、馴染みのある日本の商品や食品ばかり。

もちろん、日本製の薬や日用品もあります。

ミツワがオープンするまでは、ワイキキに居るときに日本製のものが必要になったり、日本の食品を買いたくなると、ドン・キホーテやニジヤまで行かなければなりませんでした。

でも、今はワイキキのミツワで日本のものが買えるというのは、在住者にとってはすっごく有難いことなんです。

ワイキキという場所柄、一人暮らしの人が多かったり、コンドミニアムで料理する観光客も多いので、小分けにされている小さいパックの野菜やお刺身も売られています。

お米も小さい袋のものが多く販売されています。

また、棚に並んでいる商品も、比較的小さめのボトルやパックのものが売られている傾向があります。

使い切りサイズを買いたい一人暮らしの人や家族が少ない家庭には便利ですよね。

忘れちゃいけない、在住者の方にお得な情報

ミツワはカマアイナレートがあるんです!

「カマアイナ」というのは、ハワイ語で「現地に住む人」という意味。

カマアイナレートとは、在住者に適用される割引価格のこと。

そう!ハワイ州に住んでいて、ハワイ州のID(State IDやDriver’s License)を持っていると、特別に割引価格で買えるんです!

ミツワのカマアイナレートは、

  • お弁当=5%
  • それ以外(お酒、ミルクなど除く)=3%

の割引です。

とっても新鮮ですが、やはり値段が高めのお肉やお刺身も割引価格で買えますよ。

でも、IDを見せないとカマアイナレートが適用されないことがあるので、ミツワへ行くときはIDをお忘れなく。

また、夜8時PM頃からは、お弁当やお惣菜が半額になるので、こちらの割引も活用してくださいね。

<店舗情報>

ミツワ・マーケットプレイス
2330 Kalakaua Ave. #250, Honolulu, HI 96815
Phone : 808-489-9020
Open : 9am – 10pm
(Restaurant : 11am – 9:30pm)

5.J-Shop

J-shopは、カラカウア通りに近いヤングストリート沿いにありますが、アパートみたいな2階建ての建物の1階にあって、あまり目立たないので、在住者でももしかしたら知らない方もいらっしゃるかも知れません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dan Ngoさん(@dan.ngo)がシェアした投稿

このスーパーは、他の日系スーパーとはちょっと異なります。

何か違うかと言うと

  • 「生鮮日本食料品専門店」と謳っているくらい、店内の商品はほぼ全部日本のもの
  • 魚や肉は日本から直送
  • お弁当の食材も日本産のものを使用
  • 他の日系スーパーには売っていない、各地の特産品などが売られている

味、品質にとことんこだわった美味しい商品を日本から仕入れているので、オアフ島ではJ-shopだけでしか買えない商品がいっぱい並んでいます。

日本から直送されてくるお魚は、文句なしの品質。

希望に応じてお刺身の盛り合わせや、パーティー用にお造りも作ってくれます。

それと、A5ランクの和牛が売っています!もちろん、とっても高価なものですが…

量り売りしているので、ちょっと贅沢したい日や記念日に欲しい分だけ買って、楽しむのも良いかもしれませんね。

日本の「こだわりの一品」や、日本直送の鮮魚や肉が食べたくなったら、J-shopへ行ってみください。

<店舗情報>

J-SHOP
1514 Young St. Honolulu, HI 96826
Phone : 808-200-5076
Open : 10am – 7pm ( Mon – Sat)

さいごに

オアフ島では比較的簡単に日本食材・商品を買えるのですが、やはり値段が高いのがネックです。

各スーパーのセール情報がWebや店頭に出ているのでチェックして、欲しい日本の商品をお得に手に入れましょう。


世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住コミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ

世界中の日本人同士が繋がり、情報提供したり、チャレンジしたり、互助できるコミュニティ「せかいじゅうサロン」

参加無料。気軽に繋がってください。(2021年2月時点:参加者1400名超えました)

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。

世界中を仕事場にできるスキルアップ講座がスタートします!”

せかいじゅうの学校

せかいじゅうのコンセプトは
海外への無数の選択肢と可能性を提供すること

それを可能にするスキルと職業を手に入れませんか?

参加は無料。地球が仕事場となるコミュニティに参加しよう!詳しくは↓