【これがスペインの常識とマナー】やってはいけない15のこと

これがスペインの常識とマナー。やってはいけないこと

スペイン人は感情表現が豊かでおしゃべりで、言いたいことを言う人種だと感じている日本人の方も多いのでしょう。

しかし、そんなスペインでも、言わない方がいいこと、やらない方がいいことというのは存在します。

往々にして、そのようなことは社会の不文律であることが多く、長年スペインに暮らしている人でも注意して他人の会話を聞いていないと、よく理解できないことであったりします。

ここではスペイン在住者から「スペインでやらない方がいいことを15のこと」を挙げたいと思います。

このマナーをしっかり守ることで、スペイン人とのコミニュケーションが円滑になるかもしれません。

【スペインの関連記事はこちら】

↑スペイン滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のスペインの記事一覧はこちら

気をつけるべき発言のマナー

1. 相手の出身地について

地元意識が強く「自分の出身地が一番」と考えているスペイン人が多いため、相手の出身地について悪く言うと、あとあとまで尾を引きます。

自分が良く知らない町について話をするときには、「冬は寒い?」「夏は暑い?」などの天候・気象ネタがベストかもしれません。

そして最後に「いいところなんだね。いつか行ってみたいな。」とでも言っておけば、次の休みの時には旅行のお誘いが来る可能性もあります。

2. 相手の家族や恋人について

日本人同士の会話でも同じですが、相手の身内のことを悪く言うことは避けるべきでしょう。

とくに、スペイン人は自分の家族や身内のことを

  • 「自分の奥さんはとても美人だ」
  • 「自分の子供はとても賢い」

などと褒めちぎることが普通です。

そのような時には、「本当にそうだよねぇ、あなたは世界一の幸せ者だよ」とでも返しておきましょう。

その後、心の中でどのように考えようと、それは個人の自由です。

3. スペイン人の悪口を言うことは避けよう

異国で暮らすということはさまざまな問題に直面することでもあります。

スペイン社会やスペイン人から、理不尽な扱いを受けることもあるでしょう。

でも、そのような時でも、スペイン人にスペインの悪口を言うことは、避けた方が良いでしょう

4. 相手の好きなサッカーチームを悪く言うこと

サッカーの話題になると、熱く語るスペイン人は少なくありません。

自分の好きなチームについて語ることはいいのですが、相手の好きなチームについて悪く言うことは避けた方が良いでしょう。

お酒の入った席などでは、流血騒ぎの喧嘩になる可能性もあります。

5. スペインの政治について話すこと

一般的に、公の場で人と話してはいけない話題として「政治の話」があります。

スペインの場合、政治的に難しい時期が比較的最近まであったため、政治の話題に関しては最大限に気を付けて話した方がいいでしょう。

気を遣ってまで他人と政治の話をしたくないという方は、「日本人だから、スペインの歴史ってわからないんだ。よって、ノーコメント。」と宣言しておくのも一つの方法です。

6. フランコ時代のスペイン独裁政権についてはなすこと

「5.スペインの政治について話すこと」で述べた「政治的に難しい時期」というのが、フランコの独裁政権時代から民主的な政権へと移行していた時代のことです。

スペイン人の間でも、世代によって、また住んでいる地方によって、この時期の政治に対するさまざまな反応があります。

そのため、できることならばこの話題について日本人から積極的に話したり、質問したりしない方が良いでしょう。

7. 自分が信じていない宗教について悪く話すこと

スペインは基本的にはカトリックの人が多いのですが、イスラム教を信仰する人もいますし、また無神論者(スペイン語でAteo:アテオ)の人も最近増えています。

日本人が「私は仏教徒(Soy Budista:ソイ・ブディスタ)」と自分のことを言っている限りは、とくにこれという差別にあう可能性は少ないでしょう。

しかし、ほかの宗教を否定したり、「自分が信じている宗教が世界で一番素晴らしいものなんだ」と主張することは決してやってはいけません。

8. 女性への暴力を容認するような発言をすること

スペインに限った話ではありませんが、近年女性に対する身体的・精神的な暴力に関して非常に関心が高まっています。

そのため、女性への暴力を容認する発言は、かなり厳しくとがめられます。

また、あなたと今話している相手の女性が、もしかしたら何らかの暴力の被害者である可能性もあります。

気を付けておいた方がよいでしょう。

世界中の日本人と繋がるコミュニティ

人生が世界へ広がるコミュニティ「せかいじゅうサロン(無料)」へ招待します

人脈ネットワークの構築、情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

気をつけるべき行動のマナー

9. 小さな金額のお金をごまかすこと

たとえば、BARで知り合いにおごられた時は、その場でおごり返してあげましょう。

もしも、その時におごり返せなかったときには、次に会った時に忘れずに。

スペインではケチな人のことをTACAÑO(タカニョ)と呼び、他人から嫌われるに十分な理由になります。

このような小さな金額の貸し借りで起きた問題とは、大金の貸し借りよりも意外と人間関係においてあとあとまで影響を与えたりするものです。これは日本もスペインも同じです。

10. BARやレストランの中で煙草を吸うこと

現在、この行為は、スペインでは違法行為になってしまいます。

というのも、現在のスペインでは、建物のなかではタバコが吸えないことになっています。

そのため、多くのBARでは入り口に喫煙者用のスペースを設けています。

BARの屋外にあるテラス席では問題なく煙草を吸うことができるので、喫煙者の方はテラス席に座りましょう。

知っておくに越したことはない

原則的に、BARで注文した飲み物は、その店の中で飲み干さなくてはなりません。

とくに、ビール(Cervesa:セルベッサ)を注文して、ガラス瓶やグラスで出てきたときは、必ずそのBARの中で消費しましょう。

なお、プラスチックや紙製のコップに飲み物が入っていたら、その飲み物はテイクアウトできます。

11. ご近所の人に会っても無視すること

たとえスペイン語が「HOLA」しか話せなくても、ご近所の人に会った時にはきちんとごあいさつをしましょう。

まったく反応してくれない人もいるかもしれませんし、妙な顔をしてあなたを見る人もいるかもしれません。

しかし、大半の人は、笑顔で「HOLA」と応えてくれるはずです。これを繰り返した結果、ご近所に「あの日本人は感じがいいね(Es simpática(simpático)」というよい評判がたったら、その時はその場所で快適に暮らすことができます。

おまけに、あなたが困った事態になったときには、ご近所の人に助けをお願いしやすくなります。

「遠くの親戚より近くの他人」というのはスペインでも言えることなのです。

12. 夜中から朝方にかけて、ピソで騒ぐこと。

とは言え、住んでいるピソに友人たちを呼んで、夜中過ぎまで騒ぐことはやめましょう。

場合によっては、ご近所の人が警察を呼ぶ可能性があります。警察が来て、騒音公害と認識されると、それなりの金額の罰金を支払うことなりますので、ご注意を。

また、部屋で一人で大音量で音楽を聞いても、もしもご近所さんが迷惑だと感じたなら、同様に警察に通報される可能性があります。

スペインのピソの壁は非常に薄いので、前後左右の住人の生活音が筒抜けになります。自分の生活音もすべてご近所に漏れていると考えて、日々生活することをお勧めいたします。

13. BARでたむろをして、お店の人やほかの客に迷惑をかけること

基本的に18歳以上であれば誰でも、アルコールを飲むことが許されます。

しかし、酔っぱらうことは許されないものと思っておいた方が良いでしょう。

BARで酔っぱらって大声でおしゃべりをするぐらいのことは許容される範囲ですが、その後、他人に絡んだり、けんかを売ったりすると、間違いなくBARを追いだされます。

それ以降、そのBARには出入り禁止になる可能性が高いので、酔っぱらって他人に迷惑をかけることはやめましょう。

14. 自転車に乗りながら、携帯電話やスマートフォンを見ること

これも、立派な法律違反です。

もしも、警察に見つかると、罰金を支払うことになります。

スペインでは、プロフェショナルの自転車選手でも、屋外でのトレーニング中にスマートフォンを見ながら自転車に乗っているところを警察官に見つかり、罰金を支払いかけた人もいます。ご注意ください。

15. 悲しいことやつらいことや困ったことがあったとき、一人で抱え込むこと

少しスペイン人と仲よくなると、彼らがかなりのおせっかい焼きであることに気が付くでしょう。

そんな彼らにとって、友人が悲しい思いをしていたり困ったことに直面しているときに、「何も手助けしない」なんていう選択肢はありません。

もし、スペインで暮らしているときに何か困ったことがあったら、いろいろな人、たとえば学校の友達、先生方、ご近所さん、いつも通うBARのカマレロやオーナー等々に相談してみましょう。

彼らはあなたが困っていることがわかれば、さまざまな方法であなたの力になろうとするはずです。

とくに、BARのベテランのカマレロやオーナーは、人の話を聴く達人です。

たとえ、あなたのスペイン語が完璧なものでなかったとしても、彼らはあなたが何を言いたいのか、理解しようとしてくれます。

彼らが忙しくない時間帯なら、何か相談事をすることも悪いことではありません。

また、彼らがあなたの抱える問題を解決するための専門家に、橋渡しをしてくれる可能性もあります。

一人で抱え込むことはやめましょう。あなたの力になりたいと思っている人が、あなたの周りに必ずいます。

まとめ

以上、スペインでやってはいけないことを15個列挙しました。

この記事を読んだ方のスペイン生活が、楽しいものになりますように。

【スペインの関連記事はこちら】

↑スペイン滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のスペインの記事一覧はこちら

 

世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住コミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ

世界中の日本人同士が繋がり、情報提供したり、チャレンジしたり、互助できるコミュニティ「せかいじゅうサロン」

参加無料。気軽に繋がってください。(2021年2月時点:参加者1400名超えました)

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。