スペインのスーパーマーケット買い物事情。7店舗の特徴と4つのオススメお土産情報

スペインのスーパー買い物事情。7つの店舗の特徴とオススメのお土産情報

スペインに限らず、普通に生活をしていると頻繁にお世話になる場所のひとつがスーパーマーケットです。

特にスペインには、日本や東アジア各地で日常的に見られるコンビニエンスストアがないので、必要な日用品や食料品の多くを、スーパーマーケットで買うことになります。

また、旅行を格安で済ませたいときには、旅先のスーパーマーケットは旅行者の強い味方です。

また、地元密着型のスーパーマーケットで旅のおみやげを探すことも、旅行中の楽しみでしょう

スペインはスパーマーケットチェーンがいくつもあります。

全国的にチェーン展開しているスーパーマーケットもありますが、その一方で、ある地方に集中的に出店している、地元密着のスーパーマーケット・チェーンというのもかなり存在します。

ここでは、スペインにあるいくつかのスーパーマーケットチェーンとその特徴をご紹介いたします。

スペインのスーパーマーケットの特徴

スペインでのスーパーマーケットの全般的な特徴をいくつか挙げます。

1.日曜日はほとんどのスーパーが定休日(一部例外有)

食料品の買出しは土曜日までに済ませましょう。

2.営業時間は8:30あるいは9:00から20:00時くらいまで

意外とスペインのスーパーマーケットは早起きです。

郊外にある大型のスーパーマーケットなら21:00ぐらいまであいているところもあります。

3.ビニール袋は有料

エコバックを持って歩きましょう。ちなみに、大型のエコバックもスーパーマーケットで販売さています。

4.スーパーマーケット内にもBARがある

特に大型のスーパーマーケットで、よく見かけます。お買い物に疲れた方は、このようなBARで一休みするのもよいでしょう。

5.お肉屋さんとお魚屋さんは対面販売のところが多い

食品トレイに入って売られている肉や魚もないわけではないですが、スペインのスーパーでは肉と魚は対面販売式のところが多いです。

商品を指差しながら、「これを1kgください」というような買い方をしなくてはいけません。

スペイン語がわからないと、対面販売はちょっとハードルが高いかもしれません。

世界中の日本人と繋がるコミュニティ

人生が世界へ広がるコミュニティ「せかいじゅうサロン(無料)」へ招待します

人脈ネットワークの構築、情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

スペインでよく見かけるスーパーマーケット・チェーン

カルフール(Carrefour)

Carrfour market

カルフール(Carrefour)

日本でも有名なフランス資本のスーパーマーケットです。

スペインでは3種類の店舗で展開しています。

一つは、大型スーパーマーケットの形態。

スペインの郊外にはカルフールの大型スーパーが数多くありますし、街中のショッピングセンターにも、カルフールが併設されているところが多いです。

このような大型スーパーではスペイン各地の商品はもちろん、フランスやポルトガルの商品も購入できます

食料品以外にも衣料品や日常の生活用品・電化製品なども販売されているのが、こちらの形態の特徴です。

Carrfour

Carrfour Express

二つ目は、街中に小さいスペースのスーパーマーケットの形態のカルフールもあります。

こちらはカルフール・エクスプレスと呼ばれ、日本のコンビニのような感覚でみんな利用しています。

こちらで販売されているのは、主にパンや飲み物などの食料品です。また、日本のコンビニと違い、24時間営業ではなく、夜は営業していません。とはいえ、夜9時ぐらいまでは営業しています。

最後は、カルフール・マーケット

この形態は街中にある中規模のスーパーマーケットに多いのですが、カルフール・マーケットは、日曜日や祝日でも営業していることが多いです。

リデル(LIDL)

こちらはドイツ資本のスーパーマーケットで、その店舗の規模は比較的中規模あるいは大規模なものが多いです。食料品だけでなく、衣料品や生活用品なども購入できます。

このチェーン店の衣料品は評判が高いので、スペインで急遽洋服を買う必要があるときには、重宝するスーパーマーケットです。

また、1年に何回かアジア・フェアなるイベントを開催しているので、その時は日本の食品をいろいろ購入することができます

ディア(DIA)

Dia

ディア(DIA)

スペイン資本の一大スーパーマーケットチェーンがこのディア。ちなみに、ディアは、国際食品供給者: Distribuidora Internacional de Alimentación の省略形です。

スペインでは本当に頻繁に見かけるこの赤い看板ですが、実はスペイン国内だけでなく、ポルトガルや中国まで進出している、国際企業でもあります。

このスーパーマーケットは、形態が数種類あります。

一つは赤い看板のDIA、もう一つは緑の看板のPLAZA de DIA(プラザ・デ・ディア)です。

この2つは系列企業であるため、両方の商品をひとつの店舗で購入することができます

La Plaza Dia

La Plaza Dia

緑の看板のPLAZA de DIAはもともと、カスティリャ・レオン地方で主に営業していたエル・アルボル(El Árbol)というスーパーマーケット・チェーンでした。そのチェーン店をディアが2016年に買収し、PLAZA de DIAとして開業しました。

そのため、いまだにカスティリャ・レオン地方で、頻繁にPLAZA de DIAを見かけることになります。

この系列のスーパーマーケットの特徴は、他のスーパーマーケットと比べても、比較的価格が低いこと(特に赤い看板のディア)です。

2つ目の特徴としては、プライベート・ブランドが充実していることが挙げられます。

PLAZA de DIAで販売されているチョコレートは日本人でも好きな人が多いです。日本一時帰国時のおみやげ候補としていかがでしょうか。

メルカドナ(Mercadona)

Mercadona

メルカドナ(Mercadona)

メルカドナはスペイン資本。もともとはバレンシア州の企業でしたが、今はスペイン全土に店舗を展開しています。

このスーパーマーケット・チェーンのプライベート・ブランド商品は、消費者からの評判も高いものが多いのが特徴です。

特に、ハンドクリームや・ボディクリームといった商品では、価格がお手ごろでかつ、効き目があるものが多いのでオススメです。

さらに、オススメなのが、オレンジの生絞りジュースです。店舗内で、果物のオレンジから直接搾ったオレンジジュースを買うことができます。

ただ、このオレンジジュースは非常に人気があるため、時々、オレンジを絞る機械が壊れていたり、オレンジ自体がないということも頻繁に起こります。

そのような時は、すべての買い物を終えてから、再度オレンジジュースを絞りに行きましょう。少し時間をおくと、係りの人が機械をなおしてくれたり、オレンジを補充していてくれますのでご安心を。

エロスキー(EROSKI)

一見すると、ロシア語ようなの名前のスーパーマーケットですが、実はスペイン資本のチェーン店です。バスク地方がもともとの地元ですが、現在はスペイン全土に進出しています。

このスーパーマーケットの中でも一番元気がいいのが、やはり地元バスクの店舗です。

近年日本でもグルメの地として有名になっているバスク地方ですが、数多くのバスク産の食品が販売されています。

バスクのおみやげ探しに最適の場所といえるのではないでしょうか。

ガディス(Gadis)

ガディス(Gadis)

ガディス(Gadis)

スペイン北西部のガリシア地方出身のスーパーマーケット・チェーンがこのガディス(Gadis)。

全国展開しているというわけではなく、進出しているのは主にガリシア地方全域とカスティリャ・イ・レオン地方の一部(サラマンカ・バリャドリッド・パレンシア)に限られます。

そのため、スペインに長く住んでいる方でも、あまりなじみのない方もいるかもしれません。

しかし、このスーパーマーケットの特徴は、乳製品の種類の豊富さです。

とくに、ヨーグルトは目移りするのが必至なほど、さまざまな種類のものが売り場に並んでいます。

さらに、スペインのスーパーマーケットでは珍しく、わかめなどの海藻も売られていることがあります

ルパ(Lupa)

LUPA

ルパ(Lupa)

スペイン北部のカンタブリア地方が地元のスーパーマーケット・チェーンです。

主に地元カンタブリア地方とカスティリャ・イ・レオン地方の一部に店舗展開しています。

ここのソバオ(sobao)とよばれるカンタブリア特産のカステラのようなパンは絶品です。

スーパーマーケットで買うことができるスペイン土産

スーパーマーケットで日本にいる家族や友人のためにお土産を買う方も多いことでしょう。

ここでは、スーパーマーケットで気軽に買える、スペイン土産になるような商品をご紹介します。

プリングスのスペイン・ハモン味ポテトチップス

プリングスのスペイン・ハモン味ポテトチップス

プリングス ハモン味

スペイン国内でのみ買うことができるハモン味のプリングスです。

お土産として買うなら筒入りのものがオススメです。袋入りもありますが、気圧の変化の関係で、飛行機内で爆発する可能性があります。

チョコレート

スペインのチョコレート

チョコレート

空港の免税品として買うよりも、ずっとお手軽な価格で買うことができます。

スペインのメーカーはもちろん、有名なスイスのチョコレートメーカーのものも、カルフールなどの大きなスーパーで買うことができます。

ただし、スペインのチョコレートの大きさとその重量は、日本のチョコレートの倍以上あります。

トランクの持ち込み荷物の重量制限を越えない程度に買い占めましょう

チーズ(スペイン語では、ケソ:QUESO)

大型スーパーでは、さまざまな種類のチーズを買うことができます。

日本向けのお土産には、ちょっと珍しいラズベリー入りやオレンジ入りのチーズなどはいかがでしょうか。

真空パック入りなので、問題なく日本に持ち込むことができます。ご安心を。

パテ類

スペインで買ったハモンやチョリソー等を日本国内に持ち込むことは禁止されています。

しかし、このようなパテの類なら問題ありません

重量も軽いし、小さな缶詰入りのものが多いので、おみやげとしてもおすすめです。

まとめ

スペイン各地には様々なスーパーマーケットがあります。

その地独自のスーパーマーケットで楽しいお買いものができると、スペイン滞在が何倍も楽しくなりますよ。

世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住コミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ

世界中の日本人同士が繋がり、情報提供したり、チャレンジしたり、互助できるコミュニティ「せかいじゅうサロン」

参加無料。気軽に繋がってください。(2021年2月時点:参加者1400名超えました)

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。

世界中を仕事場にできるスキルアップ講座がスタートします!”

せかいじゅうの学校

せかいじゅうのコンセプトは
海外への無数の選択肢と可能性を提供すること

それを可能にするスキルと職業を手に入れませんか?

参加は無料。地球が仕事場となるコミュニティに参加しよう!詳しくは↓