スペインビザ6種類の特徴と申請方法を徹底解説!

スペインへ留学や移住をする際に、必ずしなければならない事がビザの取得です。最近はビザの取得を代行してくれる会社などもあり、ビザ取得の本人負担が減ってきています。

しかし、これから自分自身が住むスペインという国のビザの種類や詳細等は、知っておくに越したことはありません。

今回は、スペイン留学&移住希望者のためにビザの種類と特徴を紹介します

【スペインの関連記事はこちら】

↑スペイン滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

【せかいじゅうイベント情報】

せかいじゅうNight 6/29(土)at Tokyoに参加しませんか?

オランダ移住者とのトークイベント&世界を目指す仲間を見つけよう♪お席は先着順!早割特典ありますイベントへの参加申し込みはこちら

1. 観光ビザ

まず最初に、観光ビザです。

スペインにはシェンゲンビザというものがあります。これは、EU加入国全てに共通するビザで、これが観光ビザです。

滞在可能日数

あらゆる180日の期間内で最大90日

滞在可能日数は、2013年10月にこの様に変更されました。

これは、過去にEU加入国内に滞在した日数全てが、90日以内の滞在にカウントされるということです。

対象者

日本に住む外国籍の方で、EU兼の入国にシェンゲンビザが必要な国のパスポート保持している者。

日本人の場合、スペインに90日以内の観光目的での滞在であれば、このビザを取得する必要はありません。

例えば、3ヶ月以内の語学留学などの場合、ビザの取得は不必要です。

ただし、パスポートの残存期間がシュンゲン加盟国の出国予定日から3ヶ月以上ある事が必要です。

申請方法

スペイン大使館にて申請

スポンサーリンク

2. 学生ビザ

スペインの学生ビザは2種類あります。

短期学生ビザと長期学生ビザです。

短期学生ビザ

滞在可能日数

91日から180日まで

条件

日本人あるいは日本の長期居住許可を持つ外国人

申請方法

スペイン大使館にて本人、又は代理人申請(郵送申請は不可)

必要書類:

  • 査証申請書
  • 写真(4.5x3.5)1枚
  • パスポートとコピー1部
  • 入学許可書(原本とコピー1部)
  • 経済能力を証明するもの(日本からの往復の経費と月額535ユーロ相当額以上のスペインでの滞在費をカバーする内容)

a)残高証明書

b)雇用されている会社から派遣される場合は、全ての費用を会社が保証することを記した保証書

c)給費・奨学金の証明書

  • 宿泊証明 (原本とコピー1部)
  • 海外旅行保険証明書(原本とコピー1部)
    *クレジットカードに含まれているものは不可
  • 返信用定形封筒
    (宛先、郵便番号、宛名を記入し、82円切手を貼ったもの)
  • 手数料:7,816円(日本国籍の場合は無料)
  • 連絡用データ・メモ用紙 (日本の連絡先等を記入)

注意事項

出発2ヶ月前には申請をした方が良いのですが、3ヶ月以上前の申請は受け付けてもらえません。

180日間までのビザですが、学校の就学期間に合わせて、ビザの滞在可能期間が決まります。自動的に180日間のビザが許可されるわけではありません。

尚、スペイン現地でのビザの延長は一切出来ません

spain-visa01

長期学生ビザ

滞在可能日数

181日以上の滞在

条件

日本人あるいは日本の長期居住許可を持つ外国人

申請方法

スペイン大使館にて本人、又は代理人申請(郵送申請は不可)

必要書類

上記、短期学生ビザの必要書類に加えて、無犯罪証明書健康診断書が必要。

  • 無犯罪証明書 :発行日より3ヶ月以内のもので、過去5年間移住した国々(スペイン以外)の警察当局発行の無犯罪証明書。
  • 健康診断書 :発行日より1ヶ月以内のもので、大使館HPに記載されている健康診断書の型に従い、医師が記入と署名をし、医師及び病院印が捺印された物。

注意事項

ビザの取得後、90日以内にスペインへの入国が必要です。

又、スペイン入国後に現地の警察署にて、学生書(Tarjeta de Estudiante) を申請する必要があります。

※短期&長期学生ビザの詳細はスペイン大使館のHPで確認できます。

この様に、スペイン留学をする場合には留学期間によって、ビザが変わります。

長期学生ビザの場合は無犯罪証明書や健康診断書などの取得が必要になるので、短期学生ビザよりも、準備に時間がかかり大変です。

しかし、短期学生ビザは現地での延長ができないので、語学学校の後に他の留学を考えている方は、長期ビザを取得するのが適切です。

スポンサーリンク

3. 就労ビザ

次に、就労ビザです。

このビザはスペインで雇用が決まっていて、その雇用者がビザのサポートをしなければ、申請はできません。

条件

日本人あるいは日本の長期居住許可を持つ外国人であり、スペインで雇用が決まっている者

申請方法

スペイン大使館にて本人申請(代理申請不可、又は本人が日本国外にいる場合は申請不可)

必要書類

  • 査証申請書
  • 写真( 4.5 X 3.5 )1枚
  • パスポートとコピー1部
  • 無犯罪証明書
  • 健康診断書
  • 労働・居住許可決定通知書 (Resolución de Concesión de Autorización de Trabajo y Residencia ) (原本とコピー1部)
  • 連絡用データ・メモ用紙(日本の連絡先を記入)
  • 返信用定形封筒1通
  • 手数料:7,816円 (日本国籍の場合、無料)

注意事項

ビザが認可された日から1ヶ月以内に、本人がビザを受理しなければ、そのビザは無効となります。

又、ビザ認可日から90日以内にスペインに入国し、入国後30日以内に現地の警察署にて、就労許可書(Permiso de Trabajo)を取得する必要があります。

※就労ビザの詳細はスペイン大使館のHPで確認できます。

上記の就労許可書には幾つかの種類があり、その種類によって、1年又は2年、最高で永住の滞在許可期間が与えられます。

残念ながら、スペインは今もまだ、失業率が高く、全体的に就職難です。

外国人の雇用機会はかなり少なく、就労ビザの取得は困難だと言われています。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住の日本人宅のホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

4. 起業家、又は投資家ビザ

この、起業家又は投資家ビザはスタートアップビザやゴールデンビザとも呼ばれ、スペインで起業するか、又は不動産投資などをして、スペインの経済の向上に貢献するという方に認可されるビザです。

【スペイン起業の関連記事はこちら】

このビザは2013年の9月から開始されました。

滞在可能日数

最初は1年、初回の更新後は2年毎に更新

条件

<投資家>

  • 申請者あたり50万ユーロ(6千万円)以上の不動産投資
  • スペイン国債購入(200万ユーロ=2億4千万円以上)、
    スペイン企業の株式購入(100万ユーロ=1億2千万円以上)
    もしくはスペインの金融機関への預金(100万ユーロ=1億2千万円以上) (€1=¥120)
  • スペインに貢献する有益な事業計画

< 起業家>

  • スペイン経済に利益をもたらす事業を起こすこと
  • スペイン人の雇用機会増やす為に、現地雇用を生み出すこと

申請方法

在日公館での申請

必要書類

申請書や無犯罪証明書、健康診断書等以外に、投資家ビザ申請には、すでに上記条件に適した投資をしているという事実を証明する書類が必要。

起業家ビザ申請には、起業を考えている事業の企業化計画書が必要。

このビザはまだ新しく、情報が少ないのが難点ですが、ビザ取得に十分な経済能力がある方や、海外での起業を夢見ている方にはぴったりのビザです。

これから、さらに注目が集まるビザとして期待されています

スポンサーリンク

5. リタイヤメントビザ

リタイヤメントビザとは、非営利目的のビザで、発給は、年間1万ドル=113万円以上の年金受給者が対象です。(同居家族がいる場合は、1人あたり1700ドル=19万2千円増額されます。)

スペインで就労せず、年金で生活していけるとういうのがポイントです。($1=¥113)

spain-visa04

滞在可能日数

スペイン入国後に現地の警察署にて居住許可書を申請します。

滞在可能期間はその警察署の判断によります。

条件

年金生活者である事と、スペイン国内に住む場所がある事。

申請方法

スペイン大使館にて申請

必要書類:

  • 申請書
  • 写真4枚
  • パスポートとコピー
  • 無犯罪証明書
  • 健康診断書とコピー
  • 年金受給を証明する書類(外務省認証必要)とコピー
  • 海外医療保険の加入証書
  • 返信用提携封筒2通
  • スペイン国内での住居確保の証明書

※リタイアメントビザの情報は大使館のHPでは公開されていませんので、詳しい情報が必要な方は、大使館に直接問い合わせてください。

このリタイアメントビザは、”いつか海外に移住したい!!”という夢を持ちながら働いてきた方には、とても魅力的なビザです

スペインは気候が良い地域が多く、料理も美味しいので、定年退職後の居住地として最適な国の一つと言えるでしょう。

6. スペイン人との婚姻による居住許可書(NIE)

この居住許可書は婚姻ビザと呼ばれる事もありますが、他のビザとは異なり、スペイン入国後の申請になります。

スペイン人と婚姻をした場合、スペインへの入国は観光時と同じ形です。

spain-visa05

日本で籍を入れた場合は、大使館からの家族手帳(Libro de Familia)と婚姻証明書が発行されるのでそれらを持って入国します。

スペインで籍を入れた場合は、入籍手続き後に現地でこの二つを発行してもらえます。

入籍の仕方は日本とスペインでは異なりますが、ここでは、スペインで申請する居住許可書(NIE: Número de Identidad de Extranjero)について紹介します。

spain-visa07

滞在可能日数

5年毎に更新

条件

スペイン人と婚姻している外国人

申請方法

スペイン移住地の警察署

必要書類

  • 申請書(Form EX-19 )
  • 写真
  • 配偶者の雇用証明書(経済能力が証明できるもの)
  • 配偶者のDNI(身分証明書)
  • パスポート
  • 家族手帳(Libro de Familia)
  • 婚姻証明書

注意事項

居住許可書を申請中にスペインを出国すると、申請が無効になってしまう可能性があるので、許可書が手元に届くまでは出国を避けたほうが良いでしょう

手続きを始めて居住許可書取得までは、申請地域にもよりますが、3ヶ月から半年ほどかかります。

スペインの手続きシステムは日本と異なる部分も多く、時間が思ってる以上にかかるので、気長に待つことが大切です。

スペイン永住の関連記事は「スペイン永住権の取得方法を徹底解説」を参照ください。

スポンサーリンク

まとめ

以上がスペインのビザに関する特徴と詳細です。

基本的にビザの取得には時間と労力がかかります。

目的によって取得するべきビザが異なりますが、留学&移住が決まった時点で、ビザの準備を始める事をお勧めします。

この記事がその準備の役に立てば幸いです。

最後に、スペインビザの規定は変わることがよくあるので、

参照サイト:

必ず最新情報を大使館等で確認してください。

【スペインの関連記事はこちら】

↑スペイン滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。