【4都市別】スペインのおすすめ語学学校・8選を紹介します

【4都市別】スペインの語学学校・8選を厳選紹介します

スペインでスペイン語を学ぼうとする人にとって、最初の問題となるのが語学学校選びではないでしょうか。

日本人が学ぶいわゆる「スペイン語」は、スペイン国内で「カスティリャ―ノ(Castillano)」と呼ばれています。

スペイン国内ではこのカスティリャ―ノ以外にも地域によって日常的に話されている言語がいくつかあるため、語学学校を選ぶときには注意をして街を選ぶ必要があります。

ここでは、スペインの4都市からお勧めの語学学校・8学をピックアップして、紹介していきたいと思います

世界の日本人同士で作る・繋がるコミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ「せかいじゅうサロン」がスタートしました

マドリードでおすすめの語学学校・2校

スペインの首都・マドリード。

イベリア半島のほぼ中心にあるこの街には、大学も数多くあるため、そうした大学に付属している外国人用のコースでスペイン語を勉強するのも、1つの選択ではあります。

しかし、ここでは、私立の語学学校を2校ご紹介します。それぞれ評判が高い特徴的な学校です。

エンフォレックス マドリード校(ENFOREX)

スペインには、スペイン国内はもちろんラテンアメリカにまで分校を持つ、国際的なスペイン語学校チェーンがいくつも存在します。

こうした国際的ネットワークを持つ語学学校では、例えば最初の1か月をマドリードで勉強した後に、ほかの街にある同じ系列の語学学校に移動して勉強を続けることができるシステムが整っていることが特徴です。

そのため、スペイン国内(あるいはラテンアメリカの国)でいくつか住んでみたい場所のある人におすすめの選択肢です。

エンフォレックスはスペイン国内に11校(バルセロナ、グラナダ、テネリフェ等)やラテンアメリカに12校の分校(メキシコ、アルゼンチン、チリ等)を持っているスペイン語の学校です。

1クラスの人数は最大でも10人まで。

語学の授業以外にもスペイン映画や音楽、料理やお酒について学ぶことができる文化クラスも充実しています。

また日本人の対応も慣れているので、留学ビザの相談にも対応することができます。

また、オンライン授業にも対応している学校なので、日本で授業を受けることもできます。

とにかく一度スペインでスペイン語を学びたい人におすすめの学校と言えるでしょう。

エンフォレックス マドリード校:

住所 Gustavo Fernández Balbuena, 11, 28002. Madrid
電話番号 +34915943776
公式WEB(日本語) https://www.enforex.com/japanese/

スパニッシュ・イン・ネイチャー(Spanish in Nature)

スペイン語をスペインで勉強してみたいが1週間しかスペインに滞在できない人、そして都会よりも自然の中にいることが好きな人には、この語学学校をお勧めします。

マドリードからほど近いシエラ・デ・グアダラマにあるこのスペイン語学校では、1週間スペイン語の先生の家に宿泊しながら、スペイン語を学ぶことができます。

授業時間はスペイン語の先生とのマンツーマン。

それ以外の時間もスペイン語しか話さない環境なので、文字通り24時間スペイン語漬けの生活を送ることができます。

そのため学習効果は抜群で、なかには1週間の滞在を終えるころには通常生活で使用するスペイン語はほぼ聞き取ることができるようになっている方もいます。

空港までの送迎付きで、1週間のスペイン合宿の費用は1300ユーロから(飛行機代別)。

時間のない方がスペイン語を勉強するには最適な環境です。

Spanish in Nature:

住所 Calle Navalapuerta, 1, 28413. El Boalo. Madrid
電話番号 +34918559259
公式サイト(英語)https://www.spanishinnature.com/

スポンサーリンク

バルセロナの語学学校・2校

スペイン第2の都市、バルセロナ。

地中海沿いに発達したこの街は隣国フランスに近いこともあり、様々な国の人が行き交う、国際色豊かな街です。

バルセロナをはじめとするカタルーニャ地方で地元の人が日常的に話す言葉は「カタルーニャ語」と呼ばれる言語で、カスティリャ―ノとは別の言葉です。

とはいえ、カタルーニャでもカスティリャ―ノを学ぶことはできます。

この街でスペイン語を学びたいと思う人に、次の2校をご紹介します。

バルチノ・スクール(Barcino School)

バルセロナ・サンツ駅の近くにあるバルチノ・スクールはスペイン語以外にも英語、フランス語、イタリア語、そしてカタルーニャ語も学ぶことができる語学学校です。

スペイン語のクラスは午前中のみあるいは午後のみのコース、そして土曜日4時間だけのコース等、様々な時間帯に学べるようになっています。

そのため、バルセロナに長く暮らそうと考える人は、この学校でスペイン語(カスティリャ―ノ)とカタルーニャ語を同時に学ぶことも考えておいて損はないでしょう。

また、学生ビザの手続きについても経験豊富なので、学生には非常に頼りになる語学学校と言えるでしょう。

Barcino School:

住所 Carrer Rector Triadó 69-71, local 2. 08014. Barcelona.
電話番号 +34935271100
公式サイト(英語)https://www.barcinoschool.com/en/spanish-courses-barcelona/

エクスパニッシュ(Expanish)

こちらもバルセロナの中心街に位置しているため、バルセロナ市内のどこからでもアクセス可能です。

また、この学校の分校がアルゼンチンのブエノスアイレスにもあるため、近い将来アルゼンチンに行ってみたい人にとっては、よい選択肢となるでしょう。

また、この学校のスペイン語コースの中には、ビジネススペイン語のコースや医療従事者用のスペイン語のコースもあります。

1時間のマンツーマンレッスンを含めた毎日5時間の授業を詰め込んだハードなコースですが、こうした分野のスペイン語を学びたいスペイン語学習経験者には、充実したコースとなるでしょう。

Expanish:

住所 Carrer de Pau Claris 186, 2nd Floor. 08037. Barcelona
電話番号 +34932201306
公式サイト(日本語) https://expanish.com/ja/school-barcelona/

スポンサーリンク

セビリヤの語学学校・2校

スペイン南部のアンダルシア地方を代表する街・セビリヤ。

この街でスペイン語を学ぶ日本人も少なくありません。陽気で人懐こい典型的なアンダルシア人が住むこの街では、授業で学んだスペイン語を実践する場所に困ることはありません。

気候も温暖なので、もしも冬にスペイン留学を考える人がいたら、おすすめの場所の1つです。

ベー・ベー・リンガ (BBlinga Spanish Scool)

セビリヤの名所が集中する旧市街にあるベー・ベー・リンガは、家庭的な小規模のスペイン語学校です。

1日当たり4時間から5時間のスペイン語クラスが主なコースですが、1クラス当たりの学生の人数も最大で6人から8人まで(コースによって異なる)となっているため、授業中に話す機会は非常に多いと言えます。

オンライン授業もあるので、日本で先に先生方と顔見知りになってからこの学校に来ると、落ち着いてセビリヤで生活・勉強できるのではないでしょうか。

BBlinga Spanish School:

住所 Calle Amor de Dios 50/52. Bajo B. 41002. Sevilla
電話番号 +34954385496
公式サイト(英語)https://bblingua.es/en/home/

タイエール・フラメンコ (Taller Flamenco)

スペイン・アンダルシア、というと反射的に「フラメンコ」を思い浮かべる人も多いことでしょう。

日本でも人気のおけいこごであるフラメンコ。このタリェール・フラメンコでは、フラメンコと一緒にスペイン語を学ぶことができる学校です。もともとは25年以上前から続くフラメンコの学校であるため、ここではフラメンコで使うためのスペイン語を学ぶことができます。

もちろん、この学校でフラメンコだけを学ぶことも可能で、フラメンコの踊り(バイレ)はもちろん、ギターやパーカッションや歌そして手拍子(パルマ)などを学ぶことができます。

フラメンコを本場で体験しながらスペイン語を学びたい人におすすめの学校です。

Taller Flamenco:

住所 Calle Peral 49, 1º. 41002, Sevilla
電話番号 +3495456234
公式サイト(英語)http://www.tallerflamenco.com/en

世界各地の人々と繋がるコミュニティ

5月24日のイベントはオーストラリア、ドイツ、アメリカ、カナダ、ブラジル、ホンジュラス等のメンバーが参加予定

海外ネットワークと情報収集、新しいことへのチャレンジができる「せかいじゅうサロン」

サラマンカの語学学校・2校

マドリードから250㎞ほど離れると、スペインで最も古い大学のある街、サラマンカに到着します。

スペインで最も古い学生街ということもあり、大都市と比べると物価の安いこの街には、たくさんのスペイン語学校があります。

その中でも、今回は評判の高い2校をご紹介します。

ドン・キホーテ サラマンカ校 (Don Quijote Salamanca)

国際的に展開するスペイン語学校の1つが、このドン・キホーテ。スペイン国内に11、ラテンアメリカに12の分校を持つ語学学校です。

この語学学校が最初に開校したのがこのサラマンカ。

1986年から休むことなく、この地で世界中から来る学生にスペイン語を教え続けています。

クラスの種類も豊富で初心者から長年スペイン語を勉強していた人にまで、どのレベルにも対応可能です。講師陣も事務の担当者も経験豊富なため、ビザをはじめとするほとんどの問題に対処可能です。

また、サラマンカ校の隣の建物には、同じ名前のレストラン・バールがあり、ここのタパスの種類の多さとおいしさはサラマンカ随一の評判です。

Don Quijote Salamanca:

住所 Calle Placentinos, 2, 37008. Salamanca
電話番号 +34923263186
公式サイト(日本語) https://www.donquijote.org/ja

サルミンテール(Salminter)

サラマンカの目抜き通りの闘牛通り(Calle Toro)にあるのがサルミンテール。

小規模ですが日本の外務省職員もここで勉強するほど、サラマンカの中でも評判の高い語学学校です。

1クラスの生徒数も最大で8人までなので、集中してスペイン語を学ぶことができます。

また、生徒と先生が1対1で進めるプライベートクラスでは、生徒の希望に応じた内容で授業を進めるので、特定のテーマに絞って勉強したい人にはお勧めです。

また、校長先生をはじめとするこの語学学校の先生方は、非常に親身になって学生たちに対応しています。

1人でサラマンカに着てスペイン語を勉強する人に、とても力強いバックアップをしてくれる学校です。

Salminter:

住所 Calle Toro, 25, 1º. 37002. SALAMANCA
電話番号 + 34923211808
公式サイト(日本語)https://www.salminter.com/jp

スポンサーリンク

スペインの語学学校まとめ

今回の記事ではスペインの4都市からお勧めの語学学校をお伝えしました。

しかし、各地域に特色のある語学学校がたくさんあるのがスペインという国。

好きな街で、あるいは好きになれそうな町で、楽しくスペイン語を学びましょう。

スポンサーリンク

世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住エージェント

世界中のネットワークと助け合いのコミュニティ

コロナ問題を機に、多くの方が明日がどうなるかわからない不安なとき、誰かが困ったときにコミュニティを通じて、元気や勇気を与えたり、支援したりという『助け合いの場』を作りたいという想いから、せかいじゅうでは、世界中の日本人同士が繋がり、互助できるコミュニティ・せかいじゅうサロンを用意しています。

参加費用、条件は募集ページをご覧ください

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。人気のホストはこちら↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。