職業別スペインの平均年収。給料が高い3つの職種とは

職業別スペインの平均年収。給料が高いのは3つの職種とは

実は、スペインでも大っぴらに「自分はいくら稼いでいるか」という話をするのは、あまり好ましいことではありません。

とはいえ、自分を含めた同じ立場や同業者のお給料がいくらぐらいなのか、ということが気になるのもありますよね。

ここでは、スペイン統計局(Instituto Nacional de Estadistica:通称INE)のデーターを見ながら、2019年にスペインで働く人のたちの収入について、考察します。

※なお、この記事では特別な表記がない限り、INEが発表した2019年第3四半期の名目の数値を取り上げます。また、日本円へは1ユーロ=130円のレートで換算しています。

スペインの最低賃金と平均年収は?

最初に、スペインでの収入を知るための基本となる2つの数値から見ていきましょう。

まず、スペインにおける最低賃金は、

月収1,050ユーロ(136,500円)、年収では12,600ユーロ(1,638,000円)

です。(参考記事はSMI de España

基本的に企業などに勤めている人は、これ以上の金額を収入として得ていることになります。

一方、スペインでの平均収入と年収は、

月収1,876ユーロ(243,880円)、年収では22,512ユーロ(2,926,560円)

です(参考記事はこちら)。

日本円に換算すると、スペインの平均月収は約24万円ということになります。

ちなみに、INEは2017年時点での障がい者の平均年収も公開しています。

障がい者全体の平均年収は19,726ユーロ(2,564,380円)。

男性の平均年収は21,079ユーロ(2,740,270円)であるのに対し、女性の平均収入は17,738ユーロ(2,305,940円)です(参考記事はこちら)。

女性の障がい者の年収は、男性の約84%ということになります。

世界中の日本人と繋がるコミュニティ

人生が世界へ広がるコミュニティ「せかいじゅうサロン(無料)」へ招待します

人脈ネットワークの構築、情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

平均収入の高い業界は、どんな業界?

スペインで産業別に平均収入を見た場合、どのような産業の平均収入が高いのでしょうか。

まず、製造業・建設業・サービス業の3種類の時給の違いを見てみましょう。次のグラフをご覧ください。

グラフ:スペイン産業別時給(ユーロ)

スペインの製造業・建設業・サービス業の3種類の時給の違い

https://www.ine.es/jaxiT3/Tabla.htm?t=6040&L=0 より

スペインの統計によると、

  • 時給が最も高いのは、製造業のフルタイム労働者

であることがわかります。

また、パートタイム労働者の時給の差は、産業間で大きな違いがないことにも気が付くでしょう。

ちなみに、パートタイムとフルタイムの労働者を合わせた各産業の時給は、以下の通りです。

  • 製造業 13.44ユーロ (1747円)
  • 建設業 11.84ユーロ (1539円)
  • サービス業 12.59ユーロ (1632円)

では、次のグラフを御覧ください。

グラフ2-2は、前述と同じ産業別のフルタイム労働者の平均月収をグラフにしたものです。

グラフ:フルタイム労働者の業種別平均月収(ユーロ)

スペインのフルタイム労働者の業種別平均月収(ユーロ)

https://www.ine.es/jaxiT3/Tabla.htm?t=6038&L=0より

グラフから平均月収が高い産業は、

  • 製造業 2,051ユーロ(266,630円)
  • サービス業 1,986ユーロ(258,180円)
  • 建設業 1,711ユーロ(222,430円)

であることがわかります。

また、少し細かい業種別のフルタイム労働者の平均月収のグラフはつぎのようになります。

グラフ:フルタイム労働者の業種別平均月収(ユーロ)

スペインのフルタイム労働者の業種別平均月収(ユーロ)

https://www.ine.es/jaxiT3/Tabla.htm?t=6039&L=0 より

特に平均月収が高いのは、

  • 電気・ガス・電力産業 3,882ユーロ(504,660円)
  • 金融・保険産業 3,429ユーロ(445,770円)
  • 情報・・通信産業 2,694ユーロ(350,220円)

であることがわかります。

一方、スペインの重要な産業である観光業界やバールなどをはじめとする飲食業界の月収が低いことに気が付く人も多いかもしれません。同じグラフで、外食産業のフルタイムの平均月収は1,475ユーロ(191,750円)です。

パートタイムとフルタイムの収入格差

スペインもほかの国と同じように、様々な事情から、フルタイムではなくパートタイムで働く人も少なくありません。

ここでは、まずスペインで産業別のパートタイムの労働者の平均月収を見てみましょう。

次のグラフをご覧ください。

グラフ:パートタイム労働者の産業別平均月収(ユーロ)

スペインのパートタイム労働者の産業別平均月収(ユーロ)

https://www.ine.es/jaxiT3/Tabla.htm?t=6038&L=0 より

産業別にみると、パートタイムでも産業別の平均月収は、フルタイムの平均月収と異なり、建築業のほうがサービス業より高い月収であることがわかります。

  • 製造業 875ユーロ(113,750円)
  • 建築業 868ユーロ(112,840円)
  • サービス業 806ユーロ(104,780円)

また、パートタイム労働者の業界別の平均月収を見ると、グラフは次のようになります。

グラフ:パートタイム労働者の業種別平均月収(ユーロ)

スペインのパートタイム労働者の業種別平均月収(ユーロ)

https://www.ine.es/jaxiT3/Tabla.htm?t=6039&L=0 より

TOP3は、次の業界となります。

  1. 金融・保険産業 1,067ユーロ(138,710円)
  2. 情報・通信産業 961ユーロ(124,930円)
  3. 社会保障・防衛関係 942ユーロ(122,460円)

しかし、何より目を引くのは、フルタイムとパートタイムの月収の差額ではないでしょうか。

パートタイムの労働者の月収はフルタイムの労働者の25%~30%なのです。

スペインでは金融関係や情報通信産業が収入は高い

スペインの平均収入についてこの記事で考察してきました。

スペインでは、金融関係業界あるいは情報通信産業でフルタイムの仕事に就くことが、高収入を確保する条件と言うことができそうです。

世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住コミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ

世界中の日本人同士が繋がり、情報提供したり、チャレンジしたり、互助できるコミュニティ「せかいじゅうサロン」

参加無料。気軽に繋がってください。(2021年2月時点:参加者1400名超えました)

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。

世界中を仕事場にできるスキルアップ講座がスタートします!”

せかいじゅうの学校

せかいじゅうのコンセプトは
海外への無数の選択肢と可能性を提供すること

それを可能にするスキルと職業を手に入れませんか?

参加は無料。地球が仕事場となるコミュニティに参加しよう!詳しくは↓