【ホームステイ情報】オーストラリア・シドニー在住日本自宅へステイしよう

オーストラリア、シドニーへホームステイ2

シドニーへの留学や長期でゆっくり滞在をされてみたい方へ。

在豪歴27年の日本人ホストがホームステイを提供いたします♪

最新のホームステイ情報はホームステイプラン詳細ページをご確認ください。

海外居住者とのトークライブイベント

せかいじゅうTALKLIVE・オランダでEU移住の扉を開こう

12月28日(土)・オランダ移住を徹底解説♪現地とオンラインで繋がるイベント。トークライブ詳細はこちら

シドニーの魅力

シドニーと言えば、まずはオペラハウス、ハーバーブリッジ、ブルーマウンテン、ビーチ、コアラ、カンガルーが思い浮かぶかと思います。

素敵なビーチが沢山あり、サーフィンやダイビングを習うのにはもってこいの場所です。

これ以外にも楽しめるのが海外アーティストのコンサート、ミュージカル、オペラ等で、チケットが日本よりもかなり手頃な値段で買えて楽しめます。

スポーツ観戦好きの人には、日本では見れないオーストラリア人のラグビー、クリケット、あるいは人気のあるサッカー、テニスの試合を見るのも楽しいかと思います。

グルメの方には多国籍国家ならではの、色々な国の料理が安くて味わえるのもシドニーの魅力の一つです。

Eppingの町について

私達の住んでいる町、Epping はシドニーの街からは電車で30分位で、他の町に繋がる電車のラインが沢山出ているので、西地区、北地区へのハブステーションになっています。

今月末から新しく走るメトロトレインの拠点でもあります。

バスや電車で最寄りのショッピングセンターに行くのも簡単で、時間も10分ないし15分程で行けます。

Epping にはアジア人も住んでいるので、日本食も簡単に手に入り、日本食レストランもあります。

日本人の交換留学を扱っているマッコーリー大学へは、うちからだと乗り換えなしのバスでオフピークだと15分で行けます。

シドニーの橋

シドニーの語学学校情報

マッコーリー大学はうちからバスで20分程で行け、長期、短期の日本人留学生を受け入れています。

シドニーの街には沢山の語学学校があり、日本人を受け入れています。

語学学校の名前は詳しくは知りませんが、その他の大学もうちからのアクセスは難しくないです。

おすすめしたい体験

ビーチ、スキューバダイビング、サーフィン、ブルーマウンテン、ドルフィンウォッチング、インドアスカイダイビング、マーケット、博物館、美術館巡り、オペラハウスツアー、ミュージカル観劇、ワイナリー見学、サッカー、ラグビー、テニス観戦、オーストラリアの動物がいる動物園、ファミリーBBQ、多国籍料理、野外映画、野外クラシックコンサート、ブッシュウォーキング、ハーバークルーズ、ランチ、ディナークルーズ、羊の毛刈りショー、乗馬、ヴィヴィッドという夜の光ショー見学、イースター農業祭、ハーバーブリッジクライム

主要スポットへのアクセス

シドニーの街へは電車で30分程です。マッコーリーへはバスで20分です。チャッツウッドへは電車で20分です。

最寄りの施設

スーパーマーケットは歩くと30分、バスでは5分です。大きなショッピングセンターへはバスで20分です。

スポンサーリンク

ホスト情報

シドニーのホストファミリー

家族構成と家族について:

私、オーストラリア人の夫、15歳の息子、17歳の娘の4人家族に、犬1匹とウサギが1匹です。ウサギは庭で飼ってます。

家庭内の言語:

ほとんどが英語です。

普段のライフスタイル:

17歳の娘は日本語を勉強していて、趣味はKポップ、日本のアニメを見る事、読書、ピアノ、バイオリン、ダンス、ショッピングで、日本食が大好きです。

15歳の息子も日本語を勉強していて、5歳からサッカーをしているサッカー少年です。他にはテニス、ピアノ、ドラムをしますが、特に好きなのはXboxです。

主人はエレクトリックエンジニアで、車が大好きで、暇さえあればガレージでエレクトリックカーの製作をしています。トヨタMR2をエレクトリックカーに改造し運転していましたが、最近中古のLotus を手に入れ、2019年内に運転出来るようにするのが最大の趣味です。

私はパートで二つの仕事を持っていますが、子供達の学校が終わる前には帰宅しています。

家族から私の趣味は、洗濯、掃除、料理と言われていますが、家族に乳製品とナッツアレルギーがあるので、それらを使わないお菓子をよく作っています。また、ショッピングとインテリアにも凝っています。

以前は絵画も習っていましたが、今は暇を見つけてピアノの練習をしています。

うちの家族は全員映画が大好きで、ピアノとドラムがある部屋に主人自慢の大きなスクリーンとスピーカーもあり、週末の夜はその部屋でネットフリックスから映画をよく観ています。

ホームステイの受入実績

2015年から受け入れをしており、4年になります。(2019年時点)

日本人、中国人、韓国人、イタリア人、ドイツ人で、年齢は13歳から25歳で、主に高校生、大学生を受け入れてきました。

シドニーのホストファミリー宅2

スポンサーリンク

お部屋と料金のご紹介

お部屋

提供可能な部屋数1部屋
お部屋のタイプ個室
ベッドサイズクイーンベッド、もしくはシングルベッド
室内設備サイドテーブル、クローゼット、エアコン、勉強机、椅子全てあります。
室外設備バス、トイレは子供達とシェア。
アメニティードライヤー、バスタオル
インターネット回線Wifiあり
人数1-2名

 

シドニーのホストファミリー宅

料金

※料金は為替によって変動いたします。最新の料金はご相談のうえ確認ください。

期間費用(宿泊費)
一週間・7泊8日(一人利用・朝食、夕食込み)38,500円

 

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住日本人宅へホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

ホストからのメッセージ

在豪歴27年になり、日本よりもオーストラリアに長く住んでいます。

オーストラリアには自然と親しむ環境が多く、人もおおらかで忙しい日本社会から解放された気分になります。生の英語を毎日聞いて、それを使って会話を上達させることは海外でしか味わえない経験ですし、英語を間違っても誰も笑ったりしません。

日本人以外の友達を作るのも楽しいですし、外国人の文化を直接学ぶ良い機会です。

私自身が若い頃にホームステイを経験したので、自分が楽しく、嬉しかった事をうちでホームステイされる方に提供したいです。

高校生、大学生、社会人と特に指定はありませんが、責任ある方を希望します。

 

せかいじゅうからのご留意事項

※18歳未満の方は本サイトに会員登録ができません。ご両親からのご利用をお願いいたします。
※ホストファミリーと事前にスカイプ電話等で滞在希望者の事前確認を行わせていただいく場合がございます。
※紹介後は、ホストと直接コンタクトをとり、滞在日程、条件等をご確認ください。
※内容によっては、ホームステイをお受けできない場合もございます、あらかじめご了承ください。

ホームステイの必須項目

  • 航空券
  • パスポート
  • ビザ(滞在日数によってビザ取得が必要になる場合があります。ご自分で責任を持ってお調べください。)
  • 海外旅行保険加入(コピーを持参ください)
  • 変換プラグ

注意点

※ビザ取得サポートは行っていません。
※到着後、ステイ途中での返金はいたしかねますので、最初の希望ステイ期間はあまり長めに設定されないことをおすすめします。長期を希望される方で、ホストファミリーが気に入っていただければ、継続してご入居するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

海外移住・永住でご相談・お悩みはありませんか?

プロエージェント

せかいじゅうが厳選する移民エージェントを紹介します

当メディアは世界中の各国へのコネクション・ネットワークを強みとし、その規模は世界最大規模。海外渡航に関する悩みやトラブルを解決します。

海外への移住手続きやビザ取得まで完全サポート!せかいじゅうが選び抜いた信頼できる専門家を紹介致します

せかいじゅうプロからお気軽にご連絡ください。

海外エージェント(移住・ビザ・仕事)の方はこちらからご応募ください。

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。