イギリスでの出産後に必要な5つの手続き。必要な書類や期限など

イギリスでの出産が無事に終わり、育児に奮闘中で寝不足な日々。

それでも可愛い我が子との時間を楽しみながら育児をしている方へ、そんな中でも忘れてはいけないのが、出産後にやるべき手続きです。

出産で疲れているのもあり面倒な書類作業は後回しにしがちですが、期限があるものもあるのでなるべく早めに終わらせたいところです。

ここではイギリスでの出産後に必要な手続き5つ

  1. イギリス出生届け
  2. 日本出生届け
  3. 日本のパスポート申請
  4. 児童手当申請
  5. GP登録

について、説明していきます。

手続きをする場所、必要な書類、期限はいつまでなのかなど詳しく説明していきます。

イギリス出生届け(Birth Certificate)

まず最初にすべき手続きはイギリスの出生届。

こちらの手続きではBirth Certificateという出生証明書がもらえます。

イギリス出生届け(Birth Certificate)

この出生証明書はその他の手続きに必要になるので2、3枚ほどもらっておくといいです。

どこで手続きできるのか

地域のレジスターオフィス(登記所)で手続きをします。

政府サイトから地域の登記所を探し、手続き日の予約をする必要があります。

こちらのサイトでお住まいの地域の登記所を探すことができます。

Local register office

手続きはわりとすぐに終了し、出生証明書は当日にもらうことが可能です。

必要書類

  • 赤ちゃんが産まれた日と場所が分かる書類
    (これは出産した病院でもらえます)
  • 両親の名前や住所が分かるもの
  • 両親の誕生日が分かるもの
  • 婚姻証明書またはパートナー証明
  • パスポート
  • 母親の名字が変わっている場合は旧姓が分かるもの

費用

費用は1部 £11になります。

数枚もらう必要があると説明しましたが、後から出生証明書が必要になった場合、いつでも手続きをした登記所で出生証明書はもらえます。

期限はいつまで?

この出生届の期限は赤ちゃんが産まれた日から42日以内に済ませる必要があります。

この手続きには赤ちゃんを連れて行く必要はないので、パートナーの方や旦那さんに手続きに行ってもらうことができます。

バタバタ忙しく自分のことは後回しになってしまい、外出する時間もないママは安心したのではないでしょうか。

出生証明書があればその他の必要な手続きをスムーズに進めることができるので、産後すぐにパートナーや旦那さんに行ってもらうことをおすすめします。

世界中の日本人と繋がるコミュニティ

人生が世界へ広がるコミュニティ「せかいじゅうサロン(無料)」へ招待します

人脈ネットワークの構築、情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

日本出生届け

どこで手続きできるのか

これはイギリスのロンドンにある在英国日本国大使館(Embassy of Japan in the UK)で手続きをします。

来館して手続きをすることもできていたのですが、現在はコロナウイルス感染予防のため戸籍関係の届は原則郵送での提出になっています。

ロンドン郊外にお住まいの方にはロンドンまでわざわざ出向く必要もないので、実際には郵送の方が便利だったりもしますね。

  • 必要書類
  • 出生届の用紙
  • 出生証明書(原本1通、コピー1通)
  • 上記出生証明書の和訳
    (大使館作成の雛形を使用できます)
  • 出産した病院が確認できるもの
  • 両親のパスポートコピー
  • イギリスの滞在許可が確認できるもの
  • 出生確認シート
    (日本大使館サイトよりプリントアウト可能)

期限はいつまで?

日本の出生届の期限は出生の日を含めて3ヶ月以内に届ける必要があります。

費用は1部 £8です。

※受理された届出は、通常2ヶ月ほどで日本の戸籍に記載されるので本籍地役所に直接確認する必要があります。

また、この後の日本のパスポート申請で戸籍謄本が必要になるので、日本にいるご家族に戸籍謄本をイギリスまで郵送してもらう必要があります。

【海外移住の最短の道】海外企業で働き、移住したい方のサポートを開始しました

一度きりの人生をワクワク、ドキドキしながら海外に住むことは可能です。あなたのライフプラン、キャリアプランにそって最適な居住国、仕事探しをプロが伴走サポートします。詳細はこちら

日本のパスポート申請

どこで申請できるのか

これも出生届と同じく在英国日本国大使館で申請します。

これは郵送ではなく来館での申請となります。

大使館では他にも在留証明や婚姻証明、イギリスの運転免許証への切替手続きに必要な証明の発行も行っていますので、イギリスに移住した際は大使館の場所を事前に確認しておくと便利です。

  • 必要書類
  • 赤ちゃんの戸籍謄本(6ヶ月以内に発行されたもの)1通
  • 赤ちゃんの写真 1枚

期限はいつまで

パスポート申請には期限はないですが、もし産後数ヶ月で日本に帰国する予定などがある場合は予定に合わせて申請して問題ないです。

パスポートは申請受理の5日後(土日を除く)とわりと早くに発行されます。

※申請には赤ちゃんを連れて行く必要はないですが、受け取りの時には顔確認があり必ず赤ちゃんを連れて行く必要があるのでご注意ください。

費用は£41です。

出生届やパスポート、その他の証明も含め大使館での支払いは全て現金でお釣りのないよう払わなければいけないので事前に用意しておく必要があります。

児童手当申請(Child Benefit)

イギリスの児童手当申請(Child Benefit)

イギリスの育児手当とは

児童手当(Child Benefit)は16歳未満のお子さんがいる家庭が受けることのできる給付金です。

※ご家庭の収入が年間£50,000を超える場合は、税金(給付された児童手当をいくらか払い戻す)を支払う必要があるので、ご家庭の年間収入額によって児童手当を申請するか判断したほうがいいです。

どのくらいもらえるのか

第1子:週£21.80
第2子以降:週£14.45

指定の口座に4週間ごとに支払われます。

申請方法

申請は政府サイトよりChild benefit claim formという申請書を記入し、郵送します。

9ページとなかなかの量ですが、わりと簡単な内容です。

必要書類

  • Birth Certificate

※郵送したBirth Certificateは申請結果と一緒に4週間後以内にご自宅に届きます。

期限はいつまで

この申請には期限はないですが、申請書を郵送してから申請結果がでるまで長い場合16週間ほどかかることもあるので、なるべく早くに申請することをおすすめします。

しかし申請が遅くなった場合でも3ヶ月前までさかのぼり支払いしてくれるので、バタバタしていて申請が遅れてしまった場合も安心です。

GP登録

GPとは

イギリスのGP(かかりつけ医)

GP(National Practitioners)は初期診断や治療にあたる日本で言うかかりつけ医といった所です。

患者の判断で大きな病院へ出向いたり、皮膚科へ行くことはできず、どのような症状であっても一度このGPにて診察を受ける必要があります。

症状によっては大きな病院での治療が必要と判断され、その際はこのGPより紹介状(Referral)が送られ大きな病院での専門的な診察や治療を受けることができるのです。

登録方法

まずはNHSのサイトよりお住まいの地域のGPを探します。

「待ち時間が長すぎる」
「スタッフの対応が悪すぎる」

など評判が悪いGPもあるので、検索する際には口コミをチェックしておくといいですよ。

また新規受入してない場合もあるので、その点の確認も必要です。

実際に登録するにはGPに出向いて登録できるところもありますが、電話予約が必要なところもあります。

どちらの場合も登録する際に簡単な問診や健康診断があり、必要書類に記入し登録完了となります。

必要書類

  • Red Book(日本の母子手帳のようなもの。産後に病院でもらえます。)
  • Birth Certificate(出生証明書)またはパスポートも持参しておくといいです。

Red Book

※上記写真Red Bookは赤ちゃんの身長・体重の記録や検診記録、予防接種の情報などが記録され、とても大切なものですので無くさないようにしましょう。

期限はいつまで

登録に期限はないですが早めに登録することをおすすめします。

赤ちゃんは生後8週間から予防接種が始まり、この予防接種を受ける場所がこのGPになります。

また1ヶ月検診もこのGPであります。

産後のママや赤ちゃんに何かあった時のためにも早めに登録しておくと安心です。

※急を要する救急外来はA&E(Accident & Emergency)
※救急車が必要な場合は「999」

緊急の際にどこに行けばいいか分からず焦って調べることになるので、事前にお住まいの近くのA&Eや緊急の際の番号は調べておくといいですよ。

まとめ

とくにイギリスは基本産後24時間後に退院となるので、出産で体力を使い果たしたにもかかわらず24時間後には育児が始まりヘトヘトなはず。

そんな中、書類記入などの作業は誰でも面倒だと思うはずです。

一番最初にすべきイギリスの出生届は赤ちゃんを連れて行く必要がないので、パートナーや旦那さんに行ってもらうなどご家族にも協力してもらうといいですよ。

出産前に必要な書類や期限などを事前に調べておくだけでもあとの作業がずいぶん楽になるので、時間がある時にぜひ確認してみてください。



世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住コミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ

世界中の日本人同士が繋がり、情報提供したり、チャレンジしたり、互助できるコミュニティ「せかいじゅうサロン」

参加無料。気軽に繋がってください。(2022年6月時点:参加者3600名超えました)

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外居住最短の道「海外就職」。始めての方でも世界できっかけが持てるキャリアコーチングがスタート!”

せかいじゅうキャリアコーチング

せかいじゅうのコンセプトは
海外居住への無数の選択肢と可能性を提供すること

それを可能にする「海外企業への就職」

人生一度きり。毎日ワクワク、ドキドキする日常に変えてみよう!世界で働くという扉を開いてみたい方は↓

海外居住に必要な「英語力」。日英バイリンガルの2名体制で、あなたの英語レベルを3ヶ月で変えます。”

せかいじゅう英語コーチング

海外移住を目指す方は、今日本にいる間にやるべき準備は英語上達。これは必須項目です。
もし、この英語力を怠ると、仕事の幅も狭まり、現地ネットワーク作りも困難になります。

また、オーストラリアやカナダといった人気国の永住権を取得するにも英語試験をクリアしなくてはいけません。

せかいじゅうの英語コーチングは、もう後がない、今すぐ英語の基礎力をあげ、現地で通じる生きた英語をマスターしたい方のためのものです。ちまたの英語コーチングとは一線を画すせかいじゅうの英語コーチングとは?