韓国で日本語教師になるには?条件や給与を大公開

韓国は、高校の第二外国語として日本語が選ばれているほど、昔から日本語学習者の多い国の一つです。

そのため、日本語教師の需要が一定数あり、これから韓国への移住を考えている人にとっては比較的就きやすい職業といえます。

そんな韓国で日本語教師になるためには、どのような条件が必要で、給与や待遇はどうなのか。

実際に日本語教師として働く韓国在住者がくわしくご紹介します。

日本人の能力は世界では高く評価されることを知っていますか? あなたの価値を最大化して、安心・納得して海外転職する方法を5時間の動画にまとめました。
【期間限定配布中】プレゼントを受け取りたい方はこちらからへ

韓国での日本語教師の活躍の場

日本語教師は、韓国のいろいろな場所で活躍しています。

具体的にどのような教育機関で、どのような授業を行っているのでしょうか。

一つひとつ詳しく見ていきましょう。

大学

韓国の大学には、日本学科や日語日文学科などと呼ばれる日本関連の学科・専攻が多く存在します。

大学で開かれている日本語の授業では、文法を韓国人の先生が、会話を日本人の先生が教えていることが一般的です。

文法の進度に合わせて、習った内容を会話で実戦練習できるように、他の教師とコミュニケーションを取りながら授業を準備していきます。

最終的には、学生たちが単位を取得して卒業することが目的なので、教科書通りの内容を忠実に教えることが求められます。

語学院(語学学校)

韓国で働く日本語教師が最も多いのは、語学院と呼ばれる私立の語学学校です。

専攻や副専攻として日本語を学ぶ大学とは異なり、日本語を学ぶ目的も学習者の年齢もさまざま。

日本への旅行やアニメが好き、ビジネスや自己啓発のためなど、いろいろな学習者が授業を受けに来ます。

特に最近は、日本の高校や大学への進学を目指す韓国の学生が増えており、日本留学試験や日本語能力試験などに特化した授業が必要になることも。

学習者一人ひとりのニーズに合わせて授業の内容を構成できるのが魅力です。

企業への出講

出講とは、日本語教師が企業へ出向いて授業を行うことです。

多くの場合、会社の会議室などを利用して、社員を対象にグループレッスンを行います。

社長や理事長など、管理職に対する個人レッスンを行うことも珍しくありません。

日本企業とのビジネスで必要となる内容を想定して授業を行います。

社会経験のある日本語教師は、さらに経験を生かせるでしょう。

 

目的別に多種多様な日本語の教科書

家庭教師

曜日や時間を比較的自由に決めやすいのが、日本語の家庭教師です。

学習者と1対1で行うことが多いため、授業の内容は学習者と相談して決定します。

どこかの教育機関に所属して日本語を教えるわけではないので、レベルチェックから教材選びまで、日本語教師が一人で行います。

自由度が高い反面、自分で学習者の日本語学習をしっかり管理することが求められます。

日本人だからという理由だけで家庭教師を始めることもできますが、日本語教師としての経験と知識があった方が、学習者からの信頼も得やすいでしょう。

地域の集会所や文化センター

韓国では、地域ごとに開かれる文化センターの講座がとても充実しています。

スポーツや趣味などいろいろな講座の中で、日本語のグループレッスンが開かれていることがあります。

学習者の対象は、学生から主婦、定年退職した高齢者までさまざま。

人数も5~20人と、地域や文化センターの方針によって差が見られます。

勉強のためというよりも趣味で日本語を習う学習者が多いため、学習者が楽しく学べるような授業づくりがポイントです。

世界中の日本人と繋がるコミュニティ

人生が世界へ広がるコミュニティ「せかいじゅうサロン(無料)」へ招待します

人脈ネットワークの構築、情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

日本語教師になるための条件

  • 日本語教師になるためには、基本的に次のような条件が挙げられます。
  • 日本の四年制大学卒業(会話指導ビザの取得要件)
  • 日本語教師養成講座420時間修了または日本語教育能力検定試験合格
  • 日本語教育専攻または副専攻

いずれも日本で準備しなければならない条件です。

韓国での日本語教師を目指している場合は、必ず渡航前にこれらの条件を満たしておく必要があります。

反対に、すでに韓国で生活している人が日本語教師になるためには、一度日本へ帰国しなければなりません。

これらの条件をクリアしてから、再度韓国へ渡航することになります。

大学で日本語を教える場合は、原則として大学院に進学し、修士課程や博士課程を修了しなければなりません。

語学学校や出講などに比べて、かなりハードルが高いといえるでしょう。

韓国語が話せることは、日本語教師の条件ではありません。

ただし、学習者が間違えやすいポイントを理解したり、授業外で学習者と意思疎通したりするために、韓国語を習得していればプラスになるでしょう。

停滞する日本ではなく、成長する世界へ転職する方法

日本人には世界中どこでも働くチャンスがある。海外で働くはじめの一歩のノウハウと準備方法をプレゼントします

世界で働く新しいオプションを手に入れる

具体的に何から準備したらいい?

韓国で日本語教師として活躍するためには、まずこれらの条件を満たすことから準備をしましょう。

すでに大学を卒業している場合は、民間の専門学校や資格スクールなどで開かれている日本語教師養成講座に通うことが近道です。

ただし、420時間の課程を修了するためには経済的にも時間的にも負担がかかります。

今の学業や仕事と並行して進めることができるか、前もって計画を立ててみることが必要です。

一方、日本語教育能力検定試験は合格率が30%以下という高難度の試験です。

独学でも不可能ではありませんが、一般的にはかなり厳しいといわれています。

対策講座や模擬試験を行っている専門学校や資格スクールを探してみるといいでしょう。

日本語教師の給与や待遇

大学や語学学校に所属する日本語教師は、年俸制や月給制で給与が決められています。

学校や地域によって異なりますが、だいたい月200~250万ウォンというところが多いようです。

大学の場合は、月300万ウォン以上のところも。

専任講師として働く場合は、韓国の四大保険(国民年金、国民健康保険、雇用保険、労災保険)に加入できることがあります。

また、語学学校の場合は、専用寮や借り上げ住宅を用意してくれることも。

韓国で働き始めるにあたって、住居の提供があればより心強いですね。

出講や家庭教師、文化センターなどで日本語を教える場合は、時給で換算されることが多いようです。

一般的に1時間15,000~25,000ウォン程度で、経験によって異なります。

日本語教師の求人の探し方

日本語教師の求人は、インターネットで探すのが一般的です。

語学学校や出講は、韓国の求人サイトに多く掲載されています。

ただし、求人内容はすべて韓国語なので、韓国語をある程度理解しておく必要があります。

日本のサイトでも、韓国で募集している求人が載っていることがあります。

いろいろなサイトを定期的にチェックしておくといいでしょう。

また、韓国ならではの求職方法といえば、人脈です。

韓国は人と人との関係がとても重要だと考えられています。

知人の紹介で日本語教師を始めたり、授業の評判が良ければまた他の学習者を紹介されたりすることが少なくありません。

韓国での生活を始めて間もないうちは難しいかもしれませんが、日本語教師として着実に知識と経験を積んでいけば、きっと活躍の場が広がるはずです。

日本語教師の1日の流れ

日本語初級の教科書

日本語教師はどのような1日を送っているのでしょうか。

ここでは、最も日本語教師が多い語学学校のケースをご紹介します。

韓国では、会社や学校が始まる前に語学学校に立ち寄って日本語を学ぶ学習者が多いです。

そのため、日本語教師は早朝に出勤し、朝6~9時まで1コマ50分または90分の授業を行います。

その後夕方まで自由に過ごし、午後5~10時頃まで授業を行います。

昼間の自由時間には、一旦帰宅して休んだり、学習カルテの整理や授業の準備に充てたりすることがほとんどです。

朝早くから夜遅くまで仕事をしなければならないため、想像以上に体力が必要な職業といえるでしょう。

さいごに

日本語への関心がとても高い韓国で働く日本語教師は、とても魅力的な職業です。

なぜなら、多くの学習者から必要とされ、一人の日本人として日本語や日本文化を教えることで、やりがいや満足感を得られるからです。

これから韓国で日本語教師を目指すなら、条件や給与などをしっかり理解した上で、早めに準備しましょう。

世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住コミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ

世界中の日本人同士が繋がり、情報提供したり、チャレンジしたり、互助できるコミュニティ「せかいじゅうサロン」

参加無料。気軽に繋がってください。(2022年6月時点:参加者3600名超えました)

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外移住最短の道「海外転職」。世界で幸せに働くというオプションを手に入れよう”

せかいじゅうキャリア

せかいじゅうのコンセプトは
海外移住への無数の選択肢と可能性を提供すること

それを可能にする「海外企業への就職」

人生一度きり。毎日ワクワク、ドキドキする日常に変えてみよう!世界で働くという扉を開いてみたい方は↓