100家族のマレーシア移住実現のサポートをしたい-30代半ばで移住した足利さんのストーリー

※この記事はせかいじゅうサロンの「海外在住者ピックアップ」企画で、紹介された内容です。

せかいじゅうサロンのみなさま、マレーシアに家族で移住して今年9年目になる足利です。

今度、マレーシア移住セミナーの講師をさせて頂くことになりましたので、その前に私のことについて簡単に紹介させて頂きます。

私がマレーシアにきた時は、マレーシアにある会社に入社する社員としてのスタートでした。

家族での海外生活は不安もあったので、まずは私一人でマレーシアに入り、状況を確認してから、家族を呼ぶという予定でした。

その頃、息子も4歳でしたので、小学校に入るタイミングでマレーシアで合流できれば良いかなという計画でした。

しかし、その前に家族でシンガポールとマレーシアを旅行した時に、「最初から家族でも住めるのではないか」と思い、当初から家族での移住という形を取りました。

そうして始まった家族とのマレーシア移住ですが、ひょんなことから入社した会社を譲り受けることになり、それ以来、自らの体験&感じているマレーシア生活を多くの日本の皆さまに知っていただけるような活動をしています。

現在は、コロナ禍ではありますが、昨年はオンラインのセミナーでは1,500名を超える方にお話を聞いてもらい、昨年夏ぐらいからお子様の教育移住でマレーシアに来られる方々のサポートもさせていただいております。

現地におり、学校から、お部屋の案内や生活サポートなどをさせていただいておりますが、トータルなサポートをしていて、実際にお客様のマレーシア移住を実現させているコンサルタントとしては、もっとも実績のある人ではないかと自負しています。

移住の経緯

三十代半ばに、「日本での生活だけで生きていくのか」、それとも「海外と日本のデュアルライフで生きて、自分の人生をより豊かにするのか」を考えるようになりました。

もしも海外にいくのであれば、三十代で行こうと考えていました。三十代であればまだ体力もあるし、もし日本に帰ることになってもリカバリーできる年かなと思っていての判断です。

子供の教育のことを考えても、伸び伸びと学ばせてもらえる印象の海外での教育にとても興味があったのも事実です。

そんな色々な思いを整理した上で、よりワクワクした「海外と日本のデュアルライフ」を選択して、マレーシアへ。

マレーシアでの生活は、実際に来てみて感じることとして、当初思っていたより心地よく、いつのまにか長くマレーシアにお世話になっています。

マレーシアは食の宝庫。色々な食事がお手軽な価格で楽しめます。

マレーシアは食の宝庫。色々な食事がお手軽な価格で楽しめます。

世界中の日本人と繋がるコミュニティ

人生が世界へ広がるコミュニティ「せかいじゅうサロン(無料)」へ招待します

人脈ネットワークの構築、情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

マレーシアの魅力

いろいろな魅力がありますが、一番は、マレーシアは多民族国家であり、それぞれの民族が自分達の生活を大切にしている点です。

そうしたそれぞれのバックグラウンドを尊重しあっているからこそ、皆それぞれの人生を楽しんでいると感じられるところがあります。

そのような環境にいると、日本であれば同調圧力と言われるように、なにか遠慮して生活していた部分があったように思いますが、こちらではそのようなことを考える必要もなく、自分も思う存分に生活しています。

そんな自分の気持ちに自由に生きられるマレーシアがとてもステキだと思っています。

現地の学校の仲間たちとの夕食。外の風を感じながらの食事は異国情緒を感じられます

現地の学校の仲間たちとの夕食。外の風を感じながらの食事は異国情緒を感じられます

【海外移住の最短の道】海外企業で働き、移住したい方のサポートを開始しました

一度きりの人生をワクワク、ドキドキしながら海外に住むことは可能です。あなたのライフプラン、キャリアプランにそって最適な居住国、仕事探しをプロが伴走サポートします。詳細はこちら

現在の活動

マレーシアでは、教育移住、家族移住、リタイアメント移住といったマレーシアでの生活を実現したい方々への現地情報を提供し、サポートサービスを手がけています。

また、マレーシアに物件を持つ日本人不動産オーナーの物件管理の仕事もさせていただいています。

コロナ禍では、リモートワークなどを許可する会社も増えておりますので、年齢を問わず、マレーシア生活を検討している方が増えている印象です。

そうした追い風もあり、最近でも多くの方がマレーシアへの移住をスタートしており、そうしたサポートをさせていただいています。

これからやりたい事

今年は、昨年までの「コロナで海外に行けない」という思いを爆発させる年と思っており、目標として「100家族のマレーシア移住の実現をお手伝い」するべく活動しています。

100家族の家族移住を実現できれば、その子どもたちがマレーシアの学校で学び、日本で学ぶのとは違う感覚の学びを得るはずです。

そうした子どもたちが将来の日本を支えてくれるようになったら、英語が使えるだけではなく、海外の人の考えなども理解し、また各国に友人がいる状態で、色々な物事を考えるようになれば、日本の世界への発信の仕方も変わり、世界の中での日本の魅力も高まるのではないかと思っています。

マレーシアでの教育移住のサポートをすることにより、そうした将来を担う子どもたちが一人でも増えてくれれば嬉しく思います。

サロンメンバーの皆さまへ

この誌面では書き足りないマレーシアの魅力を、今回のセミナーでは時間の許す限りお話しできればと思っています。また、マレーシア移住への不安な点なども私がわかる範囲でお伝えし、不安解消の場になってくれればと思っています。

きっとこのセミナーに参加するとマレーシアに来たくなってしまうと思います。そして実現が早まると思います。そうした「マレーシアに移住してみたい」という気持ちを行動に移せる方との出会いを楽しみにしています🎶

ジョホール州にあるラワ島の景色。エメラルドグリーンの海で5mも泳げばニモにも出会えます。

ジョホール州にあるラワ島の景色。エメラルドグリーンの海で5mも泳げばニモにも出会えます。

足利さんへ質問、繋がりたい方はこちらから

足利さんへ、直接質問へコメントができます。

質問方法:

  1. せかいじゅうサロン(無料)に参加申請ください。
  2. 「#海外在住者ピックアップ」の該当投稿よりコメントいただけます。


世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住コミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ

世界中の日本人同士が繋がり、情報提供したり、チャレンジしたり、互助できるコミュニティ「せかいじゅうサロン」

参加無料。気軽に繋がってください。(2022年6月時点:参加者3600名超えました)

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外居住最短の道「海外就職」。始めての方でも世界できっかけが持てるキャリアコーチングがスタート!”

せかいじゅうキャリアコーチング

せかいじゅうのコンセプトは
海外居住への無数の選択肢と可能性を提供すること

それを可能にする「海外企業への就職」

人生一度きり。毎日ワクワク、ドキドキする日常に変えてみよう!世界で働くという扉を開いてみたい方は↓

海外居住に必要な「英語力」。日英バイリンガルの2名体制で、あなたの英語レベルを3ヶ月で変えます。”

せかいじゅう英語コーチング

海外移住を目指す方は、今日本にいる間にやるべき準備は英語上達。これは必須項目です。
もし、この英語力を怠ると、仕事の幅も狭まり、現地ネットワーク作りも困難になります。

また、オーストラリアやカナダといった人気国の永住権を取得するにも英語試験をクリアしなくてはいけません。

せかいじゅうの英語コーチングは、もう後がない、今すぐ英語の基礎力をあげ、現地で通じる生きた英語をマスターしたい方のためのものです。ちまたの英語コーチングとは一線を画すせかいじゅうの英語コーチングとは?