フィリピン留学の5つの魅力を知り、渡航準備をしよう

現在、にわかに注目されているフィリピンへの語学留学。欧米での留学では味わえないフィリピン独自の魅力が詰まっています。

今回はフィリピン留学の魅力を5つ紹介したうえで、具体的に留学に必要な準備方法に触れたいと思います。

【フィリピンの関連記事はこちら】

↑フィリピン滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

【せかいじゅうイベント情報】

せかいじゅうNight 6/29(土)at Tokyoに参加しませんか?

オランダ移住者とのトークイベント&世界を目指す仲間を見つけよう♪お席は先着順!早割特典ありますイベントへの参加申し込みはこちら

1. フィリピン留学は欧米留学と比べて50%も安い

留学費用の安さ

フィリピン語学留学の最大のメリットは「費用の安さ」が挙げられます。

語学留学として人気が高いオーストラリアや欧米諸国と比べると、かなり出費を抑えることができます。

基本的に1か月の学費は高いところでも20万円ぐらいです。
これにはドミトリー代や食費、清掃など必要となることすべてが含まれています。

一方、国によっても違いますが、欧米では1か月の授業料は15~20万円程度と同じぐらいですが、別途ホームステイや学生寮代、その他雑費がかさみます。全部で40万円程度はかかる場合もあるでしょう。

このように考えるとフィリピン留学は主要の欧米留学の2分の1程度の出費で済む場合があります。

しかも、安いだけではなくフィリピン人先生のクオリティも年々高まっているのです。フィリピンでは「語学学校の先生」は比較的給料がよく、仕事に就きたいと考えている人も少なくありません。

なので、先生は仕事に就くために英語力を高めるのです。当然、語学学校側としては優秀な先生を雇うので、フィリピン留学の歴史とともに先生のクオリティが上がっているのです。

最近では、TOEIC700くらいのレベルまではフィリピンで、それ以上はネイティブ国へ留学することが最短であり、費用も抑えられるということでこのルートを辿る人が増えています。

フィリピンでは、基礎的なことを割安に繰り返し学習できるので、英語の基盤を作るのに適しています。しかし、フィリピンは英語が日本と同じく第二言語であり、ボキャブラリーや表現に限界があるのも事実。

なので、ある一定以上の英語力に達したら、ネイティブ表現を学べる場に自分の身を置くことが大切になります。

LCC格安航空を利用しよう

さらに、航空費はLCCを使用すると片道1万円未満でマニラまたはセブまで行くことが可能です。

急に日本に帰らなくてはいけなくなって、などのケースもあると思いますが、こういったLCCを使うことで非常に費用を安く抑えることができ、移動にストレスを感じないでしょう。もちろん、日本から近いというのも安心です。

経済面を考慮すると、やはりフィリピン語学留学はお得ということが多いようです。

フィリピンlcc

スポンサーリンク

2. フィリピン独自の教育システムは一対一授業が多いこと

カリキュラムも魅力の一つです。

基本講師は全員フィリピン人です。時折ネイティブスピーカーもいますが、ごくわずかです。多くの人がフィリピン人の発音を気にしていると思いますが、思った以上に問題はありません。もちろん映画やドラマなどのアメリカ人やイギリス人の英語と比べると劣りますが、英語初心者にとってはあまり関係がないところでしょう。

なぜなら、フィリピン英語は単語と単語の間がほとんどつながっておらず、前置詞や冠詞などもはっきりと聞き取りやすいからです。

また、最大の魅力は一対一の授業がたくさんあることです。

欧米の語学学校ではほとんどがグループクラスで、初心者には非常に不満と不安の残る内容だと思いますが、滞在期間中、一対一の授業は同じ講師で行われる為、生徒に特化した内容を丁寧に教えてくれます。

もちろん全部授業料に含まれているため、他国のように余計にお金を払う必要はありません。

そして、日本人とフィリピン人先生との相性が良く、勉強のモチベーションが保ちやすいということが挙げられます。

もちろん性格の違いもあるので、一概に全ての留学生の方が満足するということではないのですが、フィリピン人は「楽しむことを忘れない」「常に笑顔」「人を大事にする」という意識で生活している人が経験上多いため、日本人が好きになるポイントを押さえています。

英語を話す国は他にもたくさんあるにも関わらず、これほどまでにフィリピン留学の人気が高いのは、その国民性の部分も大きく関係しているのです。

スパルタ式学習法

さらに、多くの学校がスパルタ式という学習方法をとっています。一日最大12時間授業を受けることができます。短期間で、集中的に英語を伸ばしたいという人にはとても魅力的なカリキュラムではないでしょうか。

このスパルタ方式は、他国と大きく違い「寮」生活があります。学校に併設された寮で、3食ご飯を食べ、他の生徒と共に通学します。

厳しい語学学校ですと、「平日は学校外に出ることができない」というスパルタ学校もあります。これは極端な例ですが、一般的な語学学校でも1日に8〜10時間ほど授業があるので、平日は遊ぶ暇がないことが多いですし、宿題が出ることもあります。

これはしっかり勉強するという意味もありますし、夜に出歩くと危険が多いため語学学校側も多く規則を定めています。

授業は、50分授業・10分休憩という時間割で運営している語学学校が多く、語学学校によっては「朝レッスン」や「夜レッスン」を用意しているので、勉強環境としては申し分ありません。

また、春休み期間、夏休み期間を除いて、フィリピン留学する方は30代以降の方が多いです。一度社会人を経験された方は英語に対するモチベーションが高く、目標を持ってフィリピンへ渡航してきている場合が多いので、自分自身のモチベーションを保ちやすいというメリットがフィリピン留学にはあると考えています。

スポンサーリンク

3. 気候が暖かく、勉強には適している

人によって好みはありますが、気候もフィリピンの魅力です。

寒いところが特に苦手で、冬の朝など全く蒲団から出ることができないような方は、毎年冬になると憂鬱になり、勉強をしようと思ってもなかなかスイッチが入らないという方もいるでしょう。

しかし、ここフィリピンは常夏の国年間平均気温が27 ℃です。

2月から5月にかけては乾期で、現地の人に言わせると夏に当たるようです。最高気温は日中35度を超え、夜間も25度以上あります。6月もしくは7月からは雨期に入り、雨が多くなりますが、気温も多少下がり、日中は30度程度までしか上がりません。ベストシーズンは12月〜5月でしょう。

一年を通して暖かく、勉強をするにはぴったりのシーズンだと思います。

さらに、花粉症の人には朗報です。

フィリピンには杉の木がないため、花粉症で毎年苦しんでいる方にとっては、かなり嬉しい環境ではないでしょうか。

beach

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住の日本人宅のホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

4. 勉強だけじゃないフィリピンの魅力

前述したように、フィリピンは常夏の国。そして青い空と奇麗な海も魅力です。

多くの留学生が休みになるとリゾート地に繰り出します。特にパワラン諸島にあるエルニドとボラカイは人気です。

これらの地には世界各国から観光客が集い、今流行りのエコツアーやマリンスポーツを楽しみます。中でも、一日のうちにたくさんの無人島などを回るアイランドホッピング(もしくはアイランドピクニック)は人気のアクティビティです。また、スキューバダイビングやサーフィンなども他の国と比べて安く、手軽に行えます。

勉強で息詰まっている時にこのように海で過ごすアクティビティがあると、息抜きができ、また次の週から頑張ろうという気分転換にぴったりだと思います。

スポンサーリンク

5. 素敵な出会いに恵まれたフィリピン留学

海外に行ったことのない人や英語初心者にはフィリピン留学は最適です。

もちろん学校により異なりますが、多くの学校には全学生の30%程度は日本人です。また、日本人スタッフも在住しているところも多くあります。

何か留学生活で困ったことがあれば、日本語で説明してもらうと大変助かります。体調を崩したり、勉強のことで悩んだりと留学中にこのような状況に陥ることは誰にだってあると思います。

また、フィリピンの学校で英語を勉強したあと、将来どのような道に進むのか、などの自分の知らなかった情報を知ることもできますし、知っている情報を還元することもできます。多くの学生が、フィリピンに留学した後、オーストラリアやカナダにワーキングホリデーへ出かけます。そのためコミュニティーを作ったり、情報交換をしたりと、その準備としては最適な場所です。

さらに、多くの外国人とも友達になることができます。韓国人や台湾人、中国人はもちろん、時々ヨーロッパからも留学生が来ます。クラスメイトやルームメイトを通じてたくさんの友達を出会う機会を作ってくれる場所です。

フィリピン留学では他国での留学では体験できないことがまだまだたくさんあります。特に「節約したいし、勉強に集中したい」という考えを持っている方ならぜひこの国での留学生活を考えてみてもよいと思います。

では、ここではフィリピン留学に必要な準備をご紹介したいと思います。

suitcase

必ず準備しよう!フィリピン語学留学に必要な5つのもの

フィリピン語学留学では

  1. パスポート
  2. クレジットカード
  3. 現金
  4. 海外旅行保険
  5. 航空券

の5つが必ず必要になります。この5つさえ準備が整えばフィリピン留学へ出発することができるという事です。

しかし、注意点があるのは確か。それぞれの注意点をご紹介したいと思います。

ビザ

滞在期間によってビザの種類が異なります。事前にチェックして、ご自身に必要なビザを必ず取得しましょう。

ただし、フィリピン留学に必要なビザ等は、日本で事前に手続きする必要がありませんので、エージェントに事前に相談し、対応を決めましょう。

パスポート

「パスポート」有効期限が6ヶ月以上のパスポートが必要になり、有効期限が短いパスポートでは入国ができない可能性があります

クレジットカード

フィリピンではMasterカード、Amexを扱っている店舗が非常に少ないので必ずVISAカードを作成する事をお勧めします。また、2枚以上クレジットカードを作成し、盗難や破損に備えることも大切です。

海外旅行保険

こちらは任意で加入するものなので、語学学校やフィリピン国から強制されるものではありません。しかし、最近は、「海外旅行保険に加入していないと入学できない」という語学学校も増えているので、実質的に加入が必要になります。

航空券

語学学校が手配してくれるサービスもありますが、フィリピン留学では基本的に航空券はご自身で取得することが多いです。ご自身で購入することで手数料がかからず、費用を抑えて購入することができるので、スカイスキャナーやセブパシフィックなどで定期的にチェックすると良いと思います。

スポンサーリンク

まとめ

フィリピンはなんといっても常夏の留学先。そこならではの魅力を紹介させていただきました。西欧ではできない体験があなたを待っているでしょう。費用も抑えられ、国民性も明るく、暖かい環境、こんな留学先をお探しの方は、フィリピンを候補先の一つにしてみてはいかがでしょうか。

【フィリピンの関連記事はこちら】

↑フィリピン滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。