フィリピン留学から就職!現地採用獲得のために押さえたい3つのポイント

今、注目が集まっているフィリピン語学留学

何と言ってもその魅力は、低予算でマンツーマンレッスンを受けられところでしょう。

また、フィリピンでは、日常生活の中で英語が使われており、英語漬けの生活を送るには好都合とも言えます。

英語の習得に関しての目的は人それぞれかと思います。

  • 日本で就職する際に英語力が必要である
  • 海外で英語を使って働いてみたい

など、多くの方が留学後に何らかのプランをもっていることでしょう。

実際、フィリピンでも、語学留学を終えた方がそのままここに残って就職するというケースが近年増えてきています

初めから計画していたわけではなく、フィリピンで留学生活をするうちに、フィリピンのことが大好きになり、どうしてもここで暮らしたい!という方もいらっしゃいます。

そこで、今回は、フィリピン留学からそのまま現地採用として就職するために、必ず押さえておおきたい重要な3つのポイントについてご紹介します。

ポイント1:フィリピン現地採用について知る

フィリピンではどのような仕事があるのでしょうか?

フィリピンでは現在、多くの日本人が現地採用として活躍しています。

その業種は、

  • IT系
  • 語学学校
  • コールセンター
  • 美容関係
  • 飲食店

と様々です。

基本的に、クライアントは日本企業の場合が多く、人件費の安いフィリピン人を使ってビジネスを展開しているケースがメインとなります。

仕事の内容は、自らがエンジニアまたはスタッフとして現場に出ると言うよりは、スタッフやプロジェクトのマネージメント職が多くなっています。

つまり、「いきなり管理職からスタート」という場合もあるわけです。

フィリピンの雇用形態

大きく分けると

  1. 「インターン生」
  2. 「正社員」
  3. 「アルバイト」

の3つになります。

何か特別なスキルをもっている場合は別ですが、社会人経験が少ない若い人は、まずはインターンとして入社するケースが多いです。

現地採用の待遇について

・正社員

正社員の場合、給料は月に5万ペソ、日本円で12万円辺りが相場です

ただし、ここから所得税分30%近くが天引きされてしまい、実際の手取り額は8万円ほどになります。

その他、社会保険料やビザ代を負担してくれる会社もありますが、会社によって条件は異なります。

・インターン

インターンの場合、いわゆる「研修生」となるため、給料が出ません。

ただし、会社によっては住居費や食費を提供してくれるところもあります。

語学学校の場合、無料で英語の授業を受けることもできます。

ちなみに、インターンとして働く際、給与収入があると違法就労となってしまい、最悪の場合、逮捕・強制送還されてしまいますので注意が必要です

・アルバイト

アルバイトの場合は、基本的には、パートタイムや日雇いになります。

給料は、フィリピン人の水準にかなり近い額です。

フィリピンのビザ(査証)取得の注意点

フィリピンにおいて、労働が認められるビザは限られています。

現地採用に関わるものだけを挙げるなら、9Gというものがあります。

これは、いわゆる「労働ビザ」と呼ばれるもので、AEP(労働許可証)の取得後、観光ビザから労働ビザへ切り替えることにより取得できます。

ただし、取得までの道のりは簡単ではなく、時間とお金がかかります。

多くの会社はこのビザ代を負担してくれますが、中には自己負担の会社もあります。

費用は、日本円で20万円近くかかります

インターンの場合、ビザは観光ビザのままで問題ありませんが、SWP(特別労働許可証)を取得することを強くおすすめします

フィリピンでは、外国人が政府の許可なしで働くことができません。

無報酬の場合であっても、「労働」と位置付けられる活動に対して、許可を取る必要があります

先日、大きなニュースになっていましたが、インターン生を「研修生」という名目で働かせていた会社が摘発を受けました。

その会社は、SWPを用意していなかったためです。

ですので、インターンとして働く場合、SWPを取得できるかどうかを必ず会社に確認してください。

後に、インターンから正規採用に切り替わった際、9Gの申請手続きを行うこともできます。

労働ビザや労働許可証、特別労働許可証は、個人で申請することはできません。所属している会社から申請することになります。

スポンサーリンク

ポイント2:フィリピン現地採用獲得までの流れを押さえる

仕事の見つけ方

最近は、ウェブ上でも現地採用情報を掲載しているサイトが多数あります。

そういったサイトで検索するのも一つの手です。

また、ツイッターでも現地採用情報がよく流れています。

結構多いのが、知人による紹介という方法です。

語学学校に在籍しているうちから、いろいろな人と交流し、人脈を広げておきたいところです。

また、現地採用に関するエージェント会社もあります。

そういったところに登録して、個別カウンセリングを受けるという方法もあります。

採用面接

会社の面接を取り付けるところまで来たら、いよいよ折り返し地点です。

フィリピンに滞在中であれば、直接会社へ出向き面接を受けることが望ましいです

ですが、すでに日本へ帰国している場合でも、Skypeによる面接を行ってくれる会社もありますので、まずは担当の方へ相談してみるとよいでしょう。

働く待遇面の交渉

いよいよ採用となった場合、待遇面の交渉を行います。

フィリピンでのビザ代は誰が負担するのか、住居は用意されるのか、社会保険はあるのか等、最初に契約条件を明確にしておく必要があります

ここが曖昧だと、後でトラブルになるケースがあります。

現地採用は、日本採用の駐在員とは違います。

待遇面は、日本採用のそれと大きくかけ離れている場合がほとんどですので、慎重に会社選びをする必要があります。

スポンサーリンク

ポイント3:現地採用での注意点を把握する

金銭的に余裕があるかどうかをしっかり考える

待遇面でも触れましたが、現地採用は日本で働くことと比べ、給料が低くなります

物価が日本と比べて安いフィリピンとは言え、それはあくまでも現地の人達の生活水準で暮らした場合の話です。

日本にいるときと同じような生活をしようとすると、むしろ日本より割高になります。

現地採用として働く際、日本に支払を残してきたり、養う家族があったりすると、かなり厳しい生活を強いられてしまいます

ですので、ある程度、金銭的に余裕を持った状態でフィリピンの現地採用として働き出すことが賢明です。

生活に慣れてくれば、上手にやりくりして貯金をすることも可能になります。

1年後、2年後の自分の人生プランを明確にしておく

「現地採用での就労経験を活かして、次へステップアップしたい」「2年後にはフィリピンで独立したい」など、大まかでよいので目標設定をしておく必要があります。

この目標が、現地採用として働く際の重要なポイントとなります。

この目標がはっきりしている人ほど、情熱をもって仕事に取り組み、成功を掴み取っているからです。

本当にやりたい仕事を選ぶ

「石の上にも三年」と言われていますが、今の世の中は、ものすごいスピードで流れています。

「こんなはずじゃなかった」と後悔しながら働いていると、あなたの貴重な時間がどんどん奪われていってしまいます。

かと言って、自分の感覚の範囲内だけで仕事をするのもよくありません。

せっかくフィリピンという海外で働く選択をした訳なので、勉強のつもりでいろんな事にチャレンジする姿勢も大事です。

やはり、自分がやりたい仕事はやっていても楽しいものです。

フィリピン生活においては、少なからずストレスがたまります。

やりたい仕事を毎日楽しくすることができれば、きっと充実した日々を送ることができるでしょう。

せかいじゅうからのご案内

日本と世界を繋ぐ仕事にたずさわる法人・個人の方へ

国内・海外でビジネスをしている方、これから海外で起業したい方必見!ここからスタートアップを図ろう→せかいじゅうSTARTUP

フィリピンでの仕事獲得についてまとめ

フィリピン留学から現地採用を獲得するために押さえたい3つのポイントについてご紹介しました。

大事なことは、何事も挑戦してみるということです。

もし海外での就職に対して躊躇しているのであれば、とにかく一度就職してみてください。

現地には、同じように頑張っている日本人が沢山います。そういった方達と交流を深め、アドバイスをもらうこともできます。

一緒に海外で頑張りましょう!

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

スポンサーリンク

海外の移住・留学エージェントの方へ、せかいじゅうSTARTUPに参加しませんか?

たくさんの海外渡航したい日本人に出会い、サポートしよう

海外でビザ、不動産・賃貸、移住、留学サポートなどの事業をされている企業様の世界的なネットワークを作っています。

まずはせかいじゅうSTARTUPへの参加をお待ちしています。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。