セブ移住がオススメな8つの理由

セブ島移住の魅力

成田空港から飛行機で5時間程度と日本から行き来がしやすく、すきとおった綺麗な海がある一方で、市内には高級マンションや高層ビルが立ち並ぶ発展盛りのフィリピン・セブ島。

旅行でセブが気に入った人も、初めての海外移住をしてみたい人も、いいところたくさんのセブで南国パラダイスライフをしてみませんか?

今回は、そんなセブで2年半生活している在住者からセブの魅力を8つお届けします。

【フィリピンの関連記事はこちら】

↑フィリピン滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

せかいじゅうからのお知らせ

1.白い砂浜の海、緑あふれる山などの自然が豊富

街の中心となるセブ市内からも海はみれますし、市内から車で1時間程で行ける隣のマクタン島にはプライベートビーチがあるリゾートがたくさん!

ちょっとリラックスしたいときにも、アクティブにマリンスポーツをしたい人にもおすすめです。

世界中の日本人と繋がるコミュニティ

人生が世界へ広がるコミュニティ「せかいじゅうサロン(無料)」へ招待します

人脈ネットワークの構築、情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

2.プール、ジム付のコンドミニアムに住める

セブでは日本でいうマンション=コンドミニアムの建設ラッシュです。

20階建以上の高層コンドミニアムから、4万円程度の家賃でプール、スポーツジム付きのコンドミニアムに住めます

また、ほとんどのコンドミニアムには24時間警備員が常駐しており、何かトラブルがあればいつでも相談できます。

スポンサーリンク

3. 英語が得意でなくても大丈夫

住むとなると、どうしても現地の人とのコミュニケーションは必須です。

しかし、英語はカタコトだし、頼れる人もいないし、生活がしていけるのか不安になることもあると思います。

実は「フィリピンホスピタリティ」という言葉が存在するほど、フィリピン人は優しく思いやりがある人が多いです。

例えば、ジープニーという乗り合いバスの中。ふつうは運転手にコインで運賃を払いますが、手持ちがないときはお札で払って、運転手からお釣りをもらいます。

ただし運転手から遠い席に座った時には、「どこどこまで、何人分の料金です(だから◯◯円お釣りください)」が運転手に聞こえないことがあります。

そんなときには、いつも真ん中に座っている人が、「何人分だって」とか、「どこまで行くってさ」と頼んでもいないのに代わりに運転手に伝えてくれます

また、セブの人々は基本的に英語でコミュニケーションをとれますが、母語はビサヤ語です。

英語はあくまでも書き言葉や第二の公用語(第一公用語はタガログ語)のような扱いのため、英語を勉強している人の気持ちを理解してくれます。

特にセブは観光地としても有名なため、カタコトの英語で話しても面倒くさがらず、陽気に話しかけてくれるのが、セブホスピタリティです。

スポンサーリンク

4. 日本人向けの求人が多い

もともと欧米諸国のBPO企業が多いセブですが、現在は日本企業も次々とセブへ進出中で、日本人向けの求人情報もネットや現地情報誌に多数掲載されています。

コールセンターやバックオフィス業務の求人が多いですが、営業系や翻訳のお仕事などは給与が100,000ペソ=約220,000円の求人もあります。

海外に滞在し、労働するためには就労ビザが必要ですが、ほとんどの場合、会社が負担をします。

5. 生活費が安い

東南アジアといえば、やはり物価が安いことも魅力ですね。

  • 節約をして貯金を作りたい!
  • 将来起業するために資金を貯えたい!
  • 日本ではなかなか貯まらない!

そんな人も、工夫次第ではセブでしっかり貯蓄をつくることもできる可能性大です。

例)1ヶ月の生活費内訳(1ペソ:2.2円)

  • コンドミニアム賃料:33,000円
    24時間ガード常駐、プール有、ランドリーサービス有、16階建
  • 光熱費: 4,400円
    1日4時間ほど冷房を使い、扇風機は部屋にいる間中つけてます。
  • 交通費:200円
    タクシーはあまり使いません。大体徒歩かジープニー(乗り合いバス)です。
  • 仕事の日のランチ:1,200円
    ごはんだけ炊いて、おかずだけお総菜屋さんで買います。
  • 飲料用水代:374円
    水道水は飲めないので、5ガロン(約19ℓ)のミネラルウォーターをお部屋までデリバリーしてもらいます。私の場合、それを月に2回頼みます。
  • 食費:22,000円
    屋台やレストランでお持ち帰りしたり、自炊したり。
  • 携帯代:1,760円
    ネット使い放題、通話もたまにしますがほとんどLINEやメッセンジャーでやりとりしています。
  • 交際費:11,000円
    ご飯代、カフェ代、映画代など
  • 日用品:4,400円
    シャンプー、洗剤、トイレットペーパーなど
  • 贅沢費:11,000円
    まつ毛エクステ、美容室、ネイルサロン、マッサージなど

合計支出:89,334円

一般的にセブでの求人の給与は14万円〜20万円(50,000ペソ〜70,000ペソ)ですので、旅行や大きなお買い物をしなければ、約5万円程貯金ができることになります。

参考記事:フィリピンの生活費はいくら必要?家計簿を大公開(地方編)

ただし、人によって必要な物や、かかる経費は違いますので、ご参考になればと思います。

6.いつでも、どこでもTシャツジーパンでOK

日本では冠婚葬祭はもちろん、日常でもスウェットで電車に乗らなかったり、会社ならオフィスカジュアルな服装にしたりと、訪れる場所や、会う人に合った服装が求められますよね。

セブは常夏の陽気な国。服装はあまり気にしません

これまでセブで結婚式に2回、葬儀のミサに1回参加したことがありますが、儀式はきちんとホテルや格式ある教会で実施しているにも関わらず、服装はラフ。

短パンの人がいても特になんとも思われないようです。

専用の服を買わなくていいのも、服のクリーニングなどのケアがいらないのも、楽ですね。

7.家政婦さんを格安で雇える

セブでは家政婦さんを雇うことが一般的で、掃除や洗濯はもちろん、小さなお子さんがいる家庭ではベビーシッターにもなってくれます。

また家政婦の派遣会社もあり、本人確認のIDのコピーをくれるなど、身元のしっかりした人を紹介してくれます。

家政婦さんに渡すお給料は交渉次第ですが、相場は通いの場合5,000ペソ〜、住み込みで8,000ペソ〜くらいのため、日本円で11,000円〜17,600円程度から家政婦さんを雇うことができます

掃除が苦手、家事が嫌い、家事の時間がない、共働きで暮らしたいといった方々には大きなメリットです。

8. 日本の食品や製品が手に入りやすい

海外にいると、なかなか日本の食品が手に入らずに困った経験をする方も多いでしょう。

現地の人に日本料理を振る舞おうにも、材料がないために、小麦粉からうどんを作ったり、日本米がないのでタイ米をお鍋で工夫して炊いたりと苦労したものです。

セブは日本食材店も多く、市内のモールには100円均一のダイソーもありますので、日本の物が欲しいと思えば比較的揃えられます。

醤油や味噌などの調味料はもちろん、納豆やお豆腐、カップラーメン、さきいかなどのおつまみまで、なんでも買えます。

セブ移住の魅力まとめ

海外で暮らしたいけどなかなか一歩踏み出せない、移住先はどこがいいかなとお考えの方は、ぜひセブで海外生活をしてみてはいかがでしょうか。

【フィリピンの関連記事はこちら】

↑フィリピン滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

 

フィリピン移住、永住を叶える方法をお探しですか?

フィリピン移住・永住を叶えたい方へ。

せかいじゅうが認証する圧倒的な実績、歴史あるフィリピン政府退職庁エージェントをご紹介します。

退職庁ロゴ

フィリピン政府内部と強固な繋がりで、申請時、通常45日ほどの連続でのフィリピン滞在が必要が所、最短9日間の滞在で無期限居住許可発行までサポートします。(35才から取得可能。)

空港からホテル・手続き先まで全送迎付きで、安心・楽々、フィリピン無期限居住権を取得してみませんか?

  • ・フィリピン永住ビザを本気で取得したい方
  • ・フィリピンに定住できる権利を得たいという興味のある方

へご案内いたします。
※いたずらなお問い合わせ、情報収集が目的の方のみはご遠慮ください。

フィリピン政府退職庁エージェントへ問合せはこちら

お問い合わせは以下のフォームよりご連絡ください。折り返し、担当よりご連絡させて頂きます。

    お名前 ※必須

    国籍 ※必須

    年齢 ※必須

    メールアドレス ※必須

    電話番号 ※必須

    照会したい内容 ※必須
    リタイアメントビザクオータビザフィリピン不動産

    お問い合わせ内容 ※必須

    世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

    海外移住コミュニティ

    世界へ広がる海外移住コミュニティ

    世界中の日本人同士が繋がり、情報提供したり、チャレンジしたり、互助できるコミュニティ「せかいじゅうサロン」

    参加無料。気軽に繋がってください。(2021年2月時点:参加者1400名超えました)

    世界中を目指すメンバー集まれ!

    海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。