ワーホリ前に英語学習はコレ!効果的なスピーキング力の上達法

留学やワーキングホリデーで渡航が決まると、まずは現地へ行って英語は大丈夫だろうか?と頭によぎります。

いくらはじめの期間は語学学校に通えるといっても、現地でどれくらい上達できるものなのだろうか?日本で渡航前に何か出来ることはないだろうか?

今回は、カナダへ1年間ワーキングホリデー留学をした経験者から実体験をふまえて、効果的な英語習得法お伝え致します。

【英語上達の関連記事はこちら】

↑英語習得に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

渡航前に英語力はあるに越したことはない!

まず、海外に滞在するにあたり、事前に英語力は出来るだけ上げていったほうが、色々な意味でメリットは大きいということです

1年間の滞在は自分が思っている以上にあっという間です!

せっかくの限られた時間の中で、現地にしかできないことってたくさんあると思います。自由な時間を、日本でもできるような英語の勉強に時間をあてるより、少しでも出発前に語学力を上げてから行ったほうが効率的です。

また、早く現地の生活に慣れる、現地のコミュニティーに参加したり友達を作ったり英語環境での仕事を探す…。そんなことを考えると、事前に準備して行ったほうがスムーズに進むのも想像できますよね!

スポンサーリンク

中学・高校で学んだ英語も役に立つ!

ほとんどの方は、中学校・高校で英語を学びます。

学校では文法と読み書きが中心で、学んだけれども話せないから、と日本の英語教育に嘆く方もいらっしゃると思います。

でも、実際に現地で生活していく中で、学校で学んだことは全て役に立ちました

というのは、例え始めはすぐに言葉が出なかったとしても、文法やボキャブラリーはきちんと自分の中にストックはされています

ただ、使ったり・聞いたり・触れる機会がなかっただけ。

滞在して英語を話すような環境にいると、自然と自分のボキャブラリーが出てきたり、リスニングの時に理解できたりと、学校で学んだ英語はムダではなかったんだぁ、と実感することの方が多かったです!ですので、みなさんも今まで学んだり覚えていることがあるのと思うので、それは自信を持っていいと思います!

スポンサーリンク

スピーキング力アップの効率的な学習方法

とはいっても、頭で考えてしまって、話すときにパッと出てこない!という人は多いと思います。

文法はある程度わかる、読むことは出来るけどスピーキングが苦手!

そこで、筆者自身が渡航以前にやっていたスピーキング力アップの効率的な学習方法を紹介します!私はこれをやっていたおかげで、はじめから現地に着いてもさほど戸惑いもなく生活出来まし、第二言語を英語で話す友達もすぐに出来ました。

瞬間英作文でスピーキング力アップ!

瞬間英作文

それは、その名の通り、瞬間的に英作文を声に出していくという練習。こちらの本を紹介したいと思います。

ページを開いてみると、まずはタイトルにそのページの文法が記載されています。

そして、左ページにはその文法が盛り込まれた日本文が10文、右ページにはその英文10文が書かれています。

やり方はいたってシンプル!

日本文だけを見て、ぱっとその英文が話せるようになるまで練習するだけ。英語というのはスポーツと似ていて、やり方を教わったらあとは練習するのみです!

例えば過去形を学んだら、それを今度は何度も口で繰り返し、反復練習。

そうすると、いざ本当に必要な時にも、ぱっとその文章が口から出てくるというわけです。

はじめは何度も英文を見ながらぶつぶつ言います。でも、少しずつ、英文を見なくて言えるようになってくるわけです。こちらは最近ではアプリでも出ているみたいなので、探してみてください!

音読の重要性

また、音読も一般的に英語学習の一つで非常に効果的とよくいわれています

英語習得には自分の脳の中で英語の回路をつくっていくことになるのですが、その時に音読はとても効果を発します!

英語でリスニングやリーディングをするときに、いちいち日本語で考えずに英語を英語のまま理解していくための練習です!

やり方としては、自分の理解できるある程度のまとまった英文を音読するということです。

音読は文章を目にしながら、自分の口から発し、なおかつその英文を自分の耳で聞きます。頭ではフル回転です!(笑)

こちらの音読に関して、先ほどの瞬間英作文の著者である森沢洋介さんが提案されている音読練習のやり方を簡単にご紹介しておきます!

ポイントとしては、読むのは簡単に出来て100%理解出来るような中学英語の英文。そして、それに付随したCDなどのリスニング教材があるとさらに良いです!

<音読のやり方>

1つ目:

  1. 英文読解
  2. 英文1文ずつリスニングしてストップ・発音を意識してリピート
  3. まとめた英文を5~10回ほど音読
  4. 英文をリスニングしながら自分も繰り返す

2つ目:

  1. まずは単語も文法も理解します!
  2. 次に、英文を見ながら、リスニングで1文ずつ聞きながら止め、自分も繰り返していきます
    (一文聞いてはストップしてリピート…という繰り返しなので、時間はかかります!)
    でも、聞いた英語をリピートすることで、発音やイントネーションが自然に身についていきます!
  3. 今度は、まとまった英文をひたすら音読!音読はやればやっただけ効果はあります。
  4. 最後に、まとまった英文を流しっぱなしにしながら、自分もその英文に合わせてリピートします。(オーバーラッピング)
    最終的には、英文を見ずに、リスニングをしながらすこしずらしてリピートしていく(4の段階)までがゴールです!

以上2つ、やり方はシンプルですが、効果は絶大です!

本当におすすめなので、ぜひやってみてください。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住の日本人宅のホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

自分の興味のある分野で英語に触れるのが一番!

さて、効率的なスピーキング法をご紹介しましたが、人によっては向き不向きはあると思います。

なので、自分の興味のある分野から入るのも一つですし、上の効果的なやり方と平行してモチベーションがあがる英語の触れ方を自分なりに模索するのもいいと思います!

好きこそものの上手になれとは本当にそうだと思います(笑)。

今は日本でも比較的英語を話す機会が増えてきていると思います。英会話喫茶や、プロフィールを登録して、お互いの言語を教えあうというlanguage exchange、Skypeなどを通して比較的リーズナブルな価格でオンラインでの英会話も増えています。

また、自分の興味のある海外ドラマ、洋楽、雑誌や本など、色々な形で英語に増えることは出来ると思うので、自分がワクワクしながら出来るというのも大切にしてください。

人それぞれ違うように、言語の習得方法も人によって違ってきます。一番大事なのは、楽しい!と思いながら続けられることです。

貴重な海外生活。

現地に行ったら、有意義な時間を過ごせるよう、日本にいるときから少しずつ準備していけるといいですね♪

【英語上達の関連記事はこちら】

↑英語習得に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。