エージェントを介さずできる!オーペア留学の特徴やメリット・デメリット

皆さんは留学やワーキングホリデーに興味がありますか?

留学やワーキングホリデーに興味を持って色々と調べている方でも意外と知られていないのが“オーペア”という制度です。

以前の筆者も友人に聞く前までは“オーペア”という制度は全く知らず、友人から話しを聞くうちに徐々に興味をもち“オーペア”という制度を使ってオーストラリアにあるお家にステイさせてもらっていました。

今回は、このオーペア留学について、その特徴やメリット・デメリット、実際の体験談を経験者の立場からシェアしたいと思います。

今回は筆者が体験したオーストラリアを例に紹介していきたいと思います。

【留学の関連記事はこちら】

↑海外滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

【NEW】せかいじゅうイベント情報

せかいじゅうNight マレーシア 9/16(祝日)at Tokyoに参加しませんか?

マレーシア居住者とのトークイベント&世界を目指す仲間を見つけよう♪お席は先着順!イベント詳細はこちら

そもそもオーペアって何?

“オーペア”を簡単に説明すると忙しいホストファミリーやシングルマザー・シングルファザーに代わって子供のお世話やお家の家事全般をお手伝いするお仕事です

ホストファミリーによっては子供のお世話をする代わりに滞在費や食費が無料になったり、さらに嬉しいことに1週間ごとにお小遣いがもらえたりするところもあります。

私がオーペア制度を使ってお世話になったホームステイ先は3歳と11か月になる姉妹のお世話をする代わりに滞在費や食費は無料、1週間ごとにお小遣いをもらえるという交換条件のもとで働いていました。

スポンサーリンク

オーストラリアのオーペア制度について

アメリカのオーペアを例えに挙げると、アメリカのオーペアに参加するには米国政府認定のエージェントに登録する必要があり、アメリカビザを取得することもそんなに簡単なことではありません。(語学留学を除く)

しかし、オーストラリアのオーペアは、

  • 子供が大好きでオーストラリア人の子供のお世話がしたい!
  • 前からオーペアをしてみたいと思っていた!
  • ただホームステイで滞在するだけではなく少しでもホストファミリーのお手伝いをして助けてあげたい

と思っている方であればオーペアのお仕事を務めることができると思います。

オーストラリアのオーペアは特に年齢制限や条件等はありませんが、ホストファミリーによっては成人以上から30代の女性を求めているように見受けられました。

また、保育資格や保育経験等があればアドバンテージになり条件のいいホームステイ先を選べる可能性が高くなります。

オーペアをしてみたい男性の方もいるかと思いますが、全く受け入れていないという訳ではないので自分の持っている資格や経験、どうしても海外でオーペアを経験してみたいということをホストファミリーに熱く語ることによって情熱が伝わることもあるかもしれません。

一番大事なことは途中で諦めないことです。

スポンサーリンク

オーペアのメリット・デメリットについて

オーペアのメリット

1. 外国人の子供をお世話することができる

オーペアを経験したいと思っているほとんどの方が外国人の子供をお世話してみたいと思っていると思います。

やはり子供は無条件でかわいいですし、血は決して繋がっていなくとも子供たちが家族の一員として迎えてくれるのはとても嬉しいことです。

また、毎日お世話していると子供のちょっとした変化に気付けるのもオーペアのメリットだと思います。

2. 滞在費・生活費を浮かせることができる

子供のお世話を出来るメリットの次に嬉しいことと言えば、滞在費や生活費を浮かせることができることだと言えます。

食事代も3食分はホストファミリーが負担してくれるので日本から貯金したお金はそこまで使うことはありません。

また、休日の日はホストファミリーと一緒に外出することもあり、なかなか一人では行けない場所にも連れて行ってくれる場合もあります。

実際に子供と接していて大変なこともありましたが、休日に一緒に外出することでリフレッシュ出来てまた頑張ってみよう!という気持ちになりました。

オーストラリアのほとんどの家庭が自家用車を所持しているので、移動費等もかからず、ホストファミリーとの思い出も作れるのでメリットになるといえるでしょう。

3. リアルな生活を体験できる

お家にゲストとして迎えられるホームステイは毎日一緒に生活する点ではオーペアと同じですが、お世話好きなホストファミリーによっては食事を3食きちんと用意してくれるだけではなく、掃除や洗濯家事全般してくれるホストファミリーもあります。

もちろん、ホームステイをするにあたってホストファミリーにホームステイ代を支払っているのでその対価として何でもしてくれるホストファミリーがいるというのは事実ですがオーペアではまずそんなことはありません。

子供のお世話をしてお小遣いをもらえるオーペア先もありますが、基本掃除や洗濯は自分でします。

ホストファミリーが忙しい場合は食事の準備をする場合もあります。

ホームステイはゲストとして、オーペアは家族の一員として生活するのでオーペアの方がよりリアルな生活をすることができます。

4.  お小遣いをもらって貯金できる

ホストファミリーによりますが、お小遣いも貰えるので海外にいてもお金を貯金することができます。

留学やワーキングホリデーをしようと考えている方の中で、自分の語学力の次にお金の心配をしている方が多くいらっしゃるかと思います。

語学留学の場合、家にいる時間がワーキングホリデーと比べて短くなってしまうのでお小遣いをもらえるホームステイ先は少ない傾向にありますが、中には少しの時間でも子供たちの面倒やお家の家事全般をしてもらいたい!と思っているホストファミリーもいます。

なので、語学留学でオーストラリアに来たけどオーペアも経験してみたいと思っている方でも可能だと思います。

オーペア留学の特徴やメリット・デメリット02

逆にオーペアのデメリットとしては、

オーペアのデメリット

1. 日常英会話力以上は必要

自分が思っている以上に日常英会話は難しいです。

日本の座学で学んだ英語や英会話は全く役に立ちませんでした。

元々海外旅行を専門とする旅行会社で働き、取引先と英語で会話することもあった私ですが、日常英会話となると急にハードルが上がってしまい子供と意思疎通を取ることが難しかったです。

オーペアを経験したいと思っている方にアドバイスとして、外国人と英語で話すということに慣れていた方がいいと思います。

私は自分の意見をまとめたり発言するということが苦手だったので、とても苦労しました。

オーストラリアで語学学校に通ってからオーペアに参加すれば、多少は英語で自分の意見や発言するということに慣れると思うので先に語学学校に通うという選択もあるかと思います。

2. 体力や健康であることが必要

子供をお世話するということが大変だと言うことはみなさんご存知だと思います。

日本語が通じる子供にしつけをすることでさえ大変な時もあるのに、英語オンリーの環境の中で子供が悪いことをすれば叱ったり、子供をしつけすることは簡単なことではありません。

また、ホストファミリー先によって子供が一人ではない場合も多くあります。

子供が多くいるホストファミリー先で自分一人が子供たちのお世話やしつけをしなければならないので、毎日が体力勝負になるでしょう。

ホストマザー・ファザーは仕事で忙しいのでナニーである私を頼ります。

そんな中風邪をひいて子供の面倒がみられない、ということになってしまうとホストマザー・ファザーの負担になってしまうでしょう。

なるべく風邪をひかないように心身ともに体力をつけることが大事です。

3. 責任がある

子供を面倒みるということはそれだけ責任のある仕事になります。朝起きてからホストマザー・ファザーが帰ってくるまでがオーペアの仕事です。

子供がケガをしないように四六時中目を見張っている必要があります

ご飯の時間やお腹が空いたりしたときもすべて子供のために準備をしてあげます。

子供がまだ幼ければおむつの交換だったり、ミルクを飲ませてあげる必要があります。

また、子供のお昼寝の時間も大事です。

大体毎日やることは同じですが、子供は目を話している隙にケガをしたりしがちです。なので人の子供を預かっている以上、オーペアは大変責任のある仕事だと言えるでしょう。

4.  自分の時間が少なくなる

ホストマザー・ファザーが共働きだった場合、会議ややむを得ない事情で帰りが遅くなることがあります。

そんな時は、ホストマザー・ファザーに代わって夜ご飯を作ることもあります。

もしも、ホストマザー・ファザーが帰ってきた後に予定が入っていたとしても子供を家に残していく訳にいかないので自分の予定はキャンセルしなくてはいけません。

また、自分の自由時間がある場合でも子供がオーペアを頼る場合があります。

その場合は自分の時間より子供を優先することもあります。なので、どうしても自分の時間が必要だったり学校の勉強が忙しいという理由であればオーペアの仕事は大変であると言えるでしょう。

オーペア留学の特徴やメリット・デメリット01

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住の日本人宅のホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

オーストラリアの生活・体験者が語る注意点とは

私がオーストラリアのメルボルンでオーペアをしていた土地はのどかな住宅街でまったく治安が悪かったり危険な目にあったりすることはなかったので、とても過ごしやすかったです。

おむつを変えた経験も保育資格がまったくない私でもオーペアという制度を使ってオーストラリア人の子供を面倒できたことは奇跡のようであり、素晴らしい経験が体験できたと思います。

オーペアを辞めた理由としては、子供と接するうちに英語でのコミュニケーションがもっと取れたら楽しそうだな、と思い始めてから語学学校に通うことになりオーペアとの両立は難しいことからオーペアを辞めることに決めました。

もし、子供たちと英語でのコミュニケーションをたくさん取ることができていたら、オーペアをずっと続けていたかもしれません。

オーペアをどうしても経験したい方は先に語学学校に通うことを強くオススメします。

スポンサーリンク

オーペア体験談

小学校低学年の時、小学校が終わったあと自分が通っていた保育園にお邪魔して、2、3歳年下の保育園生の面倒を見に毎日のように通っていました。

自分と年齢がそんなに変わらないのにも関わらず子供たちがとてもはかないもののようにみえてとても可愛かったことを今でも鮮明に覚えています。

時が経って友人からオーペアという制度が海外にあるということを聞いて、ぜひ私も子供たちの面倒を見たい!と思うようになりました。

オーペア生活を始めてから、楽しいこと・嬉しいことよりも大変なことの方が多かったことは事実です。

英語もネイティブではないし、1人で2人の子供を同時に見なくてはいけないというプレッシャーもありました。

でも、子供たちと一緒になにかをしたときたくさん笑ってくれた時は心の底から本当に嬉しかったです。

まだ、つかまり立ちで一人で立つことが出来なかった子供が私の手をしっかり掴みながら歩いてくれたことにも感動しました。

子供たちと毎日過ごすことによって信頼関係が築けているのが目に見えてわかりました。たとえ英語が上手く話せないとしても子供たちはオーペアをすんなり受け入れてくれると思います。

どんな時でも一緒にいてあげることがオーペアでは大事なことだと思います。

オーペア留学の第一歩

もし、オーペアに興味がある方はこちらの Aupair.com というサイトを使ってみてください。

https://www.aupair.com/

私もこちらのサイトでオーペア先を見つけました。

いいオーペア先が見つかることを心から願っております。ただの留学では経験できないようなすばらしい経験ができると思います!

【留学の関連記事はこちら】

↑英語習得に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。