海外SIMがあれば安心!スマホを現地で使うおすすめの方法

これから海外渡航予定がある方、日本で使っている携帯をそのまま海外で使用できる…と思っている方はいませんよね?

ご存知の通り、今日本で使用している携帯を海外で使用する際は、

  • 国際ローミングを利用する
  • Wifi環境

がない限り使えません。

しかし、国際ローミングはかなりの高額

お金に余裕のある方なら問題無いですが、一般庶民にとってはとても痛い出費になります。

では海外に行った時に携帯はどうすれば良いのか?

手順に沿ってご案内させて頂きます!

【世界共通の関連記事はこちら】

↑海外滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

【イベント情報・海外移住の扉】

せかいじゅうNight オーストラリアに参加しませんか?

12月15日(日)・オーストラリア居住者とのトーク&移住方法を徹底解説♪→イベント詳細はこちら

海外で携帯を使用する方法3つ(国際ローミング/Wifiルーター/海外SIM)

海外で電話やネットを使用する方法は主に3つ。

auやsoftbank、docomoなど各キャリアの

  1. 国際ローミングサービスを利用するか
  2. Wifiルーターでネット経由でアクセスするか
  3. 海外の現地SIMを入れるかです。

それぞれ何がどう違うのか?簡単に解説させて頂きます。

1)国際ローミングサービス

私たちが普段日本で使っている携帯は、各キャリア(au,softbank,docomoなど)大手通信会社の電波を使って使用することができています。

しかしこれが海外に行けば、もちろん日本のキャリアの電波は届きません。

そんな時、各キャリアが現地で提携している海外の携帯会社の電波受信を可能にして、今の携帯でも通信可能にするのが「国際ローミング」です。

つまり携帯のデータローミング機能をONにしておけば、海外でも普通に使用可能です。

しかし…タダでは済まないのが悲しいところ。

国際ローミングは基本的に高額なケースが多く、むやみやたらに使用すると~万円なんてケースも珍しくありません

最近では各キャリアで「世界データ定額」や「海外パケ・ホーダイ」「海外パケットし放題」など定額制の国際ローミングサービスもあるので、短期で旅行の際は利用してもいいかもしれません。

しかし料金は安くても¥980/日~¥2,980/日のため、割高なのと長期渡航者が使用すると破産してしまいます。

お金がかかっても簡単に済ませたい!…という裕福な方にはもってこいのサービスですが、長期渡航者で節約しながら携帯を使用したい方にはおすすめ致しません。
※ご参考までに各キャリアの国際ローミングサービスはこちら↓

au 「世界データ定額」(2017.9月末時点)

softbank 「海外パケットし放題」(2017.9月末時点)

docomo 「海外パケ・ホーダイ」「海外1dayパケ」(2017.9月末時点)

2) Wifiルーター

みなさんご存知のWifi。

日本でもWifi無しで携帯を使用している人はほとんど居ないのではないでしょうか。

最近は日本でも増えてきましたが「FREE Wifi」と呼ばれる、誰でも自由に繋げてタダでネット使い放題!という夢のようなWifiが、日本よりも早く海外では普及しています。

しかし、いくらFREE Wifiがあるとはいえ、海外の全てのエリアがWifi環境ではないため当然繋がらないところも多くあります。

そうなってくると必要なのが、どこでもWifi環境にできる「Wifiルーター」

携帯とは別途ルーターの機械を持ち歩くことによってネットに繋ぐことができます。

Wifiルーターは日本から出国時、成田や羽田空港から借りていくことも出来ますし、予約をしておいて現地の空港で受け取ることも可能です。

最近だとイッテQのイモトさんがモデルになっている「イモトのWifi」も注目を集めていますね

海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi

Wifiルーターの価格は、安いものだと¥290/日~高いもので¥1460/日など、使用する地域や期間・プランによって変わってきます。

こちらも長期滞在者にとっては、あまり安くないのでベストな方法とは言えないでしょう。

しかしWifiルーターは1台で同時に5台まで接続可などのメリットがあるため、家族で渡航の時は安上がりになる可能性があります。

比べてみてWifiルーターの方が安上がりのようでしたら検討してみてはいかがでしょうか?

3) 海外SIM

そもそも「SIMって何?」と思われる方も多いかもしれません。

SIMとは携帯の中に入っている小さなカードで、このSIMカードが無いと電話やデータ通信ができません。

SIMカードにはそれぞれ固有のID番号が振り分けられていて、それを携帯に入れることによって端末が誰のものなのか認識されます。

基本的には日本の各キャリアau,docomo,softbankのSIMカードが入っている方が多いと思います。

しかし最近は格安SIMが流行り、大手キャリアで契約して使うよりも格安SIMを使用した方が金額が大幅に削減できるため、大手キャリア以外の格安SIMの需要が年々高まっています。

通信会社は各国によって違うため、当然SIMカードも各国によって違います。

つまり…格安SIMを入れるのと同じ要領で、海外に行った場合その現地の格安プリペイドSIMカードを入れると、普段と同じようにデータ通信や電話が可能になる!というのが海外SIMのメリット

海外のSIMカードの価格は国によって異なるため確認が必要ですが、国際ローミングやWifiルーターよりも安い場合が多く、例えばタイでSIMカードを使って30日間分購入の場合は約¥2000ちょっととかなりの破格です。

海外SIMは

  • [通話30分+データ通信]や
  • [データ通信のみ7日間]

など、様々なSIMカードがあるので、自分の使う種類とデータ量を確認して購入が必要です。

スポンサーリンク

長期で海外に渡航する場合は断然、海外SIMがおすすめ!

以上のことをまとめると…長期滞在者には価格が安い海外SIMがおすすめです!

一週間ほどの短期旅行なら国際ローミングやWifiルーターも現実的ですが、1ヶ月以上の長期滞在となった場合は金額のことを考えても海外SIMが良いでしょう。

もし1ヶ月の滞在と仮定した場合…

・国際ローミング

最低でも¥980×30日=¥29,400

・Wifiルーター

最低でも¥290×30日=¥8,700

・海外SIM ※500MB

例:楽天海外SIM30日間(北米)¥4,240

海外SIMは現地の国のものを事前に調べていくのがベストです。

種類と価格が豊富なため、例で出した金額より安くなることもあるでしょう。

国が決まっていたらさっそくチェックを。

スポンサーリンク

3. 海外SIMを使うために、まずSIMフリー携帯を手にいれよう。

では海外SIMを使って海外では生活しよう!…となった時に、必要になってくるのがSIMフリー携帯です。

現在の各キャリアで契約している端末は「SIMロック」というものがかかっており、自由にSIMカードが抜き差しできないようになっています。その場合は別にSIMフリーの携帯を購入する必要が出てきます。

では各キャリアで契約している場合は、必ずもう1台SIMフリーの携帯を購入しないとダメなのか?

…いえ、購入前にご自身の携帯の「SIMロック」を解除できるか、まずは確認してみましょう。

以前は各キャリアで購入したiPhoneなどのスマートフォンは「SIMロック」というものがかかっていて、他の会社のSIMは入れることができませんでしたが、2015年5月以降販売の携帯は法律改正によりSIMロック解除ができる端末しか販売がされていません。

今お待ちの携帯が2015年5月以降販売のものか?または分からない場合は各キャリアの店舗に行って確認とSIMロック解除手続きができます。

解除にかかる手数料は¥3,000ほどです。

まずはお店に行ってSIMロック解除ができるのか確認してみましょう。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住日本人宅へホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

海外の現地SIMはどこで買える?

海外のSIMの購入方法は、大きく分けて2つ。

  1. 日本で購入していく
  2. 海外の現地で購入する

の2パターンです。

1)日本で購入していく場合

購入できる場所は、空港・ネットショップ・家電量販店など。検索するとすぐにでてくるので簡単です。

また複数の国で使えるグローバルタイプのSIMもあるので、いくつかの国を渡航する場合は非常に便利です。

ただし国内で購入していく場合は現地より割高になる場合が多いので、気になる方は現地SIMと比較してから決めましょう。

2)海外の現地で購入する

現地購入の場合、その国の通信会社を利用するため費用がかなり安く抑えられます。

購入場所は、空港・コンビニ・ショッピングセンターなど比較的どこでも手に入りますが、設定時にWifi環境が必要だったり設定をしなければいけないため、空港で購入がベターです。

しかし…現地SIM購入の際はカードの種類や企画・プランがあるため、一定量その国の言語ができる状態でないとハードルが高いかもしれません。

現地SIM購入の際に注意したい点は3つ。

①サイズ「標準SIM」「マイクロSIM」「ナノSIM」

自分携帯のSIMのサイズを調べておきましょう。

②音声通話の有無「データ通信のみ」「データ通信+音声通話付き」

自分の使いたいプランを決めておきましょう。

③容量or期間どちらのタイプにするか

容量は「1G」などの指定された通信量が使えるタイプと、指定期間「30日」など期間で選べるタイプとあります。

どちらの方が都合がよいか確認しておきましょう。

スポンサーリンク

よく分からなくて不安!…という方は「楽天海外SIM」もおすすめ!

海外SIMが良いのはわかったけど、購入方法もプランもいろいろ心配で分からない!…という方には、「楽天海外SIM」もおすすめです。

プリペイド式の海外SIMカードで日本で購入・設定ができます。

1枚のSIMカードで複数の国で使用でき、プリペイド機能もあるため金額も明瞭で分かりやすいです。

何が何だか分からない方は1枚楽天海外SIMを準備しておくと安心でしょう。

楽天海外SIMをチェックする

海外SIMを使って現地でも快適なネット環境を手に入れる方法まとめ

海外渡航時に不安な携帯での通信。

スマートフォン1つで何でもできる時代だからこそ心配ですよね。

事前にチェックして不安を解消してから渡航しましょう!

【世界共通の関連記事はこちら】

↑海外滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。