ワーホリの生活費用が実質ゼロに!?滞在先は『HelpX』で探そう(体験談付き)

ワーキングホリデーにおいて一番気になるのは現地の生活費ではないでしょうか?

一人暮らしを選択すれば食費だけではなく光熱水費などの出費も考えなくてはいけないですし、ホームステイを選択すれば当然ながらホームステイ代なるものが発生します。

生活費をゼロなるなんて嘘みたいな滞在方法、あるとしたら知りたいですよね?^ ^

今回はそんな夢みたいな方法を、アイルランドへワーホリ中の筆者の実体験を交えてご紹介します。

【世界共通の関連記事はこちら】

↑海外滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

【せかいじゅうイベント情報】

せかいじゅうNight 6/29(土)at Tokyoに参加しませんか?

オランダ移住者とのトークイベント&世界を目指す仲間を見つけよう♪お席は先着順!早割特典ありますイベントへの参加申し込みはこちら

ホスト探しは『HelpX』で!『HelpX』とは?

『HelpX』とはHelp Exchangeを省略したもので、2001年にイギリス人のロブ・プリンス氏によって開設されたウェブサイトの名です。

『滞在先を提供してもらう代わりに、滞在する人はその提供者を手伝う』というスタイルで成り立っており、サイトには世界各国のホスト(滞在先を提供可能な人)の情報が掲載されています。

こういったサイトはWorking Exchangeというワードで検索すれば色々でてきますが、それらの中でも私がこの『HelpX』を一番推す理由は提供条件の多様性にあります。

他のサイトだと農業や酪農限定の募集だったりするのですが、『HelpX』にはあらゆる滞在条件が掲載されているので自分にピッタリのものが見つけやすいのです

なお、『HelpX』には英語圏以外の国も多く登録されていますが、サイト上の使用言語は基本的に英語のみです。

英語の読み書きが必須となりますので、英語の読み書きが極端に苦手だという方はご注意ください。

その点さえ問題なければ、『HelpX』はきっとあなたの味方になってくれるでしょう。

スポンサーリンク

Help Xの基本的な利用方法

『HelpX』への登録方法は大きく二つに分かれており、

  • 滞在先を探す人は『ヘルパー』
  • 滞在先を提供する人は『ホスト』

として登録することになります。

基本的な滞在先の見つけ方は二つ。

一つはホストから勧誘してもらえるのをただ待つという方法で、もう一つはヘルパー自身がホストの一覧から希望先を見つけてメッセージを送ってみるという方法です。

ホストの情報を閲覧するだけならば無料でも可能ですが、こちらから実際にホストと連絡するためにはプレミア登録が必要です

登録料は20ユーロかかりますが、プレミア会員になれば今までそのホストのもとに滞在したヘルパーが残したレビューを読めるようになるので払う価値は十分にあります。

レビューは信憑性の基準にもなるからです。

またホストもヘルパーにレビューを書けるようになっており、実質これは次の滞在先への『推薦状』の役割を果たします。

初めての時はレビューがなくて当然なので、「HelpXは初めてである」という旨を自分のプロフィール欄に書いておくといいかもしれません。

プロフィールはホストがヘルパーの採用を決めるための重要な判断基準となります。

メッセージのやり取りはサイトを通してできるので、メールアドレスを教えなければならないということもなく安心ですよ。

スポンサーリンク

素敵なホストと出会うには

登録して最初にすべきことは自分のプロフィールを充実させることです。

写真を二枚載せられるので、顔写真もなるべく載せましょう。

その際はいわゆるインスタ映えを意識したようなものではなく、あくまで自然な“あなたらしさ”が伝わる写真を選ぶことをオススメします。

ホストの立場になってみる

あなたはネット上で知り合った顔も知らない人を自分の家に住まわせることができますか?

たとえ家業を無償で手伝ってくれるとは言え、誰でも大歓迎できるかというとそうではありません。

信頼できそうな人かどうか、これがポイントです

素敵なホストに恵まれたいのであれば、まずは自ら心の窓を開きましょう。

ちなみに良い経験をしたとレビューを書いているヘルパーのプロフィールを見てみたところ、自分の略歴をしっかり書いた上で写真は表情がよく見えるものと自分らしさをアピールするような写真(趣味を満喫している様子や動物と触れ合っている様子など)を載せている人が多いみたいです。私も真似しました。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住の日本人宅のホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

トラブルは自己責任

インターネットは便利ですが、それなりの危険性は常にあります。

私は安全面を考慮して、メッセージを送るホストは必ず写真を掲載していて、なおかつレビューがある人のみに絞って選んでいました。

レビューを参考にする際は星の数ではなく必ず中身を読んでください。

あとはそのレビューを書いた方のプロフィールまで確認すれば、信頼できるレビューなのかどうかの良い判断材料となるでしょう。

ホストのレビューを書いたヘルパーのプロフィール欄にそのホストからのレビューもあれば、それは関係性が良好である証のようなものなのでなお安心です。

安全対策をしっかり講じながら、素敵な滞在先を見つけて下さいね。

スポンサーリンク

体験談その1 HelpXで実際に見つけた素敵な滞在先

ここからは実際に私がアイルランドのワーキングホリデー中にお世話になった素敵な滞在先について紹介します。

私が最初にHelpXで出会ったホストは、東部の都市ウェックスフォードで築120年の家をリフォームしているところでした。

滞在条件は1日5時間/週5日のリフォーム作業で、その代わりに個室と食事を提供してもらえました。

朝食や休日の食事は自分で用意しなくてはなりませんが、冷蔵庫にある食材を使っても良かったので食費は必要ありませんでした。光熱水費の支払いもありません。

では仕事が大変だったのかと言うと、ホストとお喋りを楽しみながらの作業はとても楽しく、辛いと思ったことは一度もありませんでした

写真のモザイクタイルは私の力作です。

helpx体験談

作業の合間にティータイムがあり、毎回クッキーを食べながらホストと会話するその時間は私のお気に入りでした。

しいて辛かったことをあげるなら、屋根裏の掃除をする際にクモと戦う必要があったことくらいですね。

体験談その2 ファームステイでサラブレッドの世話

次にお世話になったホストとは、ウェックスフォードで過ごしている時にメッセージを受け取って知り合いました。

ウェックスフォードでのホストが私にレビューを書いてくれたことで、私に興味をもったホストから勧誘メッセージが届くようになったのです。

二つ目の滞在先はウェックスフォードの西隣に位置する古都ウォーターフォードでした。

中心地から少し離れた立地していたその滞在先は、なんと馬の牧場

サラブレッドを育てているような牧場で、日本での日常生活では縁さえなかった世界です。

helpx体験談2

ここでは牧場内にある宿舎で従業員とシェアハウスをしていたのですが、私が滞在した時は同じ年代のデンマーク人とチェコ人の女の子が住んでおり、本当に楽しい一ヶ月を過ごすことができました。

給与をもらっている彼女達は週休1日でしたが、私は週休2日で給与の代わりに食費として毎週30ユーロをもらっていました。

労働時間は毎朝7時半から17時前後までと長かったですが、初めてだらけの馬の世話は学ぶものがたくさんあり、経験値と筋肉とかけがえのない友人を得ることができました。

車がないと近くのスーパー以外どこにも行けないのは困りましたが、ここで得た貴重な経験の数々は生涯の宝物です。

スポンサーリンク

体験談③ ホステルで新しい出会いの連続

三つ目の滞在先は同じウォーターフォードでも中心街に位置するホステルでした。

ホステルによってはHelpXとしては理不尽じゃないかと思うような条件の場所もありますが、このホステルはとても良心的な条件でホストもとても友好的でした。

このホステルは常時6人のヘルパーを採用しており、その中で1日4時間/週5日のシフト制となっていました。

また自身も旅好きなホストの『色々な人にウォーターフォードを満喫する機会をあげたい』という意向で、全てのヘルパーは必ず一ヶ月で入れ替わるホステルでした。

そのため、私も滞在中にたくさんの国際色豊かな友人を得ることができました。

helpx体験談3

食事に関して言えば、このホステルでは朝食は宿泊客用のものを一緒に食べることができ、夕食はホストから食費をもらってヘルパーが交代制で作る約束でした。

昼食は各自となっていましたが、私は昼シフトが多かったので朝食と夕食の1日2食で満足していました。

ホステルヘルプの魅力は、宿泊客として訪れる色々な国の人とも仲良くなれるという点です。

都市部であればあるほど仕事量は多くなりがちですが、出会いの数で言えば全てのジャンルの中で最も恵まれている滞在先と言えるでしょう。

ワーホリに最適!HelpXの魅力まとめ

もちろんこれは運でもあるので、必ずしも生活費がゼロになるというわけではありません。

ただ生活費を最低限に抑えながら最高の経験を得られるという点は、自信をもってオススメできます。

これを読んで興味が出た方は、ぜひHelpXをのぞいてみて下さいね。

【世界共通の関連記事はこちら】

↑海外滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。